BINANCE(バイナンス)のチャートの見方・使い方|ツール・注意点を徹底解説!

BINANCE_チャートアイキャッチ画像
BINANCEって使いやすいの?
チャート画面を使いこなして楽で効率よく取引がしたい!

なんて思っていませんか?

通貨や証券、株など金融資産の取引をするにあたって、チャート分析は必要不可欠といってもよいでしょう。

しかし、取引所によってチャートの形や機能などが違う場合がほとんどです。

この記事を読めばBinanceのチャートを使いこなし、効率の良い楽な取引ができるようになります!

BINANCE(バイナンス)の口座開設方法がまだ済んでいないあなたは、こちらの記事で解説しているので一緒に口座開設してみましょう。

この記事をまとめると…
  • BINANCEのチャートはシンプルで使いやすい!
  • チャート画面はクラシックとアドバンスの2種類
  • BINANCEオリジナルチャートの他、トレーディングビューも使用可能
  • いずれも時間足やインジケーター、ツールなどが豊富で使いやすい!
  • スマホアプリでも主要インジケーターを使った分析が可能!

binance logo 口座登録2

手数料の30%をキャッシュバック中


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


BINANCE(バイナンス)とは?

Binanceの総合評価
総合評価 7.8 /10
  • 取引手数料
    7
  • 約定力
    10
  • 通貨数
    10
  • キャンペーン
    4
  • レバレッジ
    8
BINANCE(バイナンス)
最大レバレッジ 125倍
上場通貨数 710種類
取引手数料 Maker:0.01%/Taker:0.05%
ユーザー評価

4.7点

4.7点

アプリ
取引方法 現物・信用取引・先物取引・流動性ファーミング・・セービング・・バトル・・ファントークン・コンバート機能・ストラテジー取引・スワップファーミング・BNBヴォールト・バイナンスプール・ローンチパッド・ステーキング・デュアル投資
最大出金額

BINANCEは2017年7月に香港で設立した取引所で全世界で圧倒的取引量を擁している世界最大の仮想通貨取引所です。

また、超豊富な取り扱い通貨や、定期開催のローンチパッド、BNBという自社トークンでの手数料割引など、他の取引所とは比べ物にならない多数のサービスを展開しています。

現在世界最大規模を誇り、世界中の人から利用されています。

BINANCE(バイナンス)の口コミ・評判はこちらの記事でまとめているので、これから登録しようと思っているあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

手数料の30%をキャッシュバック中

BINANCE(バイナンス)のチャート画面の見方

BINANCE(バイナンス)のチャート画面の見方

BINANCEのチャート画面は、現物取引で使われるチャートや、証拠金取引と先物取引の場合は専用のチャートなど多くのチャートがあります。

初めに、簡単にチャートの見方と基本的な配置・注文の流れについて説明していきます。

現物取引のチャート

現物取引のチャート

基本的な現物取引のチャート画面です。このチャートでは画面中央にチャートが表示されています。

画面左側には注文が並び(売り板・買い板)、右側では通貨ペアの一覧、下には市場の取引履歴があります。

また、画面下側には注文画面があるため、ここから数量や金額を入力して注文を行います。

シンプルでとても見やすいのが特徴で、初心者にもおすすめです。

先物取引のチャート

先物取引のチャート

画面左側に大きくチャート画面が表示されており、その左には様々なツールが表示されているためツールを使いやすい配置になっています。

画面右側にオーダーブック、取引履歴、注文画面が密集しているので、画面左のチャートを見てから左から右に確認して注文という流れがスムーズにできるチャートです。

こちらはチャート分析ツールを使用しやすい画面の配置になっています。

BINANCE(バイナンス)の取引ツール3選

BIANANCEのチャートには、3種類の取引ツールがあり、これを駆使することでより高度な取引を行うことができるようになります。

それぞれ説明していきます。

オリジナル

オリジナル

これはオリジナルの画面で、デフォルトで表示されるBINANCE独自のチャートです。

3種類のツールの変更はチャート上部の「オリジナル」「Trading View」「深さ(デプス)」で変更できます。

Trading View(トレーディングビュー)

Trading View(トレーディングビュー)

TradingViewはレンドラインやフィボナッチと呼ばれる分析ツールをチャート内に描くことができるなど、ブラウザ上で高度なチャート分析ができることが特徴です。

BINANCEでチャート画面に人気のトレーディングビューを採用しているため、簡単にトレーディングビューを利用することができます。

深さ

深さ

深さは、リアルタイムで買い注文の量と売り注文の量の状態を示す画面です。

緑が買い注文、赤が売り注文です。緑が大きいと買い圧力が強く、赤が大きいと売り圧力が強いです。

次に、BINANCEのチャート画面で利用できる様々な設定の使い方を説明していきます。

ローソク足の時間軸変更

チャートに表示されている画面左上部分をタップすることで、ローソク時間軸の変更が自由に行えます。一般的に、複数の時間軸のチャートを確認しながらトレードを行います。

ローソク足の時間軸変更

右側の▲をクリックすると「1分から1か月」までの期間を自由に変更できるので、調整してチャートを分析しましょう。

ローソク足を変更することで短期と長期のトレンドを見極めることが容易になります。

BINANCE(バイナンス)のインジケーターの使い方

次に、BINANCEのインジケーターの使用方法について解説していきます。

インジケーターとは、チャート分析を補助してくれる指標のことで、インジケーターを利用することでチャートの動きが見やすくなります。

BINANCE(バイナンス)インジケーターの使い方

インジケーターはチャート上部、時間足の横から選択することができます。

この一覧の中から選択することで、様々なインジケーターを利用することができます。

初心者でも扱いやすく、効果も出やすいインジケーターは「移動平行線」と「MACD」です。

移動平均線

移動平均線とは、チャート上に表示されている3本の線を指し、価格の平均値を表します。

移動平均線

この三つの線はそれぞれ「短期」「中期」「長期」と期間を分けて設定され、トレンドの変化を見るために使用されます。

動き方や、傾きによって現在の相場の状態を把握します。

MACD(マックディー)

「MACD」は、移動平均線と同様にトレンドを見るためのインジケーターで、移動平均線を応用したテクニカルチャートとして開発されたものです。

MACD(マックディー)

MACDラインとシグナルラインの2本のラインを用いて相場を読む手法で、2本の線のみで表されるため、売買のサインがわかりやすく、使いやすいチャートとして知られています。

移動平均線との違いはその計算方法で、時間軸が新しいものを重要視して計算されます。

その他重要なインジケーター

そのほかに、トレードを行う上で価格変動に関する詳細な情報を得るために重要なインジケーターは

  • 相対強度指数(RSI)
  • ストキャスティックRSI(StochRSI)
  • ボリンジャーバンド(BB)

相対強度指数(RSI)

資産が買われすぎているか、売られ過ぎているかを示すモメンタム指標です。

直近の価格変動の大きさを測定することによって行い、価格変動の速度(モメンタム)を示すので、トレンドの反転やプルバックを予測することが可能になります。

ストキャスティックRSI(StochRSI)

こちらも資産が買われすぎているか売られ過ぎているかを判断するためのものです。

RSIの値をもとに生成されるため、初心者はどちらか一方を使用するとよいでしょう。

ボリンジャーバンド(BB)

市場のボラティリティーと、買われすぎ、売られ過ぎの状態を同時に測定できるものです。

3本のラインで構成されており、まれに上下のラインを価格が突破した場合、極端な市場の兆候として予測することができます。

インジケーターの消し方

インジケーターの消し方

表示中のインジケーターはチャート付近にある「×」をクリックすると削除ができます。

また、インジケーターを再表示させるには再度時間軸の右にあるテクニカル指針のボタンから表示することができます。

BINANCE(バイナンス)のチャートで描画ツールの使用方法

BINANCEでは描画ツールを使用することで、チャート上にトレンドラインなどの線を引くことが可能です。

BINANCEチャートでの描画ツール使用方法

TradingViewに切り替えることで画面右側に描画ツールが表示されるようになるため、切り替えて使用します。

トレンドライン

トレンドライン

描画ツールの中から選択すると、トレンドラインや水平線、矢印など様々なツールが表示されるので、ここから選んで自分なりに分析を行います。

チャート上で始点と終点の位置でクリックすることで直線を引くことができます。

ポジションを確認する

ポジションを確認する

ロングポジション・ショートポジションを利用することで実際に注文したと仮定してシミュレーションを行うことができます。

自分が注文を出した際のリスクとリターンの比率を知ることができます。

描画ツールの消し方

描画ツールは、左下のごみ箱のアイコンからすべて削除することができます。

また、描画ツールでは自分なりに印やスタンプを付けたり、メモを残すこともできるので、自分なりのチャートを作り上げることができます。

BINANCE(バイナンス)アプリのチャートの見方

BINANCE(バイナンス)アプリチャートの見方

BINANCEは、アプリでもチャート画面を見ながら取引をすることができます。

アプリでもとてもクオリティが高く使いやすいのは仮想通貨取引所ではほとんどないのでとても珍しいです。

また、主要インジケーターや、時間足の設定などもできるなど、PC版には劣るものの、とても機能面が充実しています。

【まとめ】BINANCE(バイナンス)でのチャートの見方・使い方

今回はBINANCEのチャートの見方について解説してきました。

  • BINANCEのチャートはシンプルで使いやすい!
  • チャート画面はクラシックとアドバンスの2種類
  • BINANCEオリジナルチャートの他、トレーディングビューも使用可能
  • いずれも時間足やインジケーター、ツールなどが豊富で使いやすい!
  • スマホアプリでも主要インジケーターを使った分析が可能!

BINANCE(バイナンス)の手数料一覧の記事でも解説していますが、BINANCEはチャートが使いやすいだけではなく、手数料も安くセキュリティ面でも信頼されているのでとてもおすすめの取引所です。

手数料の30%をキャッシュバック中

また、当サイトはキャッシュバックを行なっており、

口座開設をされた方に取引手数料の30%を永久キャッシュバックしています!

\業界最大キャッシュバック率!/

この機会にぜひBINANCEでの取引を始めてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。