BINANCE(バイナンス)の出金・送金方法|ルール・注意点も紹介

バイナンス 出金アイキャッチ画像
BINANCEの出金手数料って高いの?
BINANCEから出金・送金の方法を知りたい!

なんて思っていませんか?

BINANCEを利用して取引をしている人の中で、他の取引所やウォレットに資金を移動たいけど、方法や手数料についてよくわからないという人も多いと思います。

今回の記事ではBINANCEから出金・送金する方法と、出金手数料について解説していきます。

この記事を読めばBinanceからの出金・送金方法と、かかる手数料と注意点についてすべてを知ることができます!

BINANCE(バイナンス)とは?

binance logo
Binanceの総合評価
総合評価 7.8 /10
  • 取引手数料
    7
  • 約定力
    10
  • 通貨数
    10
  • キャンペーン
    4
  • レバレッジ
    8
BINANCE(バイナンス)
最大レバレッジ 125倍
上場通貨数 710種類
取引手数料 Maker:0.01%/Taker:0.05%
ユーザー評価

4.7

4.7

アプリ
取引方法 現物・信用取引・先物取引... 詳しく見る
最大出金額

本人確認前/2BTC

本人確認後/100BTC

Binance(バイナンス)は、2017年7月に香港で設立された世界最大の仮想通貨取引所です。

ドバイ政府と正式に連携し、同国とともに世界の仮想通貨システムをリードする国家プロジェクトなどを進めています。

また、世界的なIT先進国であるアフリカのナイジェリア政府とも正式に連携し、同国にデジタル経済特区を生み出す計画を進めています。

ナイジェリアの法定通貨であるナイラは、すでにBinanceに上場して「法定通貨でありながら仮想通貨と同様に売買」することが可能です。

このように、ただ規模が大きいだけでなく、各国政府と連携して大規模なプロジェクトを進めているという点でも、仮想通貨業界の「巨人」というべき、圧倒的No.1の取引所です。

実際にBINANCE(バイナンス)を使っている人たちの口コミ・評判はこちらの記事でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

手数料の30%をキャッシュバック中

BINANCE(バイナンス)の出金・送金の基本情報

BINANCE出金

まず初めに、BINANCEの出金・送金に関する基本的な情報を説明していきます。

仮想通貨ごとに出金手数料が異なる

BINANCEの手数料は、仮想通貨の種類によって異なります。

仮想通貨名出金手数料
ビットコイン(BTC)0.0005BTC
イーサリアム(ETH)0.01ETH
リップル(XRP)0.25XRP
ネオ(NEO)0NEO
テザー(USDT)3.4USDT

出金手数料は通貨ごとに設定されており、使用するネットワークチェーンによっても変動するので、出金・送金を行う前に公式サイトから確認するようにしましょう。

BINANCE(バイナンス)の手数料はこちらの記事で詳しく解説していますので、気になるあなたは、参考に読んでみましょう。

通貨ごとに最低出金額が異なる

BINANCEでは、最低出金額も出金する仮想通貨の種類とネットワークチェーンよって異なります。主な例は以下の通りです。

仮想通貨名最低出金額
ビットコイン(BTC)0.001BTC
イーサリアム(ETH)0.01ETH
リップル(XRP)0.5XRP
ネオ(NEO)1NEO
テザー(USDT)1USDT

最低出金額以下の額では出金・送金を行うことができないので、注意が必要です。

これ以外の仮想通貨の最低出金額も、出金する前にBINANCEの公式サイトから確認するようにしましょう。

BINANCE(バイナンス)の出金・送金方法

出金

ここからは具体的にBINANCEからの出金・送金方法について、すべての手順を画像付きで詳しく解説していきたいと思います。

BINANCEの出金・送金の手順はたった3ステップで行うことができます。

①公式サイト・アプリから出金画面に移動
②必要事項を入力、出金を申請する
③認証コードを入力し、出金が完了

詳しく説明していきます。

PCでの出金・送金方法

 
公式サイトから出金画面へ移動

まず初めにBINANCEの公式サイトにログインして、画面右上にあるプロフィールアイコンをクリックします。

公式サイトから出金画面へ移動

メニューバーから「ウォレット」をクリック、さらにその中の「フィアットと現物」をクリックします。

画面上部の「出金」をクリック

フィアットと現物ページに移動したら、画面上部の「出金」をクリックし、出金ページへ移動します。

出金
 
 
必要事項を入力、出金申請へ

出金画面へ移動するので、必要事項を入力します。

必要事項を入力、出金申請へ

通貨を選択、出金先アドレスを入力したら、出金額を入力し、画面右下の「出金」ボタンを押すと出金申請が完了します。

 
 
認証コードを入力して出金完了

最後に、認証コードがメールに来るので届いたコードを入力して本人確認を行えば、出金の完了です。

認証コードは30分以上経過すると無効になってしまうので注意してください。

 

アプリ・スマホでの手順

まずアプリのトップページで「ウォレット」を選びます。

ウォレットの画面で「出金」を選びます。

もし上の画面が出なかったら、上部のメニューで「両替」を選んでください。

(上の画像は「両替」の画面です)

出金する仮想通貨を選びます。

今回はUSDT(テザー)を選びました。

「仮想通貨ネットワーク経由で送信」を選びます。

これは、Binance以外に送る(出金する)場合です。

Binanceの口座同士の場合は、その下の「Eメール/電話/ID」が使えます。

上の画面になるので「アドレス」を押します。

送金先のアドレスをペーストするか、QRコードで読み込んでください。

アドレスを入力したら「ネットワーク」を押します。

このように使えるネットワークの一覧が出ます。

受け取り先のアドレスでも使えるネットワークを選びます。

今回は送金先のOKXも対応しているEthereum(ERC20)を選びました。

選んだら「確認」を押します。

ネットワークを入力したら「金額」を入力します。

最小出金額は50USDT(50ドル)です。

すべて入力できたので、右下の「出金」を押します。

確認画面になるので、数字やアドレスを確認して「確認」を押します。

認証画面になります。

「コードを送る」を押してください。

このようにSMSにコードが届きます。

この数字6桁のコードを入力します。

入力したら、その下の「コードを送る」を押してください。

今度はメールアドレスに数字6桁のコードが届きます。

これをまた入力して、その次の「Google認証コード」に進みます。

Google認証コードは「Google Authenticator」というアプリを開くと出ます。

事前に登録していれば、上のように「Binanceのワンタイムパスワード」が出ます。

これをタップしてコピーします。

コピーしたら「貼り付け」のボタンでこの画面に貼り付けます。

そして「提出」を押して完了です。

「出金処理」という画面が出て、出金手続きが完了しました。

(クラッカーは編集部で付けたものです)

「履歴を表示」を押します。

このように、先ほどの手続きが記録されています。

50USDTの出金で、4USDTが出金手数料となるため、46ドルの送金となっています。

つまり、おおよそ8〜9%(今回なら560円前後)が手数料だった計算です。

出金直後は反映待ちのため「Awaiting Approval」と書かれています。

出金前に「認証用アンケート」がある

認証用アンケート

今回は省略しましたが、確定の前にはこのような「リスク警告」の画面が出ます。

「今すぐ認証」を押してください。

認証用アンケート

「認証用アンケート」の画面になります。

これは、あなたが詐欺などの被害に遭うことを防ぐための質問です。

答えを選んで「次へ」を押します。

認証用アンケート

次の画面では2つの事項(A・B)両方に同意して「提出」を押します。

後は最後の画面で出金を確定するだけです。

送金先のアドレスをQRコードで読み取る方法

ペーストの文字がスムーズに出なくてペーストがしにくい」ということも多いでしょう。

もしくは「アドレスはわからないけどQRコードだけわかる」ということもあるかと思います。

その場合、送金先をQRコードで入力することもできます。

QRコードの読み込み方法

まず、送金先のウォレットのアドレスを開きます。

大抵はこのようにQRコードがあるので「Save QR code」のボタンなどで、QRコードをスマホに保存します。

QRコードの読み込み方法

アプリによりますが、このように「保存されました」などの文字が出ます。

QRコードの読み込み方法

次にBinanceの送金画面に戻り、アドレス欄の「QRコード」のアイコンを押します。

QRコードの読み込み方法

このようにスキャン画面になります。

下の方に「写真」というボタンがあるので、それを押します。

QRコードの読み込み方法

すると、ライブラリに接続されます。

ここで、先ほど保存したQRコードを選択します。

QRコードの読み込み方法

すると、QRコードをBinanceアプリが読み込み、このようにアドレスが入力されます。

今回はライブラリから読み込みましたが、もちろんカメラで読み込める場所にコードがあれば、カメラ読み込みも可能です。

手数料の30%をキャッシュバック中

BINANCE(バイナンス)で出金できない原因と対処法

次に、BINANCEから出金ができない場合の原因と対処法を説明していきます。

アドレスが間違っている

出金先に入力したアドレスが、出金先にしたかったアドレスと異なっている場合があります。

大至急、再度受取先のアドレスを確認しましょう。

入力を間違えてしまっている場合で、既に入金が完了してしまった場合は、BINANCE側は対処できないので送金した分の通貨をすべて失ってしまうことになりますのでくれぐれも注意しましょう

出金先のタグ忘れ

仮想通貨を出金する際に、タグの入力が必要な場合がありますので、出金画面をよく確認してみてください。

もしタグの入力が必要な場合に入力せず出金してしまった場合は、急いで受取先とコンタクトを取るようにしましょう。

出金先のタグ忘れ

上記の画像のようにタグ画面に「通貨・入金額・T×TID/T×Hash」を入力することで、間違えた入金を行ってしまった場合に、元のアドレスへ返金を受けることができるので覚えておきましょう。

ネットワークが混んでいる

出金申請を行った場合で、アカウントへの入金がなかなか行われない場合があります。

そういった場合は取引に時間がかかってしまっている場合が多いです。

トランザクションIDからブロックチェーン上の承認状況を確認してください。

トランザクションの確認を行う

取引はすべてブロックチェーンに記録されているため、確認することができます。

Blockchain.comで取引アドレスを入力することで、どのウォレットからどのウォレットへ仮想通貨が移動したのかを追えるようになります。

トランザクションの確認を行う

まず、サイトに移動したら、画面右下にある「今すぐ探索」をクリックして入力画面へ移ります。

「今すぐ探索」をクリック

その後、移動した画面で右上にある、「トランザクション、アドレス、またはブロックを検索します」と書いているところをクリックす、アドレスを入力します。

トランザクション、アドレス、またはブロックを検索

取引金額や手数料、ハッシュ値、どのアドレスからどのアドレスへ移動したのかといった情報を全て確認することができるので、ここから対処可能になるケースも多いです。

BINANCE(バイナンス)の出金に必要な本人確認方法

Binanceで出金・送金を行うには、事前の本人確認(KYC)が必要です。

ここでは、そのやり方を説明します。

BINANCE(バイナンス)の本人確認方法は、こちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

本人確認の画面を開く
Binanceの本人確認画面

まず、アプリのトップページで左上の人間のアイコンを押します。

Binanceの本人確認画面

「アカウントを完成させる」という画面になります。

「アカウント認証」を押します。

Binanceの本人確認画面

居住国を確認するメッセージが出ます。

「OK」を押します。

Binanceの本人確認画面

「個人認証」というページになります。

「今すぐにはじめる」を押します。

国籍・氏名・生年月日を入力する
Binanceの本人確認画面

「身元情報」のページになります。

国は「選択のご提案」として日本が表示されているので、選ぶだけです。

Binanceの本人確認画面

氏名・生年月日も入力し「はい」を押します。

住所を入力する
Binanceの本人確認画面

「自宅住所」の画面になります。

住所を英語で入力して「はい」を押します。

本人確認書類を提出する
Binanceの本人確認画面

「ドキュメント認証」のページになります。

  1. IDカード(マイナンバーカード)
  2. パスポート
  3. 運転免許証

のどれかを提出します。

運転免許証が推奨されています。

選んだら「はい」で進みます。

Binanceの本人確認画面

説明を読んで「はい」を押します。

Binanceの本人確認画面

「写真を撮る」を選びます。

筆者はスマホの画像を毎回全部削除するのですが、写真がある人なら「ライブラリ」も出るかもしれません。

Binanceの本人確認画面

撮影画面になります。

免許を枠内に当てはめてボタンを押します。

Binanceの本人確認画面

撮影したらこのように「画質の確認」の画面になります。

後は写真が鮮明で記入した住所と一致していれば本人確認は完了です。

手数料の30%をキャッシュバック中

BINANCE(バイナンス)で出金する際の注意点

注意点

次に、BINANCEで出金・送金を行う際の注意点を説明していきます。

出金先のアドレスを取得し、間違えないようにする

出金や送金の際に最も仮想通貨を失いやすいのが、「出金先アドレスの間違い」です

初めてBINANCEで仮想通貨を出金・送金する場合には、一度少額で試してみるのが最も無難かもしれませんね。

送金先アドレスは、基本コピー&ペーストで入力してミスが無いようにしましょう。

注意

出金・送金の際には送金先のアドレスが必要となりますが、このアドレスを一文字でも間違えてしまうと、仮想通貨をすべて失うことにつながるので、特に注意して間違いが無いようにしましょう

出金できる金額は1日2BTCまで

次に基本的にBINANCEでの出金・送金は1日に2BTC を限度額としており、それ以上は出金できません。

BINANCEで「本人確認の手続き」を済ませることで出金限度額を100BTCまで引き上げることが可能なので、もし2BTC以上の出金・送金を行いたいという方は、「本人確認書類」と「住所が確認できる書類」を用意して本人確認を完了しましょう。

CoinBack
CoinBack

本人確認すると100BTCも出金する事も出来るんですね!

日本円の出金はできない

BINANCEは日本円には対応していないため、日本円での入金・出金・送金はできません。

海外仮想通貨取引所では日本円で入金できる取引所はほとんどないので、注意する必要がありますね。

また、入金はクレジットカードを利用することで実質日本円で入金することができます。

詳しく知りたい方は、BINANCE(バイナンス)のクレジットカードでの入金方法・注意点についての記事をご覧ください

BINANCE(バイナンス)の出金に関するよくある質問

Binanceの出金についてよくある質問を紹介します。

間違ったアドレスに出金してしまったのですがどうすればいいですか?

もし間違ったアドレスに送金してしまった場合は存在しないアドレスであれば戻ってきますが存在するアドレスとなると基本的に取り返す事は難しいです。

Binanceでは資金の受取人を見つけるところまではサポートしてくれてもし所有者がわかった場合はそのプラットフォームに連絡してみましょう。

CoinBack
CoinBack

Binanceはトラブル時の対応も手厚いですね!

出金リクエストが出せませんがどうすればいいですか?

ハッキングや何らかのエラーによってネットワークが止まったときなど急激に相場が変動する可能性を考慮して敢えてBinance側で出金を止める場合があります。

別のネットワークを使用するかトラブルが解決するまで待つようにしましょう。

ワンポイント

もし現物を持っていて価格差が出てしまっているときなどは先物等を利用してニュートラルポジションを組むことでヘッジするようにしましょう。

BINANCE(バイナンス)で手数料を更に安くする裏技

CoinBackを使ってBinanceの取引手数料キャッシュバックされていたら・・・
もしCoinBackを使っていたらどのぐらいのキャッシュバックを受け取れたの

CoinBackはこちらの要望に応えるべく、いままでの取引でどれだけのキャッシュバックが発生していたのか数値でわかるサービスを開始しました!

Coinackは現在Binanceで発生した取引手数料のうち30%をキャッシュバックしております。

これがどれだけ膨大な手数料となっているのか一目でわかるので、この機会に確かめてみてはいかかでしょうか?

手数料の30%をキャッシュバック中

CoinBackを使った時のBinanceの手数料に関して詳しく知りたい方は「Binance手数料負け」の記事を閲覧しましょう!

Binanceの口座開設のやり方について知りたい方は「Binanceの口座開設」記事を閲覧しましょう!

【まとめ】BINANCE(バイナンス)の出金・送金方法

Binance(バイナンス)の取引履歴ダウンロードに関するまとめ

本記事ではBinanceのバイナンスの出金について解説しました。

Binanceは取引高も多く出金の実績も多くあります。

また、CoinBackでは「今までの取引でどれだけのキャッシュバックが発生していたのか数値でわかるサービス」を開始しました。

今まで取引するときにCoinBackを使っていたらどれだけのキャッシュバックが発生したのか一目でわかります!

CoinBackはBinanceの取引手数料の30%をキャッシュバックしているのでぜひ、この機会にご登録ください!

手数料の30%をキャッシュバック中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。