BingXのコピートレードを使いこなす方法!

BingXコピートレード
コピトレってどうやってやるの?
優秀なトレーダーの真似をすれば勝てそう

なんて思ってことはありませんか?

BingX特有のコピートレードとはどのようなシステムなのか。

この記事を読めばコピートレードの始め方と選び方、メリット・デメリットを完璧に理解することができます!

この記事をまとめると…
コピートレードは特定のトレーダーの取引を完全自動でコピーしトレードすること。

・コピートレードの始め方は簡単。

・コピートレードは外部的要因に強く放置しても稼げる。

・コピートレードを使う際のデメリットはあるが、対策できる。

・コピートレードだけでは相場の知識は深まらない。

・優秀なトレーダーを選ぶコツは実現損益取引量ポジション期間利益配分率を確認すること。

・CoinBackは取引手数料の40%をキャッシュバックしている。

CoinBackを利用することで手数料を40%削減可能 

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

BingXはどのような取引所なのか詳しく知りたい人は「BingXの評判」の記事を見てください!


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


BingX(ビンエックス)とは・・・?

BingX rogo
bingXの総合評価
総合評価 6.4 /10
  • 取引手数料
    8
  • 約定力
    6
  • 通貨数
    4
  • キャンペーン
    6
  • レバレッジ
    8
BingX(ビンエックス)
最大レバレッジ 300倍
上場通貨数 26通貨
取引手数料 Maker:0.02% / Taker:0.04%
ユーザー評価

4.2

4.5

アプリ
取引方法 現物取引・信用取引・コピー注文
最大出金額

本人確認前 1日出金限度額/50,000 USDT

1日出金限度額本人確認後/1,000,000 USDT

2018年にローンチしたBingbonという取引所が2021年11月にリブランディングされて「BingX」となりました。

BingXは3つのライセンスを保有している取引所で、追証もなく、最大レバレッジが150倍とスペックとしては非常に申し分ない取引所です。

また、豪華なキャンペーンを定期的に実施しているのも大きな魅力です。

実際にBingX(ビンエックス)を使っている人たちの口コミ・評判はこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

BingX(ビンエックス)のコピートレードについて

BingXコピートレード コピートレードとは特定のトレーダーの取引を完全自動でコピーしトレードすることです。

言い換えれば、完全に他人任せの取引方法なのでそれなりのリスクも覚悟しておく必要があります。

しかし、この記事を読めば万全な対策を立てることができます。

トレーダーの実績をすべて見ることができる

コピートレードをする際に始めにすることは、トレーダーを選ぶことです。

BingXのコピートレードのトレーダー選択欄は、情報・実績を完全に公開し、表などを用いて視覚的にもとても分かりやすく作られています。

不安要素や自分が知りたい情報を確認することができるので、とても便利です。

スポットグリッド・コピートレードを導入している

BingXは2022年4月より「スポットグリッド・コピートレード」を導入しました。

スポットグリッド・コピートレード
グリッド取引とコピートレーディングの両方のメリットを組み合わせたシステムです。

こちらの機能は、定義した価格帯の範囲で段階的に売買注文を行うよう設定されており、価格変動の振り幅が設定の範囲内にある限り、ユーザーは確実に利益を得られるようになっています。

BingX(ビンエックス)でのコピートレード始め方

BingXのコピートレードの始め方は、他の取引所とは大差なく簡単に設定できます!

①トレーダーを探す

②コピートレードの設定

③最終確認

順番に説明していきます!

トレーダーを探す

トレーダーを探す

フォローしたいトレーダーを探しフォローしましょう。

BingXには「人気トレーダー」「堅実なトレーダー」「フォロワーの数」「直近30日 収益率」「累計損益」など多くの検索できるカスタムが存在します。

自身が探しているトレーダーをみつけるためにも、検索機能は活用しましょう。

コピートレードの設定をする

コピートレード詳細設定

コピートレードの詳細を設定することができます。

・一日の最大損失許容額

・最大ポジションの数量

・注文の損切率

基本的にはトレーダーに任せるほうが利益的ではあるので設定しないことをお勧めします。

最終確認

最終確認

設定したコピートレードの情報が表示されます。最終確認をしてトレーダーに託しましょう!

BingX(ビンエックス)コピートレードのメリット

メリット

BingXでコピートレードをする具体的なメリットは多く存在します。

3つのメリット
・本番さながらの趣味レーションを体験できる

・放置しても稼げる

・外部的要因に強い

順に説明します。

本番さながらのシュミレーションを体験できる

BingXには新規登録ユーザーにVSTという、BingX公式プラットフォーム模擬金(価値なし、出金不可)であります。

これは、シミュレーションディスク操作トレーニングや機能体験として利用することができるため、一度資金を使わずに取引したい際に使用することができます。

放置しても稼げる

基本的にトレードは常に相場をチェックし続ける必要があります。

日中は仕事で忙しいビジネスマンや家事で忙しい主婦の方でも取引のチャンスを見逃す心配はありません。

外部的要因に強い

コピートレードは設定したプログラムに任せるものではなく、人にトレードを任せるシステムです。

戦争や大手企業の倒産などの外的要因によって相場が急変動した際には即座にトレーダーの臨機応変な取引手法や戦略も用いて対応することができます。

BingX(ビンエックス)コピートレードのデメリット

デメリット

コピートレードにメリットはありますが、デメリットは存在するのでしょうか。

3つのデメリット
・相場についての知識が深まらない

・いつの間にかっ損失が増えていることがある

・トレーダーに手数料を支払う必要がある

順に説明します。

相場についての知識が深まらない

コピートレードは完全放置・勉強不要な点から、相場の知識を得ることが難しいです。

CoinBack
CoinBack

自分がフォローしてるトレーダーの取引を参考に勉強してみるのもいいかも!

いつの間にか損失が増えてることもある

自身で相場を知るためにはコピートレードの他に勉強する必要があります。

コピートレードでは、トレーダーのトレードをすべてコピーします。

もちろん損失をだしている場合も同様にコピーされます。

そのため、トレーダーが調子が悪くなってしまった場合は損失が膨らんでしまう可能性もあります。

トレーダーに手数料を支払う必要がある

利益配分

ユーザーはコピートレードをして利益を得ときトレーダーに数%を渡しています。

本来払わない手数料を払うことで、手数料負けするシチュエーションも発生しかねません。

BingXの手数料負けしない方法を知りたい方は「BingX手数料」の記事を見ましょう!

【ここが大切】BingX(ビンエックス)で参考にするトレーダーの選び方

BingX内のコピートレードには多くのトレーダーの中から選ぶことができます。

ここでは、優秀なトレーダーを選ぶコツを紹介します。

含み損の取引が残っているか確認する

収益

コピートレードにはトレーダーの収益合計のグラフを確認できる項目があります。ここでは過去の収益のみが反映され未ているため、実現損益(いわゆる含み損)は反映されていません。

未実収支
 

トレーダーの中には収益を高くみせるために、利益となったポジションを決済し損益のポジションを持ち続けることで合計損益率を水増しする人がいます。

未実現収益を確認したい場合は週次収支を確認しましょう。

CoinBack
CoinBack

ちゃんと確認しないと手遅れになっちゃうかも…

注文履歴と取引量の確認をする

 
取引履歴

トレーダーがどの頻度でどのぐらいの量を取引をしているか確認します。

あまりにも取引頻度が少ないことや取引量が少ない場合コピートレードをしている意味が薄れてしまいます。

ポジション期間を確認する

リスクアセスメント
リスクスコアとはトレーダーの週次日次損益率変化データに基づく、1日の最大損失率の目安です。
 
概算1日最大損失率に基づくスコアリングとグレーディングになります。
リスクスコア 1日の最大損失額の目安
2%
5%
10%
17%
27%
40%
60%
90%
9 >90%

トレーダーのプロフィールの概要からリスクスコアの数値がそれぞれに割り振られています。

数字が大きければ大きいほどリスキーな取引をしているということです。

標準的なスコアは3,4のトレーダーが多いのでそれを基準にしましょう。

利益分配比率の確認する

利益分配比率とは、コピートレードによって得た利益のうちトレーダーに分配される比率のことです。
利益配分

このトレーダーの利益配分比率は8%なので、得た利益のうち8%がトレーダーに配分されます。

あまりにも利益配分率が高すぎると手元に残る利益が減ってしまいます。

大方の指標は8%~10%の利益配分率のトレーダーを探すといいでしょう。

【まとめ】BingX(ビンエックス)のコピートレードのやり方

BingXのコピートレードについてのまとめ

本記事ではBingXのコピートレードについて紹介しました。

BingXのコピートレードはトレーダーの情報が事細かに閲覧することができるため、ユーザーは精査して選ぶことができます。

この機会にBingXを始めてみてはいかがでしょうか?

この記事のまとめ
・コピートレードは簡単に始められる。

・放置しても稼げる

・BingXはスポットグリッド・コピートレードを導入している

・トレーダーは実現損益取引量ポジション期間利益配分率を確認して選ぶ。

当サイトはBingXの取引手数料を40%キャッシュバックしています。

BingXが実施しているどのキャンペーンよりもお得で豪華なので、口座開設をする際は当サイトからするのがオススメです!

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

BingX(ビンエックス)の口座開設について詳しく知りたいあなたは、こちらの記事で詳しく解説しているので、一緒に口座開設してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。