BingX(ビンエックス)の手数料一覧|手数料還元サービスも紹介

BingX手数料アイキャッチ画像
BingXの手数料は高い?
BingXのスプレッドってどういう意味?

なんて疑問を思ってませんか?

BingX(ビンエックス)の口コミ・評判の記事を見ても、BybitやBINANCEのような取引所に比べると情報が少なく、困っている人も多いようでした。

今回はBingXの手数料やスプレッドに関して、何度もBingXを使用している筆者が解説して行こうと思います!

この記事をまとめると…
  • 現物手数料は0.2%
  • 先物手数料 メイカー:0.02% テイカー:0.06%で一般的
  • MEXCがマイニング手数料を負担してくれる
  • 資金調達率は1日3回 1時 9時 17時
  • MXトークンを使うと手数料割引
  • CoinBackを利用することで手数料を40%削減可能

 

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

また、当サイト(CoinBack)では、BingXで発生する取引手数料の40%をキャッシュバックしています。

これからBingXを利用する人でまだCoinBackを利用していない人は、大きな損をする前に必ずこのタイミングで利用しましょう!

BingXで取引手数料の40%キャッシュバックを受けたいあなたは、CoinBackに登録してみましょう。

\業界最大キャッシュバック率!/


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


BingX(ビンエックス) の手数料一覧

BingXでの手数料は以下の6つがあります。

手数料一覧
標準契約手数料(注文時のみ)標準時:0.045%
コピー注文時:0.0375%
デリバティブ取引手数料メイカー:0.02%
テイカー:0.04%
入金手数料無料
出金手数料USDT-ERC20:20
USDT-TRC20:1
USDT-OMNI:28
USDC:20
BTC:0.0005
ETH:0.007
XRP:0.25
資金調達率随時更新
スプレッド各通貨ごとに変動

取引するごとや、入出金にも手数料が発生してくるので、無駄な手数料を払わない為にも手数料の詳細を把握しておきましょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

まだ口座開設をしていない方はこのタイミングで口座開設をしておきましょう!

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

スポット取引手数料

スポット取引(現物取引)の手数料について解説します。

上記の通り、スポット取引=現物取引となっています。

現物取引とは
仮想通貨を実際に購入したり売却したりする取引で、デリバティブ取引とは違い売却を行う際は事前に購入しておく必要があります。

スポット取引の手数料は以下の通りです。

・メイカー:0.2%
・テイカー:0.2%

例…
1BTC(500万円)の取引を行ったときに、0.2%の手数料がかかるので、BTC(500万)×0.2%で0.002BTC(10000円)となります。

購入した数量から手数料を引いた分を受け取るので、0.998BTCがウォレットに入金されます。

また、MVを保有することで手数料が20%割引されます。

現物取引ではMVトークンで手数料を払えるので、本来0.2%のところが0.16%で済むということです。

デリバティブ(先物)取引手数料

デリバティブの取引手数料の利率については以下の表の通りです。

デリバティブ取引の手数料
取引方式手数料率
標準契約(通常取引)注文時のみ0.045%
標準契約(コピートレード)注文時のみ0.0375%
プロ契約Maker:0.02% / Taker:0.04%

BingXには標準契約とプロ契約の2種類の取引方法があり、契約によって手数料が異なってきます。

標準契約には為替や指数などがあり、板情報が載っていません。

一方でプロ契約には、仮想通貨のみ扱っていて、板情報が載っています。

デリバティブ取引の手数料計算方法は以下の通りになっています。

デリバティブ取引手数料と注文価格について 取引手数料 = 注文価格 × 取引手数料率 注文価格 = 数量 ÷ 執行価格

例えば…Takerで5000BTC/USDTのレートで10BTC分の注文をした場合、5000USDT×10BTC×0.04%で20USDTの手数料がかかります。

入金手数料

BIngXの入金手数料は無料になっています。

基本的に海外仮想通貨取引所では入金手数料はかかりません。

MEXCに入金する際にかかる手数料は、送金元の出金手数料のみとなります!

BingXへ入金する際にかかる送金元の出金手数料一覧

取引所送金手数料
Binance0.0005
FTX無料
Bybit0.0005
OKEX0.0005
Huobi0.0005
BitFliyer0.0004

上記の主要取引所からBingXへ入金する場合は、0.0004〜0.0005BTC(約2500円)の手数料がかかります。

他の入金方法について詳しく知りたい方はBingX入金方法の記事をご覧ください。

CoinBack
CoinBack

クレジットカードで仮想通貨を購入する場合は、仲介手数料がかかってくるので、事前に理解しておきましょう。

出金・送金手数料

BingXではマイニング手数料を負担してくれる代わりに、出金手数料が必要になっています。

マイニング手数料も上乗せされるケースがありますが出金手数料だけの為、BingXは優良取引所と言えます。

通貨ネットワーク出金手数料
BTCBTC0.0005 BTC
USDTTRC201 USDT
USDTERC2020 USDT
USDTOMNI28 USDT
USDCERC20 USDC
ETHETHArbitrum On0.007 ETH
XRPXRP0.25 XRP
CoinBack
CoinBack

BingXの出金手数料は一般的な取引所と大差ないと言えます!

資金調達料

Bitget Funding Rate

仮想通貨には資金調達率(Funding Rate)というものが存在します。

資金調達率手数料を狙った取引方法が存在するほど大事なものになっていますので、分からないという方は確認しておきましょう!

Funding手数料(資金調達率)とは?

資金調達率とは、無期限先物契約でポジションを保有するための手数料です。

これは特別な手段を踏むことなく、ポジションを持っているだけで掛かってしまう手数料です。

CoinBack
CoinBack

資金調達率(ファンディングレート)は現物価格との乖離を防ぐ理由で設定されています!

資金調達率はプラスにもマイナスにもなる事があり、

Funding Rate (資金調達率)がプラスの時は手数料をもらう事が出来ます!

どういう時にFunding Rate (資金調達率)はプラスになるの?
FR上昇相場の時
FR下降相場の時

買い相場(右肩上がりの相場参加者の多くが買っている状況)では、ロングポジション保有者から手数料が徴収され、ショートポジション保有者に手数料が支払われます

売り相場(右肩下がりの相場参加者の多くが売っている状況)では、ショートポジション保有者は資金調達料を支払いロングポジション保有者は手数料を受け取ることができます。

MEMO
資金調達料 = ポジション価額 x 資金調達率 ポジション価額 = 契約数量 ÷ マーク価格

Funding手数料(資金調達率)徴収タイミング

BingXファンディング手数料

BIngXだけではなく他取引所にも資金調達率は存在し、一定時間おきに徴収されています。

資金費用率が正の場合ロング注文者がショート注文者に支払い、資金費用率が負の場合ショート注文者がロング注文者に支払います。

売り注文保持者と買い注文保持者で直接交換される仕組みになっています。

ファンディングレートが徴収されるタイミング
日本時間で・・・

  • 0:00
  • 8:00
  • 16:00
CoinBack
CoinBack

BingXでは、ファンディング手数料は、8時間に徴収されます!

スプレッド

スプレッド比較

BingXは取引手数料以外にスプレッドがあります。

他の取引所も多少のスプレッドが発生しますが、BingXはそれが広いので注意しましょう!

通貨ペア スプレッド
BTC/USDT 0.01%~0.1%
ETH/USDT 0.04%~0.2%
BCH/USDT、LTC/USDT、EOS/USDT

XRP/USDT、その他

0.1%~2%
Forex、Commodities 0.02% ~ 0.1%
Global Indices 0.02% ~ 0.15%

BTC/USDTを1万ドル分取引すると1ドル〜10ドル相当に値します。

結果的にプラスで取引を終える事が出来れば、スプレッド手数料はかかる事はないです。

しかし、取引手数料が2倍かかっているという認識でいるのがいいと思います!

BIngX以外の取引所の手数料は「海外仮想通貨取引所の手数料」の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

BIngX(ビンエックス)で手数料負けしないためには?

ギリギリプラスで損益と思ったら、実は手数料で負けてしまった…という事態は避けたいですよね?

ここでは上級者も当然使っている、手数料負けしない方法について解説します!

そもそも手数料負けとは?

手数料負けというのはトレードの利益よりスプレッドや取引手数料といった手数料負担の方が大きくなってしまい、結果敵に収益が-になってしまうことです。

Taker注文では無くMaker注文を使う

成行注文で入るとエントリーした時点で0.04%+スプレッド分の値幅を取れないと手数料負けになってしますので気をつけましょう。

ここでポイントなのは取引手数料というのはエントリーのたびに付与されるもので利確/損切の際にも付与されるので注意しましょう。

できるだけ値幅を取るように心がける

Taker注文とMaker注文のメリット・デメリットについては↑で説明しました。

短期的に取引を繰り返すスキャルピング手法で手数料以上に勝つのは、初心者には難しいため出来るだけ値幅をとって手数料を抑えていきましょう!

資金調達率付与時に取引しない

資金調達率付与時に出来るだけポジションを持たずに節約することも手数料負けしないための一歩となります。

なので0時、8時、16時前には不利なポジションを持たないように気をつけましょう!

BingX(ビンエックス)を最もお得に利用する方法(取引手数料40%割引)

\業界最大キャッシュバック率!/

CoinBack
CoinBack

CoinBackでは、BingXの取引手数料の40%を還元しています!

CoinBackはユーザーの取引によって発生するアフィリエイト報酬をユーザーへ還元しています!

ではどれくらいお得になるのでしょうか?

BingXの取引手数料は以下の通りです。

取引所デリバティブMaker手数料率デリバティブTaker手数料率
BingX0.02%0.04%
Bybit0.01%0.06%
FTX0.02%0.07%
BINANCE0.02%0.07%
BITNEXT0%0.05%

BingXは比較的に安い取引手数料ですが、スプレッドもある為、なるべく安く抑えるのがいいでしょう!

CoinBackを利用すれば・・・

取引所デリバティブMaker手数料率デリバティブTaker手数料率
BingX0.012%0.024%
Bybit0.01%0.06%
FTX0.02%0.07%
BINANCE0.02%0.07%
BITNEXT0%0.05%

CoinBackを利用すれば、圧倒的に取引手数料を抑える事が出来ます

\業界最大キャッシュバック率!/

CoinBack
CoinBack

1BTCの取引をするのに、Taker取引で往復約4000円の取引手数料が発生します。

BingXの取引手数料は莫大・・・

月に10BTCの取引をすれば、4万円、100BTCの取引をすれば、40万円をBybitに支払う事になります。

 

これが一年続けば、月の取引手数料が10BTCでも48万円、100BTCなら480万円も支払う事になります。

 

CoinBackを利用すれば!!

 

月の取引手数料が10BTCなら年間で約20万円、100BTCなら年間で約200万円もお得になります♪♪

\業界最大キャッシュバック率!/

CoinBackについて詳しくは以下の記事を参照ください♪

【まとめ】BingX(ビンエックス)の手数料一覧

BingXの大きなメリットはコピートレードが出来る事でしょう!

手数料は他の取引所に比べて、高い訳ではないですが、スプレッドが広いので、なるべく取引手数料を抑えて取引をしないと手数料負けする可能性があります。

BingXを利用するなら、CoinBackを利用して一番お得に取引する様にしましょう!

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

CoinBack
CoinBack

BingXの口座開設方法はこちらの記事で紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。