Bitget(ビットゲット)のクレジットカード入金方法|仮想通貨の買い方も紹介

Bitgetクレジットカード

クレジットカードで仮想通貨って買えるの??
今すぐBitgetに入金したい!何か方法ないかな!?

2020年8月から開始された暗号資産購入機能を利用すれば、Bitgetでもクレジットカードを使用して日本円入金を行うことができます。

暗号資産購入機能とは、クレジットカードを使うことで法定通貨でも仮想通貨が買えるサービスのことです。

2022年現在は、日本円や米ドルなどを含む法定通貨で仮想通貨を購入することができます。

つまり、Bitgetでクレジットカードを使えば、実質的に日本円で入金ができるというわけです。

本記事ではBitgetでクレジットカードを使う際の具体的な方法と注意点を丁寧に説明します。

この記事でわかること
  • Bitgetへ日本円を直接入金したい場合や早く入金したい人は、クレジットカード入金がおすすめ
  • Bitgetは三井住友や楽天のカードは使えない
  • クレジットカードを用いて日本円で購入できる仮想通貨は✓BTCETHUSDTなどの8種類
  • 購入した仮想通貨はBitgetのウォレットに反映される
  • クレジットカード入金でも手数料と限度額がプロバイダにより異なる
  • クレジットカードからの入金はKYCが必要
  • CoinBackはBitgetの取引手数料のうち40%をキャッシュバックしている

Bitget

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

 

まだ、Bitgetに登録していない方はこの機会に登録しておきましょう。

口座登録方法について詳しく知りたい方は「Bitgetの登録方法」を閲覧しながら登録してみてはいかがでしょうか?


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


好きなところから読む

Bitget(ビットゲット)のクレジットカード使用概要

Bitget(ビットゲット)のクレジットカードについて

ここではBitgetのクレジットカードで仮想通貨を購入する時の詳細について説明します。

対応法定通貨一覧

現在Bitgetで仮想通貨の購入に対応している法定通貨は以下の通りになっています。

現在対応している法定通貨

USD/EUR/JPY/TRY/AED/ARS/BRL/CAD/COP/DOP/GBP/IDR/INR/MXN/NGN/PHP/PKR/RUB/THB/UAH/VES/VND/ZAR/PEN/BDT/AUD/HKD/TWD

Bitgetは主要通貨である日本円,ドル,ユーロが対応しているので問題なく使用できます。

Bitget(ビットゲット)の取り扱い通貨は、こちらの記事で詳しく解説していますで、ぜひ参考にしてみてください。

使えるクレジットカード・電子決済一覧

どちらも入金することができますが、それぞれ対応通貨や手数料、手順などが異なり違いがあるため、しっかりと理解しましょう。

Bitgetの入金方法
・仮想通貨

・クレジットカード

・電子決済

入金方法に関しては一般的な取引所と変わりません。また、対応しているクレジットカードについては以下の通りです。

Bitgetのクレジットカード対応種類
・VISA

・MasterCard

こちらは三井住友や楽天などのクレジットカードは使えないので、十分に注意しましょう!

さらに対応している電子決済の対応一覧はこちらです。

Bitgetの電子通貨対応種類
Apple PayGoogle PayLINEPAY ・Paypal ・Revolt ・Western Ivoit  ・Air TM  ・GCash ・PayMaya ・Post Bank ・7-Bank ・Chiper Cash ・Wise

電子決済は日本でも普及しているLINEPAYがあるので、多くのユーザーが仮想通貨を購入しやすい環境になっております。

クレジットカードで仮想通貨を購入する際の手数料

クレジットで仮想通貨を購入する際に、ユーザーは手数料を支払う必要があります。

主なクレジットカードの手数料は以下の通りです。

サービスプロバイダー決済手数料
Simplex無料
Mercuryo支払い金額の3.95%
Banxa支払い金額の1.99%

特別な理由がない限りSimplexを使うとお得に仮想通貨を購入することができます。

Bitgetの手数料について詳しく知りたい方は「Bitget(ビットゲット)の手数料」の記事を閲覧しましょう!

Bitget(ビットゲット)のその他の入金方法

Bitgetの入金について詳しく説明します。

特に特殊な作業は必要ありませんので、お気軽にご覧ください。

Bitget(ビットゲット)の入金方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、これから入金しようと思っているあなたは、参考にしてみてください。

現在Bitgetでは入金方法が3種類あります。

Bitgetの入金方法
・クレジットカードで購入

・電子決済で購入

・仮想通貨の送金

Bitget(ビットゲット)で購入できる仮想通貨の一覧

Bitgetが対応している仮想通貨の種類はどのようなものがあるのでしょうか。

Bitgetで入金できる仮想通貨一覧
BTCUSDT  ✓ETH ✓LTC ✓EOS ✓XRP ✓BCH ✓ETC ✓TRX

Bitgetは仮想通貨の内部変換をすることが可能なので、欲しい仮想通貨をUSDTを購入したのち、うまく活用しましょう。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitget(ビットゲット)でクレジットカードを使った仮想通貨購入方法

Bitget(ビットゲット)のクレジットカード購入の方法

Bitgetでは、PCとスマホの両方でクレジットカード入金をすることができます。

クレジットカード入金に必要な手順は、以下のとおりです。

クレジットカード入金に必要な手順
①「暗号資産の購入」をクリックする 

②購入する種類と数量を選択 

③サービスプロバイダーで決済情報を入力

実際に画像を使いながら説明します。

STEP.1
公式ページを開く

公式ページ中央上にある「暗号資産購入」を選択

暗号資産の購入
STEP.2
欲しい数量を入力

法定通貨で「JPY」を選択、受け取り通貨で欲しい通貨を選択しましょう。
サービスプロバイダーで「おすすめ」と表記のあるものを利用すると比較的安く購入できます。

購入方法

画面右に購入数量が表示されているので間違いがないか確認し次へ

STEP.3
各種プロバイダーの決済画面へ

ここから各種プロバイダーの決済画面へ遷移します。
クレジットカード購入などはBitgetとは別に、決済代行会社での個人情報の入力や本人確認が行われるものもあるので注意してご利用下さい。

注文が確定すると、即時仮想通貨がBitgetのウォレットに追加されます

時間を空けても仮想通貨がウォレットに追加されない場合はサポートに連絡しましょう。

Bitget(ビットゲット)のクレジットカードでの仮想通貨購入方法(スマホアプリ)

クレジットカード

Bitget(ビットゲット)のスマホアプリでは、クレジットカードで仮想通貨を買う(入金する)ことが、理論上はできます。

ただ、日本在住者が登録できないCashapp(キャッシュアップ)というサービスを使うなど「事実上不可」に近い状態になっています。

ただ、日本人に対するルールが緩和される可能性もあるため、2022年9月18日時点の購入方法をまとめます。

購入方法には以下の3通りがあります。

  1. エクスプレス
  2. P2P(個人間取引)
  3. 第三者機関(決済代行会社)

以下、それぞれの使い方の説明です。

全方法共通の手順

Bitgetのクレジットカード入金の画面

まず、アプリのトップ画面で「暗号資産の購入」を選んでください。

Bitgetのクレジットカード入金の画面

このような画面が出ます。

この「エクスプレス・P2P・第三者機関」のそれぞれのやり方を説明していきます。

エクスプレス:Cashappのアカウントがある人のみ可

エクスプレスの画面

まず「エクスプレス」を選択します。

エクスプレスの画面

「支払う」の部分に金額を入力します。

エクスプレスの画面

入力している画面です。

エクスプレスの画面

金額を入力したら「手数料0で購入」を押します。

エクスプレスの画面

選択肢としてCashapp(キャッシュアップ)が出てきます。

この時1つしかなくても「Cashapp」のボタンを押してください。

エクスプレスの画面

ボタンを押してこのように青い線で囲まれたら、先に進めます。

「購入を確認します」を押します。

エクスプレスの画面

このように支払い先の情報が表示されます。

お相手のCashapp(キャッシュアップ)でのアカウント名・ID・メールアドレスなどが書かれています。

「次」を押します。

エクスプレスの画面

Cashapp(キャッシュアップ)のアカウントがあれば、この支払い情報を元に、Cashappから支払いをします。

そして、その後に「支払済み」のボタンを押します。

その後、この販売者さんから仮想通貨が送られてくるという仕組みです。

Cashapp

このCashapp(キャッシュアップ)ですが、2022年9月17日時点では日本から登録できません。

まず公式サイトにアクセスし、アプリをダウンロードしてみるとわかります。

Cashapp

このように「このAppha現在、この国または地域では入手できません」と出ます。

つまり、日本在住だとCashapp(キャッシュアップ)は利用できず、海外在住などでアカウントを持っている人のみが使える支払方法です。

Cashappを使える場合は、そちらからクレジットカードによって支払いできます。

P2P(個人間取引)

P2Pの画面

2つ目の選択肢はP2P(ピーツーピー/個人間取引)です。

P2Pの画面

この方法ですが、バイナンスと違い販売者さんがほとんど表示されません。

「USDT」では2名の方が表示されました。

P2Pの画面

しかし、BTC(ビットコイン)では0人です。

P2Pの画面

ETH(イーサリアム)も0人でした。

その他のUSDC(USDコイン)やBGB(Bitgetトークン)も同じです。

P2Pの画面

そして、USDTのお二人が対応する支払方法ですが、まずお一人は先ほどのCashapp(キャッシュアップ)の方です。

つまり、この方のサービスは日本人では利用できません。

もう一人の方は「Wise」という決済方法ですが、これは日本人にとってマイナー過ぎるので、あえて使う理由がないでしょう。

P2Pの画面

右上の「決済方法」の文字をタップして、他の支払方法をすべて見てみました。

この中で日本人が使えるものがあるとしたら、PayPal(ペイパル)でしょう。

P2Pの画面

しかし、残念ながらPayPalも「販売者ゼロ」の状態でした。

これらの調査結果からP2Pでのクレジットカード支払いは、

  1. 理論上はできる
  2. 誰かがPayPalで販売してくれればいい
  3. しかし、実際に販売してくれる人がいない

というように「理論上はできるが実際にはできない」という結論になります。

Bitget(ビットゲットでクレジットカードを使うメリット・デメリット

メリット

Bitget(ビットゲット)の入金をクレジットカードで行うことには、メリットとデメリットの両方があります。

ここでは、それらのメリット・デメリットを解説します。

メリット

Bitgetでクレジットカードを利用するメリットは以下の通りです。

本来仮想通貨を日本円で購入する方法としては国内取引所での銀行振り込みが一般的ですが、Bitget提携の収納代行業者を利用することで、Bitget内で仮想通貨の購入をすることが出来ます。

国内取引所を経由せずに入金することは大きく手間を省くことができるため、ユーザーにとっても大きなメリットがあります。

デメリット

Bitget(ビットゲット)のクレジットカード入金のデメリットは以下の通りです。

  1. JCB・AMEX・Dinersは使えない
  2. 使う決済代行会社によっては手数料が高い

①の対応ブランドについては、VISA・Master Cardを持っている人であれば何も問題ありません。

この2種類がなく、上に書いたJCBなどの3種類しかない場合は、クレジットカード入金を使えないため注意が必要です。

②の決済代行会社(サービスプロバイダー)については、各社で以下のような手数料になっています。

決済代行会社決済手数料
Simplex無料
Mercuryo支払い金額の3.95%
Banxa支払い金額の1.99%

見てのとおり「Mercuryo」は3.95%と高めになっています。

逆にSimplexなら無料であるため、可能な限りSimplexを使うようにしましょう。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitgetビットゲット)でクレジットカードを利用する際の注意点

Bitget(ビットゲット)でクレジットカードを利用する時の注意点

Bitgetで使うときの注意点を紹介します。

うっかり忘れてしまうとうまく入金できないなどの問題が発生するため、しっかりと理解しましょう。

Bitgetでクレジットカードを利用する時の注意点
・購入時にKYCをする必要がある

・購入限度額がある

・トラブルが起きた場合はプロバイダ対応

・クレジットカード手数料がかかる

それぞれの注意点を具体的に説明します。

購入時にKYCをする必要がある

Bitgetはクレジットカードを使って仮想通貨を購入する際にはKYCが必要です。

KYCをしたくない方は、クレジットカードではなく仮想通貨の入金を行いましょう。

しかし、KYCは難しい作業ではないので、行っておきましょう。

購入限度額がある

Bitgetでクレジットカードを利用して仮想通貨を購入する場合、1回あたりの購入金額に制限が設けられます。

1回あたりの購入金額は2,500~125万円の範囲内です。

それ以上の購入を希望しているユーザーは何回かに分けて購入しましょう。

トラブルが起きた場合はプロバイダ対応

Bitgetでクレジットカードを用いて仮想通貨を購入すると大抵の場合2~30分以内に仮想通貨を受け取る事ができるのですが何らかの問題がおきて処理に時間がかかってしまったり購入自体がキャンセルになることもあります。

こういったトラブルが起きた際、対応はBitgetでは無く各プロバイダなので利用したプロバイダに直接問い合わせる必要がありますので事前に公式ページで問い合わせ方法なども確認するようにしましょう!

クレジットカード手数料がかかる

Bitgetで仮想通貨を購入する際には手数料がかかるのでこちらに関しても事前に確認するようにしましょう。

また,手数料は各プロバイダによって異なります。

Bitgetの手数料について詳しく知りたい方は「Bitget手数料」の記事を閲覧しましょう!

Bitget(ビットゲット)でクレジットカードが使えないときの対処法

Bitget(ビットゲット)でクレジットカードが使えないときの対処法

クレジットカードによる入金をしようとすると、うまく仮想通貨が購入できないことがあります。

多くの問題は簡単に解決できることなので、しっかりと対策を押さえておきましょう。

クレジットカードが使えないときの対処法
・Bitgetが対応していないカード会社を利用していようとしている

・クレジットカード情報に誤りがある

・クレジットカードが利用限度額に達している

Bitgetが対応していないカード会社を利用していようとしている

Bitgetが対応しているクレジットカードは「Visa」「Master Card」です。

デビットカードにおいても同様なので、こちらの2つに対応していないカードは使用することができません。

利用限度額は、各カード会社で変更することができるので、利用限度額を上げて仮想通貨を購入しましょう。

クレジットカード情報に誤りがある

Bitgetでクレジットカード入金をする際は、外部プロバイダに「クレジットカード情報」を登録します。

・セキュリティーコード

・クレジット番号

・有効期限

これらの情報に誤りがあると仮想通貨を購入することができないため、外部プロバイダーから情報を確認しましょう。

クレジットカードが利用限度額に達している

当たり前の話ですが、クレジットーカードが利用限度額に達していると利用することができないので、注意しましょう。

Bitgetは他のカード情報も登録できるので、緊急で仮想通貨を購入したい方は、そちらを使いましょう。

Bitget(ビットゲット)のクレジットカードに関するQ&A

Bitget(ビットゲット)のクレジットカードに関するQ&A

ここからはBitgetクレジットカードに関する一般的な疑問に対しての回答をします。

Bitgetでクレジットカードの情報を入力することは安全ですか Bitgetでクレジットカードの情報を入力することは安全ですか?

はい。安全です。

前提としてBitgetはクレジットカードの情報を保持していません。

プロバインダーによって安全に情報管理されているので、問題ありません。

Bitget(ビットゲット)のクレジットカードに関するQ&A Bitgetで得た収益を直接銀行振り込みしてもらうことはできますか?

直接はできませんが、間接的なら可能です。

仮想通貨から法定通貨に変換するためには基本的に国内の取引所を経由すること以外の方法がありません。

Bitget(ビットゲット)のクレジットカードに関するQ&A 日本国内で利用できますか

Bitgetのカード取引は日本国内でも使えます。決済に使うフィアットゲートウェイが日本円に対応できるしくみだからです

Bitgetは日本語にも対応しているので、日本在住者でも苦労なく使えます。

また、ビットコインやイーサリアムといった日本でも人気の仮想通貨を購入できることもポイントです。

CoinBackからBitgetを利用すれば半永久的に手数料40%キャッシュバック

CoinBackからBitget(ビットゲット)を利用すれば半永久的に手数料40%キャッシュバック

CoinBackではユーザーに取引手数料を常に還元しています。

Bitgetの場合は40%キャッシュバックしています。

具体的にはどの程度安くなるのでしょうか。

通常の取引手数料

取引所デリバティブMaker手数料率デリバティブTaker手数料率
Bitget0.02%0.06%
Bybit0.01%0.06%
BINANCE0.02%0.07%
BingX0.02%0.06%

Bitgetの取引手数料は比較的高い傾向があります。

CoinBackを利用すれば・・・

取引所デリバティブMaker手数料率デリバティブTaker手数料率
Bitget0.012%0.036%
Bybit0.007%0.042%
BINANCE0.014%0.049%
BingX0.012%0.036%

※Bitget以外は通常でCoinBackを使用した時の取引手数料になります。

以上のようにCoinBackを利用すれば手数料を大きく抑えることができます!

CoinBackは登録費用が一切かからないため、利用するデメリットはありません!

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitgetのキャッシュバックのやり方を詳しく知りたい方は「Bitgetでキャッシュバックを受け取る方法」を参照してください!

Bitget(ビットゲット)のクレジットカードについてのまとめ

本記事ではBitgetのクレジットカードについて紹介しました。

プロバインダー機能によって海外取引所でも仮想通貨を実質日本円で購入できるようになりました。

大きな手間が省けたので、今後も利用するユーザーは増加していくと予想されます。

なお、海外取引所を使用する際には、業界初の海外取引所から公認を得ているキャッシュバックサービスであるCoinBackを利用してお得に取引しましょう。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。