Bitget(ビットゲット)の入金方法|注意点・裏技を解説

入金アイキャッチ画像
Bitgetの入金方法は?
クレジットカードで仮想通貨購入する方法は?

なんて疑問を思ってませんか?

実際にBitget(ビットゲット)の口コミ・評判の記事を見てみると、同じ疑問を持っている人はいるようです。

Bitgetの入金方法が分からない方はこの記事に沿って入金してみましょう!

今回はBitget利用歴の長い筆者がBitgetへの入金方法を画像付きで解説していきます!

この記事をまとめると…
  • Bitgetの入金方法は仮想通貨とクレジットカード
  • 多数の現物入金可能
  • 銀行振込不可
  • XRP,EOSの入金タグを忘れないように
  • 入金手数料は無料
  • 最低入金額に注意しよう

Bitget

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

また、当サイトはBitgetの取引手数料を40%キャッシュバックしています。

Bitgetが実施しているどのキャンペーンよりもお得で豪華なので、必ずチェックして見逃さない様にしましょう!


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


好きなところから読む

Bitget(ビットゲット)の入金についての事前知識

Bitgetでは3種類の入金方法があります。

  1. 仮想通貨入金
  2. クレジットカードでの仮想通貨購入
  3. 電子決済での仮想通貨購入

仮想通貨入金:対応通貨一覧

Bitgetでは導入されている現物は全て入金可能です。

Bitgetで対応している現物は以下の通りです。

1 BTC 2 ETH
3 BGB 4 QTUM
5 LTC 6 BCH
7 EOS 8 CST
9 XRP 10 TRX
11 OMG 12 MATIC
13 1INCH 14 SNX
15 CELR 16 STORJ
17 SHIB 18 ETC
19 GRT 20 UNI
21 SUSHI 22 COMP
23 AAVE 24 YFI
25 DOGE 26 MANA
27 ENJ 28 CHZ
29 LINA 30 REN
31 UMA 32 MKR
33 ZRX 34 LRC
35 BAL 36 BAT
37 BNT 38 CRV
39 YFII 40 WNXM
41 AXS 42 CHR
43 DASH 44 ZEC
45 KNC 46 BAND
47 OCEAN 48 NKN
49 RLC 50 OGN
51 CAKE 52 BNB
53 ANKR 54 SRM
55 RSR 56 JST
57 ICP 58 MASK
59 SOL 60 FIL
61 CELO 62 GAME
63 YGG 64 LDO
65 REVV 66 AGLD
67 DYDX 68 RACA
69 BETA 70 MBOX
71 HIGH 72 SLP
73 GALA 74 DERC
75 SAND 76 ALICE
77 TLM 78 EDEN
79 OHM 80 OML
81 SMG 82 BOTTO
83 1SQ 84 MOVR
85 DXL 86 ATLAS
87 AURY 88 GODS
89 UFO 90 STARL
91 DOT 92 ATOM
93 IMX 94 ENS
95 CURE 96 RFOX
97 WILD 98 SPAT
99 POLC 100 OVR
101 RGT 102 AVAX
103 DERI 104 TAT
105 GM 106 CYCLUB
107 CRO 108 DOTR
109 BIOT 110 BPRIVA
111 JASMY 112 GENE
113 TONCOIN 114 DRACE
115 ELMON 116 LIKE
117 WND 118 CVX
119 SPELL 120 TOKE
121 SIN 122 VVS
123 ANY 124 HOTL
125 COTI 126 RNDR
127 FXS 128 BLOK
129 SOLR 130 CEEK
131 WKD 132 DENT
133 FLOKI 134 FREE
135 ALPHA 136 QRDO
137 BABYDOGE 138 JUV
139 KLAY 140 USDC
141 AUDIO 142 C98
143 ILV 144 WEMIX
145 JUSTICE 146 RSS3
147 ANT 148 ARPA
149 REAL 150 DUSK
151 TORN 152 X2Y2
153 FTM 154 WOO
155 FTT 156 WIN
157 SUN 158 PSTAKE
159 AR 160 PERP
161 LUNA 162 UST
163 TFBX 164 MAN
165 KIN 166 FEVR
167 FOR 168 GOG
169 SSS 170 PIT
171 HEX 172 ORKL
173 JADE 174 GODZ
175 XEM 176 ZEN
177 ONIT 178 LOOKS
179 CHAGE 180 PEOPLE
181 RLY 182 FIO
183 SHILL 184 METIS
185 ACA 186 BUSD
187 SOS 188 LINK

主に、BTC、ETH、XRP、USDTなどが送金に使われています。

XRPやUSDTが手数料も安く早いのでこれらを利用するようにしましょう。

法定通貨入金:事前にKYCが必要

クレジットカードや電子決済での仮想通貨購入・入金を行う際は事前に本人確認(KYC)が必要です。

本人確認はアプリの方がスムーズに進むので、この際にアプリをダウンロードしておきましょう。

銀行振込入金:不可

基本的に海外仮想通貨取引所では国内送金にて仮想通貨購入することは不可能です。

国内銀行送金で仮想通貨の購入を行いたい場合は国内仮想通貨取引所にて行いましょう。

BybitとBITNEXTでのみ銀行振込での入金が可能です。

しかし、これらは金融庁に認められた決済手段ではない為、あくまで自己責任で利用しましょう。

CoinBack
CoinBack

国内からの入金がめんどくさいと感じる方は上記の入金方法を利用しても良いかもしれません!

【スマホ・アプリ】Bitget(ビットゲット)の入金方法

Bitgetの入金手続き画面

まず、アプリトップ画面で「入金」を押します。

Bitgetの入金手続き画面

入金したい仮想通貨を選ぶ画面になります。

一番上の「検索」の欄から探す、人気銘柄をタップする、一覧から選ぶなどの方法で選択します。

今回はUSDT(テザー)を選びました。

Bitgetの入金手続き画面

仮想通貨を選ぶと「チェーンを選択」の画面になります。

送金に使うネットワークを指定します。

今回は、TRC20(Tron)を選びました。

Bitgetの入金手続き画面

指定すると「その仮想通貨の、そのネットワークでの、あなたのアドレス」が発行されます。

「アドレスをコピーする」を押してください。

もしくは、その上の「コピー」という小さい文字でもOKです。

Bitgetの入金手続き画面

コピーしたら、このように「コピーしました」と出ます。

これで「送金する側」の取引所・ウォレットのアプリを開きます。

Bitgetの入金手続き画面

今回はOKX(オーケーエックス)のウォレットを使います。

先ほどコピーしたBitgetのアドレスを「Address」の欄にコピペします。

そして、ネットワークは先ほど選んだ「USDT-TRC20」を選んでいます。

  • ビットゲット:TRC20(Tron)
  • OKX:USDT-TRC20

このようにそれぞれ表記は違いますが、同じネットワークです。

要は「TRC20」の部分が共通していればOKです。

Bitgetの入金手続き画面

OKの側で送金が完了しました。

この送金がBitgetで反映されるのを待ちます。

今回は上の画面の通り「21:55」に送金手続きをしました。

Bitgetの入金手続き画面

そして、5分後の「22:00」にはBitgetから「入金完了」のメールが届きました。

Bitgetの入金手続き画面

OKXからの「出金が成功しました」というメールも、同時の22:00に届いています。

つまり、今回のBitgetの入金・OKXの出金の所要時間は5分でした。

入金履歴の確認方法

Bitgetの入金手続き画面

実際に入金されたことをBitgetのアプリで確認します。

アプリトップ画面の右下「資産」を押してください。

Bitgetの入金手続き画面

「資産」の画面の右上のアイコンを押してください。

この画面が出なければ、上の「現物」という文字を押してください。

「現物」を開けば上の画像と同じ画面になります。

Bitgetの入金手続き画面

「現物取引明細」という画面になります。

先ほどの20ドルの入金が、2022年9月19日の22:00ちょうどで記録されています。

(秒までちょうどという珍しいケースでした)

このように、OKXの仮想通貨送金での入金は、わずか5分で簡単にできます。

入出金の便利さでもメリットの大きい取引所といえるでしょう。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitget(ビットゲット)の仮想通貨入金方法・ルール

Bitgetには多彩な入金方法がありますが、主な入金方法である仮想通貨入金の解説をしていきます。

手順・やり方

Bitgetへ入金する際の手順について画像付きで解説します。

 
公式ページを開く

画面右上の「資産」→「入金」を選択。

入金を押す
 
 
入金したい通貨を選択
入金情報

  1. 入金したい通貨を選択
  2. チェーン選択: チェーンをよく確認し、送金側でも同じものを選択しましょう。
  3. 入金アドレスの確認: ①②を選択するとアドレスが出てくるので、間違いないよう送金側にコピペしてください。
 

以上で入金は完了です!

不安な方は、最小入金額で一度お試し入金する事をオススメします!

注意
最低入金額0.001BTC等…最低入金額未満の入金は入金されず、返金されません。

対応仮想通貨

前章に記載した通り、Bitgetで扱われている現物は全て入金対応しています。

しかし、通貨ごとに送金速度や手数料問題に向き不向きがあります。

入金する際は、BTC、ETH、USDT、XRPなどのメジャー通貨を利用しましょう。

通貨ごとに最低入金額が設定されており、規定以下の入金を行った場合入金反映もされず、返金もされないので注意しましょう。

手数料

Bitget(ビットゲット)の手数料まとめの記事でも解説していますが、Bitgetに入金する際の、入金手数料は無料です。

しかし、出金・送金側でマイニング手数料や出金手数料がかかるため注意が必要です。

通貨ごとに最低入金額が設定されており、規定以下の入金を行った場合入金反映もされず、返金もされないので注意しましょう。

最低入金額は以下の通りとなっています。

通貨最低入金額
BTC0.001BTC
ETH0.01ETH
USDT(TRC20)1USDT
XRP0.1XRP

Bitget(ビットゲット)のクレジットカード・電子決済での入金方法

Bitgetでは、「VISA」と「マスターカード」「ApplePay」「GooglePay」「Ideal」などで入金が行えます。

まだ仮想通貨を持っていないけど、初めて入金してみたいという方には簡単でオススメの入金方法です!

MEMO
クレジットカード・電子決済で仮想通貨を購入する時は、事前に本人確認書類の提出が必要です。

手順・やり方

 
公式ページを開く

公式ページ中央上にある「暗号資産購入」を選択

暗号資産の購入
 
 
欲しい数量を入力

法定通貨で「JPY」を選択、受け取り通貨で欲しい通貨を選択しましょう。

サービスプロバイダーで「おすすめ」と表記のあるものを利用すると比較的安く購入できます。

購入方法

画面右に購入数量が表示されているので間違いがないか確認し次へ

 
 
各種プロバイダーの決済画面へ

ここから各種プロバイダーの決済画面へ遷移します。

クレジットカード購入などはBitgetとは別に、決済代行会社での個人情報の入力や本人確認が行われるものもあるので注意してご利用下さい。

注文が確定すると、即時仮想通貨がBitgetのウォレットに追加されます

時間をあけても仮想通貨がウォレットに追加されない場合はサポートに連絡してください。

 

手数料

クレジットカード入金をする場合3.8%の手数料がかかります。

その上に更に為替レートの変動もあるため、想像より少ない通貨枚数しか取得できない場合もあります。

Bitget(ビットゲット)の入金で使えるチェーン・ネットワーク一覧

Bitget(ビットゲット)の入金で使えるチェーン・ネットワーク一覧

Bitgetに入金・送金する際には「どのチェーン・ネットワークを使えるのか」を把握しておく必要があります。

ここでは、以下の5種類の仮想通貨の入金・送金で使えるチェーンを一覧にします。

  1. USDT(テザー/Tether)
  2. ETH(イーサリアム/Ethereum)
  3. USDC(USDコイン/USD Coin)
  4. BTC(ビットコイン/Bitcoin)
  5. XRP(リップル/Ripple)

以下、それぞれの対応チェーン一覧です。

(データとスクリーンショットは2022年11月2日時点のものです)

USDT(テザー/Tether)

USDT(テザー/Tether)

USDTの入金・送金では以下の10種類のチェーンを利用可能です。

  1. TRC20(Tron)
  2. ERC20(Ethereum)
  3. BEP20(BSC/Binance Smart Chain)
  4. HECO
  5. Optimism
  6. Polygon(MATIC)
  7. C-Chain(AVAX C-Chain)
  8. OMNI(BITCOIN)
  9. Arbitrum One ※一時停止中
  10. SOL(Solana) ※一時停止中

Arbitrum OneとSOLは2022年11月2日時点で「デポジットを一時停止」と書かれているため、実際に使えるのは8種類となります

ETH(イーサリアム/Ethereum)

ETH(イーサリアム/Ethereum)

ETHの入金・送金では以下の4種類のネットワークを利用できます。

  1. ETH(Ethereum/ERC20)
  2. BEP20(BSC/Binance Smart Chain)
  3. Arbitrum One
  4. Optimism

①のETHは、スクリーンショットではERC20と書かれていませんが、ERC20のことです。

(ほとんどの取引所やウォレットアプリは「ERC20」と書くため、こちらの方がわかりやすいでしょう)

USDC(USDコイン/USD Coin)

USDC(USDコイン/USD Coin)

USDCの入金・送金では以下の6種類のブロックチェーンを利用可能です。

  1. BEP20(BSC/Binance Smart Chain)
  2. TRC20(Tron)
  3. ERC20(Ethereum)
  4. SOL(Solana)※一時停止中
  5. Optimism
  6. Polygon(MATIC)

SOLは一時停止中となっているため、実際に使えるのは5種類です。

BTC(ビットコイン/Bitcoin)

BTC(ビットコイン/Bitcoin)

BTCの入金・送金では以下の2種類のチェーンに対応しています。

  1. BTC(BITCOIN)
  2. BEP20(BSC/Binance Smart Chain)

これは他の取引所でも同じですが、本家のBTCチェーンは入出に時間がかかりすぎる(10分程度)ため、BEP20をおすすめします。

XRP(リップル/Ripple)

XRP(リップル/Ripple)

XRPの入金・送金で使えるネットワークはXRP一択です。

このように使えるチェーンが一種類の場合、Bitgetでは自動的にそのチェーンが選択された状態で、QRコードとアドレスが表示されます。

以上の通り、Bitgetはどの仮想通貨でも豊富なブロックチェーン(ネットワーク)の種類によって、便利に入金・送金できます。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

各取引所からBitget(ビットゲット)に入金・送金する方法

他の取引所やウォレットアプリから、Bitgetに入金(送金)する方法を知りたいという人も多いでしょう。

ここでは、以下の取引所やウォレットからの入金方法を実際の画面とともに説明します。

  1. Bybit(バイビット)
  2. MEXC(メックスシー)
  3. BingX(ビンエックス)
  4. OKX(オーケーエックス)

以下、それぞれのやり方の説明です。

Bybit(バイビット)からBitgetに入金・送金する手順

BybitからBitgetへの入金手続き画面

まず、Bybitアプリのホーム画面で、右下にある「資産」のメニューをタップします。

(以下、画面はすべて2022年11月27日時点のものです)

「出金」を選択する

BybitからBitgetへの入金手続き画面

「マイアセット」の画面になるので「出金」のボタンを選択します。

暗号資産を選ぶ

BybitからBitgetへの入金手続き画面

このように暗号通貨が一覧になります。

一覧の中にない銘柄は一番上の検索窓から探します。

BybitからBitgetへの入金手続き画面

今回はUSDCを入金したかったので「USDC」を検索しました。

アドレスを貼り付ける

BybitからBitgetへの入金手続き画面

暗号通貨を選択したら「アドレス」の欄をタップします。

BybitからBitgetへの入金手続き画面

Bitgetでこのようにアドレスを取得し、それをBybitで貼り付けます。

「ペーストを許可」を選ぶ

BybitからBitgetへの入金手続き画面

貼り付ける時はこのように「ペーストを許可」を選びます。

「ネットワーク」をタップする

BybitからBitgetへの入金手続き画面

アドレスを貼り付けたら「ネットワーク」をタップします。

チェーンタイプを選ぶ

BybitからBitgetへの入金手続き画面

Bybitからの送金で使えるネットワークが一覧になります。

USDCの場合、Bybitで使えるネットワーク(チェーンタイプ)は以下の通りです。

  1. Arbitrum One
  2. BSC(BEP20/Binance Smart Chain)
  3. AVAXC(AVAX C-Chain)
  4. ERC20(Ethereum)
  5. MATIC(Polygon)
  6. SOL(Solana)
  7. TRC20(Tron)
  8. zkSync

太字のチェーンタイプはBitgetでも共通して使えるものです。

見ての通り、8種類のうち5種類が利用できます。

BitgetではBSCが一番上になっているので、今回はBSCを選択しました。

金額を入力する

BybitからBitgetへの入金手続き画面

チェーンタイプが決まったら「金額」を入力します。

「出金」を押す

BybitからBitgetへの入金手続き画面

金額を入力したら「出金」のボタンをタップします。

「コードを取得」をタップする

BybitからBitgetへの入金手続き画面

「セキュリティ認証」の画面になるので「コードを取得」という文字をタップしてください。

パズル認証をクリアする

BybitからBitgetへの入金手続き画面

このようなパズル認証が出るのでクリアします。

「認証コード」が送信される

BybitからBitgetへの入金手続き画面

クリアすると「「認証コードを発信しました」という文字が画面上部に出ます。

メールアドレスを開いてください。

メールで認証コードを確認する

BybitからBitgetへの入金手続き画面

このような「出金認証コード」というメールがBybitから届いています。

書かれている数字6桁のコードを確認してください。

認証コードを入力する

BybitからBitgetへの入金手続き画面

コードを先ほどのBybitの画面で貼り付けます。

Google Authenticatorを開く

BybitからBitgetへの入金手続き画面

Bybitのアプリを出て「Google Authenticator」(Google認証アプリ)を開きます。

Bybitのコードをタップする

BybitからBitgetへの入金手続き画面

Bybitのコードを探してタップします。

コードがコピーされる

BybitからBitgetへの入金手続き画面

コードがコピーされるので、Bybitのアプリに戻ります。

「貼り付け」をタップする

BybitからBitgetへの入金手続き画面

アプリに戻ったら「Google認証コード」の欄で右にある「貼り付け」を押します。

「ペーストを許可」を選ぶ

BybitからBitgetへの入金手続き画面

「貼り付けを許可しますか?」という確認が出るので「ペーストを許可」を選びます。

「次回認証不要」の欄をチェックする

BybitからBitgetへの入金手続き画面

「次回、認証を行う必要はありません」もチェックしておくと次回以降が楽です。

「同意する」を押す

BybitからBitgetへの入金手続き画面

チェックを入れたら「同意する」を押します。

「提出完了」の表示が出る

BybitからBitgetへの入金手続き画面

画面の一番上に「提出完了」と出ました。

これでBybitでの出金手続きは完了です。

「出金履歴」を押す

BybitからBitgetへの入金手続き画面

そのまま自動的に上の画面が出ます。

「出金履歴」を押してください。

「資産履歴」が表示される

BybitからBitgetへの入金手続き画面

このような「資産履歴」の画面で、詳細を確認できます。

この時点で時間は「12:16:25」でした。

Bitgetの「明細書」に反映される

Bitgetで「明細書」を見ると、着金して反映された時間がわかります。

「12:16:25」に手続きが完了し「12:18:30」に反映されたため「2分05秒」という所要時間でした。

このように、BitgetはBybit(バイビット)からの入金・送金も非常にスピーディーにできます。

こうしたBybitからの送金のやり方は「Bybitの送金・出金方法」の記事でさらに詳しく解説しています。

また、Bybitがどのような暗号通貨取引所かについては「Bybit(バイビット)の特徴と口コミ」の記事を参考にしていただけたらと思います。

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

MEXC(MXC)からBitgetに入金・送金する手順

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

まず、MEXCアプリのトップ画面で右下にある「資産」のアイコンをタップします。

(この時はアプリのエラーで文字が表示されていませんが、普段は表示されています)

「出金」を押す

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

「資産」の画面を開いたら「出金」をタップします。

この画面にならない場合、上に並んでいる文字のメニューから、一番左の「概要」を選択してください。

暗号資産の種類を選ぶ

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

送金する暗号資産を選ぶ画面になります。

残高のある暗号資産が一覧になるので、送りたいものを選んでください。

「出金アドレス」を入力する

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

「送金○○」という画面になります。

「出金アドレス」の欄に、Bitgetの入金用アドレスを貼り付けます。

事前にBitgetでアドレスをコピーしておく

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

アドレスはBitgetのアプリで、このようにコピーして取得します。

この時、チェーンを必ずMEXCと揃えるようにしてください。

「出金先のネットワーク」をタップする

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

アドレスを貼り付けたら「出金先のネットワーク」をタップします。

ネットワークを選ぶ

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

このように使えるネットワークが一覧になります。

MEXCからUSDTを送金する際に使えるネットワーク(チェーン)は以下の通りです。

  1. TRC20(Tron)
  2. OMNI(Bitcoin)※Bitgetで一時停止中
  3. BEP20(BSC/Binance Smart Chain)
  4. SOL(Solana)
  5. HECO
  6. MATIC(Polygon)
  7. ERC20(Ethereum)
  8. ALGO
  9. EOS
  10. OP(Optimism)
  11. OKC
  12. Arbitrum One

太字はBitgetでも共通して利用できるものです。

見ての通り12種類のうち9種類と、非常に多くのネットワークを共通して利用できます。

「確認」を押す

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

利用するネットワークを選んだら「確認」を押します。

「出金数量」を入力する

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

ネットワークを設定したら「出金数量」を入力します。

「完了」を押す

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

出金数量を入力したら、右下にある「完了」の文字をタップします。

「出金」を押す

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

さらに右下に出る「出金」のボタンを押します。

「確認」を押す

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

「チェーンが間違いないか?」という確認画面が出るので「確認」を押して進んでください。

「出金を確認」をタップする

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

「出金情報を確認」という画面が出るので、詳細を確認して「出金を確認」のボタンを押します。

「コードを取得」を押す

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

「セキュリティ認証」という画面が出ます。

「メール認証コード」の欄の右にある「コードを取得」の文字を押してください。

メールアドレスを確認する

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

このようにMEXCから「出金リクエスト認証」というメールが届きます。

コードを貼り付ける

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

先程の数字6桁のコードを、MEXCアプリに戻って貼り付け・入力します。

「Google Authenticator」を開く

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

一度MEXCアプリを出て、Google認証アプリ(Google Authenticator)を開きます。

コードをタップする

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

コードの一覧の中から「MEXC」を探し、コードをタップします。

コードがコピーされる

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

コードがコピーされたら、MEXCのアプリに戻ります。

MEXCで貼り付ける

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

アプリに戻ると自動的に「貼り付けを許可しますか?」という確認メッセージが出ます。

「ペーストを許可」を押してください。

「確認」を押す

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

コードを貼り付けたら「確認」を押します。

送金手続きが完了する

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

「成功」という文字が出て送金手続きが完了しました。

詳細が表示される

MEXCからBitgetへの入金手続き画面

自動で画面が切り替わり「出金詳細」のページが開かれます。

この時点で時間は「15:03」15」でした。

数分でBitgetに反映される

Bitgetに着金し反映されると、このように「お知らせ」の一覧に表示されます。

反映された時間は「15:05:00」でした。

送金手続きが完了したのが「15:03」15」であったため、ちょうど「1分45秒」という所要時間だったことがわかります。

このように、BitgetではMEXC(メックスシー)からの入金・送金も非常にスピーディーにできます。

こうしたMEXCからの送金方法については「MEXCの送金・出金のやり方」の記事でも詳しく解説しています。

また、MEXCがどのような暗号通貨取引所かは「MEXC(MXC)とは?特徴と評判」の記事を参考にしていただけたらと思います。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

BingX(ビンエックス)からBitgetに入金・送金する手順

BingXからBitgetへの入金方法

まずBingXのアプリを開き、ホーム画面の右下の「資産」をタップします。

暗号資産を選ぶ

BingXからBitgetへの入金方法

暗号通貨が一覧になるため、Bitgetに入金したい銘柄を選ばいます。

一覧にない場合は検索窓から検索できます。

「出金」をタップする

BingXからBitgetへの入金方法

暗号通貨を選んだら、下にある「出金」のボタンをタップしてください。

チェーンを選ぶ

BingXからBitgetへの入金方法

このような「○○出金」という画面になります。

まず「チェーン」の欄で送金に使うブロックチェーン(ネットワーク)を選んでください。

BingXからのUSDT(テザー)の送金で使えるチェーンは、以下の通りです。

  1. ERC20(Ethereum)
  2. TRC20(Tron)
  3. BEP20(BSC/Binance Smart Chain)
  4. SOL(Solana)
  5. Polygon(MATIC)

これらはBitgetでもすべて共通して利用できるため、どれを選んでもOKXです。

(2022年11月29日時点ではどちらも一時停止中のネットワークはありません)

アドレスを入力する

BingXからBitgetへの入金方法

チェーンを選んだら「アドレス」の欄にBitgetのアドレスを入力します。

Bitgetでアドレスをコピーする

BingXからBitgetへの入金方法

このアドレスはBitgetでこのようにコピーします。

この時、チェーンをBingXと揃えることを忘れないようにしてください。

貼り付ける

BingXからBitgetへの入金方法

コピーしたアドレスを先ほどの画面に貼り付けます。

金額を入力する

BingXからBitgetへの入金方法

アドレスを貼り付けたら、その下の欄に金額を入力します。

「出金」を押す

BingXからBitgetへの入金方法

金額を入力したら、一番下にある「出金」のボタンをタップしてください。

「確認」をタップする

BingXからBitgetへの入金方法

このような「出金確認」という画面が出るので、右下にある「確認」のボタンをタップします。

「資金パスワード」を入力する

BingXからBitgetへの入金方法

「セキュリティ検証」という画面になります。

一番上にある「資金パスワード」の欄を入力してください(数字6桁のパスワードです)。

「認証コード取得」を押す

資金パスワードを入力したら、メール認証の欄にある「認証コード取得」の文字をタップします。

メールアドレスを確認する

BingXからBitgetへの入金方法

このような「Security verification」というメールがBingXから届くので、数字6桁のコードを持ち帰ります。

コードを貼り付ける

BingXからBitgetへの入金方法

このようにコードを入力します。

Google Authenticatorを開く

BingXからBitgetへの入金方法

続けて、BingXのアプリを出て「Google Authenticator」のアプリを開きます。

BingXのコードをタップする

BingXからBitgetへの入金方法

Google Authenticator(Google認証アプリ)を開くと、このようにコードが並んでいます。

「BingX」のコードをタップしてください。

コードがコピーされる

BingXからBitgetへの入金方法

コードがコピーされるので、BingXアプリに戻ります。

「ペーストを許可」を押す

BingXからBitgetへの入金方法

戻ったら自動的に「貼り付けしますか?」という確認画面になります。

「ペーストを許可」を押してください。

「確認」をタップする

BingXからBitgetへの入金方法

自動でGoogle認証コードが貼り付けられるので「確認」のボタンを押します。

「完了」を押す

BingXからBitgetへの入金方法

これで「出金申請が送信されました」という画面になります。

「完了」を押してください。

BingXからBitgetへの入金方法

このような、その仮想通貨の資金履歴の画面になります。

この時点ではまだ最新の手続きが反映されていません(後で反映されます)。

送金履歴が反映される

これが、反映された出金履歴です。

BingXでは秒単位の表示がないため「25分前」となっています。

23:03の25分前なので「22:38」に送金の手続きが完了したことがわかります。

Bitgetに1分〜数分で着金する

そして、こちらがBitgetの入金履歴の明細書です。

「22:40:00」に着金し反映されたことがわかります。

BingXでの手続きが完了したのが「22:38」00」だったら、所要時間は「2分」です。

そして「22:38:59」だったら、所要時間はわずか「1分01秒」です。

この計算から、この送金での所要時間は「1分〜2分の間だった」ことがわかります。

(中間を取って1分30秒と考えていいでしょう)

このように、BitgetではBingXからの入金・送金も非常に短い時間でスムーズにできます。

こうしたBingXからの送金のやり方は「BingX(ビンエックス)の送金・出金」の記事でも詳しく解説しています。

また、BingXがどのような暗号通貨交換所かについては「BingX(ビンエックス)とは?特徴と評判」の記事を参考にしていただけたらと思います。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

OKX(OKEx)からBitgetに入金・送金する手順

OKXからBitgetへの入金手続き画面

まずOKXのアプリのトップ画面で、右下にあるAssets(資産)のアイコンをタップします。

「Withdraw」を押す

OKXからBitgetへの入金手続き画面

このような画面になるので、Withdraw(出金)のボタンを押します。

この画面にならなかった場合は、一番上の文字のメニューから「Overview」を選んでください。

暗号資産を選ぶ

OKXからBitgetへの入金手続き画面

「Withdrawal」(出金)という画面になります。

出金できる仮想通貨が並んでいるので、好きなものを選んでください。

ネットワークを選ぶ

OKXからBitgetへの入金手続き画面

仮想通貨を選んだら「Select network」の欄を押して、ネットワークを選択します。

OKXからBitgetへの入金手続き画面

このように送金で使えるネットワーク(チェーン)が一覧になります。

OKXからUSDT(テザー)を送金する場合、使えるネットワークは以下の通りです。

  1. USDT-TRC20
  2. USDT-ERC20
  3. USDT-OKC
  4. USDT-Polygon
  5. USDT-AVAX C-Chain
  6. USDT-Arbitrum One(※)
  7. USDT-Optimism

太字のチェーンはBitgetでも共通して使えるものです。

見ての通り、7種類のうち6種類と、ほぼ全て共通しています。

(OKXの独自チェーンであるOKCのみBitgetでは使えません)

Arbitrum Oneについては、2022年12月4日時点ではBitgetが一時休止中となっています。

なお、今回はAVAX C-Chain(アヴァランチ)を利用しました。

アドレスを入力する

OKXからBitgetへの入金手続き画面

チェーンを選んだら「Address / domain」の欄にアドレスを入力します。

Bitgetでアドレスをコピーする

OKXからBitgetへの入金手続き画面

アドレスはBitgetのアプリから取得します。

このようにチェーン名を一致させて、アドレスをコピーします。

ペーストを許可する

OKXからBitgetへの入金手続き画面

コピーしてOKXのアプリに戻ると「貼り付けして良いですか?」という確認画面が出ます。

「ペーストを許可」を押してください。

アドレスを貼り付ける

OKXからBitgetへの入金手続き画面

この時点ではまだ貼り付けられていないので、あらためてアドレス欄に貼り付けをします。

数量を入力する

OKXからBitgetへの入金手続き画面

Amount(数量)の欄に金額を入力します。

OKXは最小1USDTから送金できます。

「Submit」を押す

OKXからBitgetへの入金手続き画面

金額を入力したらSubmit(送信)をタップしてください。

「確認しました」をチェックする

OKXからBitgetへの入金手続き画面

このような「Potential risk warning」(潜在的リスクの警告)という画面になります。

書かれているのは基本的な内容なので「理解しました」の欄をチェックします。

Continueを押す

OKXからBitgetへの入金手続き画面

Continue(続ける)を押してください。

「Send」を押す

OKXからBitgetへの入金手続き画面

このような「Withdrawal verification(出金認証)」という画面になります。

Email verification(Eメール認証)の欄の「send」を押してください。

メールにコードが送信される

OKXからBitgetへの入金手続き画面

このように、自分のアドレス宛に「sent to ○○○○」と送られたことがわかります。

メールアドレスを開いてください。

メールを確認する

OKXからBitgetへの入金手続き画面

このような数字6桁のコードが届いています。

「Send」をタップする

OKXからBitgetへの入金手続き画面

コードを貼り付けか入力したら、次はMobile verification(携帯認証)の欄で「Send」を押してください。

SMSにコードが送られる

OKXからBitgetへの入金手続き画面

メールと同じように「sent to ○○○○」と電話番号の下4桁が出ます。

SMSを開いてください。

SMSを確認する

OKXからBitgetへの入金手続き画面

このような数字6桁の認証コードが書かれたSMSが届いています。

「Confirm」を押す

OKXからBitgetへの入金手続き画面

コードを入力したらConfirm(確定)のボタンを押してください。

このBitgetのアドレスを記憶させる場合は、その上の「Save as〜」の欄もチェックしておきましょう。

「View withdrawal details」を押す

OKXからBitgetへの入金手続き画面

Request submitted(リクエストが送信されました)という画面になり、手続き完了です。

View withdrawal details(出金の詳細を見る)のボタンをタップしてください。

出金の詳細を確認する

OKXからBitgetへの入金手続き画面

これが出金詳細の画面です。

この時点で時間は「17:19:20」だったことがわかります。

5分前後でBitgetに反映される

入金が反映された後、Bitgetの明細書を見ると「17:24:00」となっていました。

「17:19:20」からカウントして「4分20秒」という所要時間で、入金が反映されたことがわかります。

このように、BitgetではOKXからの入金・送金も非常にスムーズにできます。

こうしたOKXからの送金のやり方については「OKX(OKEx)の送金・出金」の記事でさらに詳しく解説しています。

また、OKXがどのような暗号通貨取引所かについては「OKX(オーケーエックス)とは?特徴と評判」の記事をご参照ください。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Phemex(フィメックス)からBitgetに入金・送金する手順

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

まずPhemexのアプリのトップ画面で、右下にある「ウォレット」のアイコンをタップしてください。

「出金」を押す

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

このような画面になるので「出金」をタップします。

仮想通貨を選択する

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

送金する暗号通貨を選択する画面になります。

検索窓から検索するか、検索履歴から選ぶか、コインリスト(一覧)から選んでください。

ネットワークを選択する

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

暗号通貨を選んだら、送金に使うネットワークを指定します。

USDTをPhemexから出金する場合、使えるネットワークは以下の通りです。

  1. TRC20(Tron)
  2. ERC20(Ethereum)
  3. Solana(SOL)
  4. Polygon(MATIC)
  5. Fantom
  6. BSC(BEP20/Binance Smart Chain)
  7. Arbitrum One

太字のネットワーク(チェーン)は、Bitgetでも共通して利用できます。

見ての通り、Fantom(ファントム)以外全てBitgetでも利用可能です。

Arbitrum Oneのみ、2022年12月12日時点でBitgetでは一時休止中となっています。

「出金アドレス」をタップする

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

チェーンを選んだら「出金アドレス」の部分をタップしてください。

最初から入力されているアドレスは「以前、そのチェーンで送金した他の取引所のアドレス」です。

表示されたアドレスをタップする

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

以前はBybitに送ったので、このようにBybitのアドレスが表示されます。

このアドレスをタップしてください。

「引き出し先アドレスの追加」を押す

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

このように、過去に送金したアドレスが一覧になります。

この中にBitgetがないので、一番下のボタンを押して追加します。

「引き出し先アドレスの追加」というボタンです。

チェーンを選ぶ

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

このように「アドレスを追加する」という画面になります。

まずチェーンを選んでください。

(先ほどと同じチェーンを選びます)

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

次に「出金アドレス」の欄を埋めます。

この欄に貼り付けるアドレスを、Bitgetのアプリから取得してきます。

Bitgetでアドレスをコピーする

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

このようにBitgetでアドレスをコピーします。

この時、チェーンが共通であることをよく確認してください。

アドレスを貼り付ける

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

アドレスを貼り付けたら、その上にある「アドレス・ノート」という欄を入力します。

「アドレス・ノート」を入力する

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

ここは何でもいいのですが「bitget」など、Bitgetとわかる名前を入れておくのが良いでしょう。

「確認」を押す

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

「アドレス・ノート」を入力したら、一番下の「確認」ボタンを押してください。

Google Authenticatorを開く

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

「検証」という画面になります。

Phemexのアプリから出て、Google Authenticator(Google認証アプリ)を開いてください。

Phemexのコードをタップする

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

コードの一覧の中から「Phemex」のコードをタップします。

コードがコピーされる

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

これでコードがコピーされました。

Phemexのアプリに戻ります。

「ペーストを許可」を選ぶ

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

戻るとこのように「ペーストしますか?」というメッセージが出ます。

「ペーストを許可」をタップしてください。

「ペーストする」を押す

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

「クリップボードのコンテンツ」という確認画面が出ます。

「ペーストする」を押してください。

画面が何度か切り替わる

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

このように画面が何度か切り替わります。

追加されたアドレスをタップする

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

「アドレス」の画面になり、先ほどの一覧に「Bitget」が追加されました。

このアドレスをタップしてください。

「出金」の画面になる

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

最初の「出金」の画面になります。

アドレスはBitgetのものになっていますが、不安な場合はタップして確認しましょう。

出金アドレスが追加されている

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

このように、最初は「Bybit」しかなかったところに「Bitget」のアドレスが追加されています。

金額を入力する

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

アドレスがBitgetのものになっていることを確認したら「金額」を入力します。

「出金」をタップする

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

金額を入力したら「出金」のボタンを押してください。

Google認証を行う

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

再び「検証」の画面になります。

また同じ条件にGoogle認証アプリでコードを貼り付けしてください。

画面が切り替わる

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

コードを貼り付けると自動で画面が切り替わります。

メールアドレスを確認する

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

このような画面になります。

Phemexから「コイン確認メール」が届いているため、メールをチェックします。

「確認」のボタンを押す

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

このように、Phemexから「出金確認」という件名のメールが届いています。

「確認」という紫のボタンを押してください。

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

開くアプリはどれでもかまいません。

いつもネットを見ているアプリを使いましょう。

リクエストが完了する

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

本来、ここで「出金リクエスト成功」という画面が出ます。

今回、なぜか「リクエスト失敗」と出たのですが、この状態でも問題なく送金手続きはできていました。

Bitgetに数分で反映される

PhemexからBitgetへの入金手続き画面

Bitgetに入金され、反映されたのは「23:55:00」でした。

そして、Phemexで出金手続きが完了したのは「23:52:10」でした。

「23:55:00」にBitgetに着金したので、所要時間は「2分50秒」だったことがわかります。

このように、BitgetではPhemexからの入金・送金も非常にスピーディーにできます。

こうしたPhemexからの送金手続きについては「Phemexの送金・出金方法」の記事でも詳しく解説しています。

また、Phemexがどのような暗号資産取引所かについては「Phemex(フィメックス)の特徴・評判」の記事を参考にしていただけたらと思います。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitget(ビットゲット)に入金する際の注意点

Bitgetへ入金する際の注意点は以下のつです。

  1. 本人確認が必要
  2. タグに注意
  3. 最低入金額の確認
  4. 入金反映時間に注意

本人確認が必要

クレジットカードと電子決済を利用する際は、本人確認が必要になっています。

本人確認提出後は受理までに多少時間がかかる場合があるので、入金する直前に提出するのではなく口座開設と同時に提出しておきましょう。

  1. クレジットカードで仮想通貨を購入可能
  2. 出金上限が200BTCになる
  3. エアードロップの受け取りが可能

上記の3つの項目にメリットを感じない場合は、基本的に本人確認をしなくても問題ありません。

タグに注意

タグとは
送金されたXRP,EOSが送金した人のものであることを示すものです。タグがつけられていないと反映されないことがあります

仮想通貨入金において、XRPやEOSは入金タグが必要になります。

これは、自分の通貨であることを証明するタグになっていて、付け忘れると入金遅延の恐れや、最悪の場合入金されない可能性などが考えられます。

XRP入金タグ

XRPやEOSを入金する際は十分に注意しましょう。

最低入金額の確認

Bitgetには最低入金額があります。

規定以下の枚数を入金すると、最低入金額未満の入金は入金されず、返金されません。

通貨最低入金額
BTC0.001BTC
ETH0.01ETH
USDT(TRC20)1USDT
XRP0.1XRP

入金する際は、最低入金額と送金手数料を含めた金額で手続きを行うようにしましょう。

入金反映時間に注意

基本的には数分〜数時間程度で反映され、トラブルも特に見受けられません。

仮想通貨にはマイニングという作業が存在し、多数の人が送金を行っていると混雑が起こるので入金に遅れがある場合があります。
入金アドレスを間違えない限り着金がしますが、もし一日たっても着金しない場合サポートへ連絡してみましょう。

送金状況などが見たい時は、トランザクション確認サイトにて随時確認してみるといいかもしれません。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitget(ビットゲット)の入金に関する良い口コミ・体験談

Bitget(ビットゲット)の入金に関する良い口コミ・体験談

Bitgetの入金に関する良い口コミや体験談では、以下のような内容が見られます。

  1. 入金キャンペーンはローリスクでお金をもらえるのでお得
  2. 入金ボーナスだけでなく「入金不要ボーナス」も充実している
  3. 1万ドルの入金で8万円分のUSDTをもらえた
  4. 入金した原資が約3倍に増えた
  5. 近日上場のコインは入金不可でも資産の欄に表示される?

それぞれの内容が書かれたツイートを紹介させていただきます。

入金キャンペーンはローリスクでお金をもらえるのでお得

Bitgetの入金キャンペーンは「ローリスクで資金を得られる」という口コミです。

実際にその通りで、海外の暗号通貨交換所ではしばしばこのような「明らかなチャンス」が多くあるものです。

それらのチャンスをコツコツ拾っていくだけでも、一定の投資資金を貯めることができます。

入金ボーナスだけでなく「入金不要ボーナス」も充実している

入金ボーナスだと「入金しなければいけないのか…」と躊躇する方も多いでしょう。

(特に初心者の方ほどそう思われることが多いはずです)

しかし、Bitgetでは入金をしなくてももらえる「入金不要ボーナス」もしばしば提供されています。

上のトレーダー様の指摘では「入金なし=自己資金ゼロで利益を出金できる」ので「確率は低いものの成り上がるチャンス」と評価されています。

なお、こうしたBitgetのキャンペーンも含め、海外の仮想通貨取引所のお得なキャンペーンは「海外仮想通貨のボーナス一覧」の記事で詳しく解説しています。

1万ドルの入金で8万円分のUSDTをもらえた

1万ドル(当時約120万円)の入金で、8万円分のUSDT(テザー)を貰えたという体験談です。

このUSDT以外にも「ローンチパッド参加チケット4枚」などの特典があったということです。

ローンチパッドとは「その取引所に新規上場する仮想通貨の先行販売」です。

株式投資でいう「IPO」ですが、非常に高い確率で急騰を期待できる上場前のコインを購入できるということです。

そのようなチャンスに参加できるチケット4枚も配布されていたということで、非常にお得なキャンペーンだったといえます。

入金キャンペーンに9,000ドル(約140万円)を入れた

こちらのように9,000ドル(2022年11月20日時点のレートで約140万円)を入金されたトレーダー様も見えます。

こうした上級者・プロのトレーダーの方々が高額の入金をされている点を見ても、Bitgetは信頼性の高い取引所といえます。

入金した原資が約3倍に増えた

Bitgetに1ヶ月前に入金した資金が約3倍まで増えたという体験談です。

もちろん、これはトレーダー様の実力によるものですが、Bitgetでは短期間でも大きく資産を増やすチャンスがあることがわかります。

なお、このように仮想通貨で利益を出す方法は「ビットコインFXで勝つコツ」の記事で詳しく解説しています。

近日上場のコインは入金不可でも資産の欄に表示される?

BitgetにまだXYM(シンボル/Symbol)が上場していない時点で「資産」の欄に「XYM」の表示があったという口コミです。

まだ入金はできなかったものの、Bitgetでは上場前の暗号通貨がこのように一覧に表示される可能性がある、ということがわかります。

上場直後の暗号通貨はその取引所を中心に急騰することが多いため、このような銘柄をBitgetで見つけたら、他の取引所で先に仕込んでおくのもおすすめです。

なお、XYMも含めたBitgetで取引できる暗号通貨の種類については「ビットゲットの取扱通貨」の記事で詳しく解説しています。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitget(ビットゲット)の入金に関する悪い口コミ・体験談

Bitget(ビットゲット)の入金に関する悪い口コミ・体験談

Bitgetのサービス改善や他のトレーダーの方々への利益につながる、いわゆる「悪い口コミ・体験談」としては、以下のような内容が見られます。

  1. 入金ボーナス・体験金の反映が遅かった
  2. 入金ボーナスの失効ルールがBybitより厳しい
  3. 「操作ミス」という理由で500USDTの体験金を没収された
  4. 英語サイトから登録したらキャンペーンの対象外になった
  5. 普段はBinanceを使いキャンペーンの時だけBitgetを使う
  6. 入金は完了したが使い方がわからない

それぞれの内容が書かれたツイートをご紹介しつつ、解説を加えさせていただきます。

入金ボーナス・体験金の反映が遅かった

Bitgetの入金に関する悪い口コミで最も多かったのは「入金キャンペーンのボーナスの反映が遅かった」というものです。

こちらのトレーダー様も「早く体験金が届いてほしい」とツイートされています。

こちらのトレーダー様も、やはり「キャンペーンの特典がまだ配布されていない」と指摘されています。

キャンペーンは2022年1月下旬のもので、先ほどのトレーダー様の「2022年6月」のものとはまた別です。

3営業日のはずが5営業日待たされた

こちらのトレーダー様の場合、3営業日以内に反映されるはずの入金ボーナスが、5営業日ほど経過しても反映されていなかったということです。

続きのツイートを拝見すると反映されたことがわかりますが、予定日を過ぎていた点は確かに気になるところでしょう。

3回催促してようやく反映された

こちらのトレーダー様の場合、3回催促してようやく入金ボーナスが反映されたということです。

反映されていなかった原因は「反映が漏れていた」ということで、エラーの類だといえます。

確かに高額を運用されるプロ・上級者のトレーダーの方々は特に、こうしたエラーがあると不安に感じることが多いでしょう。

入金ボーナスの失効ルールがBybitより厳しい

入金ボーナスは、どの取引所でも「このような行為をすると失効」というルールが設定されています。

ただ、そのルールがBitgetでは特に厳しかったという指摘です。

具体的には「契約口座から現物口座に振替(資金移動)をしたら消滅した」ということです。

口座の振替は暗号資産の運用では日常的に行われることですが、その振替だけでもNGということで、確かに厳し目のルールといえます。

なお、比較されているBybitもボーナスの失効ルールが厳しいことで知られています。

こうしたBybitのキャンペーンについては「Bybit(バイビット)のキャンペーン」の記事で詳しく紹介しています。

「操作ミス」という理由で500USDTの体験金を没収された

こちらのトレーダー様は「操作ミス」という理由によって500USDTの体験金が失効してしまわれたということです。

詳しい状況はわからないものの、他のトレーダー様の口コミと合わせてみると、この時の条件も厳しいものだった可能性があります。

英語サイトから登録したらキャンペーンの対象外になった

こちらのトレーダー様は「Bitgetの英語版の公式サイト」から申し込んだところ、キャンペーンの対象外になってしまわれたということです。

「日本人向けのボーナスなので、日本からの申し込みのみ対象とする」というBitgetのルールは、確かに理解できます。

しかし、この状況でボーナスが無効になると、確かに納得しにくいトレーダー様が多いでしょう。

この場合はたとえば「日本からのアクセスはすべて日本語版のサイトに転送する」など、認識の相違が起きないような設定を、Bitgetの側でしていたらより良かったといえるでしょう。

普段はBinanceを使いキャンペーンの時だけBitgetを使う

Bitgetは入金キャンペーンの時のみ利用し、それ以外の普段のトレードや資産運用は、全てBinanceで十分という口コミです。

もちろん、Bitgetにも多くのメリットがありますが、Binanceがあらゆる機能で優れた世界最大の暗号通貨取引所であることは確かです。

このBinanceがどのような取引所かは「バイナンスの特徴と口コミ」の記事で詳しく解説しています。

手数料の30%をキャッシュバック中

入金は完了したが使い方がわからない

USDT(テザー)の入金が完了したものの、そこから先の使い方がわからなかったという体験談です。

アカウント名を拝見すると、仮想通貨投資の経験が十分にあるトレーダー様と見られますが、そうした経験者・上級者の方でも、最初の操作では戸惑うことが多いとわかります。

なお、こうしたBitgetの操作方法については「Bitgetの使い方」の記事で詳しく解説しています。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

PerfectMoney(パーフェクトマネー)の登録方法

PerfectMoney(パーフェクトマネー)の登録方法

Bitgetの「仮想通貨の購入」は、ほぼ全て日本人が使えない支払方法を用いるものです。

PayPalもありますが、対応している販売者が毎回いないため、使えないのが実情です。

そんな中、日本人が使えるほぼ唯一の支払方法としてPerfectMoney(パーフェクトマネー)があります。

PerfectMoneyの登録手続き画面

これも常に選べるわけではなく、その時点で対応している販売者の方が稼働している場合のみ、選択肢に表示されます。

しかし、かなりの頻度で表示されるため、登録しておくと日本円での入金がしやすくなります。

2022年10月2日時点で、Bitgetに直接日本円で入金する方法は、事実上これだけです。

PerfectMoney公式サイトで「サインアップ」を選ぶ

PerfectMoneyの登録手続き画面

まず、PerfectMoneyの公式サイトトップページにアクセスします。

画面上部にある「サインアップ」をクリックしてください。

個人情報を入力する

PerfectMoneyの登録手続き画面

このような「新アカウントクリエート」という画面になります。

ここで個人情報を入力していきます。

PerfectMoneyの登録手続き画面

まず、以下の情報を入力します。

  • アカウント名(自由)
  • フルネーム
  • 都市(都道府県)
  • 住所
  • 郵便番号
  • 電話番号

記入はすべて英語で行います。

PerfectMoneyの登録手続き画面

アカウントタイプの選択で、Personal(個人)を選びます。

PerfectMoneyの登録手続き画面

パスワードを入力します。

PerfectMoneyの登録手続き画面

数字による認証をして、規約に同意して「登録」をクリックします。

登録完了&ログイン

PerfectMoneyの登録手続き画面

これで登録が完了しました。

画面上部のメニュー「ログイン」をクリックします。

PerfectMoneyの登録手続き画面

このようなログイン画面になるので、IDとパスワードを入力します。

IDは登録完了後に送られてくるメールに書かれています。

メールが届かない場合

実は、筆者はこのメールが届きませんでした。

(もちろん全てのボックスを調べました)

過去にアカウントを作ったことはありません。

おそらく、同じように「メールが届かずログインできない」という人も多いはずです。

その場合は、こちらの問い合わせページから、PerfectMoneyに問い合わせをしましょう。

筆者は以下の文章でお問い合わせをしました。

Dear Perfect Money customer support staff,

I have completed registration.
But, I can’t receive your e-mail.

・Main box
・Promotion
・Social
・Spam mail
・Dustbox

I have all checked.
But, there are no mail.

So, I can’t know my ID.
Would you tell me my ID?

・E-mail:
・Tel:
・Name:
・Account name:

Best regards.

実際の問い合わせ画面はこのようなものです。↓

PerfectMoneyの登録手続き画面

PerfectMoneyを使わなくても仮想通貨での入金はできるのですが「日本円で入金したい」「他の取引所の口座を持っていない」という場合は、多少手間はかかりますが、こうしたてPerfectMoneyに登録しておくのが良いでしょう。

Bitget(ビットゲット)で手数料を限界までお得に使う裏技

もしCoinBackを使っていたらどのぐらいのキャッシュバックを受け取れたの

CoinBackはこちらの要望に応えるべく、いままでの取引でどれだけのキャッシュバックが発生していたのか数値でわかるサービスを開始しました!

Coinackは現在Binanceで発生した取引手数料のうち40%をキャッシュバックしております。

これがどれだけ膨大な手数料となっているのか一目でわかるので、この機会に確かめてみてはいかかでしょうか?

【まとめ】Bitget(ビットゲット)の入金方法

Bitgetでは独自トークンや、コピートレードをはじめ様々な独特なサービスが展開されています。

取引高も多いうえに、世界中で多くのユーザーに利用されていることから、
これから更に大きな期待を寄せることが出来る取引所です!

まだ口座開設が完了していない方は以下のボタンから登録してみましょう!

 
この記事のまとめ
・多数の現物で入金可能 ・銀行振込はできない ・XRP、EOSの入金タグは付けよう

当サイトはBitgetの取引手数料を40%キャッシュバックしています。
Bitgetが実施しているどのキャンペーンよりもお得で豪華なので、口座開設をする際は当サイトからするのがオススメです!

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です