Bitget(ビットゲット)の出金方法|手順・手数料について徹底解説

出金アイキャッチ画像
Bitgetの出金手数料は高い?
Bitgetの内部振替ってなに?

なんて疑問を思ってませんか?

 今回はBitgetの口座開設手順について画像付きで解説していきます!

この記事をまとめると…
  • 取り扱い通貨全て出金可能
  • Bitget内では内部振替があり資金移動が簡単
  • Bitgetから日本円出金は出来ない
  • 本人確認なし 20BTC出金可能
  • 本人確認後  200BTC出金可能


Bitget

 

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

また、当サイトはBitgetの取引手数料を40%キャッシュバックしています。

Bitgetが実施しているどのキャンペーンよりもお得で豪華なので、必ずチェックして見逃さない様にしましょう!

Bitget(バイビット)の口座開設手順はこちらの記事を参考にしてみてください。


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


Bitget(ビットゲット)の基本情報

Bitgetロゴ白
Bitgetの総合評価
総合評価 7.2 /10
  • 取引手数料
    9
  • 約定力
    7
  • 通貨数
    5
  • キャンペーン
    7
  • レバレッジ
    8
Bitget(ビットゲット)
最大レバレッジ 125倍
上場通貨数 188通貨
取引手数料 Maker:0.02% Taker:0.06%
ユーザー評価

4.1点

4.8点

アプリ
取引方法 USDT無期限契約・インバース無期限契約・現物(USDT建て)・現物(BTC建て)・現物(USDC建て)
最大出金額

Bitgetは2018年に作られた取引所で、全世界に150万人以上のユーザーを擁しています。

最大レバレッジは125倍と他取引所と比べて比較的高くなっており、大きな利益を得ることが出来ます!

また取引手数料は標準的ななものとなっており、取引高が高いので問題なく取引する事が可能です。

独自トークンも発行されている為、手数料割引などで更にお得に利用できます。

Bitget(ビットゲット)の口コミ・評判はこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Bitget(ビットゲット)の出金ルール

まずは、Bitgetで安全に資金を扱うために出金時のルールについて確認しておきましょう。

  1. 出金できる通貨
  2. 最低入出金額
  3. 出金手数料

これらについて以下で詳しく解説していきます。

出金できる通貨

Bitgetでは、Bitget内で取り扱われている現物はを全て出金することが出来ます。

ただ、法定通貨での出金には対応していないので、法定通貨での出金を行いたい場合は一度国内仮想通貨取引所に送金する必要があるのでご注意ください。

本人確認による出金制限

Bitgetでは本人確認による出金上限の解放が行われています。

・本人確認済 出金制限200BTC
・本人確認なし 出金制限20BTC

最低入出金額

Bitgetには最高出金額と、最低入金額があります。

一回の入出金で○○以上出金できないという制限があるものです。

出金上限は基本的には通常利用では問題ない制限ですが、最低入金額未満での入金の場合、入金もされず返金もされないので注意してください。

通貨(チェーン)一日の最高出金額一回の最低入金額
BTC2000.001
ETH20000.01
USDT(TRC20)1,000,0002
USDT(ERC20)1,000,0002
USDT(BSC)1,000,00010
XRP4,000,00020

出金手数料

Bitgetではマイニング手数料を負担してくれる代わりに、出金手数料が必要になっています。

マイニング手数料も上乗せされるケースがありますが出金手数料だけの為、Bitgetは優良取引所と言えます。

通貨ネットワーク出金手数料
BTCBTC0.0006
ETHETH0.006
USDTTRC201
USDTERC2025
USDTBSC0.8
XRPXRP200

出金手数料が固定で少し高い理由は、適切なマイニング手数料を支払うことで送金スピードを速くしているからです。

Bitget(ビットゲット)の手数料は、こちらの記事で詳しく解説しているので、他の手数料を知りたいあなたは、こちらの記事も一緒に読んでみましょう。

Bitget(ビットゲット)の出金手順

Bitgetの画面はシンプルで遷移が少ないので、簡単かつ素早く出金を行うことが出来ます。

Bitgetでは内部振替という機能があり、Bitget内の違う口座へ素早く移動することが出来ます。

他取引所にはない機能なので、気になる方は是非以下で使い方を確認してみてください。

通常出金の場合

 
公式ページを開く

画面右上の「資産」→「出金」を選択しましょう。

資産出金
 
 
送金先の情報入力
出金

通貨、チェーン、アドレス、数量
これらを間違いのないように入力しましょう。

以上を入力後、送信を押すとすぐに出金されます。

アドレスなどの間違いがないか不安な方は、少額で送金してみて資産の紛失を防ぎましょう。

 
 
二段階認証を入力

二段階認証アプリで6桁の認証コードを取得し入力しましょう。

以上で出金完了です。

 

内部振替の場合

通常送金と同様の手順で出金画面へ行き「内部振替」を選択します。

内部振替

内部振替では
・UID
・メールアドレス
・電話番号

いずれかを入力することで簡単に出金先を指定できます。

数量を入力し、送信を押すと完了です。

内部振替は手数料が無料の為、Bitget内でのやり取りの場合は積極的に利用してみましょう。

Bitget(ビットゲット)で出金できない原因と解説

Bitgetから出金する際の注意点は以下になります。

出金出来ない原因
・出金アドレスが間違えている
・入金タグを忘れている
・ネットワークが混雑している

出金アドレスが間違えている

出金アドレスが間違えている場合、絶対に想定のウォレットに届くことはありません。

自分でカーソル選択せず、取引所自体に搭載されているコピー機能やQRコードでの読み取りを使うようにしましょう。

一度間違えて送った仮想通貨は基本的に戻ってこないので少額送金などで試したり注意しましょう。

入金タグを忘れている

XRPやEOSでは入金タグというものがあり、送金速度を速くするものがあります。

上記の通貨を出金する際に、タグやメモの入力を忘れてしまうと仮想通貨の取り扱い業者にて手作業で出金処理が行われます。

通常の出金より時間がかかってしまうので、出金が遅いと思ったときは確認してみてください。

ネットワークが混雑している

ネットワークの混雑状況で、処理が間に合っていない可能性があります。

ブロックチェーン上の混雑状況や承認状況は取引所の出金状況などに記載がある場合があるので確認してみましょう。

しかし、Bitgetの出金では比較的多めの手数料を払っている為、混雑中でのブロックチェーン上で優先して処理されます。
あまりに遅い場合はサポートへ連絡しましょう。

豆知識
ブロックチェーン上の処理は出金する通貨によって異なり、例えばビットコイン (BTC) なら取引の承認が10分に1回、イーサリアム (ETH) なら2~3分に1回承認回数が限られています。
XRPチェーンなどは比較的承認早い通貨なので送金の際は利用しましょう。

Bitget(ビットゲット)は日本円で出金できない

Bitgetなどの海外仮想通貨取引所からは日本円での出金が出来ません。

日本人が日本円で出金したい時は、以下の手順を踏む必要があります。

  1. Bitgetから国内仮想通貨取引所へ送金
  2. 国内仮想通貨取引所から日本円で出金
  3. 登録済の銀行口座へ振り込まれる

Bitgetからの送金手数料、国内取引所からの日本円変換時の手数料

この二重の手数料がかかってしまうことに注意して出金しましょう。

Bitget(ビットゲット)で出金が反映されない時の対処法

Bitgetで出金が反映されなかった時のために、複数ステップで簡単に解説します。

出金履歴を確認する

Bitgetの「資産」→「出金」を選択することで出金履歴を確認することが出来ます。

出金履歴

基本的に出金はここに全て記載されるので、記載がない場合は運営へ問い合わせてみましょう。

出金確認のメールを確認する

出金後完了メールが届きます。

このメールがある場合、システム上は出金が完了しているはずですので、迷惑メールなどに混ざっていないか確認して下さい。

トランザクションを確認する

BlokChain.comなどのトランザクションが確認できるサイトで、TXidを検索してみましょう。

ブロックチェーン上に記載されていない場合、出金が行われていないので再度Bitget側で確認しましょう。

トランザクションとは?
仮想通貨を送金する際の処理で、送金者、受金者、送金額等が記載されています。

カスタマーサポートに問い合わせる

ここまで行った上でカスタマーサポートに問い合わせをしてみましょう。

Bitgetのサポートメールアドレスを以下へ記載しておくので、困った際は利用してください。

support@bitget.com

Bitget(ビットゲット)で出金する際の注意点

Bitget(ビットゲット)で出金する際の注意点

Bitget(ビットゲット)で出金する際には、以下の点に注意する必要があります。

  1. 本人確認なしの状態だと出金制限がある
  2. EOS・XRPではメモ・タグの入力が必要

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

本人確認なしの状態だと出金制限がある

Bitgetでは、本人確認(KYC)が済んでいないユーザーの場合、1日に出金できる金額に制限があります。

本人確認(KYC)まだ20 BTC相当 / 1日
本人確認(KYC)済み200 BTC相当 / 1日

それぞれ「相当」ということで、他の仮想通貨で出金する場合にもこのルールが適用されます。

複数の仮想通貨で出金する場合も、その合計で20BTCまで、200BTCまでとなっています。

なお、この金額についてですが、20BTCというのは「約6,200万円」です。

(2022年9月12日時点のレート)

つまり、この金額制限自体は「ほとんどの人にとって何も問題ない」といえます。

ただ、実際にはより少額であっても出金にはKYCが必要になることが多く、基本的には「KYCなしでは出金できない」と考えてください。

通貨によってメモ・タグの入力が必要

たとえばEOS(イオス)やXRP(リップル)などの仮想通貨では、出金する際にタグ(メモ)が必要になります。

仮想通貨のタグ(メモ)とは「自分の仮想通貨である」ことを証明する目印に近いものです。

このタグ・メモが必要な仮想通貨で入力が漏れていると、出金が遅れる・最悪資金を失うなどのケースが起こりえます。

タグやメモが必要な仮想通貨は多くありますが、BitgetではEOS・XRPの2種類のみです。

Bitget(ビットゲット)の取り扱い通貨をまとめている記事がありますので、タグを使わなくても良い通貨を確認したいあなたは、こちらの記事も一緒に読んでみましょう。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitget(ビットゲット)で手数料が限界までお得になる裏技

もしCoinBackを使っていたらどのぐらいのキャッシュバックを受け取れたの

CoinBackはこちらの要望に応えるべく、いままでの取引でどれだけのキャッシュバックが発生していたのか数値でわかるサービスを開始しました!

Coinackは現在Binanceで発生した取引手数料のうち40%をキャッシュバックしております。

これがどれだけ膨大な手数料となっているのか一目でわかるので、この機会に確かめてみてはいかかでしょうか?

Bitgetで40%キャッシュバック受ける方法はこちら【Bitgetで40%キャッシュバックを受ける方法

そんなCoinBackの使い方はこちら【CoinBack利用方法

【まとめ】Bitget(ビットゲット)の出金方法

Bitgetでは独自トークンや、コピートレードをはじめ様々な独特なサービスが展開されています。

取引高も多いうえに、世界中で多くのユーザーに利用されていることから、
これから更に大きな期待を寄せることが出来る取引所です!

まだ口座開設が完了していない方は以下のボタンから口座開設してみましょう!

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

 
この記事のまとめ
・出金時に注意すべき入金タグ
・Bitget内では資金移動が簡単
・Bitgetから日本円出金は出来ないる

当サイトはBitgetの取引手数料を40%キャッシュバックしています

Bitgetが実施しているどのキャンペーンよりもお得で豪華なので、口座開設をする際は当サイトからするのがオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。