Bitget(ビットゲット)の出金方法|手順・手数料について徹底解説

出金アイキャッチ画像
Bitgetの出金手数料は高い?
Bitgetの内部振替ってなに?

なんて疑問を思ってませんか?

 今回はBitgetの口座開設手順について画像付きで解説していきます!

この記事をまとめると…
  • 取り扱い通貨全て出金可能
  • Bitget内では内部振替があり資金移動が簡単
  • Bitgetから日本円出金は出来ない
  • 本人確認なし 20BTC出金可能
  • 本人確認後  200BTC出金可能


Bitget

 

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

また、当サイトはBitgetの取引手数料を40%キャッシュバックしています。

Bitgetが実施しているどのキャンペーンよりもお得で豪華なので、必ずチェックして見逃さない様にしましょう!

Bitget(ビットゲット)の口座開設手順はこちらの記事を参考にしてみてください。

また、Bitgetがどのような取引所なのかは「ビットゲットの特徴と口コミ」の記事で詳しくまとめています。


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


好きなところから読む

Bitget(ビットゲット)の出金ルール

まずは、Bitgetで安全に資金を扱うために出金時のルールについて確認しておきましょう。

  1. 出金できる通貨
  2. 最低入出金額
  3. 出金手数料

これらについて以下で詳しく解説していきます。

出金できる通貨

Bitgetでは、Bitget内で取り扱われている現物はを全て出金することが出来ます。

ただ、法定通貨での出金には対応していないので、法定通貨での出金を行いたい場合は一度国内仮想通貨取引所に送金する必要があるのでご注意ください。

本人確認による出金制限

Bitgetでは本人確認による出金上限の解放が行われています。

・本人確認済 出金制限200BTC
・本人確認なし 出金制限20BTC

最低入出金額

Bitgetには最高出金額と、最低入金額があります。

一回の入出金で○○以上出金できないという制限があるものです。

出金上限は基本的には通常利用では問題ない制限ですが、最低入金額未満での入金の場合、入金もされず返金もされないので注意してください。

通貨(チェーン)一日の最高出金額一回の最低入金額
BTC2000.001
ETH20000.01
USDT(TRC20)1,000,0002
USDT(ERC20)1,000,0002
USDT(BSC)1,000,00010
XRP4,000,00020

出金手数料

Bitgetではマイニング手数料を負担してくれる代わりに、出金手数料が必要になっています。

マイニング手数料も上乗せされるケースがありますが出金手数料だけの為、Bitgetは優良取引所と言えます。

通貨ネットワーク出金手数料
BTCBTC0.0006
ETHETH0.006
USDTTRC201
USDTERC2025
USDTBSC0.8
XRPXRP200

出金手数料が固定で少し高い理由は、適切なマイニング手数料を支払うことで送金スピードを速くしているからです。

Bitget(ビットゲット)の手数料は、こちらの記事で詳しく解説しているので、他の手数料を知りたいあなたは、こちらの記事も一緒に読んでみましょう。

Bitget(ビットゲット)の出金手順

Bitgetの画面はシンプルで遷移が少ないので、簡単かつ素早く出金を行うことが出来ます。

Bitgetでは内部振替という機能があり、Bitget内の違う口座へ素早く移動することが出来ます。

他取引所にはない機能なので、気になる方は是非以下で使い方を確認してみてください。

通常出金の場合

 
公式ページを開く

画面右上の「資産」→「出金」を選択しましょう。

資産出金
 
 
送金先の情報入力
出金

通貨、チェーン、アドレス、数量
これらを間違いのないように入力しましょう。

以上を入力後、送信を押すとすぐに出金されます。

アドレスなどの間違いがないか不安な方は、少額で送金してみて資産の紛失を防ぎましょう。

 
 
二段階認証を入力

二段階認証アプリで6桁の認証コードを取得し入力しましょう。

以上で出金完了です。

 

内部振替の場合

通常送金と同様の手順で出金画面へ行き「内部振替」を選択します。

内部振替

内部振替では
・UID
・メールアドレス
・電話番号

いずれかを入力することで簡単に出金先を指定できます。

数量を入力し、送信を押すと完了です。

内部振替は手数料が無料の為、Bitget内でのやり取りの場合は積極的に利用してみましょう。

Bitget(ビットゲット)の出金方法(スマホ・アプリ)

まず、アプリのホーム画面で右下にある「資産」のボタンをタップしてください。

「出金」を押す

Bitgetの出金手続き画面

このような「資産概要」のページなります。

ならない場合、一番上に並んでいる文字のメニューから「概要」を選んでください。

そして、画像で示した「出金」のボタンを押します。

仮想通貨を選ぶ

Bitgetの出金手続き画面

出金する仮想通貨をえ選びます。

一覧に見つからない場合は、上の検索窓から検索できます。

Bitgetの出金手続き画面

仮想通貨を選ぶと、このような画面になります。

入力するアドレスなどの情報を、出金先(送金先)から取得します。

出金先のアドレスを取得する

Bitgetの出金手続き画面

出金先(送金先)のウォレットを開きます。

書かれているアドレスをコピーします。

また、ネットワークは「Bitgetと共通で使えるもの」を選択します。

今回の送金先はBinanceですが、BinanceとBitgetは「BEP20」を共通で使えます。

チェーンを選ぶ

Bitgetの出金手続き画面

Bitgetに戻り、まず「チェーン名」をタップします。

Bitgetの出金手続き画面

このようにチェーン(ネットワーク)の一覧が出ます。

ここで、出金先(送金先)と共通のものを選びます。

今回の例ならBEP20(Binance Smart Chain=BSC)です。

アドレスを貼り付ける

Bitgetの出金手続き画面

ネットワークを選択したら、次はアドレスを入力します。

これは先ほどコピーしたアドレスを貼り付けるだけです。

金額を入力する

Bitgetの出金手続き画面

貼り付けたら、その下にある「出金額」を入力します。

USDTの場合、最低出金額は10ドル(10USDT)からとなっています。

Bitgetの出金手続き画面

すべて入力したら「提出」をタップします。

セキュリティ検証を行う

Bitgetの出金手続き画面

「セキュリティ検証」の画面になります。

「メールアドレス・電話番号・Google認証コード」の3つで認証をします。

Bitgetの出金手続き画面

まずメールアドレスにはこのような「セキュリティー認証」というメールが届きます。

この数字6桁のコードを入力します。

Bitgetの出金手続き画面

SMSには「検証コード」という名前で、やはり数字6桁のコードが届きます。

Bitgetの出金手続き画面

Google認証アプリ(Google Authenticator)では、このようなBitgetのワンタイムパスワードを、タップしてコピーします。

資金パスワードを入力する

Bitgetの出金手続き画面

3つとも入力したら「資金パスワード」を打ち込みます。

Bitgetの出金手続き画面

資金パスワードも入力したら「確認」をタップします。

出金手続き完了

Bitgetの出金手続き画面

これで「出金依頼を提出しました」となり、手続き完了です。

「資産ページに戻る」をタップします。

Bitgetの出金手続き画面

これが資産ページです。

入金と違い出金は直後から数字が減って反映されています。

出金先(送金先)に仮想通貨が届くのは、USDTでBEP20の場合、5分前後です。

このように、Bitgetでは出金手続きも非常に簡単かつスムーズにできます。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitget(ビットゲット)の資金パスワードの設定方法・できない原因

Bitget(ビットゲット)の資金パスワードの設定方法・できない原因

Bitgetで出金や送金をするためには「資金パスワード」の設定が必要です。

ここではその設定方法と「設定できない原因と対処法」を説明していきます。

(画面は2022年10月2日時点のものです)

出金・送金には「資金パスワード」が必要

資金パスワードの設定画面

資金パスワードを設定していない状態で出金しようとすると、上のように「設定してください」という画面が出ます。

そのため「設定する」を押します。

資金パスワードを入力する

資金パスワードの設定画面

このような設定画面になります。

使いたい資金パスワードを入力し、下の欄でもう一度入力します。

資金パスワードの設定画面

2回入力したら「提出」を押します。

(パスワードはメインパスワードと違うものをおすすめします)

セキュリティ検証を行う

資金パスワードの設定画面

このような「セキュリティ検証」の画面になります。

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • Google認証コード

の3つで認証を行います。

資金パスワードの設定画面

メールではこのような「安全性検証」という件名で、数字6桁のコードが届きます。

資金パスワードの設定画面

SMSではこのように「検証コード」として数字6桁のコードが届きます。

資金パスワードの設定画面

Google認証アプリではこのような数字6桁のコードをタップし、コピーします。

資金パスワードの設定画面

全部入力したら「確認」を押して設定完了です。

設定できない原因と対処法

資金パスワードの設定画面

「確認」のボタンを押したものの、上のようなエラーになったという人も多いでしょう。

Google code has been used.(Googleコードはすでに使われています)

これは、Google認証コードで新しいものを取り直せば解決する可能性があります。

(もしくは「すでに設定が完了している」可能性があります。これは後で説明します)

資金パスワードの設定画面

もう一つのえらーは「メール認証エラー」というものです。

「Google認証コードを新しくしたら、今度はこれが出た」という人も多いでしょう。

これもメールの認証コードを入れ直せば解決する可能性があります。

しかし「両方新しくしたけど解決しなかった」という人も多いでしょう(筆者はそうでした)。

実は資金パスワードが設定完了している

資金パスワードの設定画面

「メール認証やGoogle認証を何度やり直しても効かない」という場合、メールの件名を見てみてください。

「資金パスワード設置完了」と書かれている可能性があります。

筆者の場合はこれが届いていたのですが、これが届いていたなら成功しているということです。

(成功したなら画面を切り替えた方がユーザーにはわかりやすいとは感じますが)

資金パスワードの設定画面

SMSの方でもやはり「資金パスワード設置完了」と書かれています。

どちらかでもこのような「設置完了」の文字が出るようになったら「もう成功している」ということです。

資金パスワードの設定画面

実際に、送金手続きの画面に戻ると、このように「資金パスワード」の欄が追加されています。

やや不完全燃焼な気分にはなりますが「これで設定できている」ということです。

(なお、筆者がたまたまこうなっただけで、画面が切り替わって通常どおり設定できる人もいるはずです)

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

各取引所にBitget(ビットゲット)から出金・送金する方法

BitgetからBybitへの出金手続き画面

それぞれの暗号通貨取引所からBitgetに出金(送金)する方法を知りたいという人も多いでしょう。

ここでは、以下の取引所からのBitgetへの出金・送金の手順を解説します。

  1. Bybit(バイビット)
  2. MEXC(メックスシー)

以下、それぞれの手順の解説です。

Bybit(バイビット)にBitgetから出金・送金する手順

BitgetからBybitへの出金手続き画面

まず、Bybitアプリのホーム画面で「入金」をタップします。

暗号資産を選ぶ

BitgetからBybitへの出金手続き画面

暗号資産が一覧になるので、Bitgetから送金したい銘柄を選びます。

一覧から探すだけでなく、上の検索窓からも探せます。

チェーンを選ぶ

BitgetからBybitへの出金手続き画面

銘柄を選ぶと、上のような「入金」の画面になります。

送金に使うネットワークを選んでください。

BybitにUSDTを送金する場合、使えるネットワーク(チェーン)は以下の通りです。

  1. ERC20(Ethereum)
  2. TRC20(Tron)
  3. OMNI(Bitcoin)
  4. Arbitrum One
  5. SOL(Solana)
  6. BSC(BEP20/Binance Smart Chain)
  7. zkSync
  8. MATIC(Polygon)
  9. Optimism(OP)
  10. AVAXC(AVAX C-Chain)

太字のチェーンはBitgetでも共通して使えるものです。

見ての通り、10種類のうち9種類とほぼ全てが共通しています。

ただ「※」のついているOMNIとArbitrum Oneは、2022年12月5日時点でBitgetでは一時休止中です。

「コピー」を押す

BitgetからBybitへの出金手続き画面

チェーンを選んだら、そのチェーンでのウォレットアドレスが表示されます。

「コピー」か「アドレスをコピー」を押してください。

アドレスがコピーされる

BitgetからBybitへの出金手続き画面

画面上部に「コピー成功」と出ました。

Bitgetのアプリに移動してください。

Bitgetで出金手続きをする

BitgetからBybitへの出金手続き画面

他の取引所への出金と同様、チェーン・アドレス・金額を入力して「提出」を押します。

出金手続きが完了する

BitgetからBybitへの出金手続き画面

コード認証の手続きを経て、出金が完了します。

この時点で「21:44:19」でした。

1分〜数分でBybitに反映される

BitgetからBybitへの出金手続き画面

Bybitに着金し反映されたのは「21:46:11」でした。

「21:44:19」の手続き完了からわずか「1分52秒」で送金が完了したということです。

このように、BitgetではBybitへの出金・送金も非常にスピーディーにできます。

こうしたBybitへの送金のやり方については「Bybitの入金・送金方法」の記事で詳しく解説しています。

また、Bybitがどのような暗号通貨取引所かは「Bybit(バイビット)とは?特徴と口コミ」の記事を参考にしていただけたらと思います。

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

MEXC(MXC)にBitgetから出金・送金する手順

BitgetからMEXCへの出金手続き画面

まずMEXCのアプリのホーム画面で、右下にある「資産」のアイコンをタップしてください。

「出金」を押す

BitgetからMEXCへの出金手続き画面

このような画面になるので「出金」を押してください。

この画面にならない場合は、画面の一番上に並んでいる文字のメニューから、一番左の「概要」を選んでください。

暗号通貨を選ぶ

BitgetからMEXCへの出金手続き画面

暗号通貨の種類を選択します。

一番上の検索ボックスから検索するか、「検索履歴」から選ぶか、「人気の暗号資産」から選ぶか、一覧から探すという4通りの方法があります。

今回はUSDT(テザー)を選びました。

ネットワークを選択する

BitgetからMEXCへの出金手続き画面

暗号通貨を選ぶと、そのコインの入金で使えるネットワークが一覧になります。

この中から使いたいネットワーク(チェーン)を選びます。

MEXCへのUSDTの入金で使えるのは、以下のネットワークです。

  1. TRC20(Tron)
  2. OMNI(Bitcoin)
  3. BEP20(BSC/Binance Smart Chain)
  4. SOL(Solana)
  5. HECO
  6. MATIC(Polygon)
  7. ERC20(Ethereum)
  8. ALGO
  9. EOS
  10. OP(Optimism)
  11. OKC
  12. Arbitrum One

このうち、Bitgetでも共通して使えるのは太字のチェーンです。

見ての通り、12種類中9種類とかなりの数が共通で利用できます。

(※マークのものは、2022年12月6日時点でBitget側で一時停止中のチェーンです)

今回はBEP20を選択しました。

アドレスをコピーする

BitgetからMEXCへの出金手続き画面

ネットワークを選択すると、そのネットワークでのアドレスが表示されます。

「入金アドレス」の右のコピーアイコンか、右下の「アドレスを共有する」を押して、アドレスをコピーします。

BitgetからMEXCへの出金手続き画面

このように「コピーしました」と出たらBitgetのアプリに移動します。

Bitgetで出金手続きをする

BitgetからMEXCへの出金手続き画面

他の取引所への出金と同じように、チェーン・アドレス・金額を入力し「提出」をタップします。

出金手続きが完了する

BitgetからMEXCへの出金手続き画面

その後、認証作業などを終えると出金手続きが完了します。

この時点で「12:43:37」でした。

1分〜数分でMEXCに反映される

MEXCに反映された時間は「12:44:20」でした。

「12:43:37」に手続きが完了したので、わずか「43秒」で着金し反映されたことになります。

このように、BitgetはMEXCへの出金も非常にスピーディーにできます。

こうしたMEXCへの送金方法については「MEXC(MXC)の入金」の記事でも詳しく解説しています。

また、MEXCがどのような暗号通貨交換所かについては「MEXC(メックスシー)とは?特徴と評判」の記事で詳しく解説しています。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

OKX(OKEx)にBitgetから出金・送金する手順

BitgetからOKXへの出金手続き画面

まずOKXアプリのトップ画面で、右下にあるAssets(資産)のアイコンを押してください。

「Deposit」を押す

BitgetからOKXへの出金手続き画面

これがAssetsの画面です。

左上にあるDeposit(入金)のボタンをタップしてください。

この画面にならなかった場合は、一番上に並んでいる文字のメニューから、Overview(概要)を選択してください。

暗号通貨を選択する

BitgetからOKXへの出金手続き画面

Depositの画面になり、送金する仮想通貨の種類を選びます。

一番上の検索窓から検索するか、履歴や人気の銘柄から選ぶか、一覧から選択してください。

チェーンを選択する

BitgetからOKXへの出金手続き画面

暗号通貨を選択すると、送金で使うネットワークを選ぶ画面になります。

OKXにUSDTを送金する時、使えるネットワーク(チェーン)は以下の通りです。

  1. USDT-TRC20(Tron)
  2. USDT-ERC20(Ethereum)
  3. USDT-OKC
  4. USDT-Polygon(MATIC)
  5. USDT-AVAX C-Chain
  6. USDT-Arbitrum One※
  7. USDT-Optimism(OP)

太字はBitgetでも共通して利用できるチェーンで、見ての通り7種類のうち6種類と、ほとんどが共通で利用できます。

Arbitrum Oneのみ、2022年12月7日時点でBitgetの側で一時停止中となっています。

それ以外で唯一共通しないのは、OKCの独自チェーンである「USDT-OKC」のみです。

今回は、最も手数料が安いOptimism(オプティミズム)を選びました。

「Copy」を押す

BitgetからOKXへの出金手続き画面

ネットワークを選ぶとアドレスがこのように表示されます。

「Copy」のボタンでアドレスをコピーして下さい。

アドレスがコピーされる

BitgetからOKXへの出金手続き画面

コピーされたら「Copied」と出ます。

ここから他の取引所への出金と同じく、Bitgetアプリで手続きを行います。

「提出」をタップする

Bitgetアプリに戻ったら、チェーン名・アドレス・出金額を入力し「提出」をタップします。

出金手続きが完了する

セキュリティ検証を終えたら、出金手続きが完了します。

この時点で時間は「23:39:47」でした。

1分〜数分でOKXに反映される

そして、OKXに反映されたのが「23:41:05」です。

「23:39:47」に手続きが完了したので「1分18秒」という非常に短い時間で出金(送金)が完了したことになります。

このように、BitgetではOKXへの出金・送金も非常にスピーディーにできます。

こうしたOKXへの送金方法は「OKX(OKEx)の入金方法」の記事で詳しく解説しています。

また、OKXがどのような暗号通貨取引所かについては「OKX(オーケーエックス)の特徴と評判」の記事を参考にしていただけたらと思います。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

BingX(ビンエックス)にBitgetから出金・送金する手順

BitgetからBingXへの出金手続き画面

まずBingXのアプリのトップ画面で「入金」のボタンをタップします。

暗号通貨の種類を選ぶ

BitgetからBingXへの出金手続き画面

このように暗号通貨の種類を選ぶ画面になります。

「履歴検索」か「人気」の欄から選ぶか、どちらにもない場合は一番上の「検索」や一覧の中から探してください。

ネットワークを選ぶ

BitgetからBingXへの出金手続き画面

暗号通貨を選んだら「○○入金」という画面になります。

まずは送金に使うチェーン(ネットワーク)を選んでください。

BingXにUSDT(テザー)を送金する場合、以下のネットワークを利用できます。

  1. ERC20(Ethereum)
  2. TRC20(Tron)
  3. BEP20(BSC/Binance Smart Chain)
  4. SOL(Solana)
  5. Polygon(MATIC)

これらは全て、Bitgetでも共通して使えるものです。

入金アドレスをコピーする

BitgetからBingXへの出金手続き画面

点を選んだら、表示されたアドレスの右側にある「コピー」の文字をタップしてください。

(青文字で見えにくいのですが、矢印の部分にあります)

BitgetからBingXへの出金手続き画面

このように「コピー完了」と表示されたら、Bitgetのアプリに移動します。

Bitgetアプリで出金手続きをする

BitgetからBingXへの出金手続き画面

アドレスを貼り付け、同じチェーンを選択し、金額を入力して「提出」をタップします。

出金依頼が提出される

BitgetからBingXへの出金手続き画面

セキュリティ検証の作業を終えて、送金手続きが完了します。

この時点で「23:22:56」でした。

BingXに数分で着金する

BingXに着金し反映された時間は「23:38」の「13分前」で「23:25」でした。

出金手続きは「23:22:56」に完了したため、反映が「23:25:00」だとしたら、所要時間は「2分04秒」だったことになります。

逆に「23:25:59」だったら「3分03秒」だったことになります。

いずれにしても、BitgetからBingXへの出金・送金は「2分〜3分程度」でできることがわかります。

このように、ビットゲットはビンエックスへの送金も非常にスピーディーにできます。

こうしたBingXへの送金の方法は「BingXの入金方法」の記事でも詳しく解説しています。

また、BingXがどのような暗号通貨交換所かについては「BingX(ビンエックス)とは?特徴と口コミ」の記事を参考にしていただけたらと思います。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Phemex(フィメックス)にBitgetから出金・送金する手順

BitgetからPhemexへの出金手続き画面

まずPhemexアプリのホーム画面で「入金」を押します。

暗号資産を選ぶ

BitgetからPhemexへの出金手続き画面

送金する暗号資産の種類を選びます。

ネットワークを選ぶ

BitgetからPhemexへの出金手続き画面

種類を選んだら、送金に使うネットワークの種類を選びます。

PhemexにUSDTを送金する場合、以下のネットワークを利用できます。

  1. TRC20(Tron)
  2. ERC20(Ethereum)
  3. SOL(Solana)
  4. Polygon(MATIC)
  5. Fantom
  6. BSC(BEP20/Binance Smart Chain)
  7. Arbitrum One

太字のネットワークはBitgetでも共通して使えるものです。

(Arbitrum Oneのみ2022年12月16日時点でBitgetの側で一時休止中となっています)

それ以外では、Fantomを除けばすべて共通して利用できます。

アドレスをコピーする

BitgetからPhemexへの出金手続き画面

チェーンを選んだら、アドレスの右にあるアイコンをタップします。

BitgetからPhemexへの出金手続き画面

「コピーしました」というメッセージが出て、アドレスのコピーは完了です。

Bitgetで出金手続をする

BitgetからPhemexへの出金手続き画面

Bitgetのアプリに移動し、出金手続きを行います。

出金手続きが完了する

BitgetからPhemexへの出金手続き画面

セキュリティー検証まで完了したら、送金手続が完了します。

この時点で時間は「23:36:48」でした。

数分でPhemexに反映される

そして、Phemexに着金して反映されたのは「23:37:56」でした。

所要時間を計算すると、わずか「1分12秒」となります。

このように、BitgetはPhemexへの出金・送金も非常にスピーディーに行えます。

こうしたPhemexへの送金方法については「Phemex(フィメックス)の入金」の記事で詳しく解説していきます。

また、Phemexがどのような暗号資産取引所かについては「Phemex(フィメックス)の特徴と口コミ」の記事を参考にしていただけたらと思います。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitget(ビットゲット)で出金できない原因と解説

Bitgetから出金する際の注意点は以下になります。

出金出来ない原因
・出金アドレスが間違えている
・入金タグを忘れている
・ネットワークが混雑している

出金アドレスが間違えている

出金アドレスが間違えている場合、絶対に想定のウォレットに届くことはありません。

自分でカーソル選択せず、取引所自体に搭載されているコピー機能やQRコードでの読み取りを使うようにしましょう。

一度間違えて送った仮想通貨は基本的に戻ってこないので少額送金などで試したり注意しましょう。

入金タグを忘れている

XRPやEOSでは入金タグというものがあり、送金速度を速くするものがあります。

上記の通貨を出金する際に、タグやメモの入力を忘れてしまうと仮想通貨の取り扱い業者にて手作業で出金処理が行われます。

通常の出金より時間がかかってしまうので、出金が遅いと思ったときは確認してみてください。

ネットワークが混雑している

ネットワークの混雑状況で、処理が間に合っていない可能性があります。

ブロックチェーン上の混雑状況や承認状況は取引所の出金状況などに記載がある場合があるので確認してみましょう。

しかし、Bitgetの出金では比較的多めの手数料を払っている為、混雑中でのブロックチェーン上で優先して処理されます。
あまりに遅い場合はサポートへ連絡しましょう。

豆知識
ブロックチェーン上の処理は出金する通貨によって異なり、例えばビットコイン (BTC) なら取引の承認が10分に1回、イーサリアム (ETH) なら2~3分に1回承認回数が限られています。
XRPチェーンなどは比較的承認早い通貨なので送金の際は利用しましょう。

Bitget(ビットゲット)は日本円で出金できない

Bitgetなどの海外仮想通貨取引所からは日本円での出金が出来ません。

日本人が日本円で出金したい時は、以下の手順を踏む必要があります。

  1. Bitgetから国内仮想通貨取引所へ送金
  2. 国内仮想通貨取引所から日本円で出金
  3. 登録済の銀行口座へ振り込まれる

Bitgetからの送金手数料、国内取引所からの日本円変換時の手数料

この二重の手数料がかかってしまうことに注意して出金しましょう。

Bitget(ビットゲット)で出金が反映されない時の対処法

Bitgetで出金が反映されなかった時のために、複数ステップで簡単に解説します。

出金履歴を確認する

Bitgetの「資産」→「出金」を選択することで出金履歴を確認することが出来ます。

出金履歴

基本的に出金はここに全て記載されるので、記載がない場合は運営へ問い合わせてみましょう。

出金確認のメールを確認する

出金後完了メールが届きます。

このメールがある場合、システム上は出金が完了しているはずですので、迷惑メールなどに混ざっていないか確認して下さい。

トランザクションを確認する

BlokChain.comなどのトランザクションが確認できるサイトで、TXidを検索してみましょう。

ブロックチェーン上に記載されていない場合、出金が行われていないので再度Bitget側で確認しましょう。

トランザクションとは?
仮想通貨を送金する際の処理で、送金者、受金者、送金額等が記載されています。

カスタマーサポートに問い合わせる

ここまで行った上でカスタマーサポートに問い合わせをしてみましょう。

Bitgetのサポートメールアドレスを以下へ記載しておくので、困った際は利用してください。

support@bitget.com

Bitget(ビットゲット)で出金する際の注意点

Bitget(ビットゲット)で出金する際の注意点

Bitgetで出金する際の注意点をまとめると、以下の通りです。

  1. 本人確認なしの状態だと出金制限がある
  2. EOS・XRPではメモ・タグの入力が必要資金パスワードを変更すると24時間出金できない
  3. 国によっては出金手続きができないことがある
  4. 大きい金額を出金する時にはKYC済みでも本人確認が必要なことがある
  5. たまに出金時の審査で時間がかかることがある
  6. 契約口座から現物口座に振替をすると入金キャンペーンのボーナスが失効する

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

本人確認なしの状態だと出金制限がある

Bitgetでは、本人確認(KYC)が済んでいないユーザーの場合、1日に出金できる金額に制限があります。

本人確認(KYC)まだ20 BTC相当 / 1日
本人確認(KYC)済み200 BTC相当 / 1日

それぞれ「相当」ということで、他の仮想通貨で出金する場合にもこのルールが適用されます。

複数の仮想通貨で出金する場合も、その合計で20BTCまで、200BTCまでとなっています。

なお、この金額についてですが、20BTCというのは「約6,200万円」です。

(2022年9月12日時点のレート)

つまり、この金額制限自体は「ほとんどの人にとって何も問題ない」といえます。

ただ、実際にはより少額であっても出金にはKYCが必要になることが多く、基本的には「KYCなしでは出金できない」と考えてください。

通貨によってメモ・タグの入力が必要

たとえばEOS(イオス)やXRP(リップル)などの仮想通貨では、出金する際にタグ(メモ)が必要になります。

仮想通貨のタグ(メモ)とは「自分の仮想通貨である」ことを証明する目印に近いものです。

このタグ・メモが必要な仮想通貨で入力が漏れていると、出金が遅れる・最悪資金を失うなどのケースが起こりえます。

タグやメモが必要な仮想通貨は多くありますが、BitgetではEOS・XRPの2種類のみです。

Bitget(ビットゲット)の取り扱い通貨をまとめている記事がありますので、タグを使わなくても良い通貨を確認したいあなたは、こちらの記事も一緒に読んでみましょう。

資金パスワードを変更すると24時間出金できない

Bitgetでは出金の際に入力する「資金パスワード」を、通常のパスワードと別に設定できます。

そして、このパスワードを変更・再設定すると、24時間出金不可能になるという口コミです。

これはもちろん、顧客の資産を守るために必要なことです。

誰かにアカウントを乗っ取られてパスワードを勝手に変更された場合も、24時間以内に気づけば出金されないそのままの状態で資産を取り戻せるようになっています。

逆に乗っ取るが話に取ってはこの24時間がプレッシャーになるため、ハッカー等への強い牽制になります。

そのように「正しいルール」なのですが、変更した後24時間出金できないことは、あらかじめ理解しておく必要があります。

(もちろん、変更する際にはわかりやすく注意書きも出ます)

国によっては出金手続きができないことがある

イタリアからBitgetを利用されているトレーダー様の口コミで「イタリアから出金の手続きができなくなった」という内容です。

VPNとは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略で、これを利用すると「別の場所からアクセスしている」形にできます。

これは成功するケースとしないケースがありますが、ご自身の住んでいる国から出金などの手続きができない場合に、最初に試すべき方法の一つです。

大きい金額を出金する時にはKYC済みでも本人確認が必要なことがある

大きい金額を出金しようとすると、すでにKYC(本人確認)が完了している人でも、再度本人確認が必要になることがあるらしい、という口コミです。

「出金限度額未満の金額で、なぜあらためて本人確認が必要になるのか」という点に、疑問を呈されています。

この点は、確かにトレーダーの方々からすると「少々手間が増える」といえるでしょう。

一方で、脱税やマネーロンダリングを防ぐために「自動検知のシステムと照らし合わせて、少しでもリスクのある出金はチェックを行う」ことは重要といえます。

安全な国ほど治安に関するルールや周囲の目は厳しいものですが、同じように「安全な取引所ほどルールも厳しい」ということで、この点は多少のジレンマとともに受け入れる必要があるともいえます。

(たとえば運営会社が存在しないDEX=分散型取引所なら本人確認もありませんが、リスクがあることは言うまでもありません)

たまに出金時の審査で時間がかかることがある

Bitgetは「ごくたまに出金時の審査で足止めをくらうことがある」という口コミです。

「たまーに」と書かれているため、頻度としては稀であることがわかります。

足止めを食らう時は「pending first review」という文字が出ます。

少なくとも30分ほどはその状態が続くということです。

通常、Bitgetのほとんどの出金は2〜5分程度で完了しますが、稀にこのようなこともあると事前に意識しておきましょう。

24時間出金できなかった

こちらのトレーダー様は24時間出金できなかったということです。

2022年8月5日の口コミで、同じ日付で同様に出金できなかったという、他のトレーダー様の口コミは見られませんでした。

つまり、何らかの事情で自動検知などのシステムに引っかかり、人力での審査が必要になるなどして、時間がかかったと考えられます。

もちろんトレーダー様の側には何も原因はないはずですが、Bitgetも含めて海外の取引所ではしばしばこうした現象が起きる、ということを事前に理解していただくと良いでしょう。

(お金が国境をまたぐほど、脱税やマネーロンダリングのリスクが高まるため、海外の取引所は国内よりもチェックが厳しくなります)

出金手続きがずっと保留中で進まない

Bitgetの出金手続きがずっと保留中で進まないという口コミです。

2022年1月13日の口コミで、やはり同日時点で他のトレーダー様による口コミは見られません。

全体で出金トラブルが起きていない時でも「何らかの偶然が重なって自動検知に引っかかった」「トランザクションにエラーがあった」などの理由で、出金に時間がかかることがあると、あらかじめ理解しておいていただくがの良いでしょう。

契約口座から現物口座に振替をすると入金キャンペーンのボーナスが失効する

海外の仮想通貨取引所のボーナスでは「出金すると失効する」という条件がしばしば見られます。

この出金というのは、もちろん「ボーナスの出金」ではありません。

ボーナス自体はどの取引所でも出金できないので、あくまで「ボーナスを使って出した利益」の出金です。

そうした内容でも、とにかく「出金」というアクションをしたら失効するということです。

たとえばBybitはそのようなルールになっていますが、Bitgetの場合は「契約口座から現物口座に振替をすると失効する」と指摘されています。

同じ取引所のウォレット間で、取引の種類に合わせて口座間の振替をすることはしばしばあります。

この時に失効することは、知っていれば問題ないのですが、知らずについ振替してしまうことは多いためよく注意してください。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitget(ビットゲット)の出金に関する評判・口コミ

Bitget(ビットゲット)の出金に関する評判・口コミ

Bitgetの出金に関する評判や口コミでは、以下のような内容が見られます。

  1. ボーナスだけで運用して増やしてそのまま出金できた
  2. 体験金・ボーナスは「利益分」なら出金できる
  3. 出金拒否の噂が流れたことがあった
  4. 出金手数料・最低出金額が要改善
  5. 比較すると出金のスピード・手数料はMEXCがやや良い
  6. メタマスクへの出金手数料が高かった
  7. 全額出金できた

それぞれの評判・口コミについて詳しく紹介・解説をさせていただきます。

ボーナスだけで運用して増やしてそのまま出金できた

ボーナスだけで運用してコピートレードによって増やし、そのまま出金できたという口コミです。

「基本良くないと思いますが」とBitgetへの配慮も示されていますが、ルールとしてOKである以上、もちろん問題ありません。

自己資金も注ぎ込む方が資産が増えるスピードは早くなりますが、このように「自己資金を一切使わない方法でも、無事に出金までできる」ことがわかります。

体験金・ボーナスは「利益分」なら出金できる

Bitgetの先物ボーナスについて「取引に使える」「利益分は出金できる」ということを指摘されています。

「ばら撒きまくっている」と書かれている通り、Bitgetは時期によって非常に豊富なボーナスを、広範囲で提供しています。

そのようなチャンスでボーナスをもらって、より有利な条件で資産を増やすことも可能です。

こちらのトレーダー様も「体験金は出金できない」ことを指摘されています。

その分大胆な取引ができるため「逆に大きく稼げた」という体験談も多く見られます。

Bitgetはコピートレードが充実しているため、その取引についても自分の労力や時間を使う必要がないのが利点です。

出金拒否の噂が流れたことがあった

Bitgetでは、2022年7月4日頃に出金拒否の噂が流れたことがありました。

結論からいうとこれは当時一部の環境で起きたエラーのようなもので「同じ時間帯でも問題なく出金できた」というトレーダーの方々の声が多く聞かれます。

出金拒否の噂の最中に10万円問題なく出金できた

https://twitter.com/pepe38847441/status/1543934825748242432

こちらは、出金拒否の噂が流れている最中に10万円の出金を依頼し、問題なく着金までしたという口コミです。

(出金手続きが完了しただけでなく、出金先の口座に着金する段階まで完了したという内容です)

こうした口コミを見る限り、当時すべてのトレーダーの方々に出金の問題が起きたのではなく、一部の環境で起きたものと見られます。

このように他にも7月4日で「出金できない」という口コミは拝見できます。

しかし、大量に投稿されていたわけではなく、やはり「一部で見られた現象」と考えられます。

こちらもトレーダー様もやはり出金拒否の噂に触れていますが「大丈夫なんだろう」と楽観視されています。

(実際に結果を見ると問題なかったといえます)

このように「出金拒否の噂はデマだったらしい」という口コミも見られます。

おそらく出金できなかったトレーダー様が一部見えたことは間違いないと考えられますが「出金拒否というほど全体的な現象ではなかった」と考えていいでしょう。

出金手数料・最低出金額が要改善

NXD(Nexus Dubai/ネクサスドバイ)を買うならBitgetがベストという口コミです。

NXDはドバイの運営会社が手掛ける決済サービスで使える「リアル決済が可能な仮想通貨」です。

このNXDの取引については高く評価されているものの、出金手数料・最低出金額については改善されるとより良いと指摘されています。

比較すると出金のスピード・手数料はMEXCがやや良い

Bitget・MEXC・BingXの3つの取引所で同時に出金のテストをされたという口コミです。

3,000円のUSDTを出金してその手数料と所要時間を比較されたという内容です。

結果、少なくともトレーダー様が比較された時点では「MEXCが良さそうだった」ということです。

ただ「良さげ」と控えめに書かれている通り、決定的な違いはなく、小まめに出金や送金をする方でなければ「BitgetとMEXCの間に大きな優劣はない」ともいえます。

メタマスクへの出金手数料が高かった

DeFi投資やNFTの取引で広く用いられるウォレットアプリである、メタマスクに送金した時の出金手数料が高かったという口コミです。

仮想通貨の出金手数料(送金手数料)は、基本的に仮想通貨の種類や、使用するネットワークによって変わります。

そして、出金先のウォレットアプリや取引所によって「使えるネットワーク」が異なります。

たとえば「手数料が高いネットワーク」しか使えないと「○○への出金は手数料が高い」となるわけです。

このように、主にネットワークの違いによって、MetaMaskなど一部のウォレットアプリへの出金手数料が高くなるということです。

全額出金できた

Bitgetから全額出金されたという口コミで、当然ながら「全額出金しようと思えば自由にできる」ことがわかります。

(もちろんボーナス分については出金できず、利益や自己資金のみ出金可能です)

全額出金ができることは本来当然ですが、ごく稀に非常に悪質な取引所やFX業者で「全額出金できない」ということがあります。

Bitgetでは当然ながらそのようなことはないため、安心して資金を預けることができます。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Bitget(ビットゲット)で手数料が限界までお得になる裏技

もしCoinBackを使っていたらどのぐらいのキャッシュバックを受け取れたの

CoinBackはこちらの要望に応えるべく、いままでの取引でどれだけのキャッシュバックが発生していたのか数値でわかるサービスを開始しました!

Coinackは現在Binanceで発生した取引手数料のうち40%をキャッシュバックしております。

これがどれだけ膨大な手数料となっているのか一目でわかるので、この機会に確かめてみてはいかかでしょうか?

Bitgetで40%キャッシュバック受ける方法はこちら【Bitgetで40%キャッシュバックを受ける方法

そんなCoinBackの使い方はこちら【CoinBack利用方法

【まとめ】Bitget(ビットゲット)の出金方法

Bitgetでは独自トークンや、コピートレードをはじめ様々な独特なサービスが展開されています。

取引高も多いうえに、世界中で多くのユーザーに利用されていることから、
これから更に大きな期待を寄せることが出来る取引所です!

まだ口座開設が完了していない方は以下のボタンから口座開設してみましょう!

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

 
この記事のまとめ
・出金時に注意すべき入金タグ
・Bitget内では資金移動が簡単
・Bitgetから日本円出金は出来ないる

当サイトはBitgetの取引手数料を40%キャッシュバックしています

Bitgetが実施しているどのキャンペーンよりもお得で豪華なので、口座開設をする際は当サイトからするのがオススメです!

\業界最大キャッシュバック率!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です