Bybit(バイビット)のDefiマイニング|積み立てステーキングとは?

Bybit資産運用って何?

リスクは有るの?

と思っていませんか?

Bybitの資産運用ってあるけどなんか怪しいしあんまりよくわからないですよね
ですがご安心ください、初期からBybitを使っている筆者が画像付きで丁寧に解説します!

この記事を読めば、
Bybitの資産運用の概要からそこに潜むリスクまで全て理解できるようになりますよ!

この記事をまとめると…
  • Bybitの資産運用について
  • ノーリスクで資産運用する方法
  • 過去にはノーリスクで数千ドルの爆益も!
  • Coinbackを利用しておとくにBybitを利用する!

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

Bybitの口座開設」はこちらから

Bybit(バイビット)の基本情報

Bybitの総合評価
総合評価 6.8 /10
  • 取引手数料
    6
  • 約定力
    7
  • 通貨数
    8
  • キャンペーン
    5
  • レバレッジ
    8

Bybitはシンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所です。

デリバティブに注力している点が特徴で、最大100倍のレバレッジ取引を行えます。

日本語サポートの素早い対応やトレードバトル等のイベントの開催など、日本国内でもあちこちで話題となっており、多くの日本人ユーザーがBybitを利用してビットコインFXを行っています。

Bybitは仮想通貨取引所の中では超大手取引所なので、利用者も多く安心して利用できます。

Bybit(バイビット)の資産運用

クリプト諸々

bybitの資産運用とはDefiの仕組みを利用してBybitが運用してくれるシステムとなります。

簡単に説明すると保有している仮想通貨を預け入れることによってそれぞれの利率に会った利益を得ることが出来ます。

トレードが苦手な方やリスクを取りたくないような方が資産を増やしていきたい方にはおすすめです

Bybit(バイビット)のステーキング基礎知識

Bybitステーキング

Bybitステーキング(Bybit積立ステーキング)は、仮想通貨の預金・積み立てができるサービスです。

ステーク(stake)とは「出資する」という意味で、言葉の意味は「生協の出資金」に近いものです。

内容としては、銀行の普通預金・定期預金とまったく同じといえます。

Bybit(バイビット)のステーキングのやり方

Bybitステーキングのやり方

まず、このような銘柄一覧から、預金・積立をしたい仮想通貨を選びます。

Bybitステーキングのやり方

今回は、NEAR(NEAR Protocol/ニアプロトコル)を選びました。

右側の「ステーキングする」のボタンを押します。

Bybitステーキングのやり方

このような画面が開きます。

最低投資額や推定利回りなどの数字を確認します。

Bybitステーキングのやり方

金額を入力し、規約に同意して「ステーキングする」を押します。

Bybitステーキングのやり方

「購入完了」という画面になります。

今回は「5NEAR」で、約22ドルを購入しました。

Bybitステーキングは安い仮想通貨だとおおよそ20ドル前後から預金・積立できるようになっています。

「注文を表示する」を押すと、このような詳細を見られます。

Bybit(バイビット)のステーキングの払い戻し方法(解約)

「払い戻し自由」のステーキングの場合、普通預金のようにいつでも出し入れできます。

Bybitステーキングの払い戻し画面

やり方は簡単で、この「払い戻す」のボタンを押すだけです。

Bybitステーキングの払い戻し画面

いくら払い戻すか金額も決められます。

今回は5NEARのうち、4.5NEARを払い戻しました。

Bybitステーキングの払い戻し画面

払い戻された先は「資産運用アカウント」です。

Bybitステーキングの払い戻し画面

このように戻っていることを確認します。

Bybitステーキングの払い戻し画面

また預金したくなった時には、右側にある「預け入れ」のメニューから簡単にできます。

Bybit(バイビット)のステーキング利用の注意点

基本的にノーリスクに思える積立ステーキングですが唯一のリスクとしては預けた通貨の変動です

もし仮に預け入れたトークンの価格が暴落してしまった場合はたとえ利回りを得ていたとしても資産価値が減少してしますのでご注意ください!

※ただし積立ステーキングはいつでも解除できるので落ちそうだなと思ったときは即時につステーキングを解除できるのでご安心ください!

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

Bybit(バイビット)のローンチプール

では次にBybitローンチプールの解説をしていきます。

ローンチプールというのは簡単にいえばBybitにBITという仮想通貨を預けることでその利子として仮想通貨が貰える制度のことです。

ただしローンチプールは常に開催してるわけではないので注意が必要です。

定期的には開催されていて過去のローンチプールで配布された銘柄の中では数倍から数十倍にもなった通貨もあります

こちらもステーキングと同様に預け入れた仮想通貨の価格が下がってしまうのがリスクではありますがBITはデリバティブが存在するためほんの少しの金利はかかってしまいますがヘッジとして預け入れた金額と同様のショートポジションを保有すれば対策できます

Bybit(バイビット)のDefiマイニング

DefiマイニングはUSDTを預け、その他のDefiで運用してもらうサービスです。

  • 預け入れる通貨は単一の通貨でOK
  • USDTで安定した資産運用ができます

1つの通貨を預けいればいいだけなので、リスクも少ないですしUSDTでの運用なので価格変動も基本的には起こりえません。

通常であればUSDTなどのステーブルコインの運用はそこまで利回りが良いものでは無いので10%などもあるのでぜひチャレンジしてみましょう!

ただしこれはBybitが第三者機関を使って運用しているのでその第三者機関がハッキングされたりプロダクトが破綻したりした場合資産を失うリスクが伴います。

しかしBybitも顧客の資産を預かって運用してるので基本的に保証があるところや大手でリスクを取るような運用はやってはいないので過度に心配する必要もありません!

CoinBack
CoinBack

普段使ってる銀行の年利とかと比べるととんでも無い金利が貰えるのがわかりますね!

Bybit(バイビット)のデュアル資産投資

デュアル資産投資というのはUniwswapの流動性提供を利用したサービスとなっております。

本来であればUniswapの他にもDEXで流動性供給をすることによって報酬を貰うのですがそれをBybitが代理でやってくれるサービスとなっております。

このようにかなり年利は高いのですがILリスクというものが存在していて仕組みをしっかり把握ていないといつの間に損をしていたなんてこともあり得るので注意しましょう!

ILリスクとは?

ILリスクと言うのはimpermanent lossの略語でプールに仮想通貨を入金したときと比較してその仮想通貨の価格が大きく変動したときに発生します

変化が大きければ大きいほど損失も大きくなってしまいます。価格が上がろうと下がろうと損失割合は同じです。

注意

  • 1.25倍の価格変動 = 0.6%の損失
  • 1.50倍の価格変動 = 2.0%の損失
  • 2倍の価格変動 = 5.7%の損失


価格変動に対する損失の割合は以上のとおりです。

少し難しいかもしれませんがETH-DAIというデュアル投資(流動性供給マイニング)が会った場合を例を用いて解説したいと思います。

1ETHと100DAIを流動性プールに入金し、他からの入金があり、そのプールには合計で10ETHと1,000DAIがあると仮定します。
つまり、あなたのこのプールにおけるシェアは10%で、合計の流動性は10×1,000の10,000です。

その後、ETHの価格が上昇して、400DAIになったと仮定します。

流動性プールにETHとDAIを貸し出さずに単純にホールドした場合はどうでしょうか。

レートが1ETHと100DAIだったものが、1ETHと400DAIになったので、200ドルが500ドルになったことになります。
したがって、ホールドするだけで500ドルになっていたのに、預けると400ドルにしかならないことになります。

この500ドルと400ドルの差である100ドルが変動損失になります。

【まとめ】Bybit(バイビット)のDefiとは?

Bybitの資産運用はうまく活用すればノーリスクで資産を増やすことができます

もしウォレットなどに余らせてる資産があるならぜひ検討してみてはいかがでしょうか!

もしBybitの口座開設をまだしていない方は、このタイミングで口座開設をしておきましょう!

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。