Bybit(バイビット)のレバレッジの仕組み|設定方法も解説

Byibitレバレッジアイキャッチ画像
Bybitのレバレッジってどれくらい?!
レバレッジってなに?設定方法は?

と思っていませんか?

仮想通貨の取引方法のひとつに「レバレッジ取引」があります。

Bybit(バイビット )は 最大レバレッジ100倍で取引できる仮想通貨取引所として人気を集めています。

現物取引よりも大きな利益を得られると聞いて、レバレッジ取引に注目している人も多いと思います!

しかし、レバレッジ取引のメリット・デメリットを知らずに取引するのは、少し危険です。大切なお金なので、よく理解した上で取引をして頂きたいです!

この記事では、初心者でもすぐにレバレッジを理解してトレードできるように解説します!

この記事をまとめると…
  • レバレッジとは、預けている金額以上の取引を可能にする仕組み
  • レバレッジのメリットは、少額でも大きな利益を狙う事が出来る
  • レバレッジのデメリットは、損失も大きくなる可能性があり
  • Bybitの最大レバレッジは100倍でほかの仮想通貨も充分にレバレッジをかけれる
  • Bybitにはクロスマージンモードと分離マージンモードがある

Bybitロゴ

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

Bybitでまだ口座開設をしていないあなたは、「Bybit口座開設」の記事から口座開設してみましょう!


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目以降の取引所アカウントでも作成可能です


目次
  1. Bybit(バイビット)のレバレッジについて
  2. Bybit(バイビット)でレバレッジを使うメリット
  3. Bybit(バイビット)でレバレッジを使うデメリット
  4. Bybit(ビットコイン)のレバレッジ設定方法
  5. Bybit(バイビット)のレバレッジの良い評判・口コミ
  6. Bybit(バイビット)のレバレッジの悪い評判・口コミ
  7. 【まとめ】Bybit(バイビット)のレバレッジ基本情報

Bybit(バイビット)のレバレッジについて

そもそも、レバレッジとは?

レバレッジとは、預けた金額の何倍もの金額の取引をする事が出来る仕組みの事です。

CoinBack
CoinBack

レバレッジを利用すると、口座に入金した金額よりもはるかに大きな取引をする事が出来ます。

レバレッジを利用すると、口座に入金した金額よりもはるかに大きな取引をする事が出来ます。

例えば、自己資金が10万円で、レバレッジが50倍だとします。

この場合、運用できる総額は、「10万円(自己資金)×50倍(レバレッジ)=500万円」となります。

つまり、もともと10万円しか持っていなかったとしても、その50倍の500万円を運用することができるのです。

国内取引所のレバレッジ事情

国内の暗号通貨取引は現在、業界団体によってレバレッジを2倍にする規制がかけられています。

Bybitのレバレッジを他社と比較

Bybitでは最大レバレッジ100倍を提供しています!

では、Bybitのレバレッジは他の仮想通貨取引所に比べてどうなのでしょうか?

Bybitのレバレッジを他社と比較
海外取引所最大レバレッジレバレッジ制限条件ロスカット水準
FXGT1000倍1万ドルまで50%
Bitterz888倍25,000円まで888倍USD / JPY / BTCのみ100%
CryptoGT500倍1万ドルまで主要ペアのみ100%
OKEx125倍無制限110%
FTX101倍無制限20倍以下3%~
50倍以上0.6%~
Bybit100倍無制限BTCペアのみ50%
BaseFEX100倍なし50%
Binance 125倍5万ドルまでUSDTが必要100%
Bitfinex3.3倍なし15%
POLONIEX2.5倍なし100%

Bybitのレバレッジは一般的な水準と言えます。

しかし、レバレッジは100倍もあれば十分で、ボラティリティが高い暗号通貨FXをレバレッジ50倍以上で取引するのは結構リスクが高いので注意しましょう。

分離マージンとクロスマージンについて

Bybitには2種類の証拠金(マージン)モードがあります!

分離マージンモードクロスマージンモードです。

クロスマージン

クロスマージンはBybitで、デフォルトのマージンモードとして採用されています。

クロスマージンは、対応する取引ペアのコインタイプ内でトレーダーの利用可能なすべての残高を使用します。

取引ペアの資産が維持証拠金を下回ると、ポジションは強制的に決済されます。
強制決済が行われた場合、トレーダはその取引ペアの全資産を失うことになります。

分離マージン

分離マージンでは、ポジションに使用する証拠金は、トレーダーの口座残高から分離されます。

強制決済によってトレーダーが失う可能性のある最大額は、そのオープンポジションに設定されたポジションマージンに限定され、トレーダーはそれに応じてリスクを管理する事が出来ます。

【例】口座残高:100,000円
取引したい証拠金:50,000円
レバレッジ:100倍(50,000円×100倍=5,000,000円)

上記のように、口座残高(100,000円)から自分で取引したい証拠金(50,000円)にだけレバレッジ(100倍)をかけて取引することを想定します。

レバレッジ取引に不安のある人や初心者には、この分離マージンがおすすめです。

主要な仮想通貨のレバレッジ

Bybitの最大レバレッジは100倍ということが分かりましたが、実際にレバレッジを100倍かけれるのはBTCのみです。

他の仮想通貨のレバレッジはどのくらいなのでしょうか。

USDT無期限契約
BTC/USDT100倍
ETH/USDT50倍
BCH/USDT50倍
LTC/USDT50倍
LINK/USDT25倍

インバース無期限契約の場合はどうでしょうか。

インバース型無期限契約の場合
BTC/USD100倍
ETH/USD50倍
EOS/USD50倍
XRP/USD50倍

十分なレバレッジをかけれるということが分かります。

必要証拠金と維持証拠金について

MEMO
必要証拠金・・・取引するのに必要な1通貨あたりの証拠金の事です。
計算方法は「基準価格×1/50(レバレッジ50倍の場合)」となります。

取引必要証拠金・・・取引するのに最低限必要な金額(担保金)の事です。
計算方法は「必要証拠金×ポジション保有数量」となります

維持証拠金とは、レバレッジ取引でポジションを持つ為に必要な資金のことです。

CoinBack
CoinBack

維持証拠金の金額は、対象の金融派生商品や取引市場によって違います。
ボラティリティ(変動性)の高い市場では、高額の維持証拠金が必要になります。

また、口座の資金額がポジションを保有し続けるために必要な最低金額を下回っている時に、金融機関が投資家に知らせることをマージンコールといいます。

Bybit(バイビット)でレバレッジを使うメリット

Bybit(バイビット)でレバレッジを使うメリット

ここからは、Bybitでレバレッジ取引をする具体的なメリットについて確認していきましょう。
今回は、数あるメリットの中でも重要な4つのメリットについてご紹介します。

レバレッジ取引の4つのメリット
  • より大きなリターンを狙える
  • 下げ相場でも利益を狙える
  • 24時間、365日取引できる
  • Bybitなら借り入れのリスクがない

メリット1:より大きなリターンを狙える

レバレッジ取引のメリットの1つ目は、「リターンが大きい」ことです。

レバレッジ取引では、自己資金よりも大きな金額で取引することができます。

例えば、10万円をレバレッジ25倍で取引した場合、250万円の運用が可能です。
10万円の取引内容で1万円の利益を得ることができれば、250万円の資金で得られる利益は25倍の25万円となります。

このように、小額しか用意出来ない人にとっては、大きな利益を狙うには必要不可欠な存在と言えます。

メリット2:下げ相場でも利益を狙える

レバレッジ取引の2つ目のメリットは、下げ相場でも利益を狙うことができることです。

レバレッジ取引では、「ショート」と呼ばれる取引方法を利用することができます。

ショートとは?
本来持っていない仮想通貨を売ったことにして、後から買い戻すことで利益を得る投資方法です。

例で確認してみましょう。

例えば、1BTCが600万円の時に1BTCを売ったとします。

その後、1BTCの価格が400万円まで下がったところで買い戻しました。

この場合の計算式は、「600万円(ショート時の価格)-400万円(買い戻し時の価格)=200万円(利益)」となります。

つまり、価格が下がったから安く買い戻すことができ、その差額の200万円が利益として出てきたわけです。

このように、ショートを活用することで下げ相場でも利益を狙うことができるのです。

メリット3:24時間、365日取引できる

レバレッジ取引の3つ目のメリットは24時間365日取引できることです。

株やFXと違い、仮想通貨FXならばいつでも取引できます。

CoiinBack
CoiinBack

レバレッジ取引は、24時間365日取引可能で、どのような相場でも利益を狙えますね!

メリット4:借り入れのリスクなし

レバレッジ取引の4つ目のメリットは、借り入れのリスクがないことです。

レバレッジ取引では、「ロスカット」というものが存在します。

ロスカットとは?
損失が一定以上になると、強制的に決済されるシステム。これによって口座にある以上の金額を損する事がなくなります。

国内の取引所だと、追証と言うものがあり、口座に入れている以上の金額を損する事があります。

Bybit(バイビット)のロスカットについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

CoinBack
CoinBack

Bybitならロスカットシステムを採用しているので、口座にある以上の金額を損する事はありません!

Bybit(バイビット)でレバレッジを使うデメリット

Bybit(バイビット)でレバレッジを使うデメリット

レバレッジ取引にはメリットがある反面、デメリットもあります。
ここからは、Bybitでレバレッジ取引をする2つのデメリットについて紹介していきます。

レバレッジ取引の2つのデメリット
  • 損失が大きくなる可能性がある
  • 多くの手数料を取られる

デメリット1:損失が大きくなる可能性がある

レバレッジ取引のデメリットとしては、損失が大きくなる可能性があることです。

レバレッジ取引では、自己資金よりも大きな金額を取引する事が可能です。

その分得られる利益は大きくなりますが、同時に損をした場合の損失も大きくなります。

この点は、通常の現物取引にはない、レバレッジ取引のデメリットと言えます。

デメリット2:多くの手数料を取られる

レバレッジ取引の2つ目のデメリットは、手数料の高さです。

レバレッジ取引では、取引手数料のほかに、「レバレッジ手数料」が発生します。

CoinBack
CoinBack

レバレッジ手数料とは、注文を1日以上保持するための手数料のことです。

例えば、1BTCが600万円の時に1BTCの買い注文を出し、翌日に持ち越したとします。
レバレッジ手数料は0.04%その場合、600万円の注文に対して0.04%手数料が発生します。

通常の取引に比べて手数料が多くかかってしまう事はデメリットだと言えます!

Bybit(バイビット)の手数料一覧の記事で手数料について詳しく解説しているので、気になるあなたは参考にしてみましょう。

Bybit(ビットコイン)のレバレッジ設定方法

Bybitのレバレッジは、注文画面から簡単に設定することが可能です。

STEP.1 取引画面を開く

まずはBybitの取引画面を開きましょう。

上記画面の赤枠に囲われている部分を確認してください。

STEP.2 マージンを選択する

「クロス」のボタンを押しましょう。

STEP.3 マージンとレバレッジ選択

①クロスマージンor分離マージンを選択
②ロング・ショートのレバレッジを選択
③確定をタップ

以上でレバレッジの設定は完了です!

とても簡単なのでぜひ試してみてください。

Bybit(バイビット)のレバレッジの良い評判・口コミ

Bybitnのレバレッジに関する良い評判や口コミでは、以下のような内容が見られます。

  • レバレッジ100倍のおかげで大金を狙える
  • BTCでも10万円の元手で1週間で200万円の利益を狙える
  • 最大レバレッジで売買するとボーナス条件をすぐ達成できる
  • 流動性マイニングにもレバレッジをかけられる
  • 日本語対応でアプリも使いやすくハイレバ取引所で一押し
  • 短期投資なら海外でレバレッジが高いBybitがベスト

それぞれの評判・口コミについて、詳しく紹介させていただきます。

レバレッジ100倍のおかげで大金を狙える

Bybitのレバレッジ100倍の力で大金を狙うという口コミです。

もちろん、大金を稼げる可能性があるということは、大金を失う可能性もあります。

基本的に、Bybitのハイレバレッジは「ハイリスク・ハイリターン」ということを理解しておきましょう。

ただ、ゼロカットがあるためリスクの方は「残高がゼロになるだけ」と限定されています。

一方、リターンについては「上がる限りどこまでも」利益になるわけです。

このリターンとリスクの差を考えると「ミドルリスク・ハイリターン」とまでは行かないものの、かなりの割合で「リターンの方が強い」ことは間違いないでしょう。

上昇した時レバレッジがあると大きな利益を得られる

当然ながら、高いレバレッジをかけられると、ビットコインなどが上昇した時に大きな利益を得られます。

レバレッジにはリスクもありますが、それと同等(ゼロカット分を考慮すればリスク以上)にリターンも大きいということです。

BTCでも10万円の元手で1週間で200万円の利益を狙える

大きな値上がりはもうないと思われがちなビットコインですが、今でも1週間で20%以上価格が動くことはしばしばあります。

ということは、10万円を証拠金にして100倍のレバレッジを効かせれば、1,000万円の20%で200万円の利益になるということです。

そして、バイビットなら「売りから入る」ことができるため、下落相場でも上昇相場と同等に稼げます。

(その場合は、上昇すると考えて買いで入っていたトレーダーさんに損失が出ます)

このように、ビットコインのような安定銘柄でも、10万円の元手で1週間で200万円などの「爆益」を狙えるのが、ハイレバ取引の魅力です。

最大レバレッジで売買するとボーナス条件をすぐ達成できる

海外の仮想通貨取引所では「取引量が○○ドルに達したらボーナスをもらえる」というキャンペーンがしばしば展開されます。

そのような取引量の条件は「最大レバレッジで売買を繰り返すと達成しやすい」という口コミです。

もちろん、レバレッジをかけている分損失が出る可能性もあり、手数料も発生するため「ボーナスをもらってもプラマイゼロになる」ということもあります。

上のトレーダーさんもそのように現時点では「プラマイゼロ」ということですが、もらった20BitDAOが今後伸びれば、大きな利益になる可能性があります。

(BitDAOはバイビットのトークンです)

流動性マイニングにもレバレッジをかけられる

流動性マイニングとは「ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を取引所に預け、その代わりに取引所のトークンを報酬としてもらう」というものです。

通常のマイニングは演算作業をすると、報酬として仮想通貨をもらえます。

しかし、流動性マイニングの場合は「ビットコインなどの仮想通貨を預ける」ことで、報酬をもらえます。

報酬をもらえる理由は、取引所にとって「自分たちのトークンを流通させられる」ためです。

取引所はあなたから預かった仮想通貨を「ロックする」ので、その仮想通貨は流通しなくなります。

一方、あなたが受け取ったトークンは流通します。

(あなたは解約しない限り預けた仮想通貨を使えないので、代わりにトークンを使うことになります)

このように、そのトークンに「流動性をもたらした」報酬として、トークンをもらえるわけです。

そして、流動性マイニングでは「仮想通貨を預ける」ということで「一定の仮想通貨=元手」が必要です。

その「元手」に対して、レバレッジをかけられるのがBybitの特徴です。

つまり、普通のトレードの時のように「持っていないのに持っていることにして」預けられるわけです。

もちろん、受け取るマイニング報酬も多くなります。

「それはリスクがあるのでは?」と思うでしょうが、もちろんその通りで「ハイリスク・ハイリターン」です。

「持っていない仮想通貨を持っていることにする」という点は、通常のレバレッジと同じです。

そのため「流動性マイニングだからレバレッジのリスクが上がる」ということはありません。

日本語対応でアプリも使いやすくハイレバ取引所で一押し

こちらのトレーダー様も、あらゆる稼ぎ方ができる点で海外取引所がおすすめとされています。

海外取引所のメリットとして挙げられているのは以下の3点です。

  • レバレッジを効かせられる
  • ショートできる(売りから入れる)
  • 草コインを売買できる

そして、これらのメリットを持つ海外取引所の中でも、特にBybitのアプリが使いやすいということです。

日本語対応が万全な点も評価されています。

短期投資なら海外でレバレッジが高いBybitがベスト

仮想通貨の短期投資で稼ぐのであれば、高いレバレッジをかけられ、取引量が多く、さまざまな注文方法を使える海外取引所を利用すべきという口コミです。

そして、その海外取引所の中でもBybitは特にレバレッジが高くおすすめと評価されています。

Bybitと並んで人気が高いバイナンスについては「レバレッジが低いため微妙」という評価です。

Bybit(バイビット)のレバレッジの悪い評判・口コミ

Bybitのレバレッジに関する悪い評判や口コミとしては、以下のような指摘が見られます。

  • 100倍レバレッジは高すぎる?
  • Bybitでもレバレッジは2倍から始めるべき
  • BybitとFXGTでレバレッジを使い分けるのもあり
  • ゼロカットは借金にはならないが元本がなくなる
  • 高レバレッジのメリットはわかるが皆が宣伝していることに違和感がある
  • 最大レバレッジが高いのはいいが日本円で入金できないのが難点

それぞれ、特に初心者のトレーダーの方にとって貴重な指摘として紹介させていただきます。

ハイレバレッジ取引で損失が出た

最も多いのは、やはり「ハイレバでトレードをして損失が出た」という内容です。

ここでは、そのような体験談を紹介させていただきます。

ハイレバ取引で200万円が2日でなくなった

これはBybitに限らず、海外取引所のハイレバ取引のデメリットがよくわかる口コミです。

高いレバレッジでBybitで売り(ショート)のポジションを持たれていて、200万円が2日で溶けてしまったということです。

「#仮想通貨怖い」と書かれている通り、バイビットも含めて仮想通貨のレバレッジ取引にはこのようなリスクもあるため、くれぐれも余裕資金のみで投資をするようにしてください。

レバレッジ2倍でロスカットされた

1,000円ほどということで痛手はほとんどないでしょうが、Bybitに建てておいた売りポジションがロスカットされたという体験談です。

2倍という低レバレッジでも1,000円では持ちこたえられる幅が非常に狭いため、すぐにロスカットされてしまいます。

レバレッジ10倍の設定に気づかず大きな損失が出た

バイビットでSHIBを購入し、レバレッジ10倍になっていたため瞬時に4,000円ほどのマイナスが出てしまったという口コミです。

SHIBとは柴犬コインのことで、世間的な知名度は低いものの、時価総額ランキングで14位に入っている、非常に勢いのある仮想通貨です。

(2022年9月29日時点のCoin Marcket Capより)

時価総額ランキング

Litecoinが20位なので、柴犬コインの人気がいかに熱烈なものかわかるでしょう。

何にしても、このように価値がまだ安定していない急騰銘柄の場合、高いレバレッジで短時間でも大きな損失になるということです。

1万円で100倍のレバレッジをかけたら瞬殺された

こちらのトレーダー様は、1万円で100倍のレバレッジをかけ、おそらくすぐにゼロカットになられてしまったということです。

100万円分のトレードということは、1%の下落だけで1万円の損失が出たことになり、元本がゼロになります。

基本的に、バイビットに限らず「フルレバレッジはわずかに下がっただけですぐに強制ロスカットになる」というリスクを理解しておく必要があります。

100倍レバレッジは高すぎる?

Bybitの最大100倍のレバレッジについて「高すぎる」と評価する口コミです。

確かに、国内の最大2倍というレバレッジに比べたら、さらに50倍ということで「非常に高い」といえるでしょう。

ただ、海外には最大1,000倍のFXGTなどの取引所もあり、Bybitの100倍は「圧倒的に高いわけではない」ともいえます。

多くの人にとってちょうどよいレベルといえるでしょう。

(ちなみに、高すぎるレバレッジは失敗した投資家のゼロカット分を他の投資家が負担することになるため「ちょうどよいレバレッジ」が重要です)

実効レバレッジが3倍を超えていたら高めと考える

バイビットも含めて多くの取引所で、トレード画面に「実効レバレッジ」が表示される点をまず指摘されています。

そして、その実効レバレッジが3倍を超えている場合「レバレッジは高めと考えるべき」という指摘です。

これを読むと「100倍は高すぎるのでは?」と思うでしょうが、実際に100倍は初心者にはリスクがあります。

もし初心者で100倍のレバレッジをかけるなら「失ってもかまわない金額」で投資をするべきです。

Bybitでもレバレッジは2倍から始めるべき

Bybitでは100倍までレバレッジをかけられるものの、まずは2倍から始めるべきという口コミです。

理由は書かれている通り「多くの人が短時間・短期間で資金を失って失敗してしまっている」ことにあります。

まず2倍の低レバレッジで「最初のうちは生き残ることだけを考える」ことが、確かに初心者のトレーダーさんにとって有効といえるでしょう。

BybitとFXGTでレバレッジを使い分けるのもあり

上で説明した通り、海外取引所で最もレバレッジが高いのはFXGTで「1,000倍」となっています。

そのため「一発大きく当てる」というトレードは、FXGTの方が適しているといえます。

そして、FXGTに比べればBybitは「低レバレッジ」になるため、こちらでローリスクなトレードをすれば良いという考え方もあります。

ゼロカットは借金にはならないが元本がなくなる

バイビットも含めてゼロカットのある取引所では、どれだけ大きな損失を出しても借金を背負うことはありません。

(借金になった分は取引所が負担してくれます)

これはトレーダーにとって当然大きなメリットなのですが、借金にはならないものの「元本がゼロになる」というリスクはあります。

そのため「初心者向けというのは言い過ぎではないか?」という指摘がなされています。

確かに、ゼロカットがあってもつぎ込んだ金額をすべて失うことは当然あり得るため、

  • 初心者のうちは高いレバレッジをかけない
  • 高いレバレッジをかけるなら、失ってもいい金額のみにする

という2点を意識することが必要です。

最大レバレッジが高いのはいいが日本円で入金できないのが難点

Bybitの最大レバレッジは商品によっては500倍となります。

そのハイレバレッジは評価されているものの「日本円で入金できない」のが難点とされています。

一応、P2P取引(個人間取引)で、銀行振込やLINE Payによって日本円で入金することはできます。

しかし、大きな金額をこれで注ぎ込もうとすると、手数料が高くなるため非現実的です。

そのため、大きな金額で日本円入金をしたい場合は、日本の銀行やクレジットカードから直接入金できる必要があります。

(Bybitはクレジットカードならある程度できますが、不可となるカードが半分ほどです)

こうした難点を考えると「仮想通貨のレバレッジが最大20倍で、日本円で入金できるTitan FXの方がハードルが低い可能性がある」という口コミです。

Titan FX(タイタンFX)は海外のFX会社で、日本語対応レベルが特に高いFX業者として知られています。

高レバレッジのメリットはわかるが皆が宣伝していることに違和感がある

多くのトレーダーの方々が揃ってバイビットをおすすめしていることについて、違和感を覚えられているという口コミです。

レバレッジが高いことのメリットや、金融庁による規制もまだ改善の途上であるということにも、理解を示されています。

しかし、何かトラブルが起きた時に「国内の取引所なら裁判をできるがバイビットはできない」というリスクを指摘されています。

【まとめ】Bybit(バイビット)のレバレッジ基本情報

レバレッジ取引は、より効率的なトレードを可能にする強力なツールです。
また、1回の取引に必要な資金を少なくすることもできます。

より大きなリスクを背負うことになることを考慮する必要があります。
正しい使い方を知り、リスクを認識することが重要です。

また、CoinBackはBybitの取引手数料のうち30%をキャッシュバックしています!

ぜひこの機会に登録してください♪

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です