Bybitは追証なし?ロスカットの計算方法・注意点を徹底解説!

Bybitロスカットアイキャッチ画像
Bybitのチャートってどう使うの?
スタンダードチャートとTrading Viewの違いは?

なんて思っていませんか?

この記事ではBybitのチャートの使い方について

長年Bybitを使ってきた筆者が画像付きで丁寧に解説します。

この記事でわかること
  • Bybitではアプリ版でも取引が可能で、Trading Viewが使える取引所となっています!
    取引所独自のチャートより使いやすく設計されているので、使い方が分からない人は是非確認しておいてください!
  • この記事では・・・
    ✔️チャートの詳しい説明
    ✔️取引画面の機能一覧
    ✔️初心者向けのチャート分析の方法
    の要点を踏まえて解説していきます。
BYBITロゴ画像

まだバイビットに登録していない方は下記のボタンをクリックして登録しておいてください♪

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


Bybit(バイビット)のロスカットに関する基礎知識

基礎知識

ここではBybitのロスカットに関する基礎知識を紹介していきます。

Bybit(バイビット)を使っている人たちの評判の記事を読めば、Bybitについてよく知ることができるので、ぜひこの記事と合わせて読んでみてくださいね。

覚えておきたいワード

・証拠金維持率
・ロスカット
・追証

・ゼロカット

証拠金維持率

取引の際に必要な証拠金に対する純資産の割合のことを証拠金維持といいます。

計算式
証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

以上の計算式で計算することが出来ます。

インターネット上に、証拠金維持率計算ツールなどが無料で利用できるため、資金管理に役立てましょう!

例えば…
証拠金が100万円で必要証拠金が10万円のとき、
(100万円÷10万円)×100=1000(%)
となります。

ロスカット

ロスカットとは、FX取引で一定の水準以上の損失が発生した場合に、さらなる損失の拡大を防ぐため保有ポジションを強制的に決済することをいいます。

FX取引は、元本以上の取引ができるため、相場の状況によっては大きな損失を被るばかりか、元本を超えた損失が発生することがあります。

追証

追証とは?

追加保証金」の略称。

取引中に生じた損失を補填する為に、証拠金に追加して更に支払う証拠金のこと

追証はBybitにはありません。

追証がない取引所では証拠金維持率が一定の割合を下回ると請求されるので、根本的に追証の発生しない取引所を選択することを覚えておきましょう。

ゼロカット

デリバティブ取引において、証拠金内の損失でロスカットが行われず、証拠金以上の損失が出る場合もあります。

ゼロカットされた場合、本来はユーザー自身の損失ですがBybit側が補填してくれるシステムとなっています。

ゼロカットシステムがあれば、Bybitのように追加証拠金を求められないので、デリバティブ取引を行う場合にはゼロカットシステムを採用している取引所を利用しましょう。

CoinBack
CoinBack

ユーザーの負担を取引所がしてくれるの⁉

【ロスカットの種類】クロスマージンと分離マージンの違い

マージン

Bybitは分離マージンとクロスマージンがあり、それぞれでロスカットの基準が違います。

一長一短ではありますが、

  • クロスマージンはリスクを取りつつも大きな利益と損失を免れる耐久力がある
  • 分離マージンは、リスクを限定しつつ同時に利益と耐久力が少ない

のが特徴です。

利用する前にそれぞれの基準などを詳しく理解しておきましょう!

クロスマージン

クロスマージンとは自身の証拠金を全て使い強制決済を防げるものです。

トレーダーの利用可能な口座残高が維持証拠金を下回ると、クロスマージンポジションは清算されます。

強制決済した際は対応する取引しているペアのコイン内の利用可能残高がすべてなくなります。

分離マージン

分離マージンを使用する際は、ポジションを開くために使用される必須証拠金を他のオープンポジションとは別途で保管し取引します。

強制決済によって失う最大額が、ポジションを保有する前に設定された証拠金に制限されるため、トレーダーはそれに応じてリスクを管理できます。

CoinBack
CoinBack

最初はリスク管理ができる分離マージンのほうが良さそうだね

証拠金とは?

ここでは証拠金について解説していきます。

必要証拠金

必要証拠金とは、取引するにあたり必要になる証拠金量のことです。

証拠金は取引所のレートやレバレッジによって変わります。

以下の要素で必要証拠金はきまります。

  • レバレッジ
  • 保有したいポジション数量
  • 通貨の価値

維持証拠金

維持証拠金とは
ポジションを維持するのに必要な証拠金です。
証拠金維持率というのが維持するのに必要な証拠金を計算したものです。

インバース無期限契約の証拠金維持率は以下のようになります。

通貨ペア維持率
BTCペアポジション総額の0.5%
それ以外ポジション総額の0.1%

Bybit(バイビット)の強制決済価格の算出方法

強制決済価格の算出

実際にどのように計算されているのか計算式を紹介します。

USDT無期限契約での強制決済価格

買い/ロングの場合

強制決済価格=参入価格*(1-必要証拠金率+維持証拠金率)-追加証拠金/契約サイズ

売り/ショートの場合

強制決済価格=参入価格*(1 +必要証拠金率-維持証拠金率)+追加証拠金/契約サイズ

クロスマージンモードでの強制決済価格は、利用可能な残高が他の取引ペアの影響を受けるため、変化し続ける場合があります。

インバース型契約 分離マージンモード

ロングポジションの場合

強制決済価格(LP)=強制決済価格*レバレッジ/[レバレッジー1+(維持証拠金率*レバレッジ)]

ショートポジションの場合

強制決済価格(LP)=平均参入価格*レバレッジ/[レバレッジー1+(維持証拠金率*レバレッジ)]

インバース型契約 クロスマージンモード

ロングポジションの場合

契約数 ×(1 / 平均参入価格 – 1 / 強制決済価格)=
− { 資金残高 − 注文証拠金 − 契約数 / 平均参入価格 × 維持証拠金 −
(契約数 × 0.00075 / 破産価格) }

ショートポジションの場合

契約数 ×(1 / 強制決済価格 – 1 / 平均参入価格)=
− { 資金残高 − 注文証拠金 − 契約数 / 平均参入価格 × 維持証拠金 −
(契約数 × 0.00075 / 破産価格) }

今回はインバース無期限・USDT無期限・インバース先物について解説しました。

Bybitのインバース無期限・USDT無期限・インバース先物

USDT無期限契約・・・156種類
インバース無期限契約・・・11種類
インバース型先物・・・4種類

✔️インバース型先物は取引する通貨が必要
✔️USDT無期限はUSDTで取引可能
✔️インバース先物は取引の期限がある

Bybitの取扱通貨については以下の記事をご参照ください。

【まとめ】Bybit(バイビット)のロスカット基礎知識

Bybitではロスカットやゼロカットはもちろん、追証もなく初心者も安心して利用することが出来ます。

また、分離マージンとクロスマージンはそれぞれの特徴があるのでしっかりと理解したうえで使いこなしましょう。

Bybitが実施しているどのキャンペーンよりもお得で豪華なので、口座開設をする際は当サイトからするのがオススメです!

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。