Bybit(バイビット)のスプレッド一覧

bybit スプレッド アイキャッチ

Bybitって他の取引所と比べてスプレッドは広いの?

実際に使っている人たちはスプレッドについてどう思っているの?

こんなこと考えていませんか?

今回は、そんなスプレッドについて詳しく解説していきます。

Bybitのスプレッドについて、もっと詳しく知りたいあなたは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を読めばBybitのスプレッドに関する情報を詳しく知る事ができます!

この記事でわかること
  • Bybitのスプレッド他の取引所に比べて狭い。
  • スプレッドは相場によって変動するので注意が必要。
  • Bybitは相場が不安定な際もスプレッドが安定しており比較的安心してトレードする事ができる。

BYBITロゴ画像

口座開設方法はこちらで解説しているので、分からない方は確認しておきましょう!

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


好きなところから読む

スプレッドとは?

そもそも、スプレッドとは?

スプレッドとは買値(ask)と売値(bid)の差のことを意味していて、大抵は買値の方が高くなっています。

つまり、買い注文をした仮想通貨を同時に売却すると損をする事になる仕組みです。

手数料が低い仮想通貨取引所であってもスプレッドが発生しています。

つまり買った仮想通貨の価格が上がったので売りたいと考えたとしても、買値(ask)と売値(bid)の差が大きいと取引で思うような利益を獲得する事ができないケースもあります。

これらの理由から取引所のスプレッドは決して軽視できない要素になります。

スプレッドはなぜ重要なのか?
スプレッドは取引を行う際に発生するコストなので単純な相場の値動きだけではなくスプレッドの狭さを意識したトレードを行う事で損失を抑え利益を最大化に繋げる事ができるので取引において重要であると言えます。

スプレッドと手数料の違い

スプレッドは取引を行う際に発生する買値と売値の差額のことです。

一方、手数料とは取引を行う際に一定額で発生する。プラットフォームに対する利用料のようなものです。

どちらも取引の際支払うことに違いは無いのですが、形態が全く違うので注意しましょう!

Bybit(バイビット)の手数料まとめの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スプレッドに関する注意点

スプレッドは相場の状態によって変動します。

特に、相場が不安定な状態にある際には販売所側の収益にも大きな影響が出るのを避けるためにスプレッドが大きく広がることがあるのでスプレッドの広がりには常に注意しながら取引をするように心がけましょう!

スプレッドの広がりはマーケットメイカーのさじ加減と地合いによって変わります。

スプレッドの計算方法

スプレッドとは買値(ask)と売値(bid)の差のことなので、取引する仮想通貨の買値(ask)から売値(bid)を引くことで正確な数値を計算する事ができます。

スプレッドの一般的な計算式

買値(ask)-売値(bid)=スプレッド

【現物取引】Bybit(バイビット)のスプレッド一覧

Bybit(バイビット)のスプレッド一覧(現物取引)

Bybitの現物取引(スポット取引)でのスプレッドは、CoinGecko(コインゲッコー)英語版の「Bybit Spot」のページで目安の数値が一覧になっています。

ここでは、以下の3種類のペアに分けて、数値を一覧にしていきます。

  1. USDTペア(USDT建て)
  2. USDCペア(USDC建て)
  3. BTCペア(BTC建て)

スプレッドは秒単位で変わるため、いずれもあくまで目安の数値と考えてください。

USDTペア(USDT建て)

Bybitで取引できるペアのほとんどはUSDTペアで、全部で264種類あります。

それぞれのスプレッドは以下の通りです。

Noシンボル暗号資産日本語読みスプレッド
1ETHのアイコン ETHEthereum イーサリアム0.03%
2BTCのアイコン BTCBitcoin ビットコイン0.02%
3XRPのアイコン XRPXRP リップル0.05%
4LTCのアイコン LTCLitecoin ライトコイン0.06%
5USDCのアイコン USDCUSD Coin USDコイン0.02%
6DOGEのアイコン DOGEDogecoin ドージコイン0.06%
7SOLのアイコン SOLSolana ソラナ(ソル)0.07%
8APTのアイコン APTAptos アプトス0.07%
9CHZのアイコン CHZChiliz チリーズ0.12%
10BITのアイコン BITBitDAO ビットダオ(ビッダオ)0.03%
11AGLAのアイコン AGLAAngola アンゴラ0.47%
12APEXのアイコン APEXApeX エープエックス0.09%
13INTERのアイコン INTERInter Millan Fan Tokenインターミラン・ファントークン0.31%
14LINKのアイコン LINKChainlink チェーンリンク0.14%
15BUSDのアイコン BUSDBinance USDバイナンスUSドル0.02%
16TELのアイコン TELTelcoin テルコイン4.75%
17PSGのアイコン PSGParis Saint Germain Fan Tokenパリス・セイントジャーマン・ファントークン0.27%
18EOSのアイコン EOSEOS イオス0.05%
19ADAのアイコン ADACardano エイダコイン(カルダノ)0.03%
20MATICのアイコン MATICPolygon ポリゴン0.02%
21DOTのアイコン DOTPolkadot ポルカドット0.06%
22MANAのアイコン MANADecentralandディセントラランド0.02%
23BNBのアイコン BNBBinance Coinバイナンスコイン0.11%
24ATOMのアイコン ATOMCosmos Hub コスモス0.06%
25SUSHIのアイコン SUSHISushiSwapスシスワップ0.16%
26MASKのアイコン MASKMask Networkマスクネットワーク0.07%
27APEのアイコン APEApeCoin エープコイン0.13%
28AVAXのアイコン AVAXAvalanche アヴァランチ0.03%
29XLMのアイコン XLMStellar Lumensステラルーメン0.01%
30CHRPのアイコン CHRPChirpley チャープリー0.37%
31JUVのアイコン JUVJuventus Fan Tokenユベントス・ファントークン0.60%
32UNIのアイコン UNIUniswap ユニスワップ0.18%
33TRXのアイコン TRXTRON トロン0.13%
34STRMのアイコン STRMStreamCoin ストリームコイン0.25%
35KCALのアイコン KCALKCAL キロカロリー0.15%
36DYDXのアイコン DYDXdYdX ディーワイディーエックス0.17%
37OKSEのアイコン OKSEOkse オーケーエスイー0.32%
38GALAのアイコン GALAGALA ガラ0.04%
39OKGのアイコン OKGOokeenga オーキーンガ1.14%
40AFCのアイコン AFCArsenal Fan Tokenアーセナル・ファントークン0.44%
41SLGのアイコン SLGLand Of Conquestランドオブ・コンクエスト2.64%
42TWTのアイコン TWTTrust Wallet Tokenトラストウォレット・トークン0.32%
43SANDのアイコン SANDThe Sandboxザ・サンドボックス0.14%
44TAPのアイコン TAPTap Fantasyタップファンタジー0.42%
45CRVのアイコン CRVCurve DAO カーブ・ダオ0.06%
46BCHのアイコン BCHBitcoin Cashビットコインキャッシュ0.18%
47WLKNのアイコン WLKNWalken ウォークン0.45%
48SEORのアイコン SEORSEOR Networkシアー・ネットワーク0.45%
49QNTのアイコン QNTQuant クオンツ0.08%
50XAVAのアイコン XAVAAvalaunch アヴァランチ1.55%
51DOMEのアイコン DOMEEverdome エバードーム1.10%
52GALのアイコン GALGalxe ギャラクシー0.09%
53LUNAのアイコン LUNATerra テラ0.08%
54FILのアイコン FILFilecoin ファイルコイン0.02%
55KOKのアイコン KOKKOK ケーオーケー0.95%
56SHIBのアイコン SHIBShiba Inu 柴犬コイン0.27%
57COのアイコン COCorite コルティー0.39%
58MMCのアイコン MMCMonopoly Millionaire Controlモノポリー・ミリオネア・コントロール0.22%
59KONのアイコン KONKonPay コンペイ0.45%
60HFTのアイコン HFTHashflow ハッシュフロー0.14%
61AAVEのアイコン AAVEAave エーブ0.17%
62LUNCのアイコン LUNCTerra Classicテラ・クラシック0.24%
63KUNCIのアイコン KUNCIKunci Coin クンチコイン6.00%
64PLTのアイコン PLTPalette パレット0.55%
65VINUのアイコン VINUVita Inu ヴィタイヌ0.43%
66ALGOのアイコン ALGOAlgorand アルゴランド0.17%
67GRTのアイコン GRTThe Graph ザ・グラフ0.06%
68ZAMのアイコン ZAMZam.io ザム・アイオー1.11%
69ICPのアイコン ICPInternet Computerインターネット・コンピューター0.25%
70GMXのアイコン GMXGMX ジーエムエックス0.46%
71ACMのアイコン ACMAC Milan Fan TokenACミランファントークン0.72%
72MNZのアイコン MNZMenzy メンジー0.63%
73FCDのアイコン FCDFresh Cut Daimondフレッシュカット・ダイヤモンド0.73%
74CULTのアイコン CULTCult DAO カルトダオ0.35%
75STATのアイコン STATSTAT スタット2.09%
76NEARのアイコン NEARNEAR Protocolニア・プロトコル0.21%
77FLOWのアイコン FLOWFlow フロー0.88%
78LGXのアイコン LGXLegion Networkレジオンネットワーク0.74%
79ORTのアイコン ORTOkratech オクラテック0.68%
80CITYのアイコン CITYManchester City Fan Tokenマンチェスターシティ・ファントークン0.53%
81OPのアイコン OPOptimism オプティミズム0.24%
82CMPのアイコン CMPCaduceus カドゥケウス0.43%
83WWYのアイコン WWYWeWay ウィーウェイ1.03%
84ZBCのアイコン ZBCZebec Protocolジーベックプロトコル0.30%
85GMTのアイコン GMTSTEPN ステップン0.10%
86MVのアイコン MVGensoKishi Metaverse幻想騎士メタバース0.62%
87DAIのアイコン DAIDai ダイ0.02%
88USTCのアイコン USTCTerraClassic USDテラ・クラシックUSドル0.65%
89PERPのアイコン PERPPerpetual Protocolパーペチュアル・プロトコル0.05%
90MBSのアイコン MBSMonkeyLeagueモンキーリーグ0.35%
91IZIのアイコン IZIIzumi Financeイズミ・ファイナンス0.54%
92AZYのアイコン AZYAmazy アメイジー0.06%
93KLAYのアイコン KLAYKlaytn クレイトン0.61%
94QMALLのアイコン QMALLQmall キューモール1.97%
95XWGのアイコン XWGX World Gamesエックスワールドゲームス0.16%
96ETCのアイコン ETCEthereum Classicイーサリアムクラシック0.20%
97CELOのアイコン CELOCelo セロ0.13%
98LINGのアイコン LINGLingose リンゴーズ2.27%
99SCRTのアイコン SCRTSecret シークレット0.63%
100FTMのアイコン FTMFantom ファントム0.21%
101FITFIのアイコン FITFIStep App ステップアップ1.20%
102DEVTのアイコン DEVTDeHorizon デホライゾン0.96%
103ARのアイコン ARArweave アーウィーブ0.82%
104FTTのアイコン FTTFTX エフティーエックス・トークン1.17%
105ETHWのアイコン ETHWEthereumPoWイーサリアムPoW0.29%
106WAVESのアイコン WAVESWaves ウェーブス0.45%
1071SOLのアイコン 1SOL1Sol ワン・ソラナ4.03%
108MXのアイコン MXMX エムエックス0.79%
109ENSのアイコン ENSEthereum Name Serviceイーサリアム・ネームサービス0.08%
110ELTのアイコン ELTElement Blackエレメントブラック1.09%
111PLYのアイコン PLYAurigami オウリガミ0.97%
112VPADのアイコン VPADVLaunch ヴイ・ローンチ0.46%
113RNDRのアイコン RNDRRender レンダー1.24%
114ERTHAのアイコン ERTHAErtha アーサ0.66%
115XTZのアイコン XTZTezos テゾス0.30%
116BELのアイコン BELBella Protocolベラ・プロトコル0.38%
117SHILLのアイコン SHILLProject SEED SHILLプロジェクト・シードシル1.01%
118CELのアイコン CELCelsiusセルシウス0.38%
119OBXのアイコン OBXOpenBlox オープンブロックス1.49%
120COTのアイコン COTCosplay Tokenコスプレトークン0.37%
121FIDAのアイコン FIDABonfida ボンフィダ0.35%
122MKRのアイコン MKRMaker メイカー0.32%
123RENのアイコン RENREN レン0.53%
124RUNEのアイコン RUNETHORChain トールチェーン0.20%
125IMXのアイコン IMXImmutableX イミュテーブルエックス0.47%
126DFIのアイコン DFIDeFiChain デフィチェーン0.17%
127LFWのアイコン LFWLegend of Fantasy Warレジェンドオブ・ファンタジーウォー4.86%
128YFIのアイコン YFIyearn.financeヤーン・ファイナンス0.26%
1291INCHのアイコン 1INCH1inch ワンインチ0.18%
130MINAのアイコン MINAMina Protocolミナ・プロトコル0.35%
131GLMRのアイコン GLMRMoonbeam ムーンビーム0.42%
132KASTAのアイコン KASTAKasta キャスタ0.33%
133EGLDのアイコン EGLDMultiverseXマルチバースエックス0.21%
134MTKのアイコン MTKMetaToken メタトークン1.30%
135BARのアイコン BARFC Barcelona Fan TokenFCバルセロナ・ファントークン0.55%
136CAKEのアイコン CAKEPancakeSwapパンケーキスワップ0.35%
137CBXのアイコン CBXCropBytes クロップバイツ0.94%
138SYNRのアイコン SYNRMOBLAND モブランド0.33%
139SWEATのアイコン SWEATSweat Economyスウィートエコノミー0.02%
140AXSのアイコン AXSAxie Infinityアクシー・インフィニティ0.15%
141LDOのアイコン LDOLido DAO リド・ダオ0.40%
142GALのアイコン GALGalatasaray Fan Tokenギャラタサレイ・ファンとk0.64%
143KMONのアイコン KMONKryptomon クリプトモン0.30%
144DFLのアイコン DFLDeFi Land ディーファイランド2.42%
145JASMYのアイコン JASMYJasmyCoin ジャスミー0.21%
146BOBAのアイコン BOBABoba Networkボバネットワーク0.94%
147ANKRのアイコン ANKRAnkr アンカー0.22%
148WEMIXのアイコン WEMIXWEMIX ウィーミックス1.97%
149PTUのアイコン PTUPintu ピントゥー0.45%
150SRMのアイコン SRMSerum セラム0.84%
151STGのアイコン STGStargat Financeスターガット・ファイナンス0.23%
152ENJのアイコン ENJEnjin Coin エンジンコイン0.24%
153USDDのアイコン USDDDecentralized USDディセントライズドUSドル0.02%
154COMPのアイコン COMPCompound コンパウンド0.13%
155XDCのアイコン XDCXDC Networkエックスディーシー・ネットワーク0.04%
156AVAのアイコン AVATravala Coinトラヴァラコイン0.19%
157FLOKIのアイコン FLOKIFLOKI フロッキー0.44%
158SFUNDのアイコン SFUNDSeedify.fundシードファイファンド0.41%
159WAXPのアイコン WAXPWAX ワックス1.73%
160THNのアイコン THNThrone スローン0.57%
161WBTCのアイコン WBTCWrapped Bitcoinラップド・ビットコイン0.43%
162CRAFTのアイコン CRAFTTaleCraft テールクラフト4.78%
163KSMのアイコン KSMKusama クサマ0.37%
164ROSEのアイコン ROSEOasis Networkオアシスネットワーク1.09%
165SDのアイコン SDStader ステイダー0.80%
166HBARのアイコン HBARHedera ヘデラ0.44%
167INJのアイコン INJInjective インジェクティブ0.28%
168DASHのアイコン DASHDash ダッシュ0.73%
169RACAのアイコン RACARadio Caca レディオカカ0.33%
170PAXGのアイコン PAXGPAX Gold パックスゴールド0.20%
171WOOのアイコン WOOWOO Networkウー・ネットワーク0.94%
172BATのアイコン BATBasic Attension Tokenベーシックアテンショントークン0.30%
173BICOのアイコン BICOBiconomy ビッコノミー0.45%
174SCのアイコン SCSiacoin スラコイン0.68%
175MOVRのアイコン MOVRMoonriver ムーンリバー0.62%
176GST-SOLのアイコン GST-SOLSTEPN Green Satoshi Tokenステップン・グリーン・サトシトークン0.45%
177SPELLのアイコン SPELLSpell スペル0.09%
178SNXのアイコン SNXSynthetixシンセティクス0.21%
179STXのアイコン STXStacks スタックス0.88%
180THETAのアイコン THETATheta Networkシータ・ネットワーク0.23%
181ESNCのアイコン ESNCGalaxy Arena Metaverseギャラクシー・アリーナ・メタバース1.36%
182PEOPLEのアイコン PEOPLEConstitution DAOコンスティトゥーション0.60%
183ACAのアイコン ACAAcala アカラ0.68%
184ACHのアイコン ACHAlchemy Payアルケミペイ0.60%
185SLPのアイコン SLPSmooth Love Potionスムースラブポーション0.44%
186XETAのアイコン XETAXANA ザナ(シータ)0.11%
187MELOSのアイコン MELOSMelos Studioメロススタジオ2.60%
188IMEのアイコン IMEImperium Empiresインペリアム・エンパイア0.64%
189XEMのアイコン XEMNEM ネム0.46%
190FORTのアイコン FORTForta フォルタ0.67%
191XECのアイコン XECeCash イーキャッシュ0.34%
192SONのアイコン SONSouni ソウニ0.88%
193MCRTのアイコン MCRTMagicCraft マジッククラフト0.90%
194RVNのアイコン RVNRavencoin レーブンコイン0.36%
195HNTのアイコン HNTHelium ヘリウム0.17%
196MOVEZのアイコン MOVEZMoveZ ムーブゼット5.75%
197KRLのアイコン KRLKRYLL クリル0.42%
198POKTのアイコン POKTPocket Networkポケット・ネットワーク1.29%
199GODSのアイコン GODSGods Unchainedガッズ・アンテェインド0.31%
200KDAのアイコン KDAKadena カデナ0.36%
201STETHのアイコン STETHLido Staked ETHリド・ステークド・イーサリアム23.40%
202GMのアイコン GMGM Wagmiジーエムワグミ1.01%
203LRCのアイコン LRCLoopring ループリング0.29%
204OMGのアイコン OMGOMG Networkオーエムジー・ネットワーク0.33%
205SIDUSのアイコン SIDUSSidus シダス0.74%
206PSPのアイコン PSPParaSwap パラスワップ11.32%
207GCAKEのアイコン GCAKEPancake Gamesパンケーキゲームス11.79%
208RSS3のアイコン RSS3RSS3 アールエスエス・スリー0.83%
209SOLOのアイコン SOLOSologenic ソロジェニック2.66%
210NEXOのアイコン NEXONEXO ネクソ0.21%
211C98のアイコン C98Coin98 コイン980.38%
212XYMのアイコン XYMSymbol シンボル0.03%
213CAPSのアイコン CAPSTernoa テモア0.16%
214ZILのアイコン ZILZilliqa ジリカ0.26%
215ICXのアイコン ICXICON アイコン1.23%
216DICEのアイコン DICEKlaydice クレイダイス0.66%
217ZRXのアイコン ZRX0x ゼロエックス0.34%
218DRIVのアイコン DRIVDrivez ドライブズ2.91%
219LOOKSのアイコン LOOKSLooksRare ルックスレア0.98%
220REALのアイコン REALRealy Metaverseリアリー・メタバース0.38%
221GENEのアイコン GENEGenopets ジェノペッツ1.36%
222GSTSのアイコン GSTSGunstar Metaverseガンスター・メタバース6.20%
223UMAのアイコン UMAUMA ウーマ0.30%
224PSTAKEのアイコン PSTAKEpSTAKE Financeピーステーク・ファイナンス6.00%
225ONEのアイコン ONEHarmony ハーモニー0.35%
226BTGのアイコン BTGBitcoin Goldビットコインゴールド1.31%
227POSIのアイコン POSIPosition ポジション1.76%
228PUMLXのアイコン PUMLXPUMLx パムルエックス0.55%
229TRVLのアイコン TRVLTRVL トラベルコイン0.71%
230NXDのアイコン NXDNexus Dubaiネクサスドバイ4.03%
231SISのアイコン SISSymbiosis Financeシンボロシス・ファイナンス0.81%
232HOTのアイコン HOTHolo ホロ0.30%
233ZENのアイコン ZENHorizen ホライゾン0.67%
234AGLDのアイコン AGLDAdventure Goldアドベンチャー・ゴールド0.89%
235MPLXのアイコン MPLXMetaplex メタプレックス2.05%
236BTTのアイコン BTTBitTorrent ビットトレント1.06%
237INSURのアイコン INSURInsurAce インシュアエース0.88%
238CTCのアイコン CTCCreditcoin クレジットコイン0.30%
239Tのアイコン TThreshold Networkスレショルド・ネットワーク0.71%
240DGBのアイコン DGBDigiByte デジバイト0.37%
241DLCのアイコン DLCDiamond Launchダイアモンドローンチ0.02%
242JSTのアイコン JSTJUST ジャストコイン0.32%
243GASのアイコン GASGas DAO ガス・ダオ0.14%
244SUNのアイコン SUNSun Token サントークン0.88%
245SOSのアイコン SOSOpenDAO オープンダオ0.69%
246GGMのアイコン GGMMonster Galaxyモンスターギャラクシー0.72%
247HEROのアイコン HEROMetahero メタヒーロー3.69%
248CWARのアイコン CWARCryowar クリオウォー1.03%
249TRIBEのアイコン TRIBETribe トライブ0.40%
250MIXのアイコン MIXMixMarvel ミックスマーベル0.44%
251RONDのアイコン RONDROND ロンド1.42%
252DCRのアイコン DCRDecred デクレッド0.31%
253NFTのアイコン NFTAPENFT エープ・エヌエフティー0.42%
254QTUMのアイコン QTUMQtum クォンタム0.30%
255RAINのアイコン RAINRainmaker Gamesレインメーカーゲームス0.46%
256ECOXのアイコン ECOXECOx エコエックス0.04%
257DEFYのアイコン DEFYDEFY ディファイ1.85%
258BNTのアイコン BNTBancor Network Tokenバンカー・ネットワークトークン0.68%
259ZECのアイコン ZECZcash ジーキャッシュ1.23%
260FAMEのアイコン FAMEFame MMA フェーム・エムエムエー3.72%
261SAITAMAのアイコン SAITAMASaitama サイタマ0.75%
262MIBRのアイコン MIBRMIBR Fan TokenMIBRファントークン1.98%
263CUSDのアイコン CUSDCelo Dollarセロダラー1.44%
264FIUのアイコン FIUbeFITTER ビーフィッター11.65%

特にビットコインなどの主要な仮想通貨のスプレッドが「0.03%」などゼロに近いことは、大きなメリットと言えるでしょう。

USDCペア(USDC建て)

バイビットの現物取引のUSDCペアの銘柄は、2022年12月3日時点で31種類です。

それぞれの目安スプレッドは以下のようになっています。

Noシンボル暗号資産日本語読みスプレッド
1BTCのアイコン BTCBitcoin ビットコイン0.01%
2ETHのアイコン ETHEthereum イーサリアム0.03%
3BITのアイコン BITBitDAO ビッダオ(ビットダオ)0.13%
4XRPのアイコン XRPXRP リップル0.08%
5OKSEのアイコン OKSEOkse オーケーエスイー0.43%
6SOLのアイコン SOLSolana ソラナ(ソル)0.14%
7SLGのアイコン SLGLand Of Conquestランドオブ・コンクエスト3.84%
8SANDのアイコン SANDThe Sandboxザ・サンドボックス0.50%
9DOTのアイコン DOTPolkadot ポルカドット0.30%
10LTCのアイコン LTCLitecoin ライトコイン0.33%
11MATICのアイコン MATICPolygon ポリゴン0.14%
12DOGEのアイコン DOGEDogecoin ドージコイン0.81%
13LINKのアイコン LINKChainlink チェーンリンク0.42%
14APTのアイコン APTAptos アプトス6.60%
15XLMのアイコン XLMStellar ステラルーメン0.20%
16MANAのアイコン MANADecentralandディセントラランド0.17%
17ICPのアイコン ICPInternet Computerインターネット・コンピューター0.50%
18AVAXのアイコン AVAXAvalanche アヴァランチ1.09%
19LUNCのアイコン LUNCTerra Classicテラ・クラシック0.45%
20HFTのアイコン HFTHashflow ハッシュフロー0.41%
21ADAのアイコン ADACardano カルダノ(エイダコイン)0.88%
22CHZのアイコン CHZChiliz チリーズ0.23%
23APEのアイコン APEApeCoin エープコイン0.68%
24SHIBのアイコン SHIBShiba Inu 柴犬コイン0.78%
25APEXのアイコン APEXApeX エイペックス0.89%
26TRXのアイコン TRXTRON トロン0.56%
27LDOのアイコン LDOLido DAO リド・ダオ1.27%
28GMTのアイコン GMTSTEPN ステップン0.79%
29OPのアイコン OPOptimism オプティミズム0.63%
30FILのアイコン FILFilecoin ファイルコイン0.25%
31EOSのアイコン EOSEOS イオス0.84%

このように、BybitではUSDCペアでも多数の銘柄で低スプレッドでの取引ができます。

BTCペア(BTC建て)

バイビットでは2022年12月3日時点で、BTC建ての銘柄が12種類あります。

それぞれの目安スプレッドは以下のようになっています。

Noシンボル暗号資産日本語読みスプレッド
1ETHのアイコン ETH Ethereum イーサリアム0.02%
2XRPのアイコン XRP XRP リップル0.12%
3BITのアイコン BIT BitDAO ビッダオ(ビットダオ)0.06%
4SOLのアイコン SOL Solana ソラナ(ソル)0.32%
5LTCのアイコン LTC Litecoin ライトコイン0.37%
6MATICのアイコン MATIC Polygon ポリゴン0.29%
7ALGOのアイコン ALGO Algorand アルゴランド0.27%
8MANAのアイコン MANA Decentralandディセントラランド0.40%
9WBTCのアイコン WBTC Wrapped Bitcoinラップド・ビットコイン0.22%
10SANDのアイコン SAND The Sandboxザ・サンドボックス0.23%
11DOTのアイコン DOT Polkadotポルカドット0.12%
12XLMのアイコン XLM Stellar ステラルーメン0.55%

このように、ビットコイン建ての銘柄でも狭いスプレッドでトレードをできることがBybitの魅力です。

DAIペア(DAI建て)

バイビットでは2022年12月3日時点で3種類のDAI建ての銘柄があります。

それぞれの目安スプレッドは以下の通りです。

Noシンボル暗号資産日本語読みスプレッド
1BITのアイコン BITBitDAO ビットダオ(ビッダオ)0.13%
2ETHのアイコン ETHEthereum イーサリアム0.52%
3BTCのアイコン BTCBitcoin ビットコイン0.45%

このように、DAIペアというやや珍しい銘柄でもロースプレッドで売買をできることが、Bybitのメリットといえます。

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

【デリバティブ取引】Bybit(バイビット)のスプレッド一覧

【デリバティブ取引】Bybit(バイビット)のスプレッド一覧

Bybitのデリバティブ取引(レバレッジ取引など)の銘柄は、大きく以下の2種類に分かれます。

  1. USDTペア(USDT建て)
  2. USDペア(米ドル建て)

ここでは、それぞれの銘柄のスプレッドを一覧にしていきます。

なお、スプレッドはCoinGecko(コインゲッコー)英語版の「Bybit>Derivatives」のページを参照しています。

データは2022年11月6日時点のもので、スクリーンショットはUSDペアの後で紹介しています。

出典ではUSDTペアとUSDペアは混在していますが、当記事では分けて一覧にしています。

USDTペア(USDT建て)

「XRP / USDT」のように、USDT(テザー/Tether)とセットになっているペアは、Bybitで182種類あります。

それらのスプレッドを一覧にすると以下の通りです。

No仮想通貨スプレッド
1DOGEのアイコン DOGE0.08%
2XRPのアイコン XRP0.02%
3SOLのアイコン SOL0.01%
4MATICのアイコン MATIC0.02%
5BNBのアイコン BNB0.01%
6DOTのアイコン DOT0.07%
7ATOMのアイコン ATOM0.03%
8LTCのアイコン LTC0.01%
9ADAのアイコン ADA0.02%
10CHZのアイコン CHZ0.02%
11GMTのアイコン GMT0.02%
12MASKのアイコン MASK0.10%
13LINKのアイコン LINK0.01%
14ETCのアイコン ETC0.02%
15APEのアイコン APE0.02%
16AVAXのアイコン AVAX0.03%
17ALGOのアイコン ALGO0.11%
18NEARのアイコン NEAR0.03%
19SANDのアイコン SAND0.01%
20SHIB1000のアイコン SHIB10000.04%
21OPのアイコン OP0.04%
22EOSのアイコン EOS0.09%
23BANDのアイコン BAND0.04%
24AXSのアイコン AXS0.05%
25BCHのアイコン BCH0.04%
26BITのアイコン BIT0.23%
27FTMのアイコン FTM0.17%
28SUSHIのアイコン SUSHI0.06%
29GALAのアイコン GALA0.03%
30ZILのアイコン ZIL0.03%
31UNIのアイコン UNI0.01%
32DYDXのアイコン DYDX0.26%
33FILのアイコン FIL0.16%
34ENSのアイコン ENS0.06%
35AAVEのアイコン AAVE0.05%
36CROのアイコン CRO0.04%
37FTTのアイコン FTT0.04%
38XLMのアイコン XLM0.04%
39VETのアイコン VET0.19%
40CRVのアイコン CRV0.10%
41QTUMのアイコン QTUM0.17%
42RNDRのアイコン RNDR0.10%
43LUNA2のアイコン LUNA20.04%
44WAVESのアイコン WAVES0.14%
45XMRのアイコン XMR0.03%
46MANAのアイコン MANA0.07%
47BNXのアイコン BNX0.03%
48RSRのアイコン RSR0.67%
49ANKRのアイコン ANKR0.16%
50XTZのアイコン XTZ0.07%
51ICPのアイコン ICP0.18%
52EGLDのアイコン EGLD0.09%
53STORJのアイコン STORJ0.10%
54HBARのアイコン HBAR0.08%
55DASHのアイコン DASH0.11%
56LRCのアイコン LRC0.14%
57SNXのアイコン SNX0.04%
58RUNEのアイコン RUNE0.06%
59TRXのアイコン TRX0.02%
60THETAのアイコン THETA0.08%
61LPTのアイコン LPT0.97%
62KSMのアイコン KSM0.13%
63FLOWのアイコン FLOW0.55%
641INCHのアイコン 1INCH0.08%
65RVNのアイコン RVN0.16%
66PEOPLEのアイコン PEOPLE0.18%
67YFIのアイコン YFI0.06%
68KAVAのアイコン KAVA0.07%
69KLAYのアイコン KLAY0.21%
70IOSTのアイコン IOST0.08%
71IOTXのアイコン IOTX0.15%
72OCEANのアイコン OCEAN0.08%
73ONEのアイコン ONE0.24%
74C98のアイコン C980.14%
75UNFIのアイコン UNFI0.02%
76COMPのアイコン COMP0.10%
77MKRのアイコン MKR0.06%
78SRMのアイコン SRM0.12%
79NEOのアイコン NEO0.11%
80FITFIのアイコン FITFI0.08%
81XEMのアイコン XEM0.25%
82ARのアイコン AR0.07%
83ZENのアイコン ZEN0.34%
84ENJのアイコン ENJ0.10%
85REEFのアイコン REEF0.09%
86LOOKSのアイコン LOOKS0.42%
87IOTAのアイコン IOTA0.18%
88KNCのアイコン KNC0.05%
89CTKのアイコン CTK0.11%
90ROSEのアイコン ROSE0.15%
91SFPのアイコン SFP0.11%
92CVCのアイコン CVC0.36%
93OMGのアイコン OMG0.06%
94GRTのアイコン GRT0.51%
95LITのアイコン LIT0.09%
96ZECのアイコン ZEC0.09%
97GALのアイコン GAL0.21%
98RENのアイコン REN0.07%
99ALICEのアイコン ALICE0.27%
100CELRのアイコン CELR0.29%
101BSWのアイコン BSW0.04%
102SXPのアイコン SXP0.15%
103PAXGのアイコン PAXG0.18%
104HOTのアイコン HOT0.05%
105SLPのアイコン SLP0.25%
106ASTRのアイコン ASTR0.11%
107COTIのアイコン COTI0.09%
108BATのアイコン BAT0.15%
109LINAのアイコン LINA0.11%
110STMXのアイコン STMX0.07%
111ALPHAのアイコン ALPHA0.11%
112FLMのアイコン FLM0.04%
113AUDIOのアイコン AUDIO0.21%
114WOOのアイコン WOO0.11%
115FXSのアイコン FXS0.14%
116MTLのアイコン MTL0.10%
117KDAのアイコン KDA0.07%
118IMXのアイコン IMX0.15%
119BAKEのアイコン BAKE0.19%
120HNTのアイコン HNT0.24%
121DGBのアイコン DGB0.10%
122API3のアイコン API30.09%
123TLMのアイコン TLM0.43%
124JSTのアイコン JST0.10%
125BALのアイコン BAL0.07%
126SPELLのアイコン SPELL1.03%
127MINAのアイコン MINA0.13%
128GLMRのアイコン GLMR0.19%
129ANTのアイコン ANT0.25%
130RSS3のアイコン RSS30.10%
131BSVのアイコン BSV0.10%
132JASMYのアイコン JASMY1.69%
133ICXのアイコン ICX0.04%
134YGGのアイコン YGG0.28%
135ILVのアイコン ILV0.15%
136CHRのアイコン CHR0.06%
137XCNのアイコン XCN0.06%
138CELOのアイコン CELO0.13%
139SKLのアイコン SKL0.12%
140OGNのアイコン OGN0.06%
141ACHのアイコン ACH0.08%
142CTCのアイコン CTC0.45%
143SUNのアイコン SUN0.08%
144ARPAのアイコン ARPA0.05%
145ZRXのアイコン ZRX0.07%
146CTSIのアイコン CTSI0.07%
147DUSKのアイコン DUSK0.07%
148RAYのアイコン RAY0.18%
149CREAMのアイコン CREAM0.41%
150BLZのアイコン BLZ0.06%
151CVXのアイコン CVX0.09%
152REQのアイコン REQ0.09%
153GTCのアイコン GTC0.39%
154STXのアイコン STX0.30%
155DENTのアイコン DENT0.21%
15610000NFTのアイコン 10000NFT0.24%
157DODOのアイコン DODO0.10%
158SCのアイコン SC0.29%
1591000XECのアイコン 1000XEC0.05%
160AKROのアイコン AKRO0.03%
1611000BTTのアイコン 1000BTT0.12%
162CKBのアイコン CKB0.28%
163SCRTのアイコン SCRT0.10%
164AGLDのアイコン AGLD0.14%
165ONTのアイコン ONT0.02%
166DARのアイコン DAR0.22%
167BICOのアイコン BICO1.12%
168TOMOのアイコン TOMO0.21%
169BOBAのアイコン BOBA0.16%
170APTのアイコン APT0.06%
171INJのアイコン INJ0.02%
1721000LUNCのアイコン 1000LUNC0.04%
173ETHWのアイコン ETHW0.08%
174SWEATのアイコン SWEAT0.17%
175LDOのアイコン LDO0.03%
176BELのアイコン BEL0.02%
177TRBのアイコン TRB0.03%
178STGのアイコン STG0.09%
179CEEKのアイコン CEEK0.07%
180GMXのアイコン GMX0.22%
181XNOのアイコン XNO0.13%
182USDCのアイコン USDC0.02%

見ての通り、ほぼ全ての銘柄が限りなくゼロに近いスプレッドとなっています。

例外としてBICO(Biconomy/バイコノミー)の1.12%などがありますが、いわゆる草コイン・草トークンで一部スプレッドがわずかに広くなるだけ、と考えてください。

USDペア(米ドル建て)

「LTC / USD」のようにUSD(米ドル)とペアになる暗号通貨は8種類あります。

それらのスプレッドを一覧にすると以下の通りです。

No暗号通貨スプレッド
1XRPのアイコン XRP0.02%
2DOTのアイコン DOT0.07%
3EOSのアイコン EOS0.09%
4BITのアイコン BIT0.23%
5SOLのアイコン SOL0.03%
6ADAのアイコン ADA0.02%
7LTCのアイコン LTC0.01%
8MANAのアイコン MANA0.07%

こちらもやはり、全ての銘柄が「ほぼゼロに近い極狭スプレッド」となっています。

特にXRP(リップル/Ripple)やLTC(ライトコイン/Litecoin)など、メジャーな暗号通貨で0.02%や0.01%と「ほぼゼロスプレッド」を達成していることは、大きな特徴です。

BIT(BitDAO/ビットダオ・ビッダオ)のみ0.23%と他の銘柄よりはやや広めになっていますが、それでも十分に狭いスプレッドといえます。

なお、ここまで紹介してきたスプレッドの参照元であるCoinGeckoのスクリーンショットは以下の通りです。

(PCで画像のみを開くか、スマホの指で拡大すると拡大画像をご覧いただけます)

CoinGecko
CoinGecko
CoinGecko
CoinGecko

以上の通り、Bybitはデリバティブ取引でも190のペアで非常に狭い(安い)スプレッドで取引できます。

このため、デイトレードなど取引回数が多い手法で売買するトレーダーの方々にもおすすめできます。

より取引頻度が高くなるスキャルピングについては、Bybitが適しているかは賛否両論があります。

この点については「Bybitの手数料負け」の記事で詳しく解説しています。

しかし、デイトレードやスイングトレード、もしくは長期保有であれば、Bybitは非常に低いスプレッドで有利に投資を進められるでしょう。

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

Bybit(バイビット)と国内取引所のスプレッド比較

Bybitのスプレッドを他の著名な仮想通貨取引所と比較してみました。

2022年3月2日時点での結果は以下の通りになります。

BTC取引スプレッド比較

取引所名 買値(ask) 売値(bid) スプレッド
Bybit  5,076,726.03円 5,076,668.17円 57.86円
coinbace 5,080,426.95円 5,078,799.84円 1,627.11円
bitFlyer 5,061,116円 5,057,275円 3,841円
DMMBitcoin 5,145,350円 5,038,521円 106,829円

Bybitのビットコインのスプレッドは他の取引所に比べて狭い事がわかります。

ETH取引スプレッド比較

Bybitのイーサリアムのスプレッドを他の著名な仮想通貨取引所と比較してみました。

2022年3月2日時点での結果は以下の通りになります。

取引所名 買値(ask) 売値(bid) スプレッド
Bybit  343,671.5円 343,665.75円 5.75円
coinbace 343,878.41円 343,841.39円 37.02円
bitFlyer 343,275円 343,012円 263円
DMMBitcoin 348,896円 329,658円 19,238円

Bybitのイーサリアムのスプレッドは他の取引所に比べて狭い事がわかります。

様々な通貨でスプレッドが狭くて使いやすいBybitの登録はこちらのボタンからどうぞ!

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

Bybit(バイビット)でスプレッドが広がりやすい状況

どういった際にスプレッドが広がりやすいか

先述した通りスプレッドは常に変動しています、これはどんな取引所であっても起こりうる事です。

本項では特にスプレッドが広がるケースを紹介します!

  1. 相場の流動性が低い際
  2. 相場に急変があった際

相場の流動性が低い際

通貨ペアの流動性が低い際は、需要と供給のバランスが崩れ、スプレッドが大きく変動する事があります。特にマーケットメーカーが積極的に介入していないとトレーダー同士の板の出し合いになるので偏ってからスプレッドが広がっていく可能性があります。

相場に急変があった際

相場が急変すると売りや買いのいずれかに注文が殺到し需要と供給のバランスが崩れるためスプレッドが大きく変動する恐れがありますので注意しましょう!

また、スプレッドが広がる際は基本的にはスプレッドが高くなるという点にもしっかり留意しておきましょう!

Bybit(バイビット)のスプレッドの良い評判・口コミ

Bybit(バイビット)のスプレッドの良い評判・口コミ

Bybitのスプレッドに関する良い評判・口コミをまとめると、以下のような内容が見られます。

  1. 実測スプレッドの画面を見ても非常に狭い
  2. 世界の取引所の中で最も狭いスプレッド
  3. 枚数を減らしてスプレッド負けを防ぎながら1日約29万円を稼いだ
  4. 成行手数料は高いがスプレッドが固定なので指値注文におすすめ
  5. スプレッドの狭さだけでなく総合力の高さでもおすすめ
  6. 一時期先物のスプレッドが広かったが縮小した
  7. スキャルピングなどの高頻度取引の手法も成り立つ
  8. スプレッドが狭く日本人に人気の理由がわかる

それぞれの口コミについて詳しく紹介させていただきます。

実測スプレッドの画面を見ても非常に狭い

実際にBybitのスプレッドを測定されたトレーダー様による実測画面です。

見てのとおり、売値と買値の差(左右の数字の差)がほとんどありません。

「0.005」など、限りなくゼロに近い数値となっています。

一般的にFXでゼロスプレッドというと、完全なゼロではなく、このような「ほぼゼロ」の数値を指すことが多いものです。

Bybitはそのような「ゼロスプレッド」を実現しているといえるでしょう。

MT4(Meta Trader4)で計測しても相当に狭い

スプレッドを計測する上で、最も便利なツールの1つはMT4(Meta Trader4・メタトレーダー4)です。

主にFXの世界で広く使われているツールで、世界のFXトレーダーの8〜9割程度がMT4(もしくはMT5)を用いています。

MT4では秒単位で変化するスプレッドを画面上で観察できますが、その画面で観察しても「Bybitのスプレッドはなかなか狭い」ということです。

「非常に狭い」というわけではないものの「相当に狭い」という高評価だといえます。

世界の取引所の中で最も狭いスプレッド

Bybit公式によるツイートですが、全ての取引所の中でBybitのスプレッドが最も狭いことが指摘されています。

たとえば、一番左のグラフを数字に起こすと以下のようになります。

(数字がグラフ内にかかれていない取引所は、グラフの幅から概算した数値を記入しています)

仮想通貨取引所スプレッド
Bybit(バイビット)0.00%
Binance(バイナンス)0.02%
BitMEX(ビットメックス)0.05%
FTX(エフエックス)0.06%
Huobi(フォビ)0.07%
OKX(オーケーエックス)0.08%
Deribit(デリビット)0.10%
Kraken(クラーケン)0.18%
bitFlyer(ビットフライヤー)0.48%

見ての通りBybitがゼロスプレッドでNo.1、Binanceなどがそれを追随する形になっています。

国内取引所ではビットフライヤーの名前が挙がっていますが、この比較を見ても「国内取引所のスプレッドは広い」ことが実感できるでしょう。

「Bybitの公式だから、バイビットに有利なデータは当てにならない」と考える人も多いでしょう。

しかし、スプレッドはMT4で客観的に測定・証明できるものであり、その数値で嘘をつくと取引所として大きな問題に発展します。

特に他の取引所と比較している以上、当然その検証は他の取引所によってもなされるでしょう。

また、Bybitはユーザー数も多いので、もし数字に虚偽があれば短時間で発覚します。

2021年6月から1年以上(2022年10月5日時点)でそうなっていないということは「この数字は事実である」ということです。

その事実の数字を見ても、Bybitのスプレッドは全ての大手取引所と比較しても、非常に狭いことがわかります。

5億円の成行注文を出しても価格が変動しない

こちらはBybitの社員として、与沢翼さんのYouTube動画などにも出演されている、SHUNさんによるツイートです。

(シンガポール人の方で英語と中国語のネイティブですが、日本語も非常に堪能な方です)

先ほどのBybit公式の数値を見ても、確かに「スプレッドは業界一小さい」といえます。

スリッページは「価格の滑り」のことで、注文してから実際に約定するまでの間に「価格がわずかに変動すること」です。

これについては正確な数値を別途探す必要がありますが、スプレッドが世界一狭いことはほぼ間違いないでしょう。

(少なくとも「世界で最も狭い取引所の1社」であることは間違いありません)

そして、Bybitはただスプレッドが狭いだけでなく「取引高が多い大手である」ことも特徴です。

そのため、SHUNさんが指摘されている通り、5億円の注文を一気に出しても価格がほぼ変動しません。

低スプレッドだけでなく、このような相場の安定性でも優れていることが、Bybitの魅力といえます。

枚数を減らしてスプレッド負けを防ぎながら1日約29万円を稼いだ

「枚数を減らす」というのは、1つの注文あたりの注文量を減らすということです。

多く注文するほどスプレッドが高くなるため、そのような「スプレッド負けを防ぐ」ということが重要であるとわかります。

その状態でスキャルピングをされ、0.1BTCの利益を1日で出されたということです。

0.1BTCは2022年10月5日時点のレートでは約29万円であり、日給で約29万円を稼がれたという、とてつもない実績です。

このようなスプレッド負けを防ぐポイントも含めて、仮想通貨FXで稼ぐためのポイントは「ビットコインFXで勝つコツ」の記事で詳しく解説しています。

成行手数料は高いがスプレッドが固定なので指値注文におすすめ

指値とは「希望の売買価格」のことです。

指値が刺さったとは「その価格で売買に応じてくれる相手が見つかった」ということです。

通常、その時は自動で売買が成立(約定)するのですが、その約定がなかったとされています。

その原因がスプレッドで「スプレッドが加算される分、希望の売買価格とズレる=約定しない」ということです。

スプレッドの分希望の条件を下げれば約定するのですが、それは損なのでどのトレーダー様もしたくないでしょう。

このように、スプレッドが変動すると「指値注文の時、毎回スプレッドまで考慮する」必要があります。

この点、Bybitはスプレッドが固定であるため、その計算が不要で「指値注文がやりやすかった」と指摘されています。

逆に成行注文(自分の希望でなく市場の価格で決める)の場合、Bybitの手数料は非常に高いという口コミです。

そのため「Bybitは成行注文では不向きであるものの、指値注文には適している」ことが指摘されています。

スプレッドの狭さだけでなく総合力の高さでもおすすめ

スプレッドの狭さに加えて、以下のようなあらゆるポイントでBybitを高く評価されている口コミです。

  1. 使いやすさ(利便性の高さ)
  2. レバレッジの大きさ(最大100倍)
  3. 現物取引での草コインの多さ

当然ではありますが、スプレッドが低くても「総合的な魅力の乏しい取引所」では使うメリットが薄れます。

しかし、Bybitならそのようなことはなく「総合的に見ても使うメリットが大きい」という指摘です。

唯一のデメリットとして、クレジットカードでの仮想通貨購入の手数料が高い点が指摘されています。

実際にその通りであるため、P2P取引(個人間取引)でレートのいい販売者様を見つけるか、国内取引所で仮想通貨を買い、Bybitに送金するなどの方法が良いでしょう。

Bybitには直接送金できない国内取引所が多くありますが、その場合はウォレットアプリなどを間に挟めば送金できます。

一時期先物のスプレッドが広かったが縮小した

BybitとBinanceの先物取引のスプレッドが、一時的に拡大していたものの、縮小して元に戻ってきたという口コミです。

スプレッドはFXの世界でもしばしば変動しますが、仮想通貨の世界では特に変動が大きいものです。

そのため、このように一時的に取引所全体で広がることもありますが、バイビットやバイナンスのような大手であれば、短期間で回復するものです。

(なお、Binanceのスプレッドも含めた手数料については「Binanceの手数料」の記事で詳しく解説しています)

スキャルピングなどの高頻度取引の手法も成り立つ

\

トレーダー様が取られている手法が「Bybitの手数料とスプレッドであれば成り立つ」という口コミです。

どのような手法かは当然ここでは把握できないものの、手数料・スプレッドが大きく影響する手法といえば、やはりスキャルピング系です。

特に自動売買(EA)を組み合わせて、膨大な売買をするシステムトレードの場合、手数料・スプレッドの影響は非常に大きくなります。

そのような手法を取るトレーダー様であっても、Bybitの低スプレッドと低手数料であれば安心だとわかります。

なお、スキャルピングの手法については「仮想通貨FXのスキャルピング」の記事で詳しく解説しています。

Bybitはスプレッドや手数料が安いので登録した

青汁王子さんの動画でBybitを認知され、登録されたという口コミです。

内容から、手数料・スプレッドの安さも意識して決められたことがわかります。

それを意識した上でBybitに登録されたということは、こちらのトレーダー様も「Bybitの手数料・スプレッドは安い」と評価されたということです。

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

スプレッドが狭く日本人に人気の理由がわかる

Bybitについて「スプレッドの狭さが良い」と、低スプレッドを評価されている口コミです。

また、使いやすさ(利便性の高さ)についても評価されており「日本人に人気の理由が使ってみてわかった」と指摘されています。

こちらのトレーダー様はキャンペーンをきっかけにBybitを使い始めたということですが、Bybitはキャンペーンが充実していることでも人気の取引所です。

具体的にどのようなキャンペーンを開催しているか、最新でどのようなキャンペーンが展開されているかは「Bybit(バイビット)のキャンペーン」の記事で詳しく紹介しています。

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

Bybit(バイビット)のスプレッドの評判・口コミ(他社との比較)

Bybit(バイビット)のスプレッドの評判・口コミ(他社との比較)

Bybitのスプレッドに関する評判や口コミでは「他の取引所やFX会社」などと比較する内容も多く見られます。

ここでは、そのような「他社とBybitのスプレッド比較」の口コミを、以下のように分けて紹介させていただきます。

  1. Binance(バイナンス)
  2. FXGT(エフエックスジーティー)
  3. Coincheck(コインチェック)
  4. DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
  5. bitFlyer(ビットフライヤー)
  6. 国内取引所全般
  7. 海外FX会社(XM Tradingなど)

以下、それぞれの口コミの紹介です。

Binance(バイナンス)

取引手数料とスプレッドを総合して、BybitとBinanceを比較されている口コミです。

バイビットは取引手数料が無料であるものの、スプレッドが0.01%ほどかかります。

一方、Binanceはスプレッドが無料であるものの、取引手数料が往復で0.2%ほどかかります。

単純に比較すると、Bybitは0.01%、Binanceは0.2%ということです。

つまり、Binanceの手数料はBybitの20倍かかることになります。

このような計算から「BybitでできることはBybitでした方が良い」と評価されています。

なお、Binanceで手数料のロスを抑える方法は「Binanceで手数料負けしない方法」の記事で詳しく解説しています。

FXGT(エフエックスジーティー)

ビットコインのFXについて調査されたところ、Bybitのスプレッドが一番良い(狭い・低い)ことがわかったという口コミです。

しかし、当時バイビットがMT4に対応していなかったため、その点をデメリットとして指摘されています(現在は対応しています)。

そして、FXGT(エフエックスジーティー)はMT4に対応しているものの、スプレッドが広いことを懸念されています。

この両者の比較については、BybitでMT4が使えるようになった今「Bybitが明らかに有利」といえるでしょう。

(なお、FXGTは仮想通貨とFXのハイブリッド取引所として知られるFX会社です)

Coincheck(コインチェック)

Coincheckは日本で最大の仮想通貨取引所ですが、それだけに国内の取引所の中では、最もBybitとの比較が多く見られます。

ここでは、そのようなBybitとCoincheckのスプレッドを比較する口コミを紹介させていただきます。

コインチェックのスプレッドが高すぎるのでBybitに移行した

Coincheckのスプレッドが高すぎる(広すぎる)ため、Bybitに仮想通貨の取引を移行されたという口コミです。

そして、移行後もイーサリアム相場の上昇があり、10万円が17万円に増えるなど、高い利率で利益を出されていることがわかります。

コインチェックのスプレッドで12,000円取られた

Coincheckで1万2,000円分のスプレッドを取られたという口コミです。

もちろん、高額のトレードをすれば当然スプレッドの総額も高くなります。

ただ「Bybitなら損しなかった」という指摘から、同じ金額であってもBybitならより低いスプレッドで、支払う金額を小さくできたことがわかります。

BybitはP2P取引(個人間取引)を使うことで、銀行振込によってUSDT・BTC・ETHなどのメジャーな仮想通貨を買うことができます。

Coincheckは使いやすいがスプレッドが広い

Coincheckについて使いやすさを評価されているものの「スプレッドが広い」と指摘されている口コミです。

Bybitについては、金額がドル表示であるなど、購入単位も含めて「全てまだわからない状況」ということです。

Coincheckのスプレッドが広過ぎなのでBybitへの移行を検討中

コインチェックのスプレッドが広すぎるため、Bybitでレバレッジをかけて取引をしようと検討されている、という口コミです。

まだBybitに移行された状態ではないものの、この口コミからも「Bybitは低スプレッド」とトレーダー様が評価されていることがわかります。

スプレッドならBybitが良くクレカ購入ならコインチェックが良い

コインチェックとBybitを「状況によって使い分けるのが良い」という口コミです。

スプレッドについてはBybitの方が狭いため、特に急な価格変動が起きうる状況ではBybitで売買するのが良いという指摘です。

そして、クレジットカードでの購入手数料はBybitでは高いため、Coincheckを使うのが良いとされています。

実際にその通りであり「日本円での仮想通貨購入は国内取引所」「売買はBybitなどの低スプレッドの海外取引所」という使い分けがベストといえるでしょう。

(つまり、国内取引所は取引所というより「販売所」として利用すべきといえます。取引所と販売所の違いについては「仮想通貨の取引所・販売所の違い」の記事で詳しく解説しています)

コインチェックの販売所方式はスプレッドが特に広い

仮想通貨の取引所には「販売所」の形式もあります。

「トレードをする場」ではなく「単純に仮想通貨を買う場」というものです。

この販売所の場合、コインチェックは特にスプレッドが広いという口コミです。

(こちらのトレーダー様のツイートは特殊記号の影響で埋め込みでのご紹介ができなかったため、画像化させていただいております)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMMビットコインを利用されているものの、スプレッドが広すぎるため、Bybitにすぐ移行することを考えられているという口コミです。

DMM Bitcoinは国内を代表する取引所で、スプレッドも国内では決して広くありませんが、やはり「国内取引所全般のスプレッドが広い」ことが実感できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)

長期保有ならビットフライヤーでも良いものの、トレードをするならスプレッドが狭いBybitがおすすめという口コミです。

スプレッドの狭さだけでなく、アルトコインの銘柄の多さも評価されています。

国内取引所全般

特定の取引所ではなく、国内取引所全般とBybitのスプレッドを比較する口コミも多く見られます。

ここではそれらの口コミを紹介させていただきます。

イケダハヤトさんもBybitを推奨

NFTの人気シリーズ・クリプトニンジャ(Crypto Ninja)を生み出したプロデューサーとして有名なイケハヤさんこと、イケダハヤトさんによるツイートです。

イケダさんのツイートでもやはり「国内取引所はスプレッドが広い」ことが指摘されています。

そして、利用すべき海外取引所の例としてBybitが挙げられています。

国内取引所はすべてスプレッドで不利

「国内の仮想通貨取引所はすべてスプレッド面で不利」という口コミです。

Bybitについては「危うい」と書かれており、Bybitについても高く評価されているわけではありません。

ただ、全体の文脈から少なくともスプレッドについては「Bybitは高くない」と評価されていることがわかります。

Coincheckを筆頭として、国内仮想通貨取引所のスプレッドがすべて大きすぎるのではないか、という口コミです。

たとえば日本円でアルトコインを購入すると、8%ほどをスプレッドで引かれると指摘されています。

それと比較して、Bybitの方が断然良いという評価です。

スプレッドは、FXの世界では海外のFX会社ではドル円で1%前後が平均的な数値であり、8%という数値は確かに非常に高いといえます。

「仮想通貨だから高くなる」という部分もありますが、Bybitではビットコインなどの主要銘柄でほぼ0%のスプレッドを実現しており、やはり国内のスプレッドは高いといえます。

海外FX会社

海外のFX会社では、仮想通貨も取り扱っているところが多くあります。

ここでは、そのような海外のFX会社とバイビットのスプレッドを比較する口コミを紹介させていただきます。

XMTrading(エックスエム)

海外のFX会社で、日本人に最も人気があるのはXMTrading(エックスエム)です。

そのXMTradingも仮想通貨を取り扱っていますが、同社とBybitのスプレッドを比較する口コミも多く見られます。

XMを使っていたのは間違いだった

Bybitのスプレッドが「低過ぎて最高」という非常に高い評価をされている口コミです。

逆にXM Tradingについて「使っていたことを後悔している」というほど、スプレッドが高い(広い)ことを指摘されています。

XMで暗号通貨をやる人はBybitを使うべき

暗号通貨のペアで、バイビットとXM Tradingを詳細な数値で比較されている口コミです。

スプレッドは毎秒変わるため、それをMT4の画面で取得された数値と見られます。

見ての通り、バイビットのスプレッドは1〜5と「ほぼゼロに近い」数値です。

一方、XMは最も低くて7、最も高ければ1721となっています。

もちろん、スプレッドは同じ通貨ペアで比較する必要があります。

比較すると、たとえば「ETH/USDT」は「5:406」と、81倍の開きがあります。

(XMの方はETHUSDで「USDT」ではありませんが、USDTとUSDは等価なので、事実上同じペアです)

このような実際の数値を見ると、トレーダー様が指摘されている通り「XMで暗号通貨の取引を考えている人は、XMではなくBybitを使うべき」といえるでしょう。

Exness(エクスネス)

Exness(エクスネス)は「無制限レバレッジ」で有名な海外のFX会社です。

そのExnessも仮想通貨を扱っていますが「暴落時にスプレッドが異常に開いた」「そのリスクが顧客に押し付けられた」という内容の口コミです。

暴落時や急騰時は、どの取引所やFX会社でもスプレッドが広くなります。

理由は、これらの相場では「注文が売りか買いに偏る」ためです。

その偏った状態で「どんどん取引をされる」と、相場がさらに偏っていくわけです。

そのため、偏りを抑えるために「取引をしにくくする」目的で、スプレッドを広げます。

それでもなお取引をする場合「スプレッドでかなりの損をする」わけです。

また、そもそもスプレッドによる損失で「自動的にロスカットされる」というトレーダー様も多く見えます。

(おそらく、ツイートされているトレーダー様もそのようなロスカットに遭われた可能性があります)

そのような「激しいスプレッドの開き」を経験された後「Bybitの方が良心的だった」と感じられたということです。

仮想通貨ウォレットアプリ(STEPN)

仮想通貨のウォレットには、ウォレット内でトレードをできるものも多くあります。

「歩いて仮想通貨を稼げる」として人気のSTEPNウォレットもその一つですが、そのスプレッドが広めという口コミです。

そして、BybitやPhantom(ファントム)であれば低スプレッドで交換(トレード)できることが指摘されています。

(もちろん、乗り換えには手間がかかるため、その点のデメリットも指摘されています)

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

Bybit(バイビット)のスプレッドに関する評判・口コミ(注意喚起)

Bybit(バイビット)のスプレッドに関する評判・口コミ(注意喚起)

Bybitのスプレッドに関しては「広い・高い」など、注意喚起につながる評判や口コミも多く見られます。

それらの内容をまとめさせていただくと、以下の通りです。

  1. RONDのスプレッドが50%〜75%ほどで広過ぎた
  2. 急にスプレッドが開くのは意図的なもの?
  3. 日本円が使えるようになったのは良いがスプレッドが広い
  4. 仮想通貨を両替(コンバート)する時のスプレッドが1.8%ほどある
  5. Bybitのスプレッドで高頻度取引などの手法を取ると失敗する
  6. 成行と指値の違いで擬似スプレッドが生まれることがある
  7. スプレッドは高くないが使い方が難しい
  8. スプレッドではない損失が出ていてもやもやしている

それぞれの口コミの紹介と解説をさせていただきます。

RONDのスプレッドが50%〜75%ほどで広過ぎた

「ROND」と「MATIC」の間のスプレッドが広過ぎたという口コミです。

見ての通り、MATICはどちらも400なので「1592 ROND」と「975 ROND」の差がスプレッドとなります。

「617 ROND」がスプレッドということです。

金額以上に、それぞれのRONDと比べると、50%〜75%というスプレッドになっています。

ドル円の海外平均スプレッド1%と比較すると「これでは買えない」と指摘されるのも、もっともといえるでしょう。

なお、ROND(Rond Token/ロンド)とは、NFTゲーム『元素騎士Online』のトークンです。

現状では完全な「草コイン・草トークン」であり、その不安定さからスプレッドが広かったと見られます。

(RONDのようにスプレッドが広くなる草コインやマイナーなアルトコインの種類は「Bybitの取扱通貨」の記事で、一覧でご覧いただけます)

急にスプレッドが開くのは意図的なもの?

Bybitのスプレッドが「普段は30ドル程度なのに、急に60ドル程度まで変わってポジションが狩られる」という口コミです。

「ポジションが狩られる」というのはどういうことかというと、まずスプレッドは「最初から発生している損失」です。

売りでも買いでも「ポジションを建てた時点で発生している含み損」がスプレッドです。

通常、まずこのスプレッドの損失を取り戻してから利益を出しにいきます。

そのスプレッドが「いきなり大きく開いた」場合「含み損が急に大きくなる」ということです。

特に100倍などの高いレバレッジをかけている場合、その含み損が巨額になり、預けている証拠金を超えてしまいます。

そうなると、ポジションが狩られる「ロスカット」の状態になるわけです。

この仕組みについては「Bybitのロスカット」の記事で詳しく解説しています。

そして、その相場が架空のもの「バイビットにしかないもの」であったら、そうして顧客の資産を「巻き上げる」ことができる、という可能性があります。

もちろん、これは従業員で一定数の方々が確実に把握できる事実で、完全な不正であるため、もしやっていたら「Bybitは内部に爆弾を抱える」ことになります。

Bybitほどの大手でそのような不正を行うと、被害者の人数が多い分「隠しきれなくなる」ため、意図的なものであるということはまずないと考えられます。

(もちろん、エンロンのような世界的大企業が不正を働いていた事件も過去にあるため、確率はゼロではありませんが、非常に低いものです)

日本円が使えるようになったのは良いがスプレッドが広い

バイビットではクレジットカードやP2P取引(個人間取引)によって、日本円で直接仮想通貨を購入できます。

指摘されているUSDTを始め、ビットコインやイーサリアムなど、主要な仮想通貨を一通り買えるようになっています。

その点は便利であるものの「スプレッドが広いらしい」というデメリットが指摘されている口コミです。

「先日のLUNAの件」というのは、BybitとBinanceの間で、仮想通貨LUNA(テラ・Terra)が暴落した事件です。

これはバイビットやバイナンスが原因ではなくLUNAが原因であり、復活したLUNA2(テラ・クラシック/Terra Classic)も、やはりすぐに暴落しています。

ただ、この事件では特に大手であるBinanceとBybitが目立ったため、草コインの暴落に警戒心を持たれているトレーダー様は多いものです。

(なお、Bybitでの仮想通貨の買い方は「Bybitの日本円入金のやり方」の記事で詳しく解説しています。

仮想通貨を両替(コンバート)する時のスプレッドが1.8%ほどある

Bybitのスプレッドはほぼゼロとされていますが、これは通常のトレードの場合です。

たとえば仮想通貨の種類を交換する両替(コンバート)を行った場合、トレーダー様が計測された時点では約1.8%のスプレッドがあったと指摘されています。

海外FXのスプレッドは、米ドル/円で1%前後が平均的であるため、1.8%というのは、それと比較するとやや高めといえます。

Bybitのスプレッドで高頻度取引などの手法を取ると失敗する

Bybitはスプレッドが広いため、特定の投資手法を使うと大きな損失が出るという口コミです。

投資手法はおそらくスキャルピングのような、高頻度取引(HFT=High Frequency Trading)でしょう。

スプレッドの負担は売買する度に発生するため、スキャルピングなどの手法ではスプの広さが重くのしかかります。

こうしたスキャルピングの仕組みや勝つためのポイントは「仮想通貨FXのスキャルピング」の記事で詳しく解説しています。

成行と指値の違いで擬似スプレッドが生まれることがある

同じBybitでも、成行注文と指値注文の違いで価格差(スプレッド)が生まれることがありうるという口コミです。

成行注文とは「その時、売買に応じてくれる相手とすぐ取引する」という手法です。

すぐに売買できる分、レートはやや不利になります。

指値注文とは「この価格で売買してくれる相手が見つかったらすぐ取引する」という手法です。

すぐに売買できない分、レートは有利になります。

たとえば最初に指値注文でポジションを建てた場合、予定通りその指値で決済したら、通常のBybitのシステム通り「スプレッドがほぼゼロ」になります。

しかし、途中で成行注文に切り替えた場合は「予定よりも価格が不利になる」ため、そこで価格差が発生します。

つまり「買値と売値の差」ではなく「指値注文と成行注文の価格差」によって、スプレッドに「見えるもの」が発生するわけです。

(疑似スプレッドといえます)

基本的に指値注文から成行注文に切り替えると不利になるのですが、損切りなどをする時は必要です。

スプレッドではない損失が出ていてもやもやしている

詳細は把握できないものの、文面から何らかの損失が出ていたと推察される口コミです。

そして「Bybitだからスプレッドはないと思う」と指摘されており「スプレッドではなさそう」とトレーダー様が考えられていることもわかります。

実際、Bybitのスプレッドはどの仮想通貨でもゼロか、ほぼゼロであり、スプレッドによる損失が発生する割合は非常に低いといえます。

(なお、損失が何であったか把握するためには、取引履歴を詳細にチェックすることが有効です。履歴の見方は「Bybitの取引履歴」の記事で詳しく解説しています)

スプレッドは高くないが使い方が難しい

Bybitは使い方が難しいという口コミです。

そして、少額の積み立てをされたいということで、スプレッドが低めの販売所を探されているということです。

確かに積み立てるだけでトレードをしないのであれば、販売所でも十分であり、使い方は販売所の方がシンプルでわかりやすいでしょう。

操作性については難しいと評価されているものの、文脈からスプレッドについてはBybitは少なくとも「高くない」と評価されていることがわかります。

なお、販売所よりも少し使い方が難しくなりますが、Bybitでも積み立てのサービスとして「Bybitステーキング」が提供されています。

このサービスについては「Bybitステーキング」の記事をご覧いただけたらと思います。

スプレッドが国内より狭かったので登録したが使い方がわからなかった

リップルの急騰相場でトレードに参加しようとされたものの、DMM Bitcoinやコインチェック、bitFlyerなどの国内取引所はスプレッドが広かったため使わなかったという口コミです。

そして、Bybitについてはおそらくスプレッドが狭いことが理由で登録されたということです。

しかし、リップルの買い方がわからずに諦めたということで、スプレッドではなく使い方について、改善点が指摘されています。

スプレッドとは別に使い方がよくわからなかった

Bybitのスプレッドについては直接言及されていないものの「使い方がよくわからなかった」という口コミです。

記載されているXMとはXM Trading(エックスエム)のことで、海外FXの代表的な業者です。

XMの仮想通貨のスプレッドは、多くのトレーダー様によってBybitと比較されていますが、Bybitの数十倍の広さがあります。

スプレッドだけでも相当な損失が出るため、XMで仮想通貨投資を考えている方は、Bybitを利用する方が良いでしょう。

(また、Bybitの使い方が難しいと感じられた方は「バイビットの使い方」の記事をご覧いただくと、疑問点が解決する可能性があるので、ぜひご参照いただけたらと思います)

国内取引所の方がスプレッドは高いが安全性も高い

仮想通貨FXでBybitを使われているというトレーダー様による口コミです。

国内取引所で最大手のコインチェックも使われており、コインチェックについて「スプレッドが高いという評価をよく聞く」という指摘をされています。

しかし、その分「国内取引所であるためさまざまな面で安全」という評価もされています。

この評価をまとめると「スプレッドはBybitの方が良い」「安全性では国内取引所の方が良い」という内容だといえるでしょう。

実際、スプレッドで有利であるため、仮想通貨FXについてはトレーダー様もBybitを使われているということだと考えられます。

特にBybitの仮想通貨FXは「最大100倍というレバレッジの大きさ」で人気です。

この点は「Bybit(バイビット)のレバレッジ」の記事で詳しく解説しています。

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

【2ch・5ch】Bybit(バイビット)のスプレッドに関する評判・口コミ

【2ch・5ch】Bybit(バイビット)のスプレッドに関する評判・口コミ

2ちゃんねる(5ちゃんねる)におけるBybitのスプレッドに関する評判・口コミでは、以下のような書き込みが見られます。

  1. 取引手数料がマイナスでもスプレッドで相殺されるのでは?
  2. 日本国内の販売所はスプレッドが広すぎるのでBybitで買う方が良い
  3. バイビットはMT4対応だがMT5に対応できる方がEAでは良い?
  4. 変動スプレッドが思うほど小さくならない

それぞれの書き込みの紹介と解説をさせていただきます。

取引手数料がマイナスでもスプレッドで相殺されるのでは?

2chでのBybitのスプレッドに関する書き込み

Bybitは2022年3月まで、取引手数料で「マイナス手数料」を採用していました。

手数料がマイナスということは「取引をするほどトレーダーにお金が入る」ということです。

もちろん、すべての取引が対象ではなく、メイカー(新たな売買注文を自ら出す人)のみがマイナス手数料でした。

テイカー(すでにある注文から選んで売買する人)は、通常のプラス手数料でした。

このマイナス手数料について「でも、別途スプレッドが発生するなら相殺される」「むしろスプレッドで赤字になる」という可能性が指摘されています。

実際、その時点でのスプレッドの数値によりますが、その数値がマイナス手数料の分を上回っていれば、当然「赤字」になります。

ただ、通常取引手数料は有料なのが当たり前で、手数料だけに着目すれば「本来赤字になるのが当たり前」です。

そして、通常であれば「取引手数料+スプレッド」と二重のコストを払うことになります。

当時のBybitはその「取引手数料」の部分でスプレッドを小さくできていたため、当然「トレーダーが有利」だったわけです。

現在はそのルールも変わり、マイナス手数料はなくなりました。

しかし、以前はこのように有利なルールがあったため、上の書き込みのような議論が交わされていたわけです。

なお、Bybitの手数料については「Bybit(バイビット)の手数料」の記事で詳しくまとめているので、こちらもぜひ参考にしていただけたらと思います。

【参考】【倍率100倍】Bybitスレ【バイビット】

日本国内の販売所はスプレッドが広すぎるのでBybitで買う方が良い

2chでのBybitのスプレッドに関する書き込み

OMG(オーエムジー/OMG Network)を購入する際の価格についての口コミです。

このOMGはコインチェックやGMOコインなど日本国内の仮想通貨販売所でも購入できます。

販売所は取引所と違い「売買」ではなく「買い」専門のサイト(プラットフォーム)です。

こうして国内でOMGを購入できるものの「買う時のスプレッドが非常に高い」と指摘されています。

上の書き込みだけだと「じゃあ、どこが良いのか」となりますが、このスレッドはBybitについてのスレッドで、話の流れから「Bybitなら安く購入できる」という意味だといえます。

なお、暗号通貨の取引所と販売所の違いについては「仮想通貨の取引所・販売所の違い」の記事で詳しく解説しています。

【参考】【倍率100倍】Bybitスレ【バイビット】

バイビットはMT4対応だがMT5に対応できる方がEAでは良い?

2chでのBybitのスプレッドに関する書き込み

Bybitでは、MT4(Meta Trader4/メタトレーダー4)を利用できます。

このMT4はFXの世界で最も有名なツールで、チャートの表示や売買などのあらゆる動作をすべてこのMT4だけでできます。

こうした機能は他のツールでもあるのですが「MT4が最初に世界で定着した」ため「あらゆる自動売買などのソフトがMT4対応になっている」という点で、MT4が最も広く用いられています。

(パソコンでいうWindowsのようなものだといえるでしょう)

仮想通貨の取引所では、このMT4に対応しているところがまだ少数派です。

そんな中、BybitはMT4に対応しており、この点で他の取引所よりも優れています。

MT4
引用元:MT4|Bybit

そして、上の画像の書き込みでは「MT4が使えれば、その上のバージョンのMT5は要らない」ということが指摘されています。

(少しだけメリットがあるものの、そこに魅力を感じなければMT5はデメリットの方が多いという指摘です)

上の指摘に対して「自分でEA(自動売買ツール)を開発するなら、MT5の方がメリットが大きい」という反論がなされています。↓

2chでのBybitのスプレッドに関する書き込み

MT5の方が優れている点として「スプレッドデータありの100%リアルティックでバックテストをできる」という点が挙げられています。

バックテストとは「実際の相場で自分のEAだとどんな結果が出たか」のテストです。

「100%リアルティック」は、そのテストを「100%リアルタイムでできる」ということです。

MT5ならこのようなテストができ、さらに「スプレッドデータも付く」ということです。

この説明を読むと「自分でEAを開発する人なら、確かにMT5の方が良い」と感じるでしょう。

それでもMT4が主流である理由は「自分で作成しなくても豊富なインジケーター(指標)が提供されている」など「自分でEAや指標を作らなくて良い」という点が指摘されています。

Bybitもこのような理由で「多くのユーザーにはMT4の方が良い」と考え、現状ではMT4から先に導入したと見られます。

(MT4とMT5は両方の導入もでき、FX会社では両方導入しているところも多いものです。Bybitも将来的には導入する可能性が高いでしょう)

なお、Bybitで自動売買を使うためのAPIの使い方は「バイビットのAPI」の記事で詳しく解説しているため、興味がある方はこちらもぜひ参考にしてみてください。

【参考】【MT4/MT5】 EA開発・研究スレ Part52 【自動売買】

変動スプレッドが思うほど小さくならない

2chでのBybitのスプレッドに関する書き込み

Bybitのスプレッドは基本的に変動制で、大きくなることもあれば小さくなることもあります。

各所で書かれている「最小0.01pips」などの最小値に近づくことを期待しているものの「なかなか近づかない」という意味だと推測できます。

このあたりは「どの銘柄に投資しているか」もあり、銘柄やその時期によっては「スプレッドが広がったまま」ということもあります。

(暴落時や急騰時など相場変動が激しい時は広がります)

取引所が最低スプレッドで「明らかな嘘」をついている場合、世界のトレーダーの検証作業によって「嘘」と断定されます。

それがSNSなどで拡散されれば多数のユーザー離れを招くため、取引所は最少スプレッドで明らかな嘘をつくことはありません。

このため「最小スプレッド」の値は「ある程度取引所のスプレッド比較の参考にできる」と考えてください。

なお、スプレッドなどBybitの手数料で赤字になる現象については「Bybitの手数料負け」の記事で詳しく解説しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

【参考】ノミ取引所bybit勧誘|5ちゃんねる

【Yahoo!知恵袋】Bybit(バイビット)のスプレッドについての評判・口コミ

【Yahoo!知恵袋】Bybit(バイビット)のスプレッドについての評判・口コミ

Yahoo!知恵袋で「Bybit スプレッド」と検索すると、バイビットのスプレッドに関する質問や回答が多く見られます。

その中で「評判や口コミ」に該当する内容を抜き出すと、以下のようになります。

  1. 国内取引所はBybitよりスプレッドが大きいので不利
  2. BybitはbitFlyerよりもスプレッドが狭く有利

それぞれの質問と回答を紹介させていただきます。

国内取引所での暗号通貨購入はスプレッドが大きいので不利

Yahoo!知恵袋

Bybitのような海外取引所でなく、コインチェックのような国内取引所で仮想通貨を購入すると、スプレッドが広い(大きい)ため手数料で大きく損をすることがわかる口コミです。

質問者様はコインチェックで仮想通貨(BTC)を3万円分買われたものの、手元に入ってきたBTCは2万9,000円分のみだったということです。

「この1000円はなぜ引かれたのか?」という疑問に加えて「Bybitは国内取引所よりもスプレッドや手数料が小さいのでおすすめというが本当か?」という質問をなされています。

Yahoo!知恵袋

この質問に対するベストアンサーは上のもので「1000円はスプレッド」で「国内の仮想通貨販売所はスプレッドが高く、初心者キラーと呼ばれている」という内容が説明されています。

Bybitのスプレッドが狭いというより、国内の販売所のスプレッドが広いため、仮想通貨をゼロから買うなら、国内販売所よりはBybitの方が良いという口コミです。

ただ、BTCをガチホするだけであるたなら長期保有を安全にできる国内取引所の方が良いため「質問者様の場合はコインチェックで良い」と指摘されています。

最終的には、その人がどのような暗号通貨投資をしたいかなどで、向いている取引所は異なります。

なお、暗号通貨の取引所と販売所の違いについては「仮想通貨の取引所・販売所」の記事で詳しく解説しています。

【参考】仮想通貨に詳しい人教えて下さい。もう意味がわかんな…|Yahoo!知恵袋

bitFlyer(ビットフライヤー)よりもスプレッドが狭く有利

Yahoo!知恵袋

こちらの質問も、おおよその内容は先程の「コインチェック」が関わる質問と同じです。

コインチェックがbitFlyerに代わったもので「国内の販売所よりBybitの方がスプレッドが狭くて良いというのは本当か?」という質問です。

(リップルでの送受金のやり方が絡んでいますが、そのやり方を使うことも含めて「Bybitの方がトータルで安くなるのか?」という質問です)

Yahoo!知恵袋

回答はBybitについては触れておらず「国内ならビットバンクかGMOコインが良い」というものです。

ビットバンクの宣伝のために書き込まれたような雰囲気がありますが「Bybitだとスプレッドが狭くなる」ということについて否定していないため、その点については「無言で肯定している」ともいえます。

(少なくとも「逆にBybitの方が広い」ということはないといえるでしょう)

このように、Bybitでは仮想通貨をゼロから購入する時のスプレッドも、国内の販売所より安く済みます。

Bybitで仮想通貨をゼロから購入する方法は「Bybit(バイビット)の使い方」の記事の中で詳しく解説しているため、こちらを参考にしていただけたらと思います。

【参考】Bybitについて 仮想通貨取引|ヤフー知恵袋

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

Bybit(バイビット)のオプションスプレッド取引とは?

通常のスプレッドではなく、Bybitの「オプションスプレッド取引」について、どのようなものか知りたいという人もいるでしょう。

この要点をまとめると以下の通りです。

  1. 投資の世界では「オプションスプレッド取引」という手法がある
  2. 「満期日」と「権利行使価格」が異なるオプションを同時に売買する
  3. 主にバーティカル・ホリゾンタル・ダイアゴナルの3種類がある

それぞれの要点について詳しく解説していきます。

投資の世界では「オプションスプレッド取引」という手法がある

まずBybitに限らず、暗号資産に限らず、投資の世界には「オプションスプレッド取引」という手法があります。

たとえば、FXで有名なIG証券の公式サイトでは、以下のように説明されています。

スプレッドといえば、通常はビッドとオファーの差のことを指します。しかしオプション取引では、「オプションスプレッド」という取引戦略があります。これは、権利行使価格と満期が異なるオプションを同数売買する戦略のひとつです。

スプレッドの定義|IG証券

オプション取引は、イメージでいうと「先物取引」です。

「○月○日にこの価格で売買する」ということを事前に決めておき、実際の相場がその予想より上か下に行けば利益(もしくは損失)となります。

上の仕組みは「先物取引」のもので、先物取引は期限が来たら「必ず売買する」必要があります。

一応、オプション取引は「売買する権利」だけを買っておくので、期日が来ても必ずしも売買をする必要はありません。

  • 予想が当たって有利になったら売買する
  • 予想が外れて不利になったら売買しない

ということが可能です。

「売買しないのはずるいのでは?」と思う人もいるでしょう。

しかし、これができるように「権利金」を先に払っています。

売買しなくても「その権利金の分は損をする」わけです。

また、利益が出ても、その利益から「権利金の分は引かれる」ようになっています。

つまり、オプション取引は先物取引が「ローリスク・ローリターン」になったものです。

基本的な仕組みは「大体先物取引と同じ」と考えてください。

【参考】オプション取引|知るぽると(金融広報中央委員会)

「満期日」と「権利行使価格」が異なるオプションを同時に売買する

オプション取引で売買する商品は「オプション」といいます。

このオプションは、それぞれ「条件」が設定されています。

  • 満期日:いつまでに売買するか
  • 権利行使価格:いくらで売買するか

この「いつまでに、いくらで売買するか」の設定で、儲かるか損をするかが決まります。

「いつ、いくらになっているだろう」という予想に近づくほど儲かり、遠ざかるほど損をするわけです。

となると「いつ・いくら」の「幅が広ければ」有利になることがわかります。

その「幅を広げる」ために「複数の注文を出す」のが、オプションスプレッド取引という手法です。

つまり、あえて「満期日」「権利行使価格」をずらしてオプションを設定します。

オプションにスプレッド(開き)を入れるため、このような名前で呼ばれます。

主にバーティカル・ホリゾンタル・ダイアゴナルの3種類がある

オプションスプレッド戦略には主に以下の3種類があります。

  1. バーティカルスプレッド
  2. ホリゾンタルスプレッド(カレンダースプレッド)
  3. ダイアゴナルスプレッド

それぞれの違いは、満期日と権利行使価格の「どちらをずらすか」です。

オプションスプレッドの種類内容
バーティカルスプレッド行使価格をずらす
ホリゾンタルスプレッド(カレンダースプレッド)満期日をずらす
ダイアゴナルスプレッド両方ずらす

下のように整理するのもわかりやすいでしょう。

オプションスプレッドの種類満期日行使価格
バーティカルスプレッド同じずらす
ホリゾンタルスプレッド(カレンダースプレッド)ずらす同じ
ダイアゴナルスプレッドずらすずらす

これを見て「両方同じはないのか?」と思うかもしれません。

これは、もちろんありません。

両方同じなら「ただの買い増し」であるためです。

最もリスクを分散できるのは、両方ずらす「ダイアゴナルスプレッド」ですが、代わりに読みが当たった時の利益も小さくなります。

基本的に、オプションスプレッド取引の発想は「両建て」に近いものといえるでしょう。

【参考】オプションスプレッド取引|Bybit公式

なお、さらに発展的なオプション取引の手法として「バタフライスプレッド」などの手法も見られます。

これらの説明は割愛しますが、要は「どのように分散するか」の「分散のやり方」が異なるものです。

【参考】バタフライスプレッド|野村證券

Bybitではこのようなオプションスプレッドも含め、あらゆる手法でオプション取引でも利益を出しやすくなっています。

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

【まとめ】Bybit(バイビット)のスプレッド基本情報

スプレッドは取引をする際に必ず意識した方が良い情報です。スプレッドを意識せずに取引を行っていると知らず知らずの内に損失を重ねている可能性があります。

Bybitは国内取引所に比べてスプレッドが狭く、取引がしやすい取引所であるということがわかりました。

この記事のまとめ

・Bybitのスプレッド他の取引所に比べて狭い。

・スプレッドは相場によって変動するので注意が必要。

・Bybitは相場が不安定な際もスプレッドが安定しており比較的安心してトレードする事ができる。

不安定な相場でもスプレッドがほぼ固定で狭いbybitの登録は下のボタンからどうぞ!

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です