Bybit(バイビット)のスプレッド一覧!他の取引所と比較してみた!

bybit スプレッド アイキャッチ
Bybitって他の取引所と比べてスプレッドは広い?狭い?

そもそもスプレッドってなに?

Bybitのスプレッドの口コミを聞きたい!

なんて考えていませんか?

仮想通貨取引を行う際に重要になってくるスプレッドという仕組みについて本記事では「そもそもスプレッドとは何か?」という部分から徹底的に解説し他の取引所と比較しながら解説していきます!

この記事を読めばBybitのスプレッドに関する情報を詳しく知る事ができます!

この記事でわかること
  • Bybitのスプレッド他の取引所に比べて狭い。
  • スプレッドは相場によって変動するので注意が必要。
  • Bybitは相場が不安定な際もスプレッドが安定しており比較的安心してトレードする事ができる。

BYBITロゴ画像

口座開設方法はこちらで解説しているので、分からない方は確認しておきましょう!

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


スプレッドとは?

そもそも、スプレッドとは?

スプレッドとは買値(ask)と売値(bid)の差のことを意味していて、大抵は買値の方が高くなっています。

つまり、買い注文をした仮想通貨を同時に売却すると損をする事になる仕組みです。

手数料が低い仮想通貨取引所であってもスプレッドが発生しています。

つまり買った仮想通貨の価格が上がったので売りたいと考えたとしても、買値(ask)と売値(bid)の差が大きいと取引で思うような利益を獲得する事ができないケースもあります。

これらの理由から取引所のスプレッドは決して軽視できない要素になります。

スプレッドはなぜ重要なのか?
スプレッドは取引を行う際に発生するコストなので単純な相場の値動きだけではなくスプレッドの狭さを意識したトレードを行う事で損失を抑え利益を最大化に繋げる事ができるので取引において重要であると言えます。

スプレッドと手数料の違い

スプレッドは取引を行う際に発生する買値と売値の差額のことです。

一方、手数料とは取引を行う際に一定額で発生する。プラットフォームに対する利用料のようなものです。

どちらも取引の際支払うことに違いは無いのですが、形態が全く違うので注意しましょう!

Bybit(バイビット)の手数料まとめの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スプレッドに関する注意点

スプレッドは相場の状態によって変動します。

特に、相場が不安定な状態にある際には販売所側の収益にも大きな影響が出るのを避けるためにスプレッドが大きく広がることがあるのでスプレッドの広がりには常に注意しながら取引をするように心がけましょう!

スプレッドの広がりはマーケットメイカーのさじ加減と地合いによって変わります。

スプレッドの計算方法

スプレッドとは買値(ask)と売値(bid)の差のことなので、取引する仮想通貨の買値(ask)から売値(bid)を引くことで正確な数値を計算する事ができます。

スプレッドの一般的な計算式

買値(ask)-売値(bid)=スプレッド

Bybit(バイビット)のスプレッド一覧

仮想通貨ペア 買値(ask) 売値(bid) スプレッド
BTC/USDT 18855.91USDT $18850.81 $5.1
ETH/USDT 1540.81USDT $1540.29 $0.52
BIT/USDT 0.622 $0.6218 $0.0002
XRP/USDT 0.3237 $0.3235 $0.0002
MATIC/USDT 0.814 $0.8137 $0.0003
ETC/USDT 35.74 $35.67 $0.07
ENS/USDT 13.611 $13.589 $0.022
LDO/USDT 1.8647 $1.8617 $0.003
OP/USDT $1.1037 $1.1013 $0.0024
KASTA/USDT $0.05803 $0.05792 $0.00011

※2022/09/07 現在の値

Bybitのスプレッド一覧は上記になります。

板取引のため、かなりスプレッドの幅は狭くなっています。

Bybit(バイビット)でのBTC(ビットコイン)取引スプレッド比較

Bybitのビットコインのスプレッドを他の著名な仮想通貨取引所と比較してみました。

2022年3月2日時点での結果は以下の通りになります。

取引所名 買値(ask) 売値(bid) スプレッド
Bybit  5,076,726.03円 5,076,668.17円 57.86円
coinbace 5,080,426.95円 5,078,799.84円 1,627.11円
bitFlyer 5,061,116円 5,057,275円 3,841円
DMMBitcoin 5,145,350円 5,038,521円 106,829円

Bybitのビットコインのスプレッドは他の取引所に比べて狭い事がわかります。

Bybit(バイビット)でのETH(イーサリアム)取引スプレッド比較

Bybitのイーサリアムのスプレッドを他の著名な仮想通貨取引所と比較してみました。

2022年3月2日時点での結果は以下の通りになります。

取引所名 買値(ask) 売値(bid) スプレッド
Bybit  343,671.5円 343,665.75円 5.75円
coinbace 343,878.41円 343,841.39円 37.02円
bitFlyer 343,275円 343,012円 263円
DMMBitcoin 348,896円 329,658円 19,238円

Bybitのイーサリアムのスプレッドは他の取引所に比べて狭い事がわかります。

様々な通貨でスプレッドが狭くて使いやすいBybitの登録はこちらのボタンからどうぞ!

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

Bybit(バイビット)でスプレッドが広がりやすい状況

どういった際にスプレッドが広がりやすいか

先述した通りスプレッドは常に変動しています、これはどんな取引所であっても起こりうる事です。

本項では特にスプレッドが広がるケースを紹介します!

  1. 相場の流動性が低い際
  2. 相場に急変があった際

相場の流動性が低い際

通貨ペアの流動性が低い際は、需要と供給のバランスが崩れ、スプレッドが大きく変動する事があります。特にマーケットメーカーが積極的に介入していないとトレーダー同士の板の出し合いになるので偏ってからスプレッドが広がっていく可能性があります。

相場に急変があった際

相場が急変すると売りや買いのいずれかに注文が殺到し需要と供給のバランスが崩れるためスプレッドが大きく変動する恐れがありますので注意しましょう!

また、スプレッドが広がる際は基本的にはスプレッドが高くなるという点にもしっかり留意しておきましょう!

Bybit(バイビット)のスプレッドに関するユーザーの口コミ・評判

Bybit(バイビット)スプレッドに関する口コミ

ここでBybitのスプレッドに関する口コミを見てみましょう。

Bybit(バイビット)を実際に使っている人たちの口コミはこちらの記事でたくさん紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Bybitのスプレッドは相場が不安定でもほぼ固定

bybitのスプレッドに関してtwitterなどで口コミを調べてみるとbybitのスプレッドは安定していて相場が不安定な際も安心して取引を行う事ができる事がわかります。

【まとめ】Bybit(バイビット)のスプレッド基本情報

スプレッドは取引をする際に必ず意識した方が良い情報です。スプレッドを意識せずに取引を行っていると知らず知らずの内に損失を重ねている可能性があります。

Bybitは国内取引所に比べてスプレッドが狭く、取引がしやすい取引所であるということがわかりました!

この記事のまとめ

・Bybitのスプレッド他の取引所に比べて狭い。

・スプレッドは相場によって変動するので注意が必要。

・Bybitは相場が不安定な際もスプレッドが安定しており比較的安心してトレードする事ができる。

不安定な相場でもスプレッドがほぼ固定で狭いbybitの登録は下のボタンからどうぞ!

人気No.1!!最大レバレッジ100倍!!
日本語対応で追証無し!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。