【2022年最新】DeFiレンディングおすすめ人気ランランキング3選!

【2022年最新】DeFiレンディングおすすめ人気ランランキング3選!

DeFiのレンディングってなに?

おすすめのレンディングや取引所はあるのかな?

こんな悩みをお持ちではありませんか?

数年前から注目を集めているDeFiですが、DeFi投資の中でレンディングサービスをご存じでしょうか?

本記事では、DeFiレンディングについての仕組みやレンディングプロダクトを比較する際のポイントについてわかりやすく解説していきます。

後半にはおすすめのレンディングサービスやおすすめの取引所なども解説しているので、ぜひご参考にしてください。

この記事をまとめると…
  • Defiのレンディングとは、「銀行や仲介者を必要とせずに仮想通貨の貸し借りが出来るローンサービス
  • 仲介役がいないため貸す側は利回りが高く、借りる側は低コストで仮想通貨を借りれる
  • 銀行預金と比較して、利回りが非常に高い
  • DeFiのレンディングは分散型金融・P2Pレンディング・スマートコントラクトから成り立っている
  • DeFiのレンディングでおすすめな取引所は世界最大手のBinance
  • DeFiの売買だけでなく、レバレッジ取引やステーキング、自動投資もできる
  • DeFi投資をするなら必須ともいえる取引所
バイナンスのロゴ画像

手数料の30%をキャッシュバック中


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


Defiのレンディングとは

DeFiのレンディングとは、銀行や仲介者などの第三者を必要とせずに仮想通貨の貸し借りができるローンサービスのことです。

これまでなら手元に現金がない場合は銀行や仲介者からローンを組んで融資を受けていました。

しかし、DeFiのレンディングでは貸し手がレンディングプラットフォームや取引所で仮想通貨を預け入れ、借り手はそのプラットフォームで直接的に融資を受けることができます。

DeFiレンディングの借り手はローンとして仮想通貨を受け取る代わりに、仮想通貨を担保にする必要があります。

一方で、貸し手は仮想通貨を貸し出すことで金利を受け取れます。

CoinBack
CoinBack

このように、DeFiレンディングは個人間で契約が完了するため、時間と手間を大幅に短縮することが出来ます!

また、DeFiレンディングの大きな特徴として利回りがとても高い点が挙げられ、低いものだと数%、高いものだと数十%を超えるものもあります。

CoinBack
CoinBack

ちなみに銀行の預金金利は年利0.01%ほどなので、1年間預けていたとしてもほとんど利益が出せません。

Defiレンディングの仕組み

では、DeFiのレンディングはどのような仕組みになっているのでしょうか?

DeFiレンディングの仕組みは大きく分けると以下の3つで成り立っています。

  • 分散型金融
  • P2Pレンディング
  • スマートコントラクト

それぞれ詳しく解説していきます。

分散型金融

分散型金融とは、中央の管理者を必要としない金融アプリケーションのことを言い、イーサリアムのブロックチェーン上で構築されています。

分散型金融は英語でDeFi(Decentralized Financeの略)と言います。

従来、ローンを組んだりクレジットカードでの支払いをする場合には、銀行や決済会社などの仲介業者を通して取引が行われていました。

CoinBack
CoinBack

ローン審査は落ちる可能性が十分にありますよね、、

しかし、分散型金融ではブロックチェーン技術を利用しているため、そのような仲介役を必要とせずネットワークの参加者が分散して取引の管理を行なっています。

これにより、分散型金融は中央の管理者を必要としない、誰でも利用可能な金融サービスとして注目を集めるようになりました。

DeFiをより詳しく知りたい人は、DeFiについて徹底解説している記事がありますのでご参考にしてみてください。

P2Pレンディング

P2Pレンディングとは、銀行や大手企業のような金融機関を仲介せず、個人レベルの貸し手と借り手が直接融資を行う仕組みのことです。

金融機関を挟まないことで、P2Pレンディングでの貸し手はより高い金利で仮想通貨を貸し出すことが可能となります。

一方で、借り手も仲介業者を挟まないことで従来よりも低い利子で仮想通貨を借りることが可能となります。

スマートコントラクト

最後にあげるのがスマートコントラクトです。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で特定の条件を満たすことで、契約が自動的に行われる仕組みのことです。

CoinBack
CoinBack

ブロックチェーン上で行われるため、不正利用や改ざんされるリスクを限りなく低くすることが可能です!

さらに、契約が自動化されることで、従来の契約時に必要であった手数料や時間をかけずに簡単に行うことが可能となります。

今までの契約なら書類の作成やオフラインで契約内容の確認をする必要など多くの手間が必要でした。

しかし、スマートコントラクトではオンライン上で契約を自動的に行えるので、そういった手間をかけずに進めることができます。

レンディングプロダクトを比較するときのポイント

DeFiのレンディングプロダクトは数多く存在します。

良いレンディングサービスを見つけるには、以下のポイントに注目しながら選んでみましょう。

  • セキュリティが万全であるか
  • どのベンチャーキャピタルが投資しているか
  • 金利は良いか
  • 流動性があるトークンであるか
  • 知名度の高いトークンであるか

それぞれ詳しく解説していきます。

セキュリティが万全であるか

1つ目のポイントはセキュリティ面です。

セキュリティが万全でないと、ハッキングのリスクが高くなり自分の資金を盗まれてしまう恐れがあります。

仮想通貨はまだまだ発展途上な市場であるため、セキュリティが十分とは言えません。

実際に、大手取引所での大規模なハッキング事件が過去に何度か起こっています。

レンディングプロダクトを比較する時には、セキュリティ性が高く業績の良いものを選びましょう。

どのベンチャーキャピタルが投資しているか

2つ目は出資しているベンチャーキャピタル(VC)です。

ベンチャーキャピタル(VC)とは?

ベンチャーキャピタル(VC)とは、未上場のベンチャー企業やスタートアップ企業といった、将来的に大きな成長が期待できる企業に投資を行う投資会社のこと

ベンチャーキャピタルは未上場時に出資を行い上場時に企業の価値が上がることで、より大きなリターンを目的としています。

名の知れた大手ベンチャーキャピタルが出資していれば、そのプロダクトへの期待度や信頼性が高いと言えます。

金利が良いか

3つ目のポイントは金利です。

金利は貸し手にとって大きな部分になります。

同じトークンであっても、各プラットフォームで設定されている金利が異なりますので、よく確認する必要があります。

流動性があるトークンであるか

4つ目のポイントはトークンの流動性です。

流動性はトークンの金利に大きく関わっています。

ビットコインやイーサリアムといったメジャーな通貨やステーブルコインは流動性が高く、低い金利で設定されています。

一方で、流動性の低いトークンは相対的に高い金利で設定されているため目につくかもしれませんが、その分価格変動のリスクも大きくなるので、注意が必要です。

知名度の高いトークンであるか

最後のポイントがトークンの知名度です。

基本的に、知名度の高いトークンは投資している人も多く、他のトークンに比べて価格が安定しています。

そういった知名度のあるトークンをレンディングで選ぶことで、受け取る金利は低くなってしまうかもしれませんが、マイナーな通貨よりもトークンの価格が下落するリスクを抑えることが出来ます。

おすすめのDefiレンディング

ここでは、数あるDeFiレンディングサービスの中で以下のおすすめの3つを紹介していきます。

  • Compound.Finance
  • yearn.finance
  • AAVE(アーベ)

それぞれの特徴を見てみましょう。

また、DeFi関連のおすすめ銘柄15個を紹介している記事がありますので、銘柄選びで困っている人はぜひご参考にしてみてください。

Compound.finance(コンパウンドファイナンス)

名称Compound.finance(コンパウンドファイナンス)
トークンCompound(COMP)
時価総額ランキング101位(2022年11月時点)
目安価格¥6,896.37(2022年11月時点)
公式サイトhttps://compound.finance/

コンパウンドはイーサリアムチェーン上に構築されたレンディング特化型プラットフォームです。

12種類の銘柄がレンディングで取り扱われており、年利は0.01%~1.42%で設定されています。

コンパウンドではレンディングを行うことで、金利収入の他にガバナンストークンであるCOMPを獲得できます。

CoinBack
CoinBack

COMPの現在価格は8,000円ほどですが、2021年のDeFiブーム時は最高で10万円を越しています。

COMPはBinanceやFTXなどの大手取引所で取引できたり、さらにレンディングで貸し出すことも出来ます。

yearn.finance(ヤーンファイナンス)

名称yearn.finance(ヤーンファイナンス)
トークンYFI
時価総額ランキング120位(2022年11月時点)
目安価格¥1,103,120(2022年11月時点)
公式サイトhttps://yearn.finance/#/portfolio

yearn finance(ヤーンファイナンス)はイーサリアムチェーン上で構築されたDeFiプロトコルです。

ヤーンファイナンスのメインの機能と言える「Vaults」では、仮想通貨を預け入れることでCompoundやAAVEなど複数のレンディングサービスの中から最も利回りの良いところを自動で探し、資金を移動してくれます

このような特徴を持つところから、ガバナンストークンであるYTFは最高値で8万ドルを超え一時期ビットコインの価格を抜いたことで話題になりました。

AAVE(アーべ)

名称AAVE(アーベ)
トークンAAVE
時価総額ランキング45位(2022年11月時点)
目安価格¥12,063.7(2022年11月時点)
公式サイトhttps://aave.com/

AAVE(アーベ)はトップクラスの人気を誇るレンディングプラットフォームです。

初めはイーサリアムチェーンのみを基盤としていましたが、現在はAvalancheやPolygonを含めた10個のブロックチェーンでレンディングを行えます。

アーベでは、35種類の銘柄が取り扱われており、年利は高いもので40%を超えるものもあります。

アーベはフラッシュローンを採用している点が特徴的です。

フラッシュローンとは?

借入と返済を同じトランザクションの中で行う仕組みのことで、これにより仮想通貨の無担保での借入が可能になる。

フラッシュローンを導入することで、担保を必要とせずとも借入が可能になったり、取引所間での価格差を利用して利益を狙うアービトラージができるようになります。

CoinBack
CoinBack

アーベ内でバグを発見し報告すると、最大250,000ドル相当の仮想通貨がもらえるそうです!

Defiレンディングをするためのおすすめ取引所を比較

次に、レンディングができる取引所を紹介していきます。

今回紹介する取引所はどれも人気のある大手取引所であり、レンディング以外にも様々なサービスを提供しているので、ぜひ参考にしてください。

  • BINANCE(バイナンス)
  • MEXC(エムイーエックスシー)
  • OKX(オーケーエックス)

また、15個の海外仮想通貨取引所をランキング順に紹介している記事もありますので、気になる方はぜひご参考にしてください。

Binance(バイナンス)

Binanceの総合評価
総合評価 7.8 /10
  • 取引手数料
    7
  • 約定力
    10
  • 通貨数
    10
  • キャンペーン
    4
  • レバレッジ
    8
BINANCE(バイナンス)
最大レバレッジ125倍
上場通貨数710種類
取引手数料Maker:0.01%/Taker:0.05%
ユーザー評価4.7点
★★★★★
4.7点
★★★★★
アプリ
取引方法現物・信用取引・先物取引..[AnythingPopup id=”1″]
最大出金額本人確認前/2BTC
本人確認後/100BTC

BINANCE(バイナンス)は2017年に設立された海外仮想通貨取引所であり、取引高では全取引所の中で常に1位にランクインしています。

BINANCEでは、レンディングの手順を簡単にしているため、初心者の人でも直感的に操作することが出来ます。

さらに、BINANCEのレンディングにはフレキシブルセービングや定期セービング、自動投資など様々な投資手法があるため、自分に合ったものから選ぶこともできます。

CoinBack
CoinBack

BINANCEはレンディング以外にも最大レバレッジ125倍であったり、700種類以上の銘柄が取引できるといった特徴があります。

手数料の30%をキャッシュバック中

MEXC(エムイーエックスシー)

MEXCの総合評価
総合評価 7.4 /10
  • 取引手数料
    7
  • 約定力
    6
  • 通貨数
    8
  • キャンペーン
    8
  • レバレッジ
    8
MEXC(メックスシー)
最大レバレッジ125倍
上場通貨数1400通貨
取引手数料Maker:0.02% Taker:0.06%
ユーザー評価3.3点
★★★★★
3.8点
★★★★★
アプリ
取引方法現物取引、先物取引、マージン取引、スワップ運用、上場投資信託(ETF)分散型金融(DeFi)、P2P取引
最大出金額本人確認前/0.7BTC
初級認証後/20BTC
上級認証後/100BTC

MEXCは2018年にシンガポールを拠点に設立された海外仮想通貨取引所です。

MEXCではMX-DeFiというサービスがあります。

MX-DeFiとは、対象の仮想通貨を預け入れ流動性を提供することで、利回りを獲得できます

MX-DeFiでは、ステーキングによる利回りが毎日もらえるだけでなく、MEXCに新しく上場されるトークンも獲得できます。

また、MEXCステーキングといったシンプルなステーキングサービスもあります。

MEXCステーキンングでは、フレキシブルステーキングとロック付きステーキングの2種類があります。

フレキシブルステーキングではステーキングした仮想通貨をいつでも引き出せますが、ロック付きステーキングでは一定期間引き出せなくなります。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

OKX(オーケーエックス)

OKXの総合評価
総合評価 7.6 /10
  • 取引手数料
    8
  • 約定力
    9
  • 通貨数
    8
  • キャンペーン
    5
  • レバレッジ
    8
OKX(OKEx)
最大レバレッジ125倍
上場通貨数165通貨以上
取引手数料Maker:0.02% Taker:0.07%
ユーザー評価4.9点
★★★★★
4.5点
★★★★★
アプリ
取引方法現物取引・レバレッジ取引・先物取引・パーペチュアルスワップ・オプション取引
最大出金額KYCなし/10BTC
KYC1/200BTC
KYC2/500BTC

OKXは2014年に中国に設立された海外仮想通貨取引所で、BINANCEやHuobiとともに中国三代取引所と呼ばれるほどでした。

現在は中国の仮想通貨規制が厳しくなり、マルタに拠点を移しています。

OKXは中でもDeFiに力を入れていて、2018年からレンディングサービスの提供を開始しています。

Compound(コンパウンド)やAAVE(アーベ)などのレンディングプラットフォームにアクセスしなくても、OKX内で比較的簡単にレンディングを行うことが出来ます

CoinBack
CoinBack

注意点としてOKXは日本語対応していないので、英語が苦手な人は操作に苦戦するかもしれません。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Defiレンディングの比較に関してのQ&A

最後にDeFiのレンディングに関しての質問を3つにまとめました。

CoinBack
CoinBack

ぜひご参考にしてください!

DeFiレンディングのリスクは?

取引所やレンディングプラットフォームでハッキング事件や破綻が起こり、預けた資金がなくなってしまうリスクが挙げられます。

大手取引所であろうと、ハッキングによって数百億円もの仮想通貨が流出した事件が過去に何度もあることから、そういったリスクがあることに注意しなければなりません。

Defiはどのくらい儲かるの?

DeFiは銀行の金利よりも高いところが大きな特徴です。

銀行の預金金利は0.01%と低めに設定されていますが、DeFiのレンディングでは数%〜数十%と利回りが圧倒的に高く設定されています。

仮に100万円を年利0.01%の銀行に預けた場合、1年間で100円しか増えませんが、年利10%の銘柄を100万円分レンディングで運用した場合は1年間で10万円得られる計算になります。

Defiの税金はかかりますか?

DeFiでは税金がかかるため、確定申告が必要になってきます。

レンディングでは利子を受け取ったタイミングで利益扱いになります。

他にもDeFiでは、ステーキングや流動性マイニングなどでも損益が発生し課税対象になるため、損益計算が非常に複雑になっています。

【まとめ】Defiレンディングの比較について

今回はDeFiのレンディングについて解説しました。

DeFiのレンディングは自らが仮想通貨を貸し出す側になることができ、非常に高いリターンを期待できます。

また、現時点でDeFiはおろか仮想通貨自体が十分に浸透しているとは言えない状況です。

仮想通貨の認知度が今後さらに高まるにつれ、DeFiレンディングの需要も高まることが予想されます。

今のうちからDeFiのレンディングを始め、資金を増やしていきましょう。

また、下記のボタンからCoinBackに登録すると、永久的に取引手数料のキャッシュバックが受け取れます

\業界最大キャッシュバック率!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です