gate.io(ゲートアイオー)の評判・口コミは?実際に使った体験談を紹介!

gate.io(ゲートアイオー)の評判・口コミは?メリット・デメリットと実際に使った体験談を徹底紹介!

1,400種類以上の仮想通貨を取り扱い「草コイン投資No.1」の評価も得ている仮想通貨取引所のgate.io(ゲートアイオー)

どんな取引所なのか特徴を知りたい

評判や口コミは良いのか悪いのか知りたい

というような興味・関心を持っている人も多いでしょう。

今回は、このような興味・関心にお応えするため「gate.ioの特徴やメリット・デメリット」「口コミや評判」「実際に使ってみた体験談」をまとめていきます。

gate.ioや草コイン投資に興味を持っている人はもちろん「どこでもいいけど良い取引所を探している」という人にも、きっと役立てていただけるでしょう。

gate.ioの評判・口コミの要点
  • gate.io(ゲートアイオー)の口コミは全体的に良い
  • 取扱銘柄が多いことが特に評価されている
  • メジャーな仮想通貨が落ちている局面でも、草コインで上がることが多い
  • 国内未上場の銘柄が多いため、国内上場で値上がりする前にチャンスを掴める
  • 悪い評判は特にないが「入出金の反映が遅い」という口コミが見られる
  • 入出金はある程度時間に余裕を持って行うべき
  • 草コインのバブルで大きく稼ぎたいなら、gate.ioは最もおすすめの取引所
  • 登録は1分〜数分で簡単にできるので、ぜひ気軽に試してみよう
gate.io公式サイト・キャプチャ画像

 

好きなところから読む

gate.io(ゲートアイオー)とは?

gate.io公式サイト・キャプチャ画像
gate.ioの総合評価
総合評価 9.4 /10
  • 取引手数料
    8
  • 約定力
    8
  • 通貨数
    10
  • キャンペーン
    9
  • レバレッジ
    2
gate.io(ゲートアイオー)
最大レバレッジなし(日本は取引制限区域のため不可)
上場通貨数1,400種類以上
取引手数料Maker・Takerとも0.15~0.2%
ユーザー評価4.7点
★★★★★
4.1点
★★★★★
アプリAppleGoogle Play
取引方法現物・レバレッジ取引(日本は不可)・デリバティブ取引・コピー取引
最大出金額KYC1:100,000 USDT/1日
KYC2:2,000,000 USDT/1日
KYC3:8,000,000 USDT/1日

gate.io(ゲートアイオー)は、2013年に設立された中国を拠点とする仮想通貨取引所です。

人気の海外仮想通貨取引所の記事でも解説していますが、1,400種類以上という豊富な種類の仮想通貨を取り扱っていることが特徴で、草コイン・アルトコインを中心に投資する世界のトレーダーから、特に人気を集めています。

「日本人はレバレッジ取引ができない」という難点もありますが、逆にレバレッジなしで安全な投資をしたい人におすすめの取引所といえます。

4重の設定によるユーザー側でのセキュリティ対策と、コールドウォレットによる資産管理・マルチシグなどの運営側でのセキュリティ対策の双方がハイレベルで、安全性も非常に高い取引所です。

gate.io(ゲートアイオー)の悪い評判・口コミ

gate.io(ゲートアイオー)の悪い評判・口コミ

Twitter上では、gate.io(ゲートアイオー)の改善点を指摘する口コミや評判も多く見られます。

いわゆる「悪い口コミ・評判」に分類されるものですが、gate.ioのサービスをより良くする上で、これらの口コミは非常に有意義なものです。

ここでは、そのように有意義な口コミで、特に多くの方々の参考になるツイートを紹介させていただきます。

UI(画面の操作性)が要改善

UI(画面の使い勝手)に関して改善が必要という口コミです。

また、ペア通貨の仕組みが難しかったということも指摘されています。

取引できる銘柄が多い点については高く評価されている内容です。

金融庁の規制を受けている

gate.ioも含めて、海外の仮想通貨取引所はすべて金融庁の認可を受けていません。

世界最大手の取引所で、世界でもトップレベルのIT先進国であるナイジェリア政府と正式に提携しているバイナンスでも、金融庁からの警告を度々受けています。

書かれている通りBybitも同様で、gate.ioもやはり警告を受けています。

海外の取引所を利用する時は「全て金融庁の無認可業者である」ということを理解した上で、登録・利用することが必要です。、

入金・送金の反映が遅いことがある

gate.ioに送金したもののなかなか反映されない」という口コミです。

送金された仮想通貨はSOL(ソル)ということです。

仮想通貨の反映は銘柄や状況によって所要時間が変わりますが、普段からSOLを送金されているだろうトレーダーさんから見ても、この時(2021年9月11日)は時間がかかったようです。

こちらも「送金したものの反映されていない」という口コミです。

送金された仮想通貨はXYM(Symbol/シンボル)ということです。

送金の反映時間については状況によって大きな差があるものの、このように「すぐに反映されないこともあり得る」ということは、事前に意識しておく方が良いといえるでしょう。

高額を出金する時の本人確認が少し手間

少し大きな金額を出金しようとした際に、生体認証の本人確認が何度か必要だったという口コミです。

gate.ioで出金できる金額ですが、身分証の提出と生体認証がない「KYCレベル1」の場合、1日あたり10万USDTまでです。

日本円で1,400万円近いため、これでも1日の出金限度額としては、富裕層でない限り十分でしょう。

ただ、こうしたルールではあるものの、実際には「少し大きな金額」でも、出金には生体認証を含めた本人確認が必要になることがわかります。

なお、公式のルールでは生体認証・身分証提出まで完了した「KYCレベル2」の場合、1日の出金限度額が「200万USDT」となっています。

日本円でおおよそ2億8,000万円ですが、さすがにこのレベルまでレベル2だけで出金できるとは考えにくいでしょう。

この限度額はあくまで「その金額まで出金できる」ということであり「追加のチェックは都度必要」ということです。

運営会社の実態がわかりにくい

gate.ioは登録の段階でも中国のマイナンバー(国民IDカード)が初期設定の選択肢になっているなど、書かれている通り中国を拠点とする取引所(運営会社)です。

ただ、運営会社の1社である「Gate Technology Incorporated」は、イギリス領ケイマン諸島に登記されているということで、この点は「わかりにくい」と感じる人も多いでしょう。

この点については「運営会社の所在国などの実態がわかりにくい」というのは、世界最大手のバイナンスも同様です。

バイナンスも含めて仮想通貨はもともと「国家による管理へのアンチテーゼ」として生まれた側面もあるため「あえて特定の国を正式に拠点としない」という取引所も多いものです。

最終的には「その取引所が総合的に信用できるか」であり、運営会社の情報は「あらゆる信頼性を測る要素の1つ」と考えるのがいいでしょう。

(なお、稼ぎやすさなどではなく運営会社の信頼性を最も重視する場合は、国内取引所が良いという結論になります)

gate.io(ゲートアイオー)の良い評判・口コミ

gate.io(ゲートアイオー)の良い評判・口コミ

ツイッター上には、gate.io(ゲートアイオー)に関する良い口コミ・評判も多数見られます。

ここでは、それらの口コミの中でも特に多くのトレーダーの方々の参考になる投稿を紹介させていただきます。

エアドロップがおすすめ

エアドロップとは「リリース直後の仮想通貨やトークンを無料でもらえるイベント」のことです。

もともとはiPhoneで近くの人にファイルなどを送信する機能・Airdrop(エアドロップ)から来ています。

gate.ioでは新規上場する草コインやトークンが豊富なため、このようなエアドロップの特典を受けるチャンスも多くあります。

世界的アーティストの作品の展示会などのイベントを開催

世界的アーティスト・KAWS(カウズ)の展示会を、gate.ioが開催しているという口コミです。

このような芸術振興を通して社会に利益を還元している(それだけの経済的余裕がある)という点でも、gate.ioは信頼性が高いといえます。

草コインが他の相場より先行して値上がりすることが多い

同じ仮想通貨やトークンでも、他の取引所よりgate.ioの方が、上場後先行して値上がりするケースがあったという口コミです。

もちろん、こうしたデータも状況によるもので、すべての仮想通貨やトークンでそうなるとは限りません。

しかし「草コインはgate.ioに多く集まる」という評価は定着しているため、その評価によって投資家が殺到し、結果値上がりしやすいということは十分に考えられます。

2021年3月にXYM(シンボル)が急騰したという口コミです。

これ自体は他の取引所でも起きた現象であるはずですが、バイナンスなどの他の取引所で思うように銘柄を動かせない時、サブでgate.ioを使っていると、スピーディーに売買をできます。

アプリへの送金がしやすい

仮想通貨のWalken(WLKN)には専用のアプリがあります。

Bybitの場合、そのアプリにWLKNを送金しようとしてもできないという口コミです。

逆にgate.ioからなら送金できるということで、こうした制約の少なさもgate.ioのメリットといえます。

gate.io(ゲートアイオー)のデメリット

gate.io(ゲートアイオー)のデメリット

gate.io(ゲートアイオー)のデメリットは主に以下の2点です。

  1. 運営会社の正確な情報がわからない
  2. レバレッジは利用不可か最大10倍まで

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

運営会社の正確な情報がわからない

gate.io(ゲートアイオー)の運営会社については、以下のような諸説があります。

  • Gate Technology Inc.
  • Gate Technology Corp.
  • Gate Technology Incorporated Pte. Ltd.

現在はこれらのどの会社なのか、あるいは全ての会社が合同で運営しているのかは不明です。

また、拠点は中国ですがこれらの会社の所在国は、イギリス領ケイマン島など、税制の優遇を受けられる国や地域であるとされます。

世界最大手のバイナンスも同様に運営会社の情報が明確にわからないため、このような状況は海外仮想通貨の世界では「普通」といえます。

ただ「運営会社が正確にわかる方が安心できる」という人にとっては、この点はデメリットといえるでしょう。

レバレッジは利用不可か最大10倍まで

gate.ioでは、2021年10月時点では、日本・アメリカなどの取引制限国の居住者はレバレッジ取引をできませんでした。

現在は一部解禁されている可能性がありますが、それでも最大倍率は10倍と、他の海外取引所に比べると低めになっています。

他の取引所では最大100倍というパターンが多いため、レバレッジを大きめに掛けたい場合は他の取引所が適しているといえます。

gate.io(ゲートアイオー)のメリット

gate.io(ゲートアイオー)のメリット

gate.io(ゲートアイオー)のメリットは、主に以下の3点です。

  1. 各種の手続きが簡単&スピーディー
  2. アルトコイン・草コインの銘柄が1,700種類以上
  3. 4重のセキュリティ対策で安心して使える

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

各種の手続きが簡単&スピーディー

gate.ioは、口座開設や本人確認、セキュリティ設定などの各種手続きが簡単にでき、認証も非常にスピーディーです。

KYC1は2分ほどで終わり、身分証や住所証明書を提出するKYC2やKYC3も、5分〜10分で完了しました。

また、SMS設定・メール設定など各種セキュリティの設定も、1分〜数分ですぐに終わります。

中国では屋台でもスマホ決済が当たり前になっているといわれますが、gate.ioはそのような中国発の取引所であるため、各種認証が非常にスピーディーだと感じました。

アルトコイン・草コインの銘柄が1,700種類以上

gate.ioでは1,700種類の仮想通貨を取り扱っています。

これはバイナンスの300種類以上などと比較しても圧倒的な数値で、世界の仮想通貨取引所の中でもほぼトップの数字です。

このため、仮想通貨の中でも特に草コイン・マイナーなアルトコインに投資したい人は、gate.ioへの登録が必須ともいえます。

4重のセキュリティ対策で安心して使える

gate.ioでは、以下のような4種類のセキュリティ対策を設定できます。

  • 資金パスワード
  • 二段階認証(Googleワンタイムパスワード)
  • SMS認証
  • メール認証

このように4つの「防御壁」を施せるため、万が一個人情報を盗まれてもすべてのセキュリティを突破される確率が低く、安心して利用できます。

海外取引所の中でも特に「セキュリティレベルが高い取引所」を探している方にイチオシです。

gate.io(ゲートアイオー)の口座開設・登録方法

gate.io(ゲートアイオー)の口座開設・登録方法

gate.io(ゲートアイオー)の口座開設は非常に簡単で、

  1. メールアドレス
  2. パスワード

を入力するだけでできます。

早い人なら最短1分、普通の人でも数分でできるでしょう。

ここでは、その手順を実際の画面とともに解説していきます。

アカウント作成画面

まず、公式サイトのトップページにアクセスします。

アカウント作成画面

右上にある「登録」のボタンを押してください。

アカウント作成画面

「アカウント作成」の画面になります。

  1. メールアドレス
  2. パスワード
  3. 紹介ID(あれば)

の3つを入力します。

メールアドレスではなく電話番号を使うことも可能です。

アカウント作成画面

入力したら「登録」で進みます。

アカウント作成画面

「認証する」という画面が出るので、認証します。

メールアドレスに認証コードが送られました。

メールを見ます。

このようなメールが届いています。

この数字6桁を先ほどの画面に入力します。

入力したら自動的に次の画面に移動します。

アカウント作成画面

このように登録が完了しました。

  • メアド
  • パスワード
  • 認証コード

を入力するだけでいいので、こうした作業に慣れている人なら最短1分、普通の人でも平均数分で登録できます。

gate.io(ゲートアイオー)のセキュリティ設定

gate.io(ゲートアイオー)のセキュリティ設定(任意)

gate.io(ゲートアイオー)では、以下の設定をすることでセキュリティを強化できます。

  1. 資金パスワード
  2. 二段階認証(ワンタイムパスワード)
  3. メール設定
  4. SMS設定

ここでは、それぞれのやり方を実際の画面とともに説明します。

資金パスワードの設定

資金パスワードの設定画面

gate.ioには、全体パスワードとは別の「資金パスワード」があります。

これで二重のパスワード設定をすることで、よりセキュリティを高めることができます。

他のセキュリティ設定は任意ですが、この資金パスワードだけは必須です。

資金パスワードは、上の画面で左下の「設定に進む」を押して設定します。

資金パスワードの設定画面

設定画面はこのようなものです。

資金パスワードの設定画面

まだ資金パスワードはない状態なので、好きなパスワードを設定します。

設定したら「コード送信」を押します。

資金パスワードの設定画面

このように「メールが送信されました」と出ます。

メールを確認します。

このようなメールが届いています。

この数字6桁を先ほどの画面に入力します。

資金パスワードの設定画面

入力したら「決定して変更」を押します。

資金パスワードの設定画面

「完了しました」という文字が出て、設定完了です。

資金パスワードの設定画面

なお、全体パスワードと同じ文字列だと、このようにNGになります。

資金パスワードの設定画面

設定する時も、このように英語で「ログインパスワードとは別の文字列にしてください」ということが書かれています。

(gate.ioの注意書きはたまに英語のみなので、この点でたまに引っかかることがあります)

二段階認証(ワンタイムパスワード)

二段階認証の設定画面

「二段階認証」の部分で「こちらをクリック」のボタンを押します。

二段階認証の設定画面

このような画面になります。

スマホに「Google Authenticator」をダウンロードします。

Google Authenticatorをすでに使っている人の場合、起動すると上の画面になります。

「QRコードをスキャン」で、先ほどのQRコードを読み込みます。

読み込む画面です。

鬼のように素早く、画面の隅に小さなQRコードが見えただけで、一瞬で読み取ってしまうため、全然関係のない画面を映しています。

読むこむと、このように「gate.io用」のワンタイムコードが作成されます。

gate.io以外でも、Bybitなどあらゆる取引所・サイトのワンタイムコードをここで管理できます。

このコードは一定時間で常に更新されています。

二段階認証の設定画面

このワンタイムパスワードを、上のように入力します。

二段階認証の設定画面

次に、メールコードの横にある「コード送信」のボタンを押します。

このようなメールが届いています。

この6桁のコードを、先ほどの画面に入力します。

二段階認証の設定画面

入力したら「2段階認証を有効化」を押します。

完了すると、このような「資産概要」のページにジャンプします。

メールコード設定

メールコード設定の画面

ワンタイムパスワードに加えて、メールで認証コードを受け取る設定をすることで、さらにセキュリティを強化できます。

メールコードは、上の画面の「メールコード」のボタンをオンにして設定します。

メールコード設定の画面

オンにするとこのような画面が出ます。

「コードを送信」を押します。

メールコード設定の画面

「メールが送信されました」と出ます。

メールを確認します。

このようなメールが届いています。

数字6桁のコードを、さっきの画面に入力します。

メールコード設定の画面

入力したら「決定して作成」を押します。

メールコード設定の画面

「完了しました」という画面が出て、設定完了です。

SMS設定

SMS設定の手続き画面

この画面になるので、以下の情報を入力します。

  • フルネーム(英語)
  • 電話番号
  • 資金パスワード

資金パスワードは最初に設定した、全体パスワードとは別のものです。

SMS設定の手続き画面

入力したら「SMSコード送信」のボタンを押します。

SMS設定の手続き画面

SMSに送られてきたコードをここに入力します。

入力したら「SMS設定」を押します。

SMS設定の手続き画面

これで設定が有効になりました。

gate.io(ゲートアイオー)の本人確認(実際にKYC3まで登録した体験談)

gate.io(ゲートアイオー)の本人確認のやり方・手順

gate.io(ゲートアイオー)は本人確認なしですぐに利用できますが、出金や送金をする段階になると本人確認が必要です。

本人確認で必要な作業とメリットは、レベルごとに以下のようになっています。

(メリットは1日の出金限度額が変わることです)

レベル必要な作業1日の出金限度額
KYC1個人情報の記入1,000USDT
KYC2本人確認書類の提出・セルフィー撮影200万USDT
KYC3住所証明書類の提出800万USDT

ここでは、そのgate.ioの本人確認(KYC)のやり方を、2022年9月7日時点の実際の画面とともに説明します。

KYC1:個人情報の記入のみ

KYC1の手続き画面

gate.ioの本人確認をするには、左側のメニューで「本人確認とセキュリティ」を選択します。

選択すると、上のような画面になります。

KYC1の手続き画面

この「ID検証」の部分で「今すぐ認証」のボタンを押し、本人確認の作業を始めます。

KYC1の手続き画面

KYC1では個人情報を記入するのみです。

提出する書類はありません。

記入する情報は以下の通りです。

  • 国籍
  • 居住国
  • フルネーム
  • 生年月日
  • 提出する身分証の種類
  • 身分証明書番号

身分証はKYC2で提出します。

KYC1の手続き画面

居住国はこのように「ja」と入力すると候補で「Japan」が出ます。

KYC1の手続き画面

身分証明書の種類は上の3つですが、日本人は「パスポート・運転免許証」のみを使えます。

KYC1の手続き画面

この注意書きのj通り「National ID=国民ID」を使えるのは中国人ユーザーのみです。

KYC1の手続き画面

このように情報を入力したら「確認して送信」を押します。

KYC1の手続き画面

「認証する」の画面になります。

KYC1の手続き画面

「チケット成功、検証中」と出ます。

KYC1の手続き画面

このようにKYC1の欄が「認証中です。しばらくお待ちください」となります。

KYC1の手続き画面

完了したらKYC2に進めます。

KYC1の手続き画面

この認証は非常に早く、2分ほどでこのように「完了しました!」と出ました。

KYC2:本人確認書類の提出&セルフィー撮影

KYC2はセルフィー動画の撮影が必要になるため、アプリですることをおすすめします。

アプリで「ID認証」を開くと、上のようにレベル1は「合格しました!」と出ています。

その下の「KYC2」をタップします。

このような画面になります。

  • 都道府県
  • 市区町村
  • 番地(以後の住所全部)
  • 郵便番号

を入力します(すべて英語です)。

そして、身分証の種類を選びます。

種類は、日本人の場合「パスポート・運転免許証」のどちらかです。

KYC2の手続き画面

KYC1で上のように書かれていた通りです。

入力したら「次へ」を押します。

このような画面で、身分証明書を提出します。

運転免許証の場合、表面と裏面をそれぞれ撮影して送ります。

KYC2の手続き画面

このように撮影します。

表面が撮影できました。

裏面も同じように撮影します。

裏面もアップしたら「次へ」で進みます。

「スマート分析中」と出ます。

パズルのピースを当てはめます。

次にセルフィー動画の撮影があります。

KYC2の手続き画面

このように指示にしたがって首を動かして動画を撮影します。

一通り撮影すると「送信成功」と出ます。

これでKYC2(高度な認証)が「認証中」となります。

KYC2の手続き画面

5分ほどで、このように「認証済み」となりました。

KYC3:住所証明書類の提出

KYC3の手続き画面

KYC3では「住所証明」をします。

上の画面で「今すぐ認証」を押します。

KYC3の手続き画面

このように住所証明書類をアップロードする画面になります。

書かれている「使える書類」の一覧は以下の通りです。

  1. 公共料金の請求書(電気・水道・ガス・電話・インターネットなど)
  2. 銀行・クレジットカードの明細書
  3. 政府発行の課税証明書
  4. 社会保険証(住所が書かれたもの)
  5. 住民票

筆者の経験上、住民票は最も高確率で通るので、住民票があれば住民票をおすすめします。

KYC3の手続き画面

このように「アップロード」で画像を提出します。

KYC3の手続き画面

「認証する」を押して進みます。

KYC3の手続き画面

「チケット成功」の文字が出て、送付完了です。

KYC3の手続き画面

このように「認証中」となります。

KYC3の手続き画面

おおよそ10分ほどで、このようにKYC3も「認証済み」となりました。

【Google Play】gate.io(ゲートアイオー)の評判・口コミ

Google PlayでのGate.ioのレビュー

Android(アンドロイド)でGate.ioを利用する場合、特にGoogle Playでの評判がどのようになっているか気になるでしょう。

ここでは、Google PlayでのGate.ioのレビューの概要と、良い評判・悪い評判の双方をまとめていきます。

【総評】レビュー数:3.7万件/平均星数4.4

Google PlayでのGate.ioのレビュー

2022年11月14日時点で、Google Playでのgate.io(ゲートアイオー)のレビュー数は3.7万件です。

平均の星数は4.4で、レビューの多さを考慮すると非常に良い評価といえます。

【参考】Gate.io-ビットコイン&暗号資産を購入|Google Play

良い評判・口コミ(レビュー)

良い評判や口コミとしては、以下のようなレビューが見られます。

  1. 取引できる仮想通貨の銘柄が豊富で各種手数料が安い
  2. コピートレードで利益を出しやすく手数料も安い
  3. 毎日ゲートポイントがもらえるキャンペーンで手数料が実質0円
  4. 日本語対応で使いやすい
  5. タイムリーなニュースや分析のコンテンツを毎日配信している
  6. 多くの専門家やトレーダーと意見交換をできるチャットルームが有益
  7. 多数の銘柄で2倍増を達成&送金の待ち時間は要改善

それぞれのレビューについて詳しく紹介しています。

取引できる仮想通貨の銘柄が豊富で各種手数料が安い

Google PlayでのGate.ioのレビュー

Gate.ioを数年間利用されているというトレーダー様による口コミです。

あらゆる暗号通貨を取引できる点と、各種の手数料が安い点が評価されています。

(特に取引手数料については、世界の取引所で最も安いのはBITNEXT(ビットネクスト)ですが、この点は「BITNEXTの手数料」の記事で詳しく解説しています)

コピートレードで利益を出しやすく手数料も安い

Google PlayでのGate.ioのレビュー

多彩な仮想通貨を取引でき、取引の種類(アクティビティ)も豊富という口コミです。

入出金のネットワークも安定しており、手数料も最低限で安いという評価です。

また、コピートレードによっても利益を出しやすい点が指摘されています。

コピートレードについては、Bitget(ビットゲット)の機能が特に有名です。

詳しくは「Bitgetのコピートレード」の記事で紹介しているため、コピトレに関心がある方はこちらも参考にしていただけたらと思います。

毎日ゲートポイントがもらえるキャンペーンで手数料が実質0円

Google PlayでのGate.ioのレビュー

Gate.ioではログインなどの所定の条件をクリアすることで、毎日ゲートポイント(gate point)をもらえます。

このボーナスにより、取引手数料が事実上0円になるというメリットを評価されています。

こうした各取引所のキャンペーンについては「海外仮想通貨取引所のキャンペーン」の記事で詳しくまとめているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

日本語対応で使いやすい

Google PlayでのGate.ioのレビュー

Gate.ioはスマホアプリ・PC版ブラウザのどちらも日本語に対応しており、使いやすい点が多くの方々に評価されています。

Google PlayでのGate.ioのレビュー

このようにシンプルに日本語対応を評価する口コミが多く見られます。

Google PlayでのGate.ioのレビュー

全ての説明を日本語で読めることは、特に暗号通貨投資の初心者の方にとって安心できる部分でしょう。

タイムリーなニュースや分析のコンテンツを毎日配信している

Google PlayでのGate.ioのレビュー

仮想通貨の相場は一つのニュースで大きく変動するため、最新のニュースの把握と分析が必要不可欠です。

Gate.ioでは、そのようなニュース配信や分析のコンテンツが充実しているという口コミです。

多くの専門家やトレーダーと意見交換をできるチャットルームが有益

Google PlayでのGate.ioのレビュー

まず、Gate.ioが世界のあらゆる暗号資産交換所の中で最高のサービスの一つであると評価されています。

そして、具体的なメリットとして、多数の専門家や他のトレーダーと知見や意見を共有できるチャットルームがあることが評価されています。

特にDeFi(ディーファイ)など、今後の金融の世界で重要となる技術に投資する時、このような議論をできる場があることは、大きなプラスとなるでしょう。

(DeFiとは何かについては「DeFi(ディーファイ)とは?」の記事で詳しく解説しています)

多数の銘柄で2倍増を達成&送金の待ち時間は要改善

Google PlayでのGate.ioのレビュー

まず、世界の暗号資産投資でトップレベルの取引所であるという点を評価する口コミです。

そして、スタートアップ(新規上場通貨)への投資などで、何度か資産を倍増させる取引を経験されたということです。

そのように稼ぎやすい点を評価している一方で、ネットワークの待ち時間(送金時間)については不満があると書かれています。

スピーディーな送金はしにくいものの、資産を増やすことについてはGate.ioは有利な取引所と考えていいでしょう。

悪い評判・口コミ(レビュー)

悪い評判や口コミでは、以下のような内容が見られます。

  1. 各種のコードをどれだけ入力しても出金できない
  2. 入金は簡単にできるが出金は難しい&Binanceの方が良い
  3. 出金のブロックチェーン確認で48時間待たされる

それぞれのレビューの紹介と解説をさせていただきます。

各種のコードをどれだけ入力しても出金できない

Google PlayでのGate.ioのレビュー

「出金が非常に難しく、わざと難しくしているのではないか?」という指摘の口コミです。

まず、Gate.ioでは出金時に以下のコード・パスワードの入力が求められます。

  1. 口座パスワード
  2. SMSコード
  3. メール認証
  4. Google認証

セキュリティが堅固なのは良いことですが、これらを入力している間に「どれかが時間切れになってしまう」ということです。

そして、3回ほど失敗すると、その後に成功したとしても「試行回数の上限に達しました」と表示され出金できないということです。

「アプリの起動は生体認証で簡単にできるのに、なぜ出金だけがこんなに不便なのか」という疑問も提起されています。

「出金が不便」ということは他の高評価のレビューでも指摘されており「Gate.ioは入出金が便利にできる取引所ではない」ということは、あらかじめ理解していただく方が良いといえます。

入金は簡単にできるが出金は難しい&Binanceの方が良い

Google PlayでのGate.ioのレビュー

「入金は簡単にできるのに出金はなかなかされない」という点が問題視されている口コミです。

こちらのトレーダー様の場合、出金されない間に30%資産が減る損害を被られたということです。

また、アプリを起動する際に広告が表示され、すぐに取引をできない点もデメリットと指摘されています。

逆に「バイナンス一択」と推奨されている通り、Binanceであればこのような問題は起きません。

Binanceの出金のしやすさについては「バイナンスの出金」の記事で詳しく解説しています。

手数料の30%をキャッシュバック中

出金のブロックチェーン確認で48時間待たされる

Google PlayでのGate.ioのレビュー

出金する際のブロックチェーンの確認作業で48時間待たされるという口コミです。

暗号通貨取引所の出金は基本的に数分でできることが多く、毎回48時間待たされるとしたら「かなり遅い」と感じるトレーダーの方々が多いでしょう。

セキュリティ設定を変更した後24時間出金できない点が指摘されていますが、これはどの取引所も同じです。

Binanceのような世界トップの取引所でも、やはり同じルールを採用しています。

出金に関しては、最も便利な取引所は対応チェーンがほとんどの銘柄で最多のMEXC(メックスシー)です。

詳しくは「MEXCの出金・送金」の記事で解説しているので、出金・送金で便利な取引所を探している方は、こちらも参考にしていただけたらと思います。

【App Store】gate.io(ゲートアイオー)の評判・口コミ

【App Store】gate.io(ゲートアイオー)の評判・口コミ

iPhoneやiPadでゲートアイオーを利用する場合、App Storeでのアプリの評判も気になるところでしょう。

ここでは、Gate.ioアプリのレビュー数・平均星数や、良い評判と悪い評判を解説していきます。

【総評】レビュー数:490/平均星数:4.5

App StoreでのGate.ioのレビュー

2022年11月12日時点で、App StoreでのGate.ioのレビューは490件集まっています。

そして、平均星数は4.5と高評価がつけられています。

良い評判・口コミ(レビュー)

Gate.ioについての良い評判・口コミでは、以下のようなレビューが見られます。

  1. イベント(キャンペーン)が豊富なのが良い
  2. 仮想通貨取引所の登録が初めての人でも簡単
  3. 使いやすいが現在価格のわかるウィジェットが欲しい
  4. ステーキングなど多彩な手法で資産を増やせて銘柄も多い
  5. スマホのみであらゆる作業をできPCが不要
  6. 取扱銘柄が多く操作性も高い
  7. カスタマーサービスが良く出金手数料も安くなると最高
  8. 手数料が安くトランザクションが早い
  9. NFTゲームをやるなら口座開設すべき取引所

それぞれのレビューについて詳しく紹介しています。

イベント(キャンペーン)が豊富なのが良い

App StoreでのGate.ioのレビュー

アプリ自体も使いやすく、イベント(キャンペーン・プロモーション)が多く展開されているのが良いという口コミです。

こうしたキャンペーンの時だけでなく、Gate.ioは常時ウェルカムボーナスを提供しているため、どのタイミングで申し込んでも他の取引所よりお得といえます。

仮想通貨取引所の登録が初めての人でも簡単

App StoreでのGate.ioのレビュー

おそらく、暗号通貨取引所自体に初めて登録された女性による体験談です。

初めての登録でも簡単にできたということで、Gate.ioが初心者の方にも適していることがわかります。

使いやすいが現在価格のわかるウィジェットが欲しい

App StoreでのGate.ioのレビュー

まず、Gate.ioのアプリ自体については「使いやすい」と利便性を評価されています。

一方で、現在の価格がわかるウィジェットを提供してほしいと要望を述べられています。

ステーキングなど多彩な手法で資産を増やせて銘柄も多い

App StoreでのGate.ioのレビュー

取り扱っている暗号通貨の種類が豊富であることは、トレード(取引)だけでなく、ステーキング(積み立て)や、通貨エアドロップ(仮想通貨のプレゼント)などの多彩なサービスが提供されている点が評価されています。

Gate.ioはまだ日本に参入していませんが「早く日本にも参入してほしい」と高く評価されている口コミです。

なお、Gate.ioと並んで取扱通貨が多い取引所はMEXC(MXC)です。

MEXC(メックスシー)の取扱通貨については「MEXCの取扱通貨一覧」の記事で詳しく解説しています。

スマホのみであらゆる作業をできPCが不要

App StoreでのGate.ioのレビュー

スマホ一台で通常のトレードや特典の獲得、送金などのあらゆる作業をできて便利という口コミです。

また、Gate.ioのアプリ一つで何でもできるため、パソコンをほとんど開かなくなったと書かれています。

取扱銘柄が多く操作性も高い

App StoreでのGate.ioのレビュー

取り扱っている暗号通貨の種類が多く、操作性も高いという口コミです。

書かれているLUNR(Lunr Token)とは、2021年11月に登場して短期間は急騰したものの、すぐに暴落して低空飛行を続けている、典型的な草コインです。

全期間のチャートは以下のようになっています。

引用元:Coin Market Cap

レビューの日付は「10月31日」となっているため、おそらく急騰する直前に書かれたものでしょう。

カスタマーサービスが良く出金手数料も安くなると最高

App StoreでのGate.ioのレビュー

アプリの使いやすさとカスタマーサポートの対応の良さを評価されている口コミです。

さらに出金手数料も安くなると理想とされています。

海外の取引所で出金手数料が安いのは、対応チェーンが多いMEXCですが、MEXCの出金手数料については「MEXC(メックスシー)の出金」の記事で詳しく解説しています。

手数料が安くトランザクションが早い

App StoreでのGate.ioのレビュー

手数料全般のリーズナブルさと、トランザクション(入出金・送金)の早さを評価されています。

全体的に利用しやすい取引所という評価もなされています。

手数料については、取引手数料が最も安い取引所はBTC・ETH・XRPの3銘柄で業界最安値を誇るBITNEXT(ビットネクスト)です。

ビットネクストの手数料については「BITNEXTの手数料」の記事で詳しく解説しています。

NFTゲームをやるなら口座開設すべき取引所

App StoreでのGate.ioのレビュー

NFTゲームではマイナーな草コイン・草トークンがゲーム内で必要になることが多いものです。

そして、取り扱うアルトコインが多いGate.ioなら、そのようなNFTゲームで必要なコインも揃っているため「NFTゲームをやる人におすすめ」という口コミです。

なお、Gate.ioと並んで取扱通貨が多い取引所としては、MEXC以外ではHuobi Globalもあります。

Huobi Globalについては「Huobi(フォビ)の特徴・評判」で詳しく解説しているので、NFTゲームに関心のある方は、ぜひこちらも参考にしてみてください。

悪い評判・口コミ(レビュー)

App StoreでのGate.ioの悪い評判・口コミとしては、以下のような内容が見られます。

  1. 動きの遅さやチャートの描写が不便な点などが要改善
  2. 再起動やアップデートなど何をしてもアプリが起動しない
  3. アプリ起動後に画面がフリーズして落ちる
  4. 本人確認(KYC)のためにカメラを起動するとアプリが落ちる
  5. 出金しようとしてもできない
  6. 他の場所からGate.ioに送金したが着金しない

以下、それぞれのレビューについて紹介していきます。

動きの遅さやチャートの描写が不便な点などが要改善

App StoreでのGate.ioのレビュー

まず、セキュリティは他の暗号資産交換所と比較して最高レベルと評価されています。

一方、以下の改善点があるとも指摘されています。

  1. アプリが開くのが遅い
  2. 動作が全体的にモサッとしている
  3. チャート上にトレンドラインなどの書き込みをできない
  4. 成行注文ができない
  5. 日本語対応が中途半端

おそらく、多くのトレーダーの方々が一番気になるのは「成行注文ができない」点でしょう。

これは「チャート上からできない」ということで、成行注文自体がまったくできないわけではありません。

しかし、チャートからそのまま成行注文をできる方が明らかに便利であるため、ここはやはり改善が必要な部分といえます。

Bybit(バイビット)などの他の取引所と比べて差を感じると評価されていますが、それも当然といえるでしょう。

Bybitの使い勝手の良さについては「Bybitの使い方」の記事で詳しく解説しています。

再起動やアップデートなど何をしてもアプリが起動しない

App StoreでのGate.ioのレビュー

そもそもアプリが起動しないという口コミ・体験談です。

再起動やOSのアップデート、その他のよくある解決法など全てを試してもだめだったということです。

筆者はiPhoneでそのような体験はまだしていませんが、 iOS端末でも稀にこのようなエラーがあることがわかります。

アプリ起動後に画面がフリーズして落ちる

App StoreでのGate.ioのレビュー

アプリを起動した後「スキップ4s」という表示が出るという口コミです。

これは「4秒後にスキップできる」という意味ですが、この4sの数字がまず動かないということです。

そして、しばらく放置してから画面をタップしても、アプリ自体が落ちてしまうということです。

何度か試すと起動するということですが「これでは瞬時にトレードしたい時にできない」と指摘されています。

確かに急いで売買をしたい時はもちろん、通常時でもこのようなことがあるとストレスの原因となるため、一時的なエラーでないのであれば、大きな改善が必要といえます。

本人確認(KYC)のためにカメラを起動するとアプリが落ちる

App StoreでのGate.ioのレビュー

本人確認の写真撮影のためにカメラを起動したらアプリがダウンしてしまうという口コミです。

このため本人確認自体ができず、ボーナスの報酬ももらえずに無駄な作業に終わってしまったという体験談です。

取り扱い銘柄が多いことは評価されていますが「それだけ」という低評価がなされています。

出金しようとしてもできない

App StoreでのGate.ioのレビュー

出金しようとしても「アカウント保護」などを理由とされてできないという口コミです。

サポートに連絡をしても対応してもらえないということです。

「中国の取引所なので怪しいのではないか」という指摘もなされています。

他の場所からGate.ioに送金したが着金しない

App StoreでのGate.ioのレビュー

他の取引所やウォレットアプリからGate.ioに送金したものの、数日経っても着金しないという口コミです。

当然ながら、仮想通貨の送金の履歴はブロックチェーンで公開されているため「Gate.ioに対して送金されたかどうか」は、その履歴でわかります。

その履歴で確かに送金されているにもかかわらず、Gate.ioで反映されていないという体験談です。

サポートに問い合わせをしても「あなたは101人目です」などといわれるのみで、いつ返信が来るかわからない状況ということです。

こうした口コミを見ると、Gate.ioへの送金は最初は少額でテストをしてみるのが良いといえるでしょう。

【2ch・5ch】gate.io(ゲートアイオー)の評判・口コミ

【2ch・5ch】gate.io(ゲートアイオー)の評判・口コミ

2ちゃんねる(5ちゃんねる)でも、Gate.ioに関する評判や口コミは多数書き込まれています。

2ちゃん(5ちゃん)である以上、基本的にほとんどが「悪い内容」になりますが、ここではそれらの評判・口コミを紹介していきます。

参考:【GT】取引所トークン【Gate.io】Part1|5ちゃんねる

良い評判・口コミ

良い評判・口コミでは、以下のような書き込みが見られます。

  1. 中国政府の規制で一時ピンチだったが復活した
  2. 建前では日本居住者はホワイトリストの通貨のみ売買可能
  3. メリットは多いのに出金の不便さで損をしている取引所

それぞれの書き込みの紹介と解説をしていきます。

中国政府の規制で一時ピンチだったが復活した

2chでのGate.ioの口コミ

Gate.ioは、実質的な拠点を中国に持つ「中華系」の取引所です。

このため、中国政府による暗号資産への規制の影響を強く受けます。

2021年終盤の規制によって「壊滅した」と思われたものの、無事に復活したという口コミです。

建前では日本居住者はホワイトリストの通貨のみ売買可能

2chでのGate.ioの口コミ

Gate.ioでは「日本居住者は日本の金融庁が定めるホワイトリスト掲載の暗号資産のみ取引できる」というルールになっています。

ただ、これは「建前」であり「実際には他の暗号資産も取引できる」ようになっています。

しかし、ルール上は「それらの仮想通貨は取引できない」ことになっているため、たとえば出金の際に「規約に違反しているため出金できない」といわれるリスクがあります。

このため「Gate.ioではどこまでアルトコインに手を出していいかわからない」という口コミもしばしば見られます。

メリットは多いのに出金の不便さで損をしている取引所

2chでのGate.ioの口コミ

Gate.ioには草コインの種類の多さなど多くのメリットがあります。

しかし、そうしたメリットがあっても「出金が不便」という口コミが多いため「評判で損をしている」と指摘されています。

こちらのトレーダー様も出金をしたものの、手続きが終了した後に「元の入力画面」に戻ったので、出金に失敗したと勘違いされてしまったということです。

(指摘されている通り、少ないが完了したら「成功しました」などの画面を表示するのが一般的といえるでしょう)

悪い評判・口コミ

悪い評判や口コミでは、以下のような内容が見られます。

  1. システムがBinanceと似ている
  2. サポートがマニュアル対応で融通が効かない?
  3. 日本からのアプリのアクセスはできなくなる可能性もある
  4. 取引手数料が高くBinanceの2倍程度
  5. 日本語テレグラムのサポートの回答が噛み合っていないことが多い
  6. 似たUI(画面デザイン)でGate.ioよりバグが少ない所は多い

それぞれの書き込みを紹介していきます。

システムがBinanceと似ている

2chでのGate.ioの口コミ

システムや使い勝手がBinanceによく似ているという口コミです。

あまりに似ているため「Binanceの別部門ではないか?」とまで指摘されています。

こうしたBinanceのシステムや使い勝手については「Binance(バイナンス)の使い方」の記事で詳しく解説しています。

サポートがマニュアル対応で融通が効かない?

2chでのGate.ioの口コミ

サポートの対応がマニュアル的で他の暗号通貨交換所と比較してもあまり良くないという口コミです。

ただ、日本語で対応してもらえたのであれば、海外の取引所としてはむしろ「サポートが良い」レベルだと考えることもできます。

日本からのアプリのアクセスはできなくなる可能性もある

2chでのGate.ioの口コミ

2021年10月に、日本からのアプリでのアクセスができなくなったという口コミです。

2022年11月21日時点では問題なくできますが、1年前にできなかったということは、今後もできなくなる可能性はあります。

取引手数料が高くバイナンスの2倍程度

2chでのGate.ioの口コミ

テイカー手数料0.2%と、Binanceの約2倍の取引手数料になっているという口コミです。

テイカーとは「場に出ている売買の注文を選んで取引する人」です。

自分で注文を出す「メイカー」に比べると取引所にとっての重要性が下がるため、テイカーの方が手数料が高くなるのが一般的です。

しかし、そのテイカー手数料で比較した時、バイナンスの約2倍であるため「取引手数料が高い」と評価されています。

Binanceの手数料がどの程度の水準かは「バイナンスの手数料」の記事で詳しくまとめています。

日本語テレグラムのサポートの回答が噛み合っていないことが多い

2chでのGate.ioの口コミ

テレグラムに日本語のコミュニティがあるものの、そこでのユーザーの質問と管理者(admin)の返答が噛み合っていないことが多いという口コミです。

これについては「担当者の方の日本語レベルがまだ不十分」「AIなどで対応している」という可能性もあるでしょう。

似たUI(画面デザイン)でGate.ioよりバグが少ない所は多い

2chでのGate.ioの口コミ

他の口コミでも指摘されている通り、Gate.ioのUI(画面の使い勝手・デザイン)は、Binanceなど他の取引所によく似ています。

そして、そのようにGate.ioとよく似た取引所で「ここよりバグが少ない」というところも複数存在します。

そうした状況を考えると「あえてGate.ioを使うメリットがない」という口コミです。

Gate.ioと似たUIの取引所で評価が高い所としては、やはりBinance(バイナンス)がベストといえます。

Binanceがどのような取引所かは「Binance(バイナンス)の特徴・評判」の記事でまとめているので、こちらをぜひ参照していただけたらと思います。

【Yahoo!知恵袋】Gate.io(ゲートアイオー)の評判・口コミ

【Yahoo!知恵袋】Gate.io(ゲートアイオー)の評判・口コミ

Yahoo!知恵袋で「Gate.io」と検索すると、ゲートアイオーに関する多くの質問が見つかります。

その中でも、ただの質問でなく「評判や口コミ」につながる内容としては、以下のような投稿が見られます。

  1. Gateも含めて取引所でのコイン保有は複数に分散すべき
  2. 他の取引所からGate.ioに送金する時はXRPが良い?
  3. MetaMask(メタマスク)への移動でかなりの手数料を引かれる?

それぞれの投稿を紹介しつつ、解説を加えさせていただきます。

Gateも含めて取引所でのコイン保有は複数に分散すべき

Yahoo!知恵袋のスクリーンショット

【参考】gate.ioで仮想通貨を保有してます。 取引所で保有するのはやはり危険ですか?|Yahoo!知恵袋

Gate.ioで暗号通貨を保有しているトレーダー様による質問です。

Gate.ioも含めて「取引所で暗号通貨を保有することは危険か?」という質問がなされています。

これに対するベストアンサーの回答は以下の通りです。

一言でいうと「取引所でもウォレットアプリでも、とにかく分散して持つように」と指摘されています。

どんな場所でも必ずリスクはあるものの、分散していれば数学的にそのリスクが数分の一になるということです。

取引所であれば最低限3つ、ウォレットも含めると5〜10に分散するのが理想というアドバイスです。

もちろん、いくつに分散すべきかはトレーダーの方々によって意見が分かれるでしょう。

あまり分散しすぎると取引で使える金額が小さくなるため、大きなチャンスを逃す確率が高まります。

逆に、取引をほとんどせず「ただ保有しているだけ」なら、確かに分散すればするほど良いでしょう。

確かなことは、複数の取引所を利用していると「価格差を生かして稼ぐアービトラージの手法を使いやすくなる」ということです。

このアービトラージのやり方については「仮想通貨FXのアービトラージ」の記事で詳しく解説しています。

他の取引所からGate.ioに送金する時はXRPが良い?

Yahoo!知恵袋のスクリーンショット

【参考】Gate.ioの取引所を開設したのですが、皆さんは何の仮想通貨を取引所からGate.ioへ…|ヤフー知恵袋

Gate.ioで口座開設をされたばかりのトレーダー様による質問です。

「他の取引所からGate.ioに暗号通貨を送金する時、どの通貨を送るのが良いか?」という質問がなされています。

回答者様の答えはXRP(リップル/Ripple)で、理由は以下の通りです。

  • 送金手数料が安い
  • 流動性がある(取引高が大きい)
  • 着金も比較的早い

このように「早い・安い・価値がある」という3つの理由で選ばれているということです。

もちろん、この条件を満たすのはXRPだけではないため、他の銘柄でも良いでしょう。

どんな銘柄にしても「保有している間に日々価値が変動」していくため、利便性だけでなく「価値が上昇していくか」も重視すべきです。

たとえば入出金で広く使われていたSOL(Solana/ソラナ)は、2022年11月23日時点で多くの取引所で利用できなくなっています。

(SOLネットワーク自体が破綻する可能性があり、その場合の救済策をBinanceが公式に発表しているというほどです)

こうしたSOLの事例を見ても、取引所間の送受金は「便利さだけで選ぶべきではない」といえるでしょう。

(便利かつ価値が持続・向上する銘柄を選ぶべきということです)

このような送受金で便利に使えて、かつ価値も今後上がっていくと推測される銘柄は「DeFiのおすすめ銘柄」の記事で詳しく解説しています。

(DeFiとは「管理者のいない金融サービス」のことで、ブロックチェーンと同義語であるため、DeFi銘柄は送受金機能に優れたコインが多いものです)

MetaMask(メタマスク)への移動でかなりの手数料を引かれる?

Yahoo!知恵袋のスクリーンショット

【参考】普段、gate.ioとメタマスクを使用しています…|Yahoo!知恵袋

代表的なウォレットアプリであるMetaMask(メタマスク)にBabydoge(ベビードージ)を送金する際に、かなりの手数料を引かれたという体験談です。

どの程度引かれたかは当然ここでは把握できませんが、こうした取引所とウォレットアプリの間の送受金では、1,000円前後の手数料を取られることもしばしばあります。

「こうした手数料が最も安く済む方法は何か?」という質問ですが、これはケースバイケースです。

しかし「全体的な手数料が安い取引所であれば、MetaMaskへの送金も安くなることが多い」といえます。

このような手数料が安い取引所については「海外取引所の手数料ランキング」の記事で詳しくまとめています。

また、Binanceは特にメタマスクと連携しやすい取引所であるため、Binanceを使うのもおすすめです。

バイナンスとMetaMaskの連携については「BinanceのBSC&メタマスクの使い方」の記事で詳しく解説しています。

【まとめ】gate.io(ゲートアイオー)の評判・口コミ

gate.io(ゲートアイオー)は、特にマイナーな草コインに投資したい人であれば、ぜひとも利用したい取引所です。

世界のあらゆる取引所と比較しても、未上場の草コインが最初に登場する割合が最も高いため、バブルを利用して稼ぎたいのであれば必須の取引所といえます。

登録は完全無料で、口座を開設して維持しておくだけならデメリットやリスクは何もありません。

大きく値上がりが期待できる草コインが上場した時、すぐ買えるように口座だけでも開設しておくといいでしょう。

「少額でも稼げる仮想通貨に投資したい」「草コインで短期間に大きく稼ぎたい」と考えている人は、ぜひgate.io(ゲートアイオー)を無料登録で試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です