MEXC(MXC)のMXトークンとは?特徴と将来性を徹底解説!

MXトークン
MXトークンって何?
手数料がお得になるの?

なんて疑問を思ってませんか?

MEXC特有のトークンMXトークンはどのような特徴があるのでしょうか。

 今回はMEXCの手数料について画像付きで解説していきます!

この記事をまとめると…
  • MXトークンは手数料として利用可能で、割引価格で支払うことが可能となる
  • MXトークンはLaunchpad、Kickstarter、M-day等のIEOイベントに参加することが出来る
  • MXトークンはデフレするような仕組みとなっているため冬相場にも強い
  • MXトークンはMEXCのエコシステムの中で、コミュニティ、チーム、パートナーをつなぐ中核的な役割を果たす
  • CoinBackを利用することでさらに手数料を50%削減可能

基本情報

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

MEXCは豪華なプレゼントキャンペーンや入金キャンペーンなどを実施しているので、まだ口座開設していない方は、このタイミングでしましょう!


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


MEXC(MXC)のMXトークンとは?

MEXC(MXC)のMXトークンとは?

MXトークンというものはMEXCのエコシステムの中で、ミュニティ、チーム、パートナーをつなぐ中核的な役割を果たします。

主な機能は以下のとおりとなっています。

・MXトークンを手数料として利用し、割引価格で支払うことが可能となる ・Launchpad、Kickstarter、M-day等のIEOイベントに参加することが出来る ・ガバナンストークンとしての役割も持ち、ユーザー投票等も行うことが出来ます。

と、様々な特徴があります。

MEXC(MXC)のMXトークンの特徴

coin

次は先程紹介したMXトークンの特徴をより詳細に見ていきましょう!

手数料割引

MXトークンはMEXC内で取引を行う際に手数料の代わりにMXトークンで支払うことが可能となっております。

MXトークンで取引手数料を支払った場合取引手数料が20%割引となります。

例えば、(MXトークンの最新の市場価格が2USDTと仮定)USDT 市場の BTC/USDT 取引ペアで、5000 USDTを売却し 0.1 BTCを購入した場合、ユーザーがMXトークンで取引手数料を支払ったとします。

手数料は 0.2% * 5000 * 80%/2 = 4 MXトークンです。ユーザーは 5000 USDT + 4 MXトークンの合計コストで0.1 BTCを得たことになります。

MEXC(MXC)の手数料はこちらの記事でまとめているので、手数料が気になるあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

CoinBack
CoinBack

ここまで割引されるなら手数料負けする心配も無さそうですね!

IEOやMXDefiの参加

IEOやMXDefiの参加

MXトークンは保有しているとMEXCの様々なサービスを利用することが出来ます。

例えばMXECが独自にリリースしている代理運用プログラムである「MXDefi」でステーキングやイールドファーミングを行うことで安全に利益を獲得することが可能となります。

他にもIEOに参加することで上場前の数倍や数百倍になる可能性を持った通貨を購入することが出来ます。

MEXCの他にもBybit,FTX,Binanceもローンチパッドを行っておりますがMEXCはこれらの取引所より高頻度でローンチパッドを行っております。

イールドファーミングとは
流動性プールに仮想通貨を預け、流動性を提供することにより報酬を獲得すること
IEOとは
IEOはInitial Exchange Offering の略称で、ブロックチェーンプロジェクトの発行するトークンを、仮想通貨取引所が先行販売するサービスを指します。IEOに参加すると、投資家は市場で一般に取引が開始される前の価格でトークンを購入することができます。IEOの参加者は公開価格より低い値段でトークンを購入できます。

ガバナンス投票

ガバナンス投票

MXトークンを保有することでKicksrarterを始めとするガバナンス投票に参加することが出来ます。

Kickstarterとは?
Kickstarterとは、新規上場候補のトークンの投票を上場前に行い、投票したユーザー全員にそのトークンを無料でエアドロップするというイベントです。

設定された目標が達成できなかった場合、MEXCはプロジェクトの上場をキャンセルし、投票されたトークンをアンロックします。

このイベントは、より多くの高品質なプロジェクトをMEXCへ誘致し、ユーザーへエアドロップを提供するためのものです。

MEXC(MXC)のMXトークンの将来性

MEXC(MXC)のMXトークンの将来性

次にMXトークンの将来性について見ていきます。

MEXCはエコシステムの進化のサポートのためにMX 2.0プロポーザルが承認されその後すぐに1億枚以上のMXトークンがバーンされ、今年である2022年の1月からはMEXCプラットフォームの40%が、四半期事にMXトークンを市場から買い戻しのために割り当てられバーンされます。

その為多くのトークンの様に仮想通貨の市場から資金が抜けるタイミングで同じく資金が抜けるのではなくデフレするような仕組みとなっているため冬相場にも強いと言われています。

BNBとの比較

BNBとの比較

今バブルは多くの仮想通貨が数倍、数十倍となったがその中でも取引所トークンは多くの上昇の影響を受けました。

取引所トークンは祖であるBinance Coinを見ていればわかる通りベア相場での影響を受けづらく出来高が無かった頃に価格が落ち込んでも仮想通貨へのマネー流入と共にまた再燃出来るようなパワーを持っています。

MXトークンが発行された2018年には、1年を通して0.003ドル前後で取引されていました。

2019年には価格が指数関数的に高騰し、仮想通貨市場全体がブームになった4月22日には0.0152ドルでスタートしました。

そして1週間足らずで0.0905ドルとなり、590%もの上昇をみせました。

6月24日に、史上最高値の0.4180ドルに達した後、2019年10月には0.2ドル以下に暴落しました。

MXトークンの価値は、2020年1月に0.1ドル以下で取引されるまで下がり続けたが、その後、2020年の終わりまでに0.15ドルまで着実に上昇しました。

2022年になって利上げの影響もあって仮想通貨市場から資金が抜け全体的に大きく下がりましたがそれを踏まえてもMXトークンはかなりのパフォーマンスを見せています。

ベア相場とは
下降トレンド、弱気な相場のことを意味します。
CoinBack
CoinBack

BNBなんかと比較してもかなりパフォーマンスが良いですね!

【まとめ】MEXC(MXC)のMXトークンとは

今回はMXトークンについて解説しました。

MXトークンは将来性もあり仮想通貨が再び盛り上がれば必ず需要は出てくるので仕込み時となっております!

MEXCは取引手数料も安くMXトークンを使うことで更に安くすることも出来るため口座開設がまだの人は早めに開設する様にしましょう!

まだMEXC(MXC)の口座開設が済んでいないあなたはこちらの記事を見ながら一緒に口座開設してみましょう。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。