OKX(OKEx)の出金・送金方法|出金ルールと注意点を徹底解説

OKX出金方法
OKXの出金ってどうやるの?
OKXでの出金方法がわからない!

なんて考えていませんか?

最近、名前を聞くことも多くなってきたOKXですが出金の方法などに不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

この記事ではOKXでの出金方法をわかりやすく徹底解説します!

(なお、出金方法以外でのOKXの詳しい情報は「OKXの特徴・口コミ」の記事でまとめているため、こちらもぜひご覧いただけたらと思います)

この記事をまとめると…
  • OKXでは24時間出金する事ができる
  • 本人確認を完了しないと、出金制限あり
  • 出金にはGoogle認証とメール認証、資金パスワードが必要
  • OKXの出金セキュリティーは安全
  • XRPとEOSの出金をするときはタブを付ける必要がある

取引手数料40%還元キャンペーン中!!


CoinBack(コインバック)とは?

コインバック キャッシュバック

仮想通貨取引所に払う取引手数料を永久キャッシュバックシステムのこと

実はCoinBackを使わないと、、、

1BTC取引だけでも「1600円~3200円の手数料を損しています!」

登録方法は簡単3STEP

CoinBack(コインバック)の登録方法はこちら

  1. この記事から取引所登録
  2. CoinBackに登録
  3. CoinBackに取引所を紐付け

※2つ目の取引所アカウントでも作成可能です

\業界最大キャッシュバック率!/

LINE@で登録サポートも行なっています!

> LINE@はこちらから登録 <


好きなところから読む

OKX(OKEx)の出金事前準備

OKXの具体的な出金方法

ここではOKXの具体的な出金方法を画像付きで解説していきます!

OKXで出金をする為には2つの事前準備をする必要があります。

  1. 2段階認証を設定する
  2. 送信先のウォレットアドレスを登録する

送金先のウォレットアドレスを登録する

 
トップページでセキュリティを選択

右上の人型マークを押し、「セキュリティ」を選択してください。

 
 
二段階認証の設定
二段階認証の設定

セキュリティ一覧を開いたら、二段階認証(2FA)を選択します。

 
 
二段階認証をダウンロードし、パスワードを取得する
二段階認証のダウンロード

Authenticaterをインストールしない場合はこちらのURLからインストールして二段階認証をダウンロードしましょう。

その後真ん中にあるURLをアプリからスキャンし、パスワードを取得します。また、登録した電話番号にコードを送り二つのパスワードを入力します。

 

以上で二段階認証は完了です。

送金先のウォレットアドレスを登録する

ウォレットアドレスはアドレス帳に登録しなくても、出金する事が出来ます。

何度も出金をする場合は、ウォレットアドレス帳に登録しておくのが便利でしょう!

 
資産を選択
My assetsを選択

右上の「My assets」を選択します。

 
 
出金を選択
出金を選択

資産の欄から「Withdraw」を選択します。

 
 
送信先の情報を入力する

アドレスを入力したら「Add a new address」を押せばウォレットアドレスを追加することができます。

 

以上で、OKXから出金をする準備が整いました。

ここからは実際に出金をする手順を解説していきます!

【PC】OKX(OKEx)の出金方法

出金

2段階認証を設定して、送信先のウォレットアドレスを登録しておけば、出金にかかる時間はわずか5分です!

出金情報を入力する

出金情報を入力する
  1. 出金したいコインを選択しましょう
  2. チェーンを使うか選択する
  3. 「On-Chain」を選択したらどこのチェーンを使うか選択しましょう

出金情報を入力する

出金情報を入力する

事前に登録したアドレスを選択して、送金したい金額を入力しましょう。

Network feeは変更することができますが、特に要望がない場合は既存の数値で問題ありません。

以上で出金は完了です。

【スマホ】OKX(OKEx)の出金方法

それではスマホの出金方法を解説していきます。

画像付きで解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Assetsをタップ

OKXの出金手続き画面

まず、アプリトップページで右下のAssets(資産)を押します。

Withdrawをタップ

OKXの出金手続き画面

このページになるので、上のメニューのWithdraw(出金)を押します。

出金したい仮想通貨を選択

OKXの出金手続き画面

出金できる仮想通貨の一覧が出るので、選びます。

(今回はUSDT1種類しか持っていなかったので、USDTしか出ていません)

OKXの出金手続き画面

初回はチュートリアルが出ますが、スルーしてOKです。

Withdrawal networkをタップ

OKXの出金手続き画面

この画面になったらWithdrawal network(出金ネットワーク)をタップしてください。

OKXの出金手続き画面

ここで使えるネットワークの一覧が出ます。

このネットワークが「受取先」のウォレットでも使える必要があります。

OKXの出金手続き画面

今回、受取先はバイナンスにしました。

バイナンスがUSDTの受け取りに使えるネットワークをチェックします。

OKXの出金手続き画面

OKXと一致するネットワークで、Ethereum(ERC20)が見つかりました。

これをタップします。

OKXの出金手続き画面

ERC20でのウォレットアドレスが表示されます。

右下のコピーアイコンをタップしてください。

OKXの出金手続き画面

このように入金アドレスがコピーされました。

これをOKXの方で貼り付けます。

OKXの出金手続き画面

OKXの先ほどの画面に戻ります。

バイナンスと同じ「ERC20」を選択します。

OKXの方では「USDT-ERC20」と書かれていますが、どちらも同じです。

OKXの出金手続き画面

ネットワークを選んだらアドレスを貼り付けます。

OKXの出金手続き画面

貼り付けました。

その下にある「Note」というのは備考なので無視してOKです。

何か指示がない場合は、トラブルの原因になるので空欄にするのが基本です。

Amountの欄に金額記入

OKXの出金手続き画面

「Amount」の欄に金額を入力します。

OKXの出金手続き画面

金額を入力したら、一番下のSubmit(送信)を押します。

OKXの出金手続き画面

注意事項の画面になるため、規約に同意して「Continue」を押します。

認証を行う

OKXの出金手続き画面

認証画面になります。

まず「Send」を押してメールアドレスに認証コードを送ります。

OKXの出金手続き画面

このようなメールで数字6桁のコードが届いています。

OKXの出金手続き画面

これを先ほどの画面で貼り付け、続けて下の「Send」を押します。

OKXの出金手続き画面

このようなSMSで、同じように数字6桁のコードが届いています。

OKXの出金手続き画面

これも貼り付け、規約に同意して「Confirm」を押します。

OKXの出金手続き画面

これで「出金手続きが完了しました!」という画面が出ます。

詳細を確認したい場合は「View withdrawal details」を押します。

OKXの出金手続き画面

このような詳細画面になります。

青で囲った部分にアドレスや日時、ネットワークや手数料などの詳細が書かれています。

OKXの出金手続き画面

「完了しました」の画面が出る前に、このようなレビュー画面も出ます。

これは率直にフィードバックをすればOKです。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

OKX(OKEx)の出金手数料・仮想通貨別一覧

OKX(OKEx)の出金手数料を、仮想通貨の銘柄ごとに一覧にすると以下の通りです。

仮想通貨日本語名出金手数料
仮想通貨のロゴ
Bitcoin
ビットコイン0.0002 BTC
仮想通貨のロゴ
Ethereum
イーサリアム0.004 ETH
仮想通貨のロゴ
Cardano
カルダノ1.0 ADA
仮想通貨のロゴ
Tether
テザー(USDT)20.0 USDT
仮想通貨のロゴ
XRP
リップル0.2 XRP
Polkadot logo
Polkadot
ポルカドット0.08 DOT
Dogecoin logo
Dogecoin
ドージコイン16.0 DOGE
USD Coin logo
USD Coin
USDコイン20.0 USDC
Uniswap logo
Uniswap
ウニスワップ0.992 UNI
Avalanche logo
Avalanche
アバランチ0.008 AVAX
Litecoin logo
Litecoin
ライトコイン0.001 LTC
Shiba Inu logo
Shiba Inu
柴犬コイン971229.6 SHIB
Bitcoin Cash logo
Bitcoin Cash
ビットコインキャッシュ0.0008 BCH
Wrapped Bitcoin logo
Wrapped Bitcoin
ラップド・ビットコイン0.000416 WBTC
Chainlink logo
Chainlink
チェーンリンク0.4096956 LINK
仮想通貨のロゴ
Stellar
ステラ0.016 XLM
仮想通貨のロゴ
Polygon
ポリゴン(MATIC)0.48 MATIC
仮想通貨のロゴ
Cosmos
コスモス0.004 ATOM
仮想通貨のロゴ
TRON
トロン0.8 TRX
仮想通貨のロゴ
Ethereum Classic
イーサリアムクラシック0.008 ETC
仮想通貨のロゴ
THETA
シータ0.1 THETA
Tezos logo
Tezos
テゾス0.08 XTZ
Algorand logo
Algorand
アルゴランド0.008 ALGO

データは2022年9月13日時点のもので、世界の仮想通貨取引所の手数料のデータベースである、CryptoFeeSaverの「OKX Fees」のページを参照しています。

cryptofeesaver

銘柄についてはまだ膨大にあり、それぞれ異なる出金手数料が設定されています。

なお、これらの出金手数料は「他の取引所ウォレット」「自分や知人のウォレットアプリ」などに送金する時にかかる「送金手数料」でもあります。

OKX(OKEx)の手数料についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

OKX(OKEx)からの出金で使えるチェーン(所要時間・手数料率)

ブロックチェーン

OKXから出金・送金をする際「どのネットワーク・チェーンを使えばいいのか?」と迷うことは多いでしょう。

ここでは、仮想通貨の種類別に「OKXからの出金・送金で使えるネットワーク・チェーン」を一覧にします。

それぞれの所要時間・出金手数料も一覧にしているので「一番早いネットワーク」「一番手数料が安いチェーン」を探している人は、ぜひ参考になさってください。

USDT(テザー・TetherUS)

USDT

OKXからUSDTを出金・送金する時、使えるネットワークの一覧は以下の通りです。

(データは2022年9月20日時点のものです)

ネットワーク(チェーン)所要時間20ドルでの出金手数料出金手数料率
USDT-TRC20(Tron)4分0.8USDT4.0%
USDT-ERC20(Ethereum)4分3.48USDT17.4%
USDT-OKC4分0USDT0.0%
USDT-Polygon4分0.64USDT3.2%
USDT-Solana(SOL)4分0.8USDT4.0%
USDT-Avalanche C-Chain5分0.8USDT4.0%
USDT-Arbitrum4分0.1USDT0.5%
USDT-Optimism4分0.1USDT0.5%

これらのデータを統合すると、以下のようになります。

ネットワーク・チェーン数8種類
所要時間4分(稀に5分)
出金手数料率0%〜17.4%

見ての通り、所要時間についてはほとんど差がありません。

手数料には大きな差があり、OKXが提供する「USDT-OKC」が0%と圧倒的に安くなっています。

逆にメジャーなERC20(Ethereum)は、17.4%と非常に高い料率です。

同じくメジャーなTRC20(トロン)・SOL(ソラナ)も高くなっています。

逆に「Arbitrum」「Optimism」の2種類は、OKXの独自ネットワークでなくとも0.5%という、非常に安い手数料率を実現しています。

以下、ここまでまとめたデータがわかるスクリーンショットをお見せします。

(画像は2022年9月20日時点のものです)

USDTの出金手数料・所要時間がわかる画面
TRC20・ERC20・OKC
USDTの出金手数料・所要時間がわかる画面
Polygon・Solana・Acalanche C-Chain
USDTの出金手数料・所要時間がわかる画面
Arbitrum・Optimism

以上の通り、OKXはUSDTの出金・送金でも非常に便利に使える取引所です。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

ETH(イーサリアム・Ethereum)

OKXのEthereumネットワーク

OKX(OKEx)からイーサリアムで出金・送金する時に使えるネットワークの一覧は以下の通りです。

ネットワーク(チェーン)所要時間出金手数料(固定)USD換算(当時)
ETH-ERC20(メインネットワーク)4分0.0006144 ETH0,8232$
ETHK-OKC(OKCの独自ETHチェーン)4分0 ETH0$
ETH-Arbitrum(アルビトラム)4分0.002 ETH2.68$
ETH-ZKSYNC(ゼロナレッジ)5分0.0001 ETH0.134$
ETH-Optimism(オプティミズム)4分0.0005 ETH0.67$

見ての通り、OKXの独自ネットワークである「ETHK-OKC」は出金手数料無料と、一番コスパのよいチェーンになっています。

一番上のERC20が「メイン」というのは、相手ウォレットが「Ethereum Main Network」とだけ指定している時、これを選ぶということです。

有名どころではMetaMask(メタマスク)がそのように指定しています。

「ETHで何も指定がなければERC20」と考えてください。

以上の通り、OKXはイーサリアムの出金・送金でも便利に利用できる取引所です。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

OKX(OKEx)から各取引所への出金・送金方法

OKXから他の取引所に送金する時は「その取引所の入金方法」も調べる必要があります。

個別に調べなくてもここでOKXとまとめて理解できるよう「OKXから各取引所への出金・送金の方法」をまとめていきます。

Bitget(ビットゲット)にOKXから出金・送金する手順

OKXからBitgetへの出金・送金画面

まずBitgetのアプリのトップ画面で「入金」をタップします。

OKXからBitgetへの出金・送金画面

仮想通貨を選ぶ画面になります。

一覧から選んでも、上の「検索」の欄から探してもOKです。

今回はUSDT(テザー・Tether US)を選びました。

OKXからBitgetへの出金・送金画面
OKXからBitgetへの出金・送金画面

仮想通貨を決めるとチェーン(ネットワーク)の選択画面になります。

USDTの場合、Bitgetでは以下のチェーンを使えます。

太字のチェーンはOKXからの出金(送金)でも使えるものです。

※情報は2022年9月19日時点のものです。

  1. TRC20(Tron)
  2. ERC20(Ethereum)
  3. BEP20(Binance Smart Chain)
  4. HECO(HECO)
  5. Arbitrum One(Arbitrum One)※一時停止中
  6. SOL(Solana)
  7. Optimism(Optimism)※一時停止中
  8. Polygon(Polygon)
  9. C-Chain(AVAX C-Chain)
  10. OMNI(BITCOIN)※一時停止中

「一時停止中」を除けば、4つのネットワークから選べます。

OKXからBitgetへの出金・送金画面

ネットワークを決めたらこの画面になります。

アドレスをコピーしてください。

上の「コピー」というボタンでも、下の「アドレスをコピーする」でもどちらでもOKです。

OKXからBitgetへの出金・送金画面

「コピーしました」と出たらOKXに戻ります。

後は他の取引所と同様に出金手続きをOKXでするだけです。

実際の送金結果(所要時間・手数料)

OKXからBitgetへの出金・送金画面

出金が完了しました。この時点で21:55でした。

OKXからBitgetへの出金・送金画面

それから5分後、Bitgetから「入金完了」のメールが届きました。

OKXからBitgetへの出金・送金画面

OKXからも同時の22:00に「USDTは首尾よく出金・送金に成功した」というメールが届きました。

実は、この22:00というのは「22:00:00」と完全なジャストでした。

(下の画像はBitgetの取引履歴です)

現物取引明細

このため、実際には5分でなく「4分30秒」などの時間だったと思われます。

USDT-TRC20の所要時間は「4分」ですが、ほぼその範囲内に収まったといえます。

なお、20USDTの送金で手数料は0.8USDTでした。

手数料率でいうと「4%」という数値です。

Bybit(バイビット)にOKXから出金・送金する手順

Bybitの入金手続き画面

まずBybitのホーム画面で「入金」を押します。

Bybitの入金手続き画面

仮想通貨の銘柄が一覧になるので、好きなものを選びます。

今回はUSDT(テザー)を選びました。

Bybitの入金手続き画面

Bybitで使えるUSDTのネットワークが一覧になります。

初期設定のERC20は手数料が高いのでおすすめしません。

Bybitで使えるUSDTのネットワークは以下の通りです。

  1. ERC20
  2. TRC20
  3. OMNI
  4. Arbitrum One
  5. SOL
  6. BSC(BEP20)
  7. zkSync
  8. MATIC(polygon)
  9. Optimism
  10. AVAXC

太字のものはOKXと共通して使えるネットワークですが、Bybitとは共通ネットワークが多いことがわかります。

Bybitの入金手続き画面

TRC20に切り替えました。

ネットワークを選んだら「アドレスをコピー」のボタンか、その上の小さい文字「コピー」でアドレスをコピーします。

Bybitの入金手続き画面

Bybitは上に小さく「コピー成功」と出ます。

タップした手元には出ないので「コピーできない」と思うかもしれませんが、上を見るとできています。

(もちろん「QRコードを保存」から手続きを進めてもOKです)

OKXの出金画面

OKXの側で、今取得したBybitのアドレスを貼り付け、ネットワークもTRC20を選びます。

金額を入力したらSubmit(送信)を押します。

OKXの出金画面

これで出金手続きが完了しました。

この時点で「9:23」です。

Gmail

送金にかかった時間は5分でした。

Bybitから「入金されました」というメールが届いたのが「9:28」です。

下の方にある「入金時刻」にも「9:28:06」と秒単位の時間があり、メールが届いた時間でなく、入金時間が9:28とわかります。

Gmail

OKXからのメールは2分早い9:26に届きました。

こちらは「OKXから出発しました」というメールです。

つまり、OKXからの出金は3分で完了し、それがBybitに入金されるまでに、プラス2分かかったということです。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Binance(バイナンス)にOKXから出金・送金する手順

OKXからBinanceへの出金手続き画面

まず、Binanceアプリのホーム画面で、左上の「入金」を押します。

暗号通貨を選択する

OKXからBinanceへの出金手続き画面

仮想通貨の種類を選択します。

一番上の検索窓に入力するか、メジャーなものは「トレンド」の欄から探せます。

また、一覧からそのまま探すことももちろん可能です。

ネットワークを選ぶ

OKXからBinanceへの出金手続き画面

仮想通貨を選択したら「ネットワークの選択」という画面が出ます。

下の方にスクロールすると候補が出ます。

OKXからBinanceへの出金手続き画面

今回はSolana(SOL・ソラナ)を選びました。

BinanceでUSDTの入金に使えるネットワークは以下の通りです。

  1. BNB Smart Chain(BEP20)
  2. AVAX C-Chain
  3. BNB Beacon Chain(BEP2)
  4. Ethereum(ERC20)
  5. Polygon
  6. Solana
  7. Tezos
  8. Tron(TRC20)

太字がOKCからの出金でも共通して使えるものです。

見ての通りほとんどOKで5種類共通しています。

共通していないのは、Binance独自のチェーン2つと、Tezos(テゾス)のみです。

アドレスをコピーする

OKXからBinanceへの出金手続き画面

ネットワークを選ぶと、このようにアドレスとQRコードが表示されます。

アドレス右側のアイコンをタップし、アドレスをコピーしてください。

OKXからBinanceへの出金手続き画面

このように「クリップボードにコピーしました」と出ます。

OKXのアプリに移動します。

ネットワーク・アドレスを入力する

OKXからBinanceへの出金手続き画面

他の取引所の場合と同じく、ネットワーク・アドレスを入力します。

(一番上に「OKXにBinanceからペースト」と出ている通り、先ほどのアドレスを貼り付けています)

出金手続き完了

OKXからBinanceへの出金手続き画面

送金手続きが完了した画面です。

手続きが完了したのは「16:07:59」で、ほぼ「16:08」です。

送金完了

OKXからBinanceへの出金手続き画面

そして、完全に送金が完了した(Binanceに届いた)のは「16:10」です。

つまり、ほぼ2分で届いたことになります。

このメールは「着金時点」で届くもので「手続き完了時点」で届くメールは、もう一つ前に別のものがあります。

このように、Binanceへの出金・送金も、OKXはスムーズにできます。

なお、Binanceへの入金については「Binanceの日本円入金」の記事で詳しく解説しています。

手数料の30%をキャッシュバック中

MEXC(メックスシー)にOKXから出金・送金する手順

OKXからMEXCへの出金手続き画面

まずMEXCのアプリのホーム画面で、右下にある「資産」をタップします。

「入金」をタップする

OKXからMEXCへの出金手続き画面

上のような画面になるので、左上の「入金」ボタンを押してください。

この画面にならない場合、一番上にある文字のメニューから「概要」を選んでください。

上の画面は「資産>概要」のものなので「概要」を押せばこの画面になります。

暗号通貨の種類を選ぶ

「入金」のボタンを押したら、仮想通貨を選ぶ画面になります。

メジャーな仮想通貨は「人気の暗号資産」の欄にあります。

ここにないものは、一番上の「検索」のバーから探すか、一覧をスクロールして探します。

ネットワークを選ぶ

OKXからMEXCへの出金手続き画面

仮想通貨の種類を選んだら、ネットワークの選択画面になります。

MEXCにUSDTを送金する場合、以下のネットワーク(チェーン)を利用できます。

  1. TRC20(Tron)
  2. OMNI
  3. BEP20(BSC/Binance Smart Chain)
  4. SOL(Solana)
  5. HECO
  6. MATIC(Polygon)
  7. ERC20(Ethereum)
  8. ALGO
  9. EOS
  10. USDT-LOOP(ERC20)
  11. OP
  12. OKC
  13. Arbitrum One

途中の一覧の画面も合わせてお見せすると以下の通りです。

OKXから送金する場合は、この次の画面で出てくる「OKC」が最もおすすめです。

OKXからMEXCへの出金手続き画面

OKCは「OKXが提供する独自チェーン」で、OKXとの入出金がほぼ全て手数料無料になります。

そして、スピードも基本的に最も早くなります。

アドレスを生成する

OKXからMEXCへの出金手続き画面

ネットワークを選んだら、上のような画面になります。

「タップしてアドレスを生成」のボタンを押してください。

アドレスをコピーする

OKXからMEXCへの出金手続き画面

このようにQRコードとアドレスが表示されます。

アドレス右側のコピーボタンを押してください。

OKXからMEXCへの出金手続き画面

このように「コピーしました」と出ます。

後はこのアドレスをOKXのアプリで貼り付けるだけです。

OKXで送金手続きをする

OKXからMEXCへの出金手続き画面

OKXのアプリで、ネットワークは「「USDT-OKC」を選びます。

そして、先ほどコピーしたアドレスを貼り付け、後は他の取引所と同じように出金・送金の作業をします。

■ 送金手続き完了

OKXからMEXCへの出金手続き画面

これが送金手続きの完了した画面です。

今回、最少金額の1USDTを試してみました。

わずか1ドルから国境を超えて手数料無料で入出金をできるのは、仮想通貨の魅力の特にわかりやすい点といえるでしょう。

手続き完了時点で、時間は「12:17:31」でした。

2分と少し後にMEXCに着金する

OKXからMEXCへの出金手続き画面

完全に出金が完了し、MEXCに着金すると、OKXからこのようなメールが届きます。

着金時間は「11:19」となっています。

日本時間と1時間ずれていますが、2分と少しで着金したということです。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

BingX(ビンエックス)にOKXから出金・送金する方法

OKXからBingXへの出金手続き画面

まずBingXアプリのホーム画面で「入金」のボタンをタップします。

送金したい仮想通貨を選ぶ

OKXからBingXへの出金手続き画面

このように暗号資産が一覧になるので、OKXから出金したい銘柄を選んでください。

一番上の検索窓か「履歴検索」や「人気」の欄から探すか、一覧から選択できます。

チェーンを選ぶ

OKXからBingXへの出金手続き画面

銘柄を選ぶとこのように「○○入金」という画面になります。

まずは送金に使うチェーンを選択してください。

たとえばUSDTの場合、BingXへの送金では以下のチェーン(ネットワーク)が使えます。

  1. ERC20(Ethereum)
  2. TRC20(Tron)
  3. BEP20(BSC/Binance Smart Chain)
  4. SOL(Solana)
  5. Polygon(MATIC)

太字のネットワークはOKXからの出金でも共通して使えるものです。

(少し意外かもしれませんが、Solanaは2022年12月2日時点でOKXでは使えません)

「コピー」を押す

OKXからBingXへの出金手続き画面

チェーンを選択したら、そのチェーンでの入金用アドレスが発行されます。

少し見づらいですが、矢印の部分にある「コピー」という文字をタップしてください。

「コピー完了」と表示される

OKXからBingXへの出金手続き画面

このようにアドレスがコピーされ「コピー完了」と出ます。

OKXの画面で各部を入力する

OKXからBingXへの出金手続き画面

OKXのアプリに移動し、アドレスを貼り付け、同じネットワークを選び、金額を入力して「Submit」を押してください。

出金手続きが完了する

OKXからBingXへの出金手続き画面

各種の認証などをして、出金手続きが完了します。

この時点で「18:31:28」でした。

数分でBingXに反映される

OKXからBingXへの出金手続き画面

そして、BingXに入金されて反映された画面では「18:38」の「3分前」で、つまり「18:35」となっています。

(BingXでは秒単位の表示がないため、このようになります)

出金手続きが完了したのが「18:31:28」なので「18:35:00」に着金したら所要時間は「3分32秒」です。

逆に「「18:35:59」に着金したら「4分31秒」です。

つまり、今回の送金では「3分半〜4分半」の時間で送れたことになります。

このように、OKXではBingX(ビンエックス)への出金・送金もスムーズにできます。

BingXへの送金方法については「BingX(ビンエックス)の入金」の記事でも詳しく解説しているので、こちらも参考にしていただけたらと思います。

また、BingXがどのような取引所かは「BingXとは?特徴と評判」の記事で詳しくまとめているので、興味がある方はこちらもご参照ください。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

Phemex(フィメックス)にOKXから出金・送金する手順

まず、Phemexアプリのホーム画面で「入金」のボタンをタップします。

暗号資産を選ぶ

OKXからPhemexへの出金手続き画面

このように暗号資産の種類を選ぶ画面になります。

一番上の検索窓から検索するか、検索履歴から選ぶか、コインリスト(一覧)から選びます。

チェーンを選ぶ

OKXからPhemexへの出金手続き画面

暗号資産を選んだら、送金に使えるチェーンが一覧になります。

USDTをPhemexに送金する場合、以下のチェーン(ネットワーク)を利用できます。

  1. TRC20(Tron)
  2. ERC20(Ethereum)
  3. SOL(Solana)
  4. Polygon(MATIC)
  5. Fantom
  6. BSC(BEP20/Binance Smart Chain)
  7. Arbitrum One

太字がOKXでも共通して使えるものです。

見ての通り、7種類のうち4種類がOKXでも利用できます。

今回はPolygon(MATIC)を選びました。

コピーボタンを押す

OKXからPhemexへの出金手続き画面

ネットワークを選択したら、入金アドレスの右にあるコピーボタンを押します。

コピーが完了する

OKXからPhemexへの出金手続き画面

このように画面上部に「コピーしました」と出ます。

OKXの画面で手続きをする

OKXからPhemexへの出金手続き画面

後はOKXの画面で同じネットワークを選択し、アドレスを貼り付け、金額を入力して確定します。

出金詳細を確認する

OKXからPhemexへの出金手続き画面

これが出金の詳細です。

今回は「20:07:11」に出金手続きが完了しました。

通常数分でPhemexに着金する

OKXからPhemexへの出金手続き画面

そして、Phemexに着金したのは「20:14:19」でした。

「20:07:11」に手続きが完了したので「7分08秒」という所要時間だったことがわかります。

本来4分程度で送受金できるはずなので、これはかなり遅かった方です。

何はともあれ、OKXではこのように、Phemexへの出金・送金もスムーズにできます。

こうしたPhemex(フィメックス)への送金手続きは「Phemexへの入金・送金方法」の記事でも詳しく解説しています。

また、Phemexがどのような暗号通貨交換所かは「Phemex(フィメックス)とは?特徴と口コミ」の記事を参考にしていただけたらと思います。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

OKX(OKEx)の出金・送金ルール

OKX(オーケーエックス)の出金ルール

OKXには大きく4つの出金ルールがあります。

  1. 出金処理のタイミング
  2. 出金手数料
  3. 出金限度額
  4. XRPとEOSの出金にはタグが必要

この4つのルールについて、解説していきます。

OKXの出金タイミング

OKXの出金処理タイミングは、24時間いつでも即時になります。

出金の反映は他の取引所と比べてもかなり早いです。

OKXの出金限度額

出金限度額はKYCのレベルによって変わります。

 KYCなしKYC 1KYC 2KYC 3
1日あたりの出金可能額10BTC200BTC500BTC500BTC

OKXの出金はKYCがなくても出金できることが特徴です。

各レベルのKYCに対する必要事項は以下の通りです。

KYCレベルの必要事項

レベル1  国籍、名前、および文書識別番号を入力する必要があります。即時に反映されます。

レベル2 写真付き身分証明書を使用して本人確認を行う必要があります。最大三日かかります。

レベル3 ユーザーはOKExのモバイルアプリまたはWebページの免責事項を読んで、第3レベルのID検証を完了することができます。最大三日かかります。

OKXの出金手数料

OKXの1日の出金限度額は本人確認レベルによって異なります。

本人確認を行うことで、最大出金額、累積最大出金額をあげる事が出来ます。

XRP・EOSの出金をする際はタグをつける必要がある

XRPとEOSを送金する際にはタグをつけなければ送金速度が大幅に落ちます。出金する際には必ず確認しましょう。

OKX(OKEx)の出金停止事件とは?原因とその後の展開

OKX(OKEx)の出金停止事件とは?原因とその後の展開

OKX(オーケーエックス)では2020年に「出金停止」が起きています。

これはOKXの問題ではなく中国警察当局の問題というべきものでしたが、ここではその詳細とその後の展開について説明します。

2020年10月16日に中国当局の捜査が原因で出金停止に

OKXの出金停止は、2020年10月16日に起きました。

同日にOKXが発表した声明文によると、原因は以下の通りです。

  • 資産を管理する「秘密鍵」を、従業員の一人が持っている
  • その一人が、治安当局の捜査に協力している
  • その一人と連絡が取れなくなった

上の内容をロイター通信が報じた時点では「どの国の治安当局かは明らかにしていない」と書かれていました。

ロイター通信
引用元:Reuters

しかし、その後に続くブルームバーグによる報道では「中国警察当局」であったことがわかりました。

ブルームバーグ
引用元:Bloomberg

記事に書かれている通り、この時点でOKXはマルタ共和国に本社がありましたが、もともとは中国で始まった仮想通貨取引所でした。

中国当局の規制強化に伴ってマルタに移転したわけですが、その後に中国からの捜査が入ったということです。

無罪認定され1ヶ月10日後の11月26日に出金再開

ブルームバーグ
引用元:ブルームバーグ

出金停止は、約1ヶ月と10日後の11月26日に解除されました。

このことは上のブルームバーグ・アジア版の記事でわかります。

見出しに「11月27日より前」と書かれている通り、前日の「26日」に解除されました。

また、合わせて見出しに書かれている通り、19日の時点でOKXは「警察当局から無罪と認定」されています。

このことは、OKX創設者のStar Xu氏による投稿で明らかにされました。

香港民主化運動を見てもわかる通り、中国の警察当局は「必ずしも悪事を働いた人間でなくても逮捕や捜査をする」ことがしばしばあります。

OKXもそのように「悪事を働いたわけではないが政府に目をつけられた」形であり、その捜査の結果、無事に「無罪」となったということです。

OKXでは過去にこのような出来事があったため、今では他の大手取引所以上にセキュリティやコンプライアンスを徹底して遵守・向上させており、最も安全性の高い取引所の一つとなっています。

OKコイン

その証拠に、OKXの日本版である「OKCoin Japan」は、正式に金融庁の許可を得て「国内取引所」として営業しています。

こうした現在の状況を見ても、OKXの過去の出金停止事件については、特に危険視する必要はなく、安心して利用できます。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

OKX(OKEx)の出金パスワードの設定方法は?

OKX(OKEx)の出金パスワードの設定方法は?

「OKX(OKEx)の出金パスワードを設定しようとしても「設定メニューが画面の中にない」と迷っている人は多いでしょう。

2022年11月10日時点では、おそらく出金パスワードは設定できないといえます。

ここでは、設定できたOKEx時代の画面と、設定できない現在のOKXの画面をお見せしながら解説します。

OKExの時代は「セキュリティ」のメニューから設定できた

OKXのセキュリティ設定画面

OKXがOKEx(オーケーイーエックス)だった時代は「セキュリティ」の画面から出金パスワードを設定できました。

上のような画面で、一番上に「Security」の文字が見えます。

そして「Google Authenticator」の下に「Fund Password」という設定項目があります。

このFund Passwordというのが「出金パスワード」のことです。

(他の取引所では「資金パスワード・資産パスワード」と呼ぶこともあります)

2022年11月時点では設定画面から消えている

OKXのセキュリティ設定画面

OKXに変わって以降、少なくとも2022年11月10日時点では、同じ「セキュリティ」の画面に「Fund Password」の設定項目は見られません。

上の画像のような画面ですが、メニューを上から一覧で書き出すと以下の通りです。

  • Authenticator app(認証アプリ)
  • 12factor authentication(2FA=二段階認証)
  • Anti-phishing code(アンチフィッシングコード)
  • Login Password(ログインパスワード)
  • Mobile Verification(携帯電話認証)
  • Email Verification(Eメール認証)
  • Trading Clearance Settings(取引権限設定)

最後の「取引権限設定」の後は、以下のように「ログイン履歴」と「アカウントの削除と無効化」のメニューのみです。

OKXのセキュリティ設定画面

これで「セキュリティ」の画面は全てであるため、2022年11月10日時点では「セキュリティ」の画面に「出金パスワード」の設定項目はないといえます。

スマホアプリでも消えている

OKXのセキュリティ設定画面

スマホアプリで「セキュリティ」の画面を開いても、やはりPCと同様に出金パスワード(Fund Password)の設定項目はありません。

まず、最初に見える半家では上の通りで、項目を書き出すと以下の通りです。

  • Google Authenticator(Google認証)
  • Email verification(メールアドレス認証)
  • Movile verification(SMS認証)
  • Anti-phishing code(アンチフィッシングコード)
  • Two-factor authentication(2FA=二段階認証)
  • Login password(ログインパスワード)
  • Face ID(フェイスID=顔認証)
  • Pattern password(パターンパスワード=9つの点をつなぐもの)
  • Reset pattern password(パターンパスワードをリセット)

続けて最後まで見ると下の画面の通りです。

OKXのセキュリティ設定画面
  • Require unlock(ロック解除請求)
  • Auto-lock(自動ロック)
  • Channer verification(チャンネル認証)
  • Device management(デバイス管理)
  • Freeze/close account(アカウント凍結・閉鎖)

やはりこれらの中にFund password(出金パスワード)はありません。

OKXのセキュリティ設定画面

「チャンネル認証」は上のように、SNSなどでログインできるようにするものです。

OKXのセキュリティ設定画面

「デバイス管理」はこのようなログイン履歴のことです。

このようにアプリ版でも出金パスワードの設定項目がないため、2022年11月10日時点でOKXの出金パスワードは「おそらく設定できない」といえます。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

OKX(OKEx)で出金が出来ない時の対処方法

OKXで出金が出来ない時の対処方法

出金がなかなか届かない、出金申請がなかなか受理されないって事は誰にでも1回はあると思います。

ただそんな時は不安になりますよね。対処方法をこちらでまとめておきます!

出金が出来ない時の対処方法!
  1. 出金のステータスを確認する
  2. サポートへ問い合わせる

資産履歴を確認する

「資産履歴」から自分が出金申請をした内容が、しっかり確認済みになっているか確認しましょう!

もし、確認済みになっていない場合はカスタマーへ問い合わせましょう!

サポートへ問い合わせる

サポートへ問い合わせる

出金のステータスやトランザクションを確認しても出金されない原因が分からない場合は、サポートへ問い合わせてみましょう!

24時間オンラインチャットを利用する事が出来ます!

OKX(オーケーエックス)の出金における注意点

OKXの出金における注意点

ここではOKXで出金する際の注意点を解説していきます。

これから出金しようと考えているあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

出金限度額を確認する

OKXでは24時間の出金限度額が各KYCレベルに応じて上限が決まっています。

出金限度額を確認

出金の欄から当日にいくら出金したのかわかるので、限度額状況を確認しましょう。

CoinBack
CoinBack

出金限度額を超えてしまった場合は、本人確認を完了させましょう!

出金のチェーンを指定する

出金の方法で紹介した通りOKXはチェーンを選択せずに送金することができます。

しかし、チェーンを選択せずに送金した場合、資金を失う可能性があります。

CoinBack
CoinBack

チェーンを選択すると送金時間が早くなるよ!

OKX(OKEx)の出金に関する良い口コミ・体験談

OKX(OKEx)の出金に関する良い口コミ・体験談

OKXの出金に関する良い口コミや体験談では、以下のような内容が見られます。

  1. 出金スピードが爆速でUIも使いやすく海外取引所で一番良いかも
  2. KYC(本人確認)なしで出金できた(22年6月)
  3. Binance・Bybitで出金できなかった仮想通貨もすぐ出金できた
  4. Binanceで出金停止だったSTEPNをすぐ出金できた
  5. 出金トラブル時のサポートの対応が丁寧だった

それぞれの内容が書かれた有意義なツイートを紹介させていただきます。

出金スピードが爆速でUIも使いやすく海外取引所で一番良いかも

出金が爆速でUI(画面の操作性)も優れており、海外の取引所で一番良いかもしれないという高評価です。

国内の取引所ではFTXが同じく爆速かつ安い手数料で出金できると評価されています。

KYC(本人確認)なしで出金できた

2022年6月18日時点のツイートで、KYC(本人確認)なしでも出金できたという体験談です。

筆者は同年9月頃から利用していますが、少なくとも通常の流れに沿って利用していくと、必須と感じられるシステムだったと感じます。

しかし、あえてガイドをスルーしてKYCなしで出金をすれば、こちらのトレーダー様のようにできた可能性があります。

ただ、万が一出金トラブルがあった場合に、KYCが完了している方がOKX側も対応しやすいと考えられるため、特別な理由がなければKYCをしていただく方が、より安心ともいえます。

一時的に出金できない暗号通貨があってもすぐ回復する

FITFIが一時的に出金できなかったものの、短時間で回復したという口コミです。

「さすがOKX」と書かれており、OKXのその他の部分も高く評価されていることがわかります。

Binanceで出金できなかったSOLを即時出金できた

Binance(バイナンス)でSOL(Solana/ソラナ)が出金できなかった時、OKXでは何事もなく即出金できたという体験談です。

同じように「BinanceでSOLが出金できなくてもOKXではすぐできた」という体験談は多く見られます。

こちらのトレーダー様も、約1ヶ月前の2022年4月時点で、同様の体験談をツイートされています。

こちらのトレーダー様もSTEPN絡みで、Binanceで5時間出金をしようとしてもできず、OKXでは5分で完了されたということです。

なお、この時のSOLの出金ではトラブルが遭ったものの、Binanceも通常はOKXと同様、便利に出金・送金ができる取引所です。

そうしたBinanceの出金の使いやすさについては「バイナンスの出金・送金」の記事で詳しく解説しています。

Bybit(バイビット)で出金不可だったSolanaも出金できた

こちらもやはりSOL(Solana/ソラナ)の出金に関する体験談で、BinanceだけでなくBybitでも出金ができなかったということです。

しかし、OKXからStepn Wallet(ステップウォレット)に送金されたところ、わずか4分で着金したということです。

Bybitもやはり通常の出金は便利にできる取引所ですが、Bybitの出金については「バイビットの出金・送金」の記事で詳しく解説しています。

出金トラブル時のサポートの対応が丁寧だった

OKXで出金できずに焦ったものの、サポートの対応が丁寧で無事に出金できたという体験談です。

世界の仮想通貨業界はまだ未成熟だからこそ大きく稼げる可能性があるわけですが、未成熟である分、出金などのトラブルもあります。

しかし、そうしたトラブルがあってもOKXであれば問題なく丁寧に対応してもらえることがわかります。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

OKX(OKEx)で出金できない・できなかったという口コミ・体験談

OKX(OKEx)で出金できない・できなかったという口コミ・体験談

Twitter上では、OKXで「出金できない・できなかった」という口コミや体験談も一定数見られます。

それらの内容を紹介させていただくと、以下の通りです。

  1. 特定の仮想通貨が一時的に出金できなかった
  2. OKXから出金できない時の対処法
  3. BybitからOKXにUSDTをSolana送金したら消失(ゴックス)した
  4. 認証アプリのコードが何度やっても認証されなかった
  5. 出金したけど丸一日届かなかった
  6. 仮想通貨に慣れていないうちは戸惑うことも

多くのトレーダー様への注意喚起やトラブル時の対応の参考になる貴重な投稿として、それぞれのツイートを紹介させていただきます。

特定の仮想通貨が一時的に出金できなかった

OKXの出金できない・できなかったという体験談で最も多いのは「特定のコインが一時的にできなかった」という内容です。

ここでは、そのような内容の体験談のツイートを紹介させていただきます。

STCの出金ができなかった

STCの出金ができなかったという体験談です。

シンボル(記号)がSTCの仮想通貨は、主に以下の3種類です。

  1. Satoshi Island(サトシアイランド)
  2. Student Coin(スチューデントコイン)
  3. Star Chain(スターチェーン)

OKXは取扱通貨数が豊富であるため、こうしたややマイナーなアルトコインも豊富に取引できます。

OKXで取引できる銘柄については「OKXの取扱通貨」の記事で詳しく紹介しています。

SPLの出金ができなかった

SPL(スプラッシュ/Splash)を出金できなかったという体験談です。

(SPLとよく間違われる暗号通貨として「Smooth Love Potion/スムース・ラブポーション」がありますが、こちらは「SLP」です)

この時以外にも、この時期連続で出金ができないことがあったということです。

LUNAの入金はできたが出金ができなかった

LUNA(テラ/Terra)の入金はできたものの出金はできなかったという口コミです。

「OKXも」と書かれており、この時点で他の取引所も同じであったことがわかります。

LUNAはこの時期に大暴落を記録した暗号資産として有名ですが、おそらくその暴落の影響と思われます。

FITFIの出金ができなかった

FITFI(ステップアップ/Step App)の出金ができなかったという体験談です。

Bybit(バイビット)では即できたということで、仮想通貨やブロックチェーンの側の問題ではなかったことがわかります。

StepAppを出金できなかったのでgate.io経由で送金した

こちらもやはり、StepApp(FITFI)を出金できなかったという体験談です。

こちらのトレーダー様の場合は、gate.io(ゲートアイオー)経由でMetaMask(メタマスク)へ送金されたため、問題なかったということです。

gate.ioについては「gate.io(ゲートアイオー)とは?」の記事でどのような取引所か詳しく紹介しています。

BybitからOKXにUSDTをSolana送金したら消失(ゴックス)した

Bybit(バイビット)からOKXに送金したらGOX(消失)したという体験談です。

送金したのはUSDT(テザー/Tether)で、使用されたネットワークはSOL(Solana/ソラナ)ということです。

おそらく2022年11月4日時点では問題なく対応しているはずですが、指摘されている通り2022年1月29日時点では互換性がなかった可能性があります。

なお、仮想通貨のGOXとは、もともとMt.Gox(マウントゴックス)社という海外の暗号資産交換所が、2014年に大規模なハッキングを受けたことから生まれた言葉です。

ここから、取引所や第三者に資金を持ち逃げされることが「ゴックス」と呼ばれるようになりました。

そして、入力ミスなどで暗号資産が消失してしまうことが「セルフゴックス」と呼ばれるようになり、そこから「消失全般」をゴックスと呼ぶようになっています。

【参考】セルフGOX|コトバンク

認証アプリのコードが何度やっても認証されなかった

SKEB(SkebCoin/スケブコイン)を出金しようとされたところ、何度やってもコードが認証されなかったという体験談です。

「Google Authenticator」のアプリ設定もできていたようで、何が原因だったのかはわかりません。

(OKX側の一時的なエラーだった可能性があります)

こうしたGoogle Authenticatorでの二段階認証のやり方も含め、OKXの使い方は「OKXの使用方法」の記事で詳しく解説しています。

出金したけど丸一日届かなかった

FITFIを出金したものの、丸一日届かなかったという体験談です。

「FITFIが出金できない」という体験談はこの時期多く見られましたが、それらのほとんどは「そもそも手続きできない」というものでした。

しかし、こちらのトレーダー様の場合は出金手続きはできたようです。

おそらく手続き後にブロックチェーンの側で問題が起きたと思われますが、人気が沸騰している暗号通貨やトークンでは、トレーダー様の側に問題がなくとも、このようなことが起き得ます。

仮想通貨に慣れていないうちは戸惑うことも

OKXも含めて、仮想通貨の扱いに慣れていないうちは、やはり出金手続きが難しく感じるものです。

たとえばこちらのトレーダー様が書かれている通り「出金先アドレスを追加する…?」と最初は迷った方が多いでしょう。

Withdrawの金額が「MAX0」になってしまい出金できない

こちらのトレーダー様の場合は、OKXのトラブルだったのか、トレーダー様が仮想通貨の出金に慣れていなかったかはわかりません。

(トラブルだった可能性もあります)

このパターンも多くの方々が最初に経験するもので「ウォレット」が違えば残高はゼロになります。

もしそうであれば入出金用のウォレットに残高を「振替」する必要があります。

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

OKX(OKEx)の手数料を更に削減する裏技

CoinBackを使ってBinanceの取引手数料キャッシュバックされていたら・・・
もしCoinBackを使っていたらどのぐらいのキャッシュバックを受け取れたの

CoinBackはこちらの要望に応えるべく、いままでの取引でどれだけのキャッシュバックが発生していたのか数値でわかるサービスを開始しました!

Coinackは現在OKXで発生した取引手数料のうち40%をキャッシュバックしております。

これがどれだけ膨大な手数料となっているのか一目でわかるので、この機会に確かめてみてはいかかでしょうか?

【まとめ】OKX(OKEx)の出金方法

今回はOKXの出金方法について解説しました!OKXの出金時間などはプレミアムユーザーか否かで変わってくるので注意しましょう。

日本円にする際は国内の取引所に一度送金し、換金する必要がありますが難しい操作はないので少額から試してみましょう!

取引手数料40%還元キャンペーン中!!

CoinBackでは他の取引所でも手数料を還元しております!

詳しくは以下のリンクからご覧ください。

\業界最大キャッシュバック率!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です